入出金方法関連ガイド

ブックメーカーのビットコイン入金/出金の基本詳細ガイド【必読】

更新日:

ブックメーカーのビットコイン入金・出金の基本ガイド

ブックメーカーとの入出金手段は、時代と共に変わります。

それは、新しく使いやすい手段が登場して既存のものが廃れたり、入出金の仲介業者が国の規制やルールの変更を受けてサービスを停止したりなど、理由はさまざま。世界中の国々でルールが違いますから、ブックメーカーも入出金サービス業者も状況に応じて対応しているわけです。ただ、細かい変化がありながらも、業界は常に「プレイヤーが安心して手軽に入出金できるように」という方向へ進んでいるので、例えばある入出金手段がサービスを改悪したり撤退などの変化があったとしても慌ててはいけません。落ち着いて、「何か他の手段があるだろうし、ブックメーカー側もそのうち対応してくれるだろう」という気持ちでお待ちください。(これは10年以上の経験からもそう言えます)

さて、そんな前置きに触れる話として、最近はビットコイン(BTC)で入出金できるブックメーカーがポツポツと現れはじめました。暗号通貨(仮想通貨)の先駆け的存在のビットコイン。ビットコインを含めた他の仮想通貨も、近年は本来の役割からズレて「ただ値上がりを期待する投機対象」になってしまっていますが、送金に使うとその利便性を実感します。とにかく手軽なんです。

そこでこのページでは、既存のネット口座やバーチャルカードによる入出金に加えて新たに登場してきた「ビットコインや仮想通貨によるブックメーカーとの入出金」に焦点を絞って、資金のやりとりの基礎や要点などをまとめました。「ブックメーカーにビットコインを使って入金したいのだけれど、どのように使えばいいのか?」と気になった時は、まずはじめにお読みください。

そもそもビットコインって?どうやって手に入れる?

「ビットコインとは何なのか?」を説明するとなると技術面の話や「そもそもお金って何?」というテーマに踏み込むことになるので、ここでは全容は省略させていただきます。一応、特徴の一部を端的に言えば、ビットコインとは「紙でできたお札や、金属でできた硬貨のような実態がない、ネット上のデータ」です。本質は全然違いますが、ネット上のお金、電子マネーをイメージするとわかりやすいかと思います。

ビットコインを手に入れる方法

ビットコインの入手方法

ビットコインの入手方法はいくつかあります。一般的にわかりやすい方法は、取引所や販売所と呼ばれるサイトでの購入です。例えば、日本で最も人気の取引所「ビットフライヤー(Bitflyer)」というサイトを使うなら、まず法定通貨(日本円)を銀行振込で入金し、その資金をその時のレートでBTCに変えます。例えば10万円を入金して、そのときビットコインが1BTC(BTCはビットコインの単位)が50万円なら、0.2BTCに交換できます。(手数料があるので、ほんの少し減りますが)

ビットコインの一般的な入手方法

取引所や販売所と呼ばれるサイトで買う(日本の取引所を使うなら基本的には銀行振込で資金を入れる)

2019年2月現在、1BTCが40万円ほどで推移しています。ビットコインの購入は1BTC単位ではなく、上記の例のように1BTC以下でも好きな量だけ買えるのでご安心ください。予算に合わせて取得を。

【重要】もっと手軽にビットコインを手に入れる方法

取引所で買うという方法は、万人共通の一般的な入手法。ブックメーカーを利用するプレイヤーは、もっと簡単にビットコインを手にすることができます。

Sportsbet.ioでビットコインを買う

その方法は、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)という仮想通貨対応のブックメーカーを使うこと。

このサイトは優秀で、アカウント内にてVISAかマスターカードのクレジットカード決済か、銀行振込(三菱UFJ、三井住友、りそな、みずほのネットバンキング)でビットコインを買えます。そしてそれをそのままスポーツへの賭けに使えます。だから、わざわざ取引所の口座開設する必要なし。

Sportsbet.ioの登録〜使い方

ビットコインをブックメーカーで使う3ステップ

取引所で手に入れたビットコインは、世界中のどこでも誰にでも、簡単な手続きだけで送ることができます。従来の国際送金のように、銀行で書類を書いたり面倒な申請をしたりなどは一切不要。別の取引所へ送ったり、送った先で日本円や米ドルなどの法定通貨、または他の仮想通貨に変えたり、家族や知人や取引先のウォレット(財布)に送ったり。このような機能があるから、簡単にブックメーカーとの入出金にも使えるわけです。

ニュースではよく「ビットコインの値段が上がった!下がった!」や「大儲けして億り人になった!」などの投機・ギャンブル的な面と、「取引所が潰れた!」「ハッカーに盗られた!」「規制がどうだこうだ」などネガティブな話がクローズアップされています。だから、ビットコインを持っていないと「怪しい、危ない」という印象の方が先行しているかもしれません。

しかし本来は、お金のあり方を変えるほど革新的で便利なもの。

ネットが不慣れだととっつきにくいことは否めませんが、ブックメーカーとの入出金に使うときは、ややこしい話は抜きにして「入出金がしやすいネット上のお金」というイメージで取り扱いを。

ブックメーカーとの入出金に使用する

①ビットコインを取得→ブックメーカーに入金
(スポーツベットアイオー利用の場合は、ここが同時に完結)

②プレー

③引き出し(取引所やネット口座などへ)→現金化

ビットコインを入出金に使える日本語ブックメーカー

こちらは、当サイトに掲載しているブックメーカーの中で日本語サポート対応&ビットコイン入出金可能なサイトです。使用するサイト選びにお役立てください。

Sportsbet.ioの詳細解説

10bet japanの詳細解説

1xbetの詳細解説

Pinnacleの詳細解説

ビットコインのブックメーカー界隈での使い道

では、ここからはブックメーカーとの入出金時のビットコインの利用法について具体的に解説していきます。

使い方にはいくつかのパターンがあるので、個別のやりとりを始める前に、以下に目を通して理解してからお手続きください。

ブックメーカーとの入出金手段として直接使用する

まずは一番シンプルな利用法から。

ビットコインをブックメーカーへの入出金に利用する基本イメージ

ブックメーカーによっては直接ビットコインで入出金できます。この場合、利用の流れは上の画像のとおり。まず最初にビットコインをどこかで調達します。手に入れたビットコインは、そのまま取引所に置いといても構いませんし、他のウォレット(財布)にも自由に送れます。

そして、その保有しているビットコインを自分が使いたいブックメーカーへ送ります。プレー後に賞金を引き出す際は、取引所や指定のウォレットへ引き上げてきます。なお、サイトによっては入金/出金に使えるウォレットが指定されています(ピナクルでは、ビットペイというウォレットのみやりとり可能)。

ビットコインの値動きにも注目

例えばブックメーカーのサイトで日本円を使っているなら、ビットコインで入金したらその時のレートで日本円に変わって残高に反映されます。そして、出金するときは日本円から再びその時のレートでビットコインに変換されて戻ってきます。よって、ビットコインとブックメーカーのサイト内で使っている通貨の値動きにも注目してください。

エコペイズへの入金手段として利用する

さて次は、ブックメーカーではなくエコペイズへ送るという使い方。

ビットコインをエコペイズへの入金に利用する方法

ネット口座のエコペイズ(Ecopayz)はビットコイン入金対応なので、口座にビットコインで資金を投入し、それから使っているブックメーカーへ入金する、という使い方も可能です。

エコペイズはほぼ全ての日本語ブックメーカーとの入金・出金に対応していて、図のようにブックメーカーとの資金のやりとりの仲介役として使います。エコペイズには銀行振込という手軽な入金手段が用意されていますが、ビットコインの扱いに慣れているならこちらも簡単です。

具体的な入金手順は以下のページにて解説しているので、ご参照ください。

関連:エコペイズへの2つの入金方法(銀行振込&ビットコイン入金)最新解説

ビットコインを入出金に利用する際に理解しておきたいルールや要点

ここからは、ビットコイン使用時のさらなるポイントについてご説明していきます。

ビットコインをそのまま賭けられるサイトは値動きの影響なし

ブックメーカーごとのビットコインの取り扱い

ビットコインが入出金に使えるサイトには、「単に入出金手段として提供しているだけのサイト」と「ビットコインをそのまま賭けられるサイト」の2種類があります。多数派は前者、そして先ほどご紹介したスポーツベットアイオーは後者。

前者は、ビットコインで入金したらサイト内の法定通貨(会員登録時に自分が選んだもの)に変換されます。よって、入出金のタイミングによって値動きの影響を受けます。一方、ビットコインを直接賭けられるサイトは、値動きを気にする必要なし。ビットコインをスポーツに賭けて賞金をビットコインで得て、ビットコインで出金し、タイミングを図って法定通貨に変えてください。

入金元と出金先が違っても問題なしのサイトもある

ビットコインをブックメーカーとの入出金に使用(入金元と出金先が別)

入出金ウォレットがビットペイ指定のピナクルは例外ですが、ビットコイン入出金OKのブックメーカーでは、入金元と出金先が違っても特にに問題ありません。ビットコインアドレスであれば、どこからでも送付でき、どこにでも出金できます。

例えばビットフライヤーからブックメーカーに入金して、バイナンスという別の取引所に引き出す、なんてこともできます。またはバイナンスから入れて、ザイフやコインチェックに戻すことも可能。ブックメーカーでのプレーを経由して、取引所やウォレットを移動するという使い方ができます。

アカウントの名義と入金元の名義が別でも関係ない

ビットコインをブックメーカーとの入出金に使用(入金元とアカウントの名義が別)

入金元と出金先が別でも問題ないことに加え、実は送金元の名義も自由例えば、家族や知人名義のウォレットや取引所から、自分のブックメーカーのアカウントに資金を送ってもらってプレーなんてこともできます。逆もまたしかり。何度も言及しているピナクルでさえ、別人のビットペイアカウントから送ることも可能です。(知人夫婦のアカウントで、旦那のピナクルに嫁のビットペイから入金を確認済み。ただし一度使用するとそのビットペイアカウントがピナクルのプレイヤーアカウントに紐付けられるため、オススメはできません)

Sportsbet.ioのような入金元と出金先が固定されないサイトの場合は、入金元、出金先の場所と名義は自由自在。このあたりの柔軟性もビットコイン入出金の良さと言えます。

【注意】入金先のアドレスは毎回変わるものとして随時チェック

ビットコインをブックメーカーに送る際は一つだけ気をつけたいことがあります。それは、同じサイトであっても、送付先のビットコインアドレスが入金のたびに毎回変わる可能性があるということ。

以下は、Sportsbet.ioに入金した際の実際の画像です。

初回入金時の送付先アドレス
ビットコイン利用時の入金先アドレスの違い

38dRux…という始まりですよね。そして以下が二度目の入金時に指定されたアドレスです。

2度目に入金しようとした時の送付先アドレス
ビットコイン利用時の入金先アドレスの違い2

今度は、3nwwz…となっています。このようにアドレスが違うので、確認せずに前回のアドレスをコピペしてそのまま使うと、無事に入金できないうえ、間違ったアドレスへ送ってしまったビットコインは2度と返ってきません。(保証等は一切なし)

したがって、入金時は毎回アドレスをチェックしてからお手続きください。

ビットコインのブックメーカー利用に関するまとめ

いかがでしょうか?ブックメーカーでビットコインを使う際の基礎とルールと注意点はご理解いただけましたか?

枠組みをしっかり理解すれば、実際に使うのは簡単です。そして慣れるとかなり手軽だと感じます。ただし無用なロスを避けるため、送金時のアドレスの確認は習慣づけてください。

今後、ビットコイン対応のサイトや仮想通貨専用のブックメーカーは増えていくでしょう。そうしたサイトはビットコインだけでなく、ビットコインキャッシュやビットコインゴールド、リップルやイーサリアム、ライトコイン等のアルトコインでの入金にも対応してきています。(現に1xbetやsportsbet.ioは多種のコインで入金可)

実際に使ってみると手軽なのですが、まだまだ価格変動が大きくて扱いづらい面があるのも事実です。したがって、ビットコインを使ってスポーツに賭けるなら、スポーツベットアイオーのようなビットコインのままの賭けられるサイトでプレーして増やし、価値が上がったところで引き出して法定通貨に変えるという作戦が有効だと感じます。

ただし、極論としてビットコインそのものの価値がゼロになる可能性も否めませんから「既存の老舗サイトを使いながら」の併用がベスト。ウィリアムヒルや10betなどの安定サイトで米ドルやユーロを稼ぎながら、アイオーでBTCを増やす。今後はこのようなプレースタイルでのスポーツベッティングが主流となっていくかもしれません。

関連ページ
ブックメーカーにどうやって入金する?出金は?入出金の基礎解説
(ブックメーカーとの入出金の基本。従来からある各種手段でのやりとり方法)

Sportsbet.ioの特徴と使い方
(登録簡単・本人確認不要・生中継視聴可能、BTCを増やすなら必須)

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-入出金方法関連ガイド

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.