ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカーの使い方・スポーツベットのやり方【すぐに始められる超入門解説】

更新日:

スポーツブックメーカーを使ったスポーツベットのやり方

ブックメーカーのやり方(利用)は簡単です。

インターネットに接続されたスマホやパソコンさえあれば、早ければ5分~10分ほどで賭け始めることができます。昔はサイトが全部英語だったのでプレー開始までのハードルが少し高かったのですが、日本語対応のサイトが増えてきた今ではほぼ説明なしでも楽しめるようになってきました。

ただ、一連の流れを知っておくとプレーがもっとスムーズ。全体像を確認してからの方が安心して開始できます。

ということで、「ブックメーカーを使ったスポーツベットのやり方」と題したこのページでは、まったくゼロからスタートするプレイヤーのための超入門ガイドとして、ブックメーカーの利用開始から出金までの流れを「4つのステップ+2つの補足」に分けてまとめました。

ブックメーカー利用の全体の流れ

ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのやり方解説

ブックメーカーの利用の流れは、4つのパートに分かれます。

1.会員登録(無料)

2.資金を入金

3.Bet(賭ける)

4.利益を出金

このなかで入金にはいくつかの方法があり、場合によっては「手段の準備」をともないます。また、利益を現金化する方法も入金手段によって流れが少し違うため、補足を用意しました。

いずれにせよ、プレー手順は「登録→入金→BET→出金」の4ステップのみ。日本在住でも日本以外に住んでいても、この流れは同じです。

ブックメーカーで会員登録(ステップ1)

ということで、ここからは各パートを具体的にご説明します。

最初は会員登録です。もちろん無料。名前や生年月日など、必要な情報を入力するだけ。所要時間はサイトによって違いますが、およそ数十秒〜3分ほど

10bet(10ベット)Japanの登録方法解説2
(10betJapanの登録ページ)

最初は「こんな感じか」ということをつかんでいただくために、登録のしやすいサイトをいくつかピックアップしました。

Sportsbet.io
Sportsbet.ioの登録方法
登録のしやすさ: 超簡単

登録は個人情報不要。15秒〜30秒で完了。

10betjapan
10bet Japanの登録方法
登録のしやすさ: 簡単

日本人に嬉しい、登録ページに日本語(かな漢字)で入力OK。所要時間は1分ほど。

William Hill
William Hillの登録方法
登録のしやすさ: 平均

名前や住所などをローマ字(半角英数字)で入力する、業界としてはもっとも一般的な登録手続き。2~3分。

この3社は日本語ブックメーカーのなかでも特に使えるため、解説に沿ってアカウントをご用意ください。

ステップ.2 ブックメーカーに入金(ステップ2)

会員登録が済んだら、次のステップはアカウントへの入金です。

ブックメーカーへの資金の入金

画面上の入金ボタンをクリックして、次のページで入金手段を選びます。

ブックメーカー入金方法(クレジットカードによる入金)
(ウィリアムヒルの入金ページ)

どのサイトでもVISAかマスターカードのクレジットカード/デビットカードによる入金は対応しているため、いずれかお持ちならまずはそれらを試してみてください。

画面の案内に沿って入金希望額カード番号有効期限カード名義(ローマ字で)、CVV(セキュリティ番号。カード裏面の3ケタの数字)などを入力していき、確定させると完了です。

ブックメーカーのカード入金完了
(10bet Japanの入金完了ページ)

このような完了のメッセージが表示されるとアカウントに資金が投入されています。

補足その1:カード以外の入金手段も用意する(ステップ2-2)

カードを使った入金が、最初は一番簡単。アカウントを作ったあと、すぐにプレーを始めることができます。

【日本人向け】ブックメーカーの入出金手段

ところが、クレジットカードによる入金は、発行会社による制限や各サイトが使っているシステムの兼ね合いで、うまくいかない場合があります。(入金手続きの最後にエラーが表示される)

そのため、ブックメーカーの各サイトはカード以外の代わりの手段をいくつも用意しています。

10betJapanの入金・出金方法の組み合わせ

カード入金しやすさ:

こちらは10bet Japanの入出金手段。カードはVISA・マスターカードに加え、JCBも使えます。カード入金も通りやすい。それ以外は、ネット口座のエコペイズ(Ecopayz)と、スティックペイ(STICPAY)という口座も利用可能。さらにビットコインでも入金OK。(ビーナスポイントという仲介サービスも使えます)

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の入金・出金手段の組み合わせ

カード入金しやすさ:

スポーツベットアイオーは、サイトのなかで仮想通貨と法定通貨のサイフを別々に管理できて、それぞれを自由に賭けることができます。入金は、ビットコインのサイフにはビットコインを送るか、VISA・マスターカードのクレジットカードでサイト上でビットコインを買って入金可能です。三菱UFJ、みずほ、三井住友、りそな銀行のネット振込も可能。

また、イーサリアムやライトコンを送付して賭けることもできます。

そして日本円、米ドル、ユーロのそれぞれのサイフにはエコペイズとスティックペイから入金OK。さらに後日、これらの法定通貨のサイフにもクレジットカード・デビットカードで直接入金できるようになりました。

*ネット振込と法定通貨へのカード入金は一時的にメンテナンス中です。(2019年8月時点)

ウィリアムヒルの入金・出金手段の組み合わせ

カード入金しやすさ:

こちらはウィリアムヒルの入金と出金の手段。カードはVISA・マスターカードが使えますが、日本で発行されたカードは上の2つのサイトよりやや通りにくい。カード以外の入金方法は、日本から登録する場合はエコペイズ口座が利用できます。この口座を先に作って、お金を入れてからウィリアムヒルに入金します。

ご覧のとおり、カードからの直接入金以外にもエコペイズやスティックペイといったネット口座を経由して資金を投入することができます。

これらのネット口座へは下の図のように入金します。

エコペイズやスティックペイへの入金

まず口座開設(無料)し、エコペイズの場合は銀行振込かビットコイン。スティックペイの場合はカードかビットコインなどで入金可能。(出金についてはステップ4で詳しく解説)


利便性:

登録簡単、ほぼすべての日本語対応ブックメーカーで利用可能。

入金:銀行振込かビットコイン
出金:国際送金か銀行振込


利便性:

登録簡単。利用できるサイトはエコペイズよりまだあ少ないものの、入出金の柔軟性が高くて便利。

入金:カード、ビットコイン、その他
出金:国際送金か銀行振込か専用カードでATMから引き出し

要するに、これらの口座はブックメーカーへの入金のための仲介役。使用するブックメーカーによって利用可否は異なりますが、どちらも持っていれば資金管理は完璧です。

入金についてのまとめ

ここまでの入金について一旦まとめます。

どのサイトでもVISAかMastercardのクレジットカード/デビットカードで入金できる
ただし、サイト上の決済システムやカード発行会社の制限で入金できないこともあります。

カードが入金に使えなければ、ネット口座の「エコペイズ(Ecopayz)」を使用
エコペイズはほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。最初に口座開設などの準備を。(なお、10betJapanとSportsbet.ioはスティックペイ口座でも入出金可)

スポーツベッティングを楽しむ!(ステップ3)

入金が完了しましたらプレーの開始です。サッカー、テニス、野球、バスケットボール、アメフト、競馬、そのほか好きなスポーツ・イベントのオッズをチェックしてお楽しみください。

ここで少し実際に賭けられるオッズの例を。

10bet JapanのJリーグ勝敗予想オッズ
(サッカーのJリーグの勝敗予想オッズ)

日本vsウズベキスタンのスコアラー予想オッズ(日本の選手)
(サッカーの日本代表の得点者予想オッズ)

サッカーのワールドカップの特殊オッズ
(サッカーのワールドカップの特殊なオッズ)

テニスUSオープン2018決勝の大坂なおみ選手のオッズ
(テニスの全米オープン2018決勝の大坂なおみ選手のオッズ)

スポーツベットアイオーのクラシコ生中継
(レアル・マドリーvsバルセロナの"クラシコ"の試合中のオッズと生中継)

テニスの試合中のオッズ
(テニスの試合中のオッズ)

WBSSバンタム級-井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ
(ボクシングWBSSの井上尚弥選手の試合についてのオッズ)

これらは氷山の一角。ここに写っているもの以外にも膨大な量の選択肢が用意されています。

そして、このようなオッズへ賭ける際の基本的な手順は

1.賭けるオッズを選ぶ

2.賭け金を入力

3.賭けを確定

4.終了後に結果を確認

の4つのステップ。的中していれば、アカウントに配当が振り込まれます。

スポーツブックのやり方
(賭け画面の一例)

賭ける手順やオッズの種類については、この2つのページにて詳しく解説していますので合わせてご参照ください。

ブックメーカーから出金(ステップ4)

最後のステップは出金です。プレーを存分に楽しんで賞金を得たら、ブックメーカーから引き出しましょう。

スポーツブックのアカウントから引き出し
(ウィリアムヒルのアカウントページ)

どのブックメーカーのサイトでも、アカウントの管理画面のなかに「出金」や「引き出し」と書かれたメニューがあります。

スポーツブックのアカウントから引き出し2
(10betJapanの引き出しページ)

引き出しのページで、出金希望額や引き出し先のネット口座の情報などを入力します。

ウィリアムヒルから引き出し
(ウィリアムヒルの出金手続き完了後の画面)

スポーツブックからの資金の引き出し完了
(10betJapanの引き出し完了画面)

確定ボタンを押すと完了で、このような通知が表示されます。

入金のところでも図解したように、ブックメーカーからの賞金の引き出しはエコペイズやスティックペイなどのネット口座へ一度送るのが一般的です。ブックメーカーによってやや対応が違うので、以下を参照ください。

10betjapan
出金の柔軟性:

クレジットカード・デビットカードで入金した場合、ネット口座のエコペイズ、スティックペイ、ビーナスポイントなど各種手段で出金。なお、出金希望額が入金額以下であればカード利用のキャンセル処理という形での返金も可能。エコペイズ、スティックペイ、ビーナスポイントなどで入金したなら、それぞれの手段へ返金。

Sportsbet.io
出金の柔軟性:

VISAやマスターカードでビットコインを買って入金した場合は、ビットコイン送付で好きな場所へ出金可能(取引所、ウォレット、エコペイズやスティックペイもOK)カードで日本円残高に入金した場合は、エコペイズやスティックペイなどのウォレットへ出金。

William Hill
出金の柔軟性:

カードで入金した場合は、エコペイズ口座へ出金。エコペイズで入金したら、エコペイズへ出金。

補足その2:手元へ引き出しで現金化(ステップ4-2)

賞金がネット口座に戻ってきましたら、最後は現金化。

エコペイズとスティックペイの資金を現金化するには?

エコペイズもスティックペイも、自分の銀行口座へ普通の振込手続きのように出金できます。スティックペイはさらに、専用のプリペイドカードへ資金をチャージして世界中の対応ATMから現地通貨で引き出しも可。(日本のセブン銀行やゆうちょ銀行で引き出せば日本円、イギリスならポンド、フィリピンならペソ、香港なら香港ドルのように、当地の通貨で現金化)

ビットコインとして出金するなら、ビットフライヤーやコインチェック、ビットポイントなどの取引所へ送って換金して自分の口座に振込するか、またはエコペイズやスティックペイへ送って前述のような方法で現金化することもできます。

エコペイズからの高速ローカル出金
(エコペイズの振込画面)

スティックペイカード(Sticpay card)でゆうちょ銀行から引き出し
(スティックペイのカード。以前はマスターカード提携でしたが、現在はユニオンペイ付き)

要するに、勝ったらちゃんと現金化できます。ご安心ください。

次に賭けるときのためにブックメーカーのアカウントかネット口座にいくらか資金を残しておきつつ、ちゃんと稼いだことを実感するために賞金の一部はぜひ現金に変えてみてください。(達成感が得られますし、次のモチベーションも湧きます)

ブックメーカーを使ったスポーツベットのやり方まとめ

いかがでしょうか?インターネット上のブックメーカーの使い方、スポーツベッティングのやり方はイメージできましたか?

改めて、4つのステップをご確認ください。

ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのやり方解説

スポーツに賭けられるブックメーカーのウェブサイトはネット上に数多くありますが、どこを利用するにせよ基本の流れは1.登録 → 2.入金 → 3.BET → 4.出金のみ。

サイトによって入金・出金の対応が違うので補足部分が多くなってしまいましたが、1.登録 → 2.カードで入金(成功)なら最短5~10分でスタートできます。そしてネット口座を介して賞金もきっちり手元へ回収可能。

スポーツごとの賭け方やオッズの意味などもすべて当サイトにて解説しているので、準備が済んでプレーを始めたら随時お役立てください。また分からないことがあれば、問い合わせページよりいつでもご連絡ください。

成功をお祈りしております!!

ステップ.1「登録」へ戻る↑↑↑

ステップ.2「入金」へ戻る↑↑↑

ステップ.3「BET」へ戻る↑↑↑

ステップ.4「出金」へ戻る↑↑↑

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.