ブックメーカー投資

ブックメーカーを複数利用する5つの理由とマックスベット規制回避のコツ

更新日:

ブックメーカーを複数利用する5つの理由とマックスベット規制回避のコツ

インターネット上にあるブックメーカーを使ったオンラインスポーツベッティングでは、2〜3社あるいはそれ以上のサイトを使い分けるのが基本のセオリーです。複数を併用することで、遊びで賭けるにせよ投資として利益を狙うにせよメリットがあります。

このページではその理由を具体的に解説します。

ブックメーカーを利用する際の基本的なこと

ブックメーカーはネット上に数百サイト以上あります。私たちプレイヤーは、その中のどのサイトを使っても構いません。ただし、ブックメーカーによって「この国に住んでいる人は参加不可」などのルールが違うので、厳密には会員登録や入出金ができるサイトならOK。当たり前ですね。

どのサイトが良いかは、この「利用できる」という大前提のほかに、サイトが見やすい・日本語サポートがある・入出金しやすいなど「使い勝手」の面と、賭けたいスポーツのオッズがある、スポーツの中継が観られるなどの「目的」にあうかどうかで決めます。

ブックメーカーとひとくくりに言ってもサイトごとに特徴が全然違いますから、「使いやすくて目的に合う」サイトをいくつかピックアップして利用する、というのが基本的な考え方です。

ブックメーカーはなぜ複数利用した方がいいのか?5つのメリット

では、いくつかのサイトを利用することに具体的にどんなメリットがあるのかをご説明します。

1.サイトメンテナンス時の代役を用意し、チャンスを逃さないようにする

ブックメーカーメンテナンス中

一つ目の理由はメンテナンスによる賭けの機会損失を避けるため

ブックメーカーのサイトは年に何度か、数時間ほどのメンテナンスが行われます。その期間中は一切賭けられなくなるのはもちろん、ログインさえできなくなります。

たいていはそのブックメーカーの所在地またはサービスを提供する地域の夜間に行われるのですが、タイミングによっては「目当ての試合がちょうどこれから始まるのに賭けられない!」なんてこともあります。前もってしっかりと予想を立てていざ勝負!という場面で使っているサイトがメンテナンスに突入されると困りますから(実体験)、複数のサイトに登録しておくのは保険のようなものです。

Q.どのブックメーカーを使えばいい?
メンテナンスは各社それぞれのタイミングで行われます。したがって、今使っているサイト以外で使い勝手が良さそうなサイトを選んでください。(例えば10betJapanがメインなら、William HillやSportsbet.ioを代わりに)

2.賭けられるスポーツ(のリーグや大会)がサイトごとに違うため、対象の幅を広げるため

二つの目の理由は、ブックメーカーによって賭けられるスポーツの種類が違うからです。

サッカー、テニス、バスケットボールなど主要なスポーツはどのブックメーカーでも賭けることができます。しかし、厳密にはそのスポーツのなかのリーグや大会の取り扱いはサイトによって少し違います。

例えば「イングランドのサッカー7部リーグ」のようなアマチュアリーグはウィリアムヒルをはじめ欧州大手サイトではだいたい扱っていますが、アジアやアメリカ系のブックメーカーにはありません。

また野球では、MLBはあっても日本のプロ野球のオッズがないサイトも世界的にはたくさんあります。

相撲やサーフィンなど、賭けの対象としてマイナーなスポーツは、取り扱っているサイトが限定的です。これらのスポーツにいつも賭けるわけじゃなくても、話題になった時や日本人選手が活躍していて応援賭けしたい時に、アカウントを作っておけば便利です。

Q.賭けられるスポーツの増やすならどのブックメーカーを使えばいい?
純粋に対象が多いのは日本語ブックメーカーならWilliam Hill。相撲はMarathonbet(日本語非対応)にて賭けられます。

3.賭けの切り口(マーケット)がサイトごとに違うため、複数のサイトを用意して予想に合わせて相手を変える

三つめの理由は、スポーツの種類がサイトごとに異なるのと同じく、提供される賭け方の種類もブックメーカーごとに異なるためです。

「勝敗予想」や「スコア予想」などベタな賭けはどこのブックメーカーでもありますが、「点を決める選手と勝敗予想の組み合わせ」や「何分までにゴールがあるか」などの切り口がユニークなオッズは中小ブックメーカーでは賭けられません。

また、特に違いがはっきりするのは優勝予想やMVP予想などリーグや大会全体にまつわる賭けです。「優勝予想はあるけれど、昇格や降格予想はない」「得点王予想はない」など、バリエーションがサイトによってかなり違います。

スポーツベッティングが面白いのは、予想に合わせて色々な切り口から賭けられること。一社にこだわる必要はありませんから、賭けたいオッズに合わせてサイトを使い分けてください。

Q.オッズの種類が多いのはどのブックメーカー?
William Hillは特殊な賭けやリーグ・大会全体への賭けが多いので重宝します。

スポーツベッティングを投資や利益重視でプレーする際のメリット

ここからは、稼ぎにつながる複数サイトの利用メリットです。

4.倍率が良いものを選んで賭けるだけで増収になる

四つめの理由は、同じ賭けでも、良いオッズを出しているサイトで賭けた方が当たった時に配当が大きくなるためです。

ブックメーカーのオッズはサイトごとに違います。

例えば、野球の「阪神vs巨人」で阪神に対しAブックメーカーは2.5倍、Bブックメーカーは2倍をつけているなら、どう考えてもAで賭けた方が得ですよね。10,000円賭けて実際に阪神が勝てば、使うブックメーカーが違うだけで5,000円も儲けが違います。

優勝予想オッズになると違いは一層大きく、同じチームのオッズでも10倍~100倍程度の差がついていることも珍しくありません。

当たらなければどのサイトを使っても一緒ですが、同じ結果に賭けるならできるだけ良いオッズのサイトを使った方がシンプルに得。長い目で見ると利益を大きく左右します。かと言って、やたらと高オッズをアピールするブックメーカーは、たとえ勝っても後からゴネて配当を払わないこともあるので注意が必要です。あくまで、信頼性の高いサイトを複数使い、そのなかで比較して賭ける相手を選んでください。

Q.倍率が良いのはどのブックメーカー?
高オッズかつ信頼性が高いのはPinnacle。(オッズの種類は少なめなので、基本的に他社との併用がベスト)

5.利益を分散して、アカウント規制リスクを下げる

さらにもう一つ、利益重視の"投資として"のスポーツベッティングにおいて、複数のサイトを利用する重要な理由があります。それは利益の分散とアカウント規制の回避のためです。

各ブックメーカーにはプレイヤーのアカウントを管理する部門があり、そこで全プレイヤーの賭けの動向・履歴がチェックされています。彼らは、勝ちすぎるプレイヤーや極端な賭けをするプレイヤーの賭け金の上限を下げたり、最悪は出禁にできる「ベット規制(マックスベット規制)」という強権を持っています。

このことは各社の規約に書かれているのですが、厳密に「何をするとNGなのか」「どのぐらい勝つと規制されるのか」という線引きは開示されていません。規制された後に問い合わせても理由は教えてくれないので「こうすれば大丈夫」という"正解"は分からないのですが、反対に「これをすると規制が早まる」という"不正解"は私自身の経験とブックメーカーの元スタッフの話からいくつか明らかになっているので、ここでご紹介します。

規制を早める原因のひとつが、あからさまに不自然な賭けをしていること。

例えば、何らかのツールやシステムに頼って賭けていると、そのシステム利用者の賭けは同じオッズに集中します。すると賭け金のバランスが崩れてオッズの調整が必要になるため、このようなプレイヤーはブックメーカー側からすると商売上好ましくありません。具体的にはアービトラージのツールを使っていたり、アービトラージのオッズだけに賭け続けているとすぐに規制対象となります。

また、賭ける金額が例えば256.37ドルのように小数点以下の金額まで細かく賭けるのも不自然なのでチェックされます。計算機で配分を計算して賭けるようなときにはこのような端数が出てしまいますが、必ず250や260、あるいはもっと四捨五入して200や300など、キリの良い数字で賭けてください。

そして、1.01〜1.1倍あたりの低倍率のオッズのみしか賭けていない場合に規制されるサイトもあります。また一方で単純に「数千ドル勝ったら規制(金額は開示されていません)」というブックメーカーもあります。

一度規制されてしまったらそのサイトでは満足に賭けられなくなってしまいますし、基本的には元に戻すことはできません。

規制されるリスクの回避として、不自然な賭けをしないというのは自分がただ気をつけたら済むので簡単な話です。一方で、「低倍率のみを狙い続けた場合」や「勝ちすぎた場合」の規制はブックメーカー次第。

そこで、そのような理不尽な仕打ちを回避する工夫として、複数のサイトを使います。

例えば、「データを分析して、条件に合うオッズだけを狙って賭ける」という戦略でプレーするにしても、1つのブックメーカーのみを相手に取り組むのではなく、A、B、Cという3つのブックメーカーを順番に使えば、仮に少しずつ利益が増えていったとしても規制リスクを3分の1に分散できます。(これらのサイトが目的のオッズを提供していることが前提です)

ライブベット(試合中の賭け)は、小数点以下の端数さえ気をつければどのような賭け方をしていても規制の心配はそれほどないのですが、儲かり続けるならやはり他社のライブベットも併用した方が一層安全です。

少し話が逸れますが、ブックメーカー達がこのような「自由に規制できる」という強権を持っているのは、裏を返せばスポーツベッティングがやり方次第で勝てるギャンブルだから。基本的に、ブックメーカーはプレイヤーの勝利を望んでいません。よって、長期に渡ってスポーツベッティングで稼ぎ続けるためには、使っているアカウントが規制されないように「うまく立ち回る」ことも重要となります。

Q.規制がないのは?また、使い分けに適しているのは?
ブックメーカー業界のなかで唯一、Pinnacleは基本的にプレイヤーを規制することがありません。それでいて高オッズなので、収益重視の賭けには必須です。使い分けするサイトは、手法に応じて選んでください。試合中の賭けなら、10betJapan、William Hill、Sportsbet.ioらの併用で十分リスク分散できます。

アカウントを作りすぎるデメリット

賭けの選択肢を増やせたり、オッズを良し悪しで選べたり、利益の分散など複数のブックメーカーを利用するメリットはたくさんあります。しかし同時にデメリットもあります。それは単純で、増えすぎると管理が大変ということ。IDやパスワードの記録はもちろん、特に残高の把握をしっかりしておかないとトータルの収支が分からなくなりますから、エクセル等で収支表を作ったり、コントロールできる範囲で使い分けてください。

管理人は100件近くのアカウントを作りましたが、そのうちで日常的に使用するサイトは10社程度になりました。使わなくなったサイトは残高をカラにしておけば特に費用も発生しないので金銭的なデメリットはありません。(残しておくと、サイトによっては1年後からアカウント維持費が発生する場合もあるので、使用頻度が減ってきたサイトは資金をゼロにしておいてください)

まとめ

いかがでしょうか?

あたらめて冒頭に戻ると、私たちプレイヤーはどのブックメーカーでも使えます。それはオンラインだからこそ。(もしこれが実際の店舗なら、何件もハシゴしてオッズを見比べて賭ける相手を変えるのは不可能ですよね)

ブックメーカーごとに扱うスポーツやリーグやオッズの種類が違うため、1社でカバーしきれない部分を2~3件で対処します。また、賭けるスポーツによって使い分けたり、取り組み方によって使い分けるのも資金を管理しやすくできるというメリットがあります。

賭けの対象とオッズが豊富で日本語サポートがあるWilliam Hillはメインとして長く使えますし、同様に日本語対応の10betJapanのライブベットも活用できます。娯楽というより本格的に取り組むならPinnacleは欠かせません。もちろん他にも良いブックメーカーはたくさんありますので、メインの利用サイトとサブで利用するサイトを数社用意してお楽しみください。

スポーツベッティングは、大前提としてブックメーカーのアカウントありきでできること。それが利益目的なら一層「アカウントの保全」という意識が大切になってきます。何をしたところでブックメーカー側のさじ加減ひとつで規制対象になってしまうのは否めませんが、いくつかのサイトでトータルでプラスを目指す」という考えが長く勝ち続ける上で重要です。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の引き出し処理は業界高速。多機能の必須サイト。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカー投資

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.