Bookmakerの各種情報

実録!ウィリアムヒルの店舗での賭け方〜賞金受取までを取材してきました

投稿日:

ウィリアムヒルの店舗での賭け方

ロンドンの街を歩けばそこら中で見かける「William HILL」の看板。オンラインのウェブサイトは10年以上利用し、いつも目にしてきた親しみあるロゴ。店にも何度か入ってみたのですが、いまいち良くわからない部分があってプレーはできずじまいだったのですが、ようやくチャレンジできました。オンラインとは違った味わいがあって良かったです。

ということで、このページではウィリアムヒルの店舗が実際にどんなものか、どうやって賭けるのか、払い戻しの受け取り方など、一連の流れを実際の取材に基づいてご紹介しています。滞在時の参考にどうぞ。

そもそもウィリアムヒルの店で賭けたかった理由

そもそも店で賭けたかったのは、「ブックメーカーが何でも賭けの対象としてオッズを出してくれる」という話を確認するためでした。例えば「息子が将来プレミアリーグで出場するか?」とか「余命宣告された自分が宣告年数を超えて生きるか」など。いわゆるCrazy Bet(クレイジーベット)やBizarre Betting(ビザールベッティング)と呼ばれるもの。

「人生はギャンブルだ」なんて言葉がありますが、文字通り人生をギャンブルにするべく「自分が80歳まで生きるか否かにオッズを出して」とお願いしようかと。(100歳にしようと思いましたが、的中しても自分で賞金取りに行くのが大変そうだとか現実的なことを考えてOver80予想に)

何年もまえに店に立ち寄った時、拙い英語で窓口のスタッフにお願いしたら「俺には分からん」と突っぱねられてしまったので、今回ウィリアムヒルのロンドンオフィスに訪問した際にマネージャーにお願いしました。

その結果。

確かに以前はそのようなリクエストに答えてオッズを提供していたとのこと。しかし、店舗を統括していたユニークなマネージャーが退職して現在は受け付けなくなったそうです。残念。。。

ウィリアムヒルの店舗ってどんなところ?

人生をギャンブルに変えることはできなくなってしまいましたが、店舗にはご案内していただけるとのことだったので、お言葉に甘えてご同行願うことに。突然にオフィスマネージャーが訪問してきたので窓口スタッフの女性も困惑していましたが、プレスリリース部署との交渉の末に特別に撮影許可をいただき、写真を撮りながら賭けを楽しんできました。窓口のジェシカさん、ありがとう!

店舗内外の様子

今回お邪魔したのは、ロンドン一等地のメイフェア(Mayfair)にあるお店。

ウィリアムヒルのメイフェアの店舗

地下鉄ボンド・ストリート駅の周辺には3店舗あり、そのうちの1つの32 North Low店です。

ウィリアムヒルの店舗内の様子

店内はこんな感じです。大きなモニターが数枚、競馬やドッグレースの中継、最新のオッズなどを表示しています。そしてテーブル、賭けをリクエストする窓口。これまでに10店舗ぐらい中をのぞいてきましたが、地上でも地下の店舗でもこの構成は同じ。テレビ、テーブル、窓口の3セット。

ウィリアムヒルの店舗の競馬オッズ

壁には競馬のオッズが貼ってあります。

ウィリアムヒルの店舗のサッカーベッティングの投票用紙(マークシート)

そしてサッカーベッティングのためのマークシートもずらり。それぞれ、当日の試合用、特定の試合用、特定の賭け方用などいくつかパターンがあります。(詳しくは後述)

ウィリアムヒルの店舗のマシーン

さらに、私たちが普段使っているウェブサイトによく似た画面のマシーンも置いてありました。この端末でも現金を入れて賭けられるようです。他にも、スロットマシーンなども置いてありましたが、お客さんが熱心にプレーしていたので撮影は控えました。

店によって雰囲気はまちまちですが、何となくゲームセンターと宝くじ売り場を足したような感じです。気軽に…とは言えませんが、誰でも普通に入れます。

ウィリアムヒルの店舗ではどうやって賭ける?

では、具体的にどうやって賭けるのかを見ていきましょう。今回はサッカーを例にご紹介します。

競馬や競艇をしたことがあるかまたは宝くじのロト6などを買ったことがあるなら、基本的な流れはイメージできると思います。①マークシートの必要箇所を塗りつぶす。②窓口で提出して賭け金を払う。③投票券(受付レシート)をもらう。この3ステップ。

そしてもう一つ、もしもマークシートに賭けたい試合や賭けたいオッズが掲載されていない場合は、専用の紙に試合や賭け方の種類、賭け金を書いて窓口で提出します。ここでスタッフが電話で最新のオッズを確認してくれるので、良ければ合意。賭け金を払ってレシートをもらう。以上です。

これらを具体的にご説明します。

1.マークシートを塗りつぶすか、リクエスト用紙に書く

まずは、先ほども触れた店内の棚にある投票用紙(マークシート)を手に取ります。

ウィリアムヒルの店舗での賭け方解説

一番手前の白紙は、自分で賭けの種類を書くための専用の用紙。これについては後ほど触れますね。

マークシートはさまざまな種類があります。

ウィリアムヒルの店舗ベットのマークシート

こちらは、週末のUKの試合、プレミアリーグ、チャンピオンシップ、リーグ1,2、スコットランド・プレミアリーグなどのホーム/ドロー/アウェイに賭けられる用紙。

ウィリアムヒルの店舗ベットのマークシート2

試合のゴール数に賭けられる用紙。

ウィリアムヒルの店舗ベットのマークシート3

こちらは、特定の試合のみを対象とした用紙。勝敗予想、オーバーアンダー、コレクトスコア、ハンディキャップ、コーナーキック、前半/後半、ゴールスコアラーなど基本的な賭け方が並んでいます。

ウィリアムヒルの店舗ベットのマークシート4

そして、当日の注目試合をセットにした用紙もあります。この用紙はエヴァートンvsマンチェスター・シティとスペイン国王杯のバルサvsレアルが対象。

今回はこれを使って、バルサvsレアルのクラシコへの賭けに挑戦してみました。

ウィリアムヒルの店舗での賭け方(マークシートに記入)

バルサの勝利とみてH(=ホームの意)のところにマーク、Bet Type(賭け方)はSingle(シングル)にマーク、そしてUnit Stakes(賭け金)は5ポンドにしてみました。次に、となりのWill Both Teams Score(両チームがゴールを決めるか)のY(=Yes)にマークし、シングルで賭け金は同じく5ポンドを。

なお、用紙上のオッズはイギリスの伝統的な形式(フラクショナル)で表示されているため、慣れていないと分かりにくいかもしれません。バルセロナ勝利のオッズは「4-6」で、これは4対6(フォートゥーシックス)と読みます。意味は「4を賭けたら6がもらえる」となり、小数点方式に換算すると1.67倍。同様に、両チームゴール予想の「1-2」は1.5倍です。

これを窓口へ持っていきます。

2.窓口で提出して支払い

ウィリアムヒルのロンドンにある店舗での賭け方解説

マークシートを提出し、記入した金額を現金かクレジットカード・デビットカードで支払います。ただし日本で発行されたカードは利用不可なので、旅行で行くなら現金を。すると、このようなレシート(受付票)をもらえます。(撮影のためにお金を置いていますが、レシートを受け取れるのは支払い完了後)

マークシートにない賭けを試す

この流れが済んだあとに、今度はマークシートにない賭け方を試そうと思い試合中の総ゴールのOver/Under2.5予想を依頼しました。店内に置いてある白紙の投票用紙に、試合名を賭け方を書いて提出します。

ウィリアムヒルの店舗での賭け方(紙に書く)

バルセロナvsレアルの試合がオーバー2.5(3点動けば的中)だろうと考えて提出。するとスタッフが本部かどこかに電話で確認します。しばらく待っていると、用紙にオッズを書いてもらえます。それがこの画像。オーバー2.5は1/2の1.5倍でした。用紙の下に賭け金を書くところがあるので、このオッズにも5ポンドを投下。

ウィリアムヒルの店舗での賭け方(完了)

完了したら、このようなレシートをもらえます。

これで、バルサvsレアルのバルサ勝利(1.67倍)両チームゴール予想(1.5倍)、そしてオーバーアンダー予想のオーバー2.5(1.5倍)に賭けることができました。試合の2時間ほど前だったので、カジノへ移動してライブスコアをチェックしつつプレーし、結果が出るのを待ちました。

受付票を無くしたら?

賭けたあとにレシートを無くしてしまった場合は、賭けた店舗へ戻って専用の用紙に記入してIDを提出してください。履歴を参照してもらえます。

賞金の受け取り方法

さて、カジノでしっかり負けたところで(笑)試合結果を確認してみると…

バルセロナvsレアル・マドリードの試合結果

勝敗予想とオーバーアンダー予想は外れていましたが、両チームゴール予想は的中していました。トータルではマイナスですが、「賞金の受け取り方」が書けるので1つでも当たっていて良かった。

店舗でレシートを提出するだけ

ということで、その日は夜遅かったため翌日に店へ。賞金の受取は賭けた店以外でもOKです。どこでもできるので、リヴァプールストリート近辺を歩いていた際に見つけた店舗に入りました。

ウィリアムヒルの店舗での賞金受け取り方法

カウンターでレシートを提出。

ウィリアムヒルの店舗での賞金受け取り方法2

オッズは1.5倍でしたから、賭け金の5ポンドと賞金の2.5ポンドを回収。(この店舗は取材許可をいただいていないので、手元で現金だけを撮影)

端末でオンラインベッティング

いかがでしょうか?店で賭ける手順を一旦まとめておくと、

1.マークシートか白紙に記入
2.賭け金を支払い
3.(結果の確定後)当たっていれば回収

というステップです。やはり競馬や競艇などに似ています。スタッフが電話でオッズを確認している姿は新鮮な感覚でした。ただこの取材中、オンラインの端末を使っているお客さんが非常に多かったことに気づきました。

ウィリアムヒルの店舗のマシーン

記事の最初の方でも載せたこれ。

William Hillのロンドンの店舗端末

画面をよくみると、ウィリアムヒルのオンライン版と中身はほぼ一緒。サッカー以外の、テニスもバスケも野球も競馬も全部あります。

William Hillのロンドンの店の端末のオッズ変更

オッズをちゃんとデシマル(小数点形式)に変更できるメニューも備えています。賭け方の種類もチェックしてみたら、オンライン版と全部同じ。つまり、マークシートがない試合やマークシートに載っていない賭け方も、わざわざ紙に書かずにこの端末から賭けることができます。

そしてスタッフが教えてくれたのは、ほとんどの賭けはオンラインのほうがオッズが良い(倍率が高い)とのこと。店舗で電話で確認しているあいだに下方修正されることもあるようで、最近はオンライン版を利用する人のほうが圧倒的に多いとの話でした。

なるほど、お客さん達は取材しているから遠慮して窓口に来ないのではなかったのだと納得。紙に書くより手軽ですし。

PLUSカードを使うと便利

そして、店舗の端末を使う方にはWilliam Hill PLUS(ウィリアムヒルプラス)というカードも便利。

williamhill plus(ウィリアムヒルプラス)って何?

このカードを持っていると、店舗の端末で賭けたものをモバイル画面でキャッシュイン(賭けを途中で損切りや利益確定)できたり、PLUSの専用ページで賭けを予約して店舗の端末でレシートを受け取ったり、さらにウィリアムヒルのオンライン版のアカウントと連動させることで、オンラインで勝った賞金を店で引き出しできるようにできます。(ただし、最後のアカウント連動サービスはイギリス国内ユーザー向け)

カードを作りたい場合は、窓口でID(パスポート)と電話番号(イギリスの番号のみ可。現地SIMカードを買っていればOK)を出せば新しいカードをもらえます。

William Hill PLUSの登録方法

受け取ったカードを端末にかざし、画面の案内に沿ってカードを有効化するための新規登録。

William Hill PLUS

完了すると、このような専用画面にアクセスできます。またモバイル用のアプリもあるので、そちらで店舗で賭けたものを管理できるようになります。イギリスに住んでいるなら、オンラインのアカウントも電話番号や住所などを変更して、このカードは作って連動させておいた方が絶対に便利。それ以外なら特に不要かと。

ウィリアムヒルの店舗での賭け方〜換金方法まとめ

以上、ザッと駆け足でご紹介してきましたが、ウィリアムヒルの店舗での賭け方〜賞金回収まではイメージできましたか?

競馬やドッグレース、ロトくじのためのマークシートもありますから、それらに賭けてテレビでレース観戦も可。ですが長居するような雰囲気ではないので、目当ての賭けを選んだらサッとパブでも行って飲んだ方が楽しいかと。さらに言えば、日本で作ったオンライン版のアカウントはイギリスでも普通にログインして使えますから、みんなでスポーツを観ながら、あるいはスタジアムでプレミアリーグを観戦しながらライブで賭けた方がもっと本場の空気を味わえます。

試合を観ながらウィリアムヒルでライブベット

オンラインのアカウントはとりあえず必須。そして機会があれば店舗でもチャレンジを。当ページがその際の参考となれば嬉しいです!

関連:初回Betで100ドルゲット!ウィリアムヒルの登録〜使い方

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツベットのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

創業1934年の業界のブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭けの種類が圧倒的に豊富で、かつ最近は入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの詳しい解説

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。今後利用範囲が増えそうなので、エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Bookmakerの各種情報

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.