ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

10bet

10betのスポーツブック・カジノの資金管理の重要点を再確認【取材レポート】

10betミーティングレポート

日本人プレイヤーにも人気のスポーツブックメーカー・オンラインカジノサイトの10betJapan(テンベットジャパン)。ロンドンで開催されたゲーミング業界の国際会議LAC2020にてマネージャーにお会いし、直近の状況や今後についてなど色々とお話をうかがってきました。

10bet Japanについて

10betJapan(2020年最新)

10betJapanは、2003年に創業したオンラインベッティングブランド10bet(テンベット)の日本人向けサイトとして、2017年末にオープンしました。10bet自体も日本語対応だったのですが、より日本人ユーザーの意向を汲み取ったサイトにしようということで完全に分化。

日本語ライブチャットサポート、入出金手段が豊富という日本人プレイヤーに使いやすい特徴が魅力で、今では日本語ブックメーカー・カジノのトップサイトの一つとなっています。

2019年秋には母体の10betと共にイタリアサッカーの名門チーム「ユヴェントス」の公式スポンサーにも就任。信頼できるブランドとしての地位も築いています。

【最大の魅力】入手金手段選び放題・出し入れ自由自在!

10betの入出金方法(最新)

そんな10betJapanのユーザー目線で一番優れている点といえばやはり、入金・出金の柔軟性の部分。2020年2月時点での対応手段は、クレジットカード・デビットカード(JCB、マスターカード、VISA)に加えて、ネット口座のエコペイズ、スティックペイ、アイウォレット、仲介サービスのヴィーナスポイント、そして仮想通貨など、日本語ブックメーカーとしては最多の選択肢が用意されています。

10betJapanの入出金手段
(2020年2月時点)

  • クレジットカード・デビットカード(JCB、マスターカード、VISA)
  • エコペイズ
  • スティックペイ
  • アイウォレット
  • ヴィーナスポイント
  • 仮想通貨各種(BTC、ETH、LTC、BSV、EOS)

で、オンラインベッティングの世界では一般的には「入金手段と出金手段は同じでないといけない」というルールがあります。また、「カードで入金したらネット口座で引き出し」といった条件がついていることも。

ところが、10betJapanではそのような制限がありません。入金手段に関わらず、好きな手段で資金を回収できます。

例えばクレジットカードで入金してプレーし、稼いだ賞金をエコペイズで出金してもスティックペイでもアイウォレットでも引き出しOK。エコペイズで入金してスティックペイへ送っても構いません。ビットコインで入金して遊んでヴィーナスポイントで回収しても問題なし。

この点について、今回のミーティングにてマネージャーから「入金と出金方法が違っても基本的には大丈夫です」という回答を直接いただいたのは一つ大きな収穫でした。

仮想通貨も充実
ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインSV、イオスで入出金可

仮想通貨については、10Coinsという独自プラットフォームが実装されて上記5種類の仮想通貨が使えるようになりました。いずれかの仮想通貨で一度でも入金実績を作れば、クレジットカードやエコペイズや他の方法で入金した資金でもビットコインやイーサリアムなどに変えて引き出すことができます。(これは非常に画期的!)

(3/5追記)仮想通貨で一度も入金したことがなくても、引き出しできるようになりました!!

ブックメーカーやカジノサイトの利用において一番のネックとなるのは入出金の部分。特に日本のようなオンラインギャンブルのルール未整備地域では、「これまで使えたカードが利用不可になった!」「ネット口座が撤退した!」なんてことがよくあるのですが、10betJapanでは1つがダメになっても代わりの手段がいくつもあるため、資金回収の簡単さ(プレーにおいて最も重要)という点ではやはりベスト。

【変更点】VISA入金はJCB/Mastercardの利用後に

10betでVISAが入金できない?理由は?

一方、この入出金関連で一つ変化もありました。2020年以降、VISAのクレジットカード・デビットカードは登録直後は入金に使用することができなくなりました。これは、10betJapanが提携しているVISAの決済業者が、ある程度サイトの利用実績があるユーザーのみカードを使用できるよう変更したため、とのことです。

よって、登録してまもないユーザーの入出金ページではVISAの選択肢は表示されません。マスターカードかJCBのクレジットカード・デビットカードで何度か入金し、本人確認が済んだプレイヤーのみVISAも使えるようになっているので、その点ご注意ください。

2020年4月7日追記

新しいVISAの決済システムが導入され、再び誰でもVISAカード(3Dセキュア対応のカード)が入金に使えるようになりました!

本人確認は以前よりスムーズに

次に、ユーザーから寄せられる質問にはどのようなものがありますか?とうかがったところ、「本人確認」についてが多いとのこと。

10betJapanは原則的に本人確認がいらない、という手軽さも魅力の1つです。ネット口座や仮想通貨で入出金するかぎり、免許証や住所確認の書類提出は求められません。(場合によってはあり)反対に、クレジットカードで入金すると本人確認は必須となります。

以前は、10betJapanの本人確認は通りにくいという話もあったのですが、サポート部門の強化によって現在は非常に改善されたようです。ただし、なかには書類をフォトショップなど画像編集ソフトで加工して提出されるプレイヤーの方もいらっしゃるようで、それらは当然否認されます。あとは照明が反射して読み取りできないなど。

カードで入金して本人確認を求められたら、ガイダンスに沿って書類を用意して担当部署へお送りください。

10bet&当サイトのコラボイベントを企画中

10betとLOBコラボ企画

やはりプレイヤーとしての意見も伝えねばと、今回のミーティングでは新しいマーケットやオッズの種類の追加などについても話しました。

10betJapanは独自にオッズを作っているのではなく、ゲーミング業界大手のSBTech(エスビーテック)社のプラットフォームを使用しています。そのため、マーケット追加の可否はSBTech社の判断次第。即応は難しいということで、代わりにコラボ企画を進めることになりました。これから始めるプレイヤーも既存ユーザーも参加できるイベントの調整を進めているのでお待ちください。

【まとめ】10bet Japanは今後も日本人プレイヤーを徹底サポート

このミーティングを通じて感じたのは、10betJapanの10betJapanたる姿勢。今後も現体制を続けながら、さらに日本人ユーザーのフィードバックを汲み取って使いやすいサイトにしていくとのことでした。Japanと名前はついていますが、日本以外でも使える地域はありますしVPNを使えば基本的にどこでもアクセスできます。これからプレーされる方はまずは限定ボーナスを受け取ってお試しください。

10bet Japan解説
(準備簡単+使いやすい+特別ボーナス付

マネージャーのK様、E様、ありがとうございました!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

プレーの始め方ガイド
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーのアカウント作成のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioでは一部スポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

JPYもBTCも入出金可

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインをはじめ仮想通貨も管理可能。エコペイズ同様に便利。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-10bet

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.