10bet

【W杯特別ボーナス】10betのワールドカップ専用フリーベット獲得オファーで事前に貯金!

更新日:

ワールドカップ2018フリーベット&ボーナス情報まとめ

ブックメーカー10betJapan(テンベットジャパン)にて、ワールドカップ2018へ向けた魅力的なフリーベット獲得プロモーションが始まりました。

指定の試合に賭けてワールドカップ専用フリーベットをゲット!

10betのワールドカップ2018フリーベット情報

このプロモーションは、簡単に言えば10betJapan側が指定するイベントに賭けると、ワールドカップで使えるフリーベットがもらえるというものです。その指定イベントとはこちら。

10betのワールドカップ2018フリーベット情報
05/20 【サッカー】イングランドFAカップ決勝
05/20 【サッカー】Jリーグの試合
05/23 【野球】日本プロ野球の試合
05/26 【サッカー】UEFAチャンピオンズリーグ決勝
05/30 【サッカー】日本vsガーナの親善試合
05/31 【バスケ】NBAファイナル
06/03 【野球】メジャーリーグの試合
06/08 【サッカー】スイスvs日本の親善試合
06/10 【テニス】全仏オープン決勝
06/12 【サッカー】パラグアイvs日本の親善試合

6月14日のワールドカップ開催までの10のイベントが対象。サッカーに限らず、野球もバスケもテニスもありますね。

プロモーションへの参加方法とフリーベットの受け取り方

プロモーションに参加するのは簡単。まず10betJapanで会員登録して入金します。そして、ログインした状態でこのプロモーションのページへ行き、対象試合やイベントが開始する前に参加する」ボタンをクリックします。その後、対象イベントに用意されたオッズのうち「最低1.20倍以上のものに最低20ドル以上を賭ける」だけ。賭け方は勝敗予想でもスコアの予想でも、その他なんでも構いません。すると、あなたの賭けの的中・不的中に関わらず、24時間以内に5ドルのフリーベットがボーナス残高に振り込まれます。この「結果に関わらず」が魅力的。賭けに勝てば、通常の賞金とフリーベットがダブルでもらえるというのが嬉しいですね。

なお、対象イベントうち日本代表の親善試合のように試合が限定されたものもあれば、5月20日のJリーグや6月3日のメジャーリーグは、その当日であればどの試合でもOKなようです。

条件は「最低1.20倍以上のものに最低20ドル以上を賭ける」のみですが、マルチベットでの賭けは対象外とのこと。(マルチベットとは、複数のオッズをまとめて倍率を上げて賭ける方法) マルチベットをしてもフリーベットはもらえないので、必ずシングルで賭けてください。また、賭けた後にキャッシュアウト(途中で辞める機能)を使うのも対象外となります。

条件を満たせば一つのイベントに対して5ドルのボーナスがもらえるので、10個すべてに参加すると合計50ドルのフリーベットを貯めることができます。

受け取り方法まとめ

1.10betJapanで登録
2.入金

3.ボーナスページで「参加する」をクリック
4.指定のイベントの1.2倍以上のオッズに20ドル以上賭ける
5.的中・不的中関係なく、24時間以内に5ドルのW杯専用フリーベットをゲット!

3~5を繰り返して、最大50ドルまで貯蓄可能!

受け取ったフリーベットはどう使う?

貯めたフリーベットは、ワールドカップに対して用意されるオッズのうち、1.5倍〜8倍のものに使えます。賭け方はなんでもOK。そして、フリーベットでの賭けが的中した場合、その賞金はリアルマネーの残高に入って普通に出金できます。要するに、架空のお金でリスク無しで賭けて、当たったら賞金は現実のお金にできる。(だから"リスク"フリーベットと言います)

10betJapanをすでに利用していてワールドカップに賭けるなら、事前にこのフリーベットを貯めておくとシンプルにお得ですね。リスクが無いので、8倍以内で少し見込みが薄そうなオッズでも気楽に勝負できますし。貯めたフリーベットはワールドカップ終了後には消えてしまうので、必ず大会期間中に賭けに使って、ノーリスクで儲けてください!

W杯フリーベット企画の参加ページへ

スマホでアクセスした場合のフリーベット参加ページへの進み方

スマホでサイトにアクセスした場合、初回はド派手な紹介ページが表示されます。このページ内の「無料会員登録」ボタンを押して登録ページを開き、まだ登録していない方はアカウントを作成してください。既会員は、同じく会員登録のページの左上にある10betのロゴをクリックし、通常のサイトのトップページへ。そして、画面上の画像をスライドさせると今回のフリーベット企画の参加案内が表示されます。

関連:10betJapanの参加方法や詳細の解説

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。(現在、当サイト特別特典あり

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-10bet

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.