ブックメーカー業界コラム・記録

競馬に銀行振込にアレも!Betwayが本格的に日本進出【マネージャー取材レポート2021】

betway日本進出!マネージャー取材レポート

2021年12月某日、ベットウェイ(Betway)のマネージャーとオンラインミーティングを行いました。そこで非常に興味深い話をいくつか仕入れましたので、レポートをまとめました。ベットウェイをすでに利用しているユーザーの方はもちろん、これから使ってみたい方にもきっと朗報です!

ベットウェイ(Betway)がついに完全日本語化へ!

タイトルで堂々とネタバレしていますが、Betwayがいよいよ本格的に日本語サイトをオープンします。時期は2022年2月頃予定。

2月16日追記

ライセンスの関係で、日本語化は2022年5月頃になるとマネージャー様より連絡がありました。いましばらくお待ちください。

もともと日本語化プロジェクトは2020年初頭時点ですでに立ち上がっていたようですが、パンデミックの影響で遅延していました。直近は再び新株流行で世間が騒がしくなってきていますが、今回はタイミングもほぼ確定の見通しです。ほか国のプロジェクトとの兼ね合いで若干遅れる恐れもあるとのことですが、すでにサイト内の一部に日本語の説明文も足されていますから、もう白紙に戻ることはないでしょう。

betway日本進出

テスト版のページも拝見しました。

登録ページがまず日本語化し日本円対応に!

betwayの日本語登録ページ
(登録ページのデモ版)

登録ページは先に12月中に日本語化される予定です。そして、これから登録するユーザーの方は、アカウントで使える通貨も日本円が選べるようになります。

通貨を日本円に変更するには?

すでに米ドルやユーロ通貨でプレー中で日本円に変えたいなら、まず先にサポートにメールかチャットで「日本円でプレーしたいので再登録したい」とお伝えいただき、既存のアカウントを閉鎖してください。その後、改めて登録する際には以前と同じメールアドレスを用いて、登録ページで日本円通貨を選択ください。(サポートに連絡しないまま閉鎖→再登録をすると、改めて本人確認しなければなりません)

これで日本円で再開できます。

ただし、後述しますがベットウェイでは今後入出金方法にビーナスポイントも導入予定です。ビーナスポイントは米ドル表記のため、いますでに米ドル通貨でプレーしていて今後ビーナスポイントを中心に入出金したい方は、わざわざ日本円に変更しない方が為替を気にせず楽しめます。

日本円か米ドルかは、ご自身の状況に応じて選択ください。

チャットはすでに日本語対応

ちなみに、すでにライブチャットサポートは日本語で問い合わせもできるようになっています。

betwayのライブチャット

ライブチャットは少しわかりにくい場所にあり、Helpページの「よくある質問一覧」から何か気になる項目を選んだあと、回答の一番下で「Was this article helpful?(この記事は役に立ちましたか?)」の質問に「No」と答えてください。するとライブチャットへのリンクが表示されます。

日本のIPアドレスからアクセスした際には日本語サポートにダイレクトに案内されますが、他国からの場合は英語対応。時間帯によっては(サポート担当者が別の対応をしている際は)日本からのアクセス時も最初は英語ですが、「Japanese Please」と連絡すれば変わってもらえます。

中身も充実!5つのアップグレードポイント

そして、日本語化にともなって中身も大きく進化します!ここでは、すでに実装済みの部分も含めて5つのプランをご紹介します。

競馬ベットが拡張!日本の競馬も対応に

Betwayの日本競馬

まず、競馬の賭けではすでに日本の中央競馬・地方競馬も全部対応となりました。

JCBや銀行振り込みも!!入出金方法の追加計画

BetwayがJCB導入

入出金方法も大幅に拡張予定です。現状はVISA・マスターカードのクレジットカード、エコペイズ、マッチベターのみという状況ですが、ここにJCBカード、銀行振込、ビーナスポイントの導入が予定されています。JCBや銀行振り込みは当サイトでもテストのお手伝いをしており、実装は2022年春頃予定とのこと。

アジアンハンデ導入予定

サッカーベッターにはこちらも嬉しい。アジアンハンデも賭けられるようになる予定です。

余談ですがアジアンハンデは総じて還元率が高くプレイヤー側に有利な賭けのため、ブックメーカーとしてはオッズを出すのが難しいのだそう。実装時はガッツリ精査してお楽しみください!

eスポーツ特別オファーも計画中!eスポベッターは要チェック

betwayはeスポーツにも注力するブックメーカー

実はBetwayはeスポーツにも力を入れており、ブックメーカーのなかで世界で初めてeスポーツのプロチームをスポンサーした企業でもあります。今後はマーケットの追加やフリーベットなども積極的に出していくそうなので、CS:GO、LOL、ヴァロラントなどに賭けているベッターは随時チェックしてみてください。

KYCと個人情報管理が非常に厳格→改善を模索中

Betwayは世界展開している巨大企業であり、個人情報の取り扱いが非常に厳格です。社内でも、ごく一部の担当者しかデータベースにアクセスを許されていません。本人確認も必ず必要で、KYC不要のブックメーカーやオンラインカジノが増えている昨今の潮流とは一線を画しています。

登録後は、自分のアカウントページ内でさえ、住所や連絡先を編集できない仕様になっています。そのため、住所変更、メールアドレスの変更時はサポートに連絡する必要があります。

この仕様が変わることはなさそうですが、日本人プレイヤーに向けて、手続きがより簡単に済むように改善を検討しているとのことです。この部分に関しては具体的な変化があれば追加でご紹介します。

ニューヨーク証券取引所に上場!

betwayがニューヨーク証券取引所に上場

そして最後に、プレイヤーには直接関係ありませんがBetwayは2022年1月にニューヨーク証券取引所へ上場する予定です。信頼度の高い国際企業だからこそのトピックですね。上場後、投資家の方は株価もチェックしてみてはいかがでしょうか?

大手ブランドBetwayの挑戦に期待

今回、ベットウェイが日本語サイトを本格的にオープンさせるということでマネージャーから話をうかがいましたが、単に「今後やります!」というフワッとした話ではなく、プロジェクトはかなり具体的に進んでいるようでした。特に、入出金でJCBや銀行振込、ビーナスポイントが使えるようになると非常にありがたい。

ベットウェイは現在イギリス、マルタ、ガーンジー島、南アフリカ(ケープタウン)、ドイツ、メキシコ、ポルトガル、アルゼンチン、ブラジル、アメリカ、スペイン、スウェーデン等にオフィスを構え、ヨーロッパ全域、アメリカ、南米、中東、アジア、アフリカそのほか世界全域でサービスを展開しています。マルタにトレーダーの部署があり、完全に自社でオッズを作って提供しています。そのため、可否はともかく「こんな賭けの切り口はどう?」というアイディアがあれば投げてみてください。

また、ベットウェイはスポーツチームやスポーツの大会、競馬レースなどへのスポンサー活動も積極的です。プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドはその筆頭で、シャツにもスタジアムにもロゴがどーんと載っています。日本語化してしばらくしたらスポンサー絡みのイベント企画もあるかもしれませんので、その際は当サイトでもご紹介します。(後日追記:具体的に準備中です)

以上、Betway2021レポートでした。既存プレイヤーの方もこれからプレーされる方も参考になれば幸いです。

Betwayとは
Betway(ベットウェイ)の特徴・登録方法・入出金・使い方の日本語総合ガイド

Betway(ベットウェイ) ベットウェイ(betway.com)は、2006年に創業した国際的にも知名度の高い人気オンラインブックメーカー・カジノ総合企業です。スポーツブック、カジノ、ポーカー、ビン ...

続きを見る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ブックメーカー業界コラム・記録