ボーナス&フリーベット

エコペイズ利用者にお得な入金手数料100%返金オファー【限定】

更新日:

ブックメーカーとの入出金にネット口座のエコペイズ(ecopayz)を利用しているプレイヤーにお得なオファーが届きました!

エコペイズ x ベットビクター 手数料返金特別オファー

エコペイズのクレジットカードによる入金手数料

エコペイズの口座を利用している方の多くはクレジットカードやデビットカードを使って入金していると思いますが、ご存知のとおりカードによる入金は1.69~2.90%の手数料が発生します。例えば1000ドル入金したら29ドル(約3000円)の手数料が上乗せされてカードに請求され、エコペイズの履歴上にも手数料が掲載されます。

ブックメーカーBetvictor(ベットビクター)の利用者は、この入金手数料のうち、ベットビクターへ入金した額に相当する部分が100%返金されます

ベットビクタートップページ
(ベットビクターのトップページ)

例えばエコペイズに1000ドル入金(29ドルの手数料を支払い)して、半分の500ドルをベットビクターに入金したなら、その500ドルに相当する手数料の満額、つまり14.5ドルがベットビクターのアカウント上に現金で振込まれます。(ボーナスとしてではなく、引き出し可能な現金での返金)

入金額が1000ドルなら29ドル全部が返金され、エコペイズへの入金にかかった費用はすべてベットビクターが肩代わりしたことに。すでにベットビクターを利用していて、ちょうど入金するタイミングならお得ですね。

返金申請の方法

返金申請は、エコペイズの履歴画面をキャプチャ(パソコンでもスマホでも可)をメールで送るだけ。

エコペイズの履歴画面例

このように、エコペイズへの入金と、ベットビクターへの送金履歴が映った画面のスクリーンショットを撮り、この画像をカスタマーサポートのjp.support@betvictor.comに添付ファイルで送信します。ベットビクターの登録時に使ったメールアドレスから送信し、メールの件名は「返金依頼」、本文には名前、ユーザー名などを記入しておきます

エコペイズへの入金とベットビクターへの送金履歴が同じページ内におさまっていない場合は、スクリーンショットが2枚に分かれていても問題ありません。また、必要な情報以外(例えば他のブックメーカーへの入金や、出金などの情報)は塗り潰して消しておいても大丈夫です。(要するに、エコペイズにいつ入金し、いくら手数料がかかり、ベットビクターにいくら入金したかが分かればOK)

返金オファー詳細

期間と条件 2017年10月23日~11月23日のあいだにエコペイズへ入金し、同期間にベットビクターへ送金したプレイヤーが対象(10月23日以前のエコペイズへの入金は対象外)
申請方法 エコペイズの履歴画面のスクリーンショットを下記メールアドレス宛に送る
送信先 jp.support@betvictor.com
返金のタイミング 毎週水曜日(例.金曜日にメールを送ったら、翌週の水曜日にアカウントに返金)

まとめ

魅力を感じるかどうかは返金額次第(=入金額次第)ではあると思いますが、すでにベットビクターを利用しているプレイヤーや、ちょうどこれから利用するプレイヤーにとっては純粋にメリットがあります。小さな金額でもプレー資金が増えることには変わらないので、スポーツベッティングへの理解を深めるべく「普段は賭けないようなオッズ」の検証に使ってみるのもおもしろいでしょう。

このオファーは当サイトユーザー限定の特典なので、これから利用される場合はBetvictor社の詳細と登録手順のページを参照に、まずは無料アカウントをご用意下さい。(11/30までは登録するだけで1000円のボーナスも有)

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツベットのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

創業1934年の業界のブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭けの種類が圧倒的に豊富で、かつ最近は入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの詳しい解説

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。今後利用範囲が増えそうなので、エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ボーナス&フリーベット

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.