ブックメーカー各社の情報 / スポーツベッティングの始め方~各種スポーツの賭け方
最新スポーツオッズ情報 / プロ監修の戦略や稼ぎ方のヒントなどを解説しています

ブックメーカーとの入出金に使えるEntropay(エントロペイ)ガイド

投稿日:2017.10.3 |

インターネット上にあるオンラインブックメーカーとの入金・出金のやりとりにはいくつかの方法がありますが、中でも重宝するのがEntropay(エントロペイ)というサービスです。このページでは、エントロペイの特徴や使い方、利用開始手続きなどについて解説しています。「ブックメーカーのアカウントは作った。入金はどうすればいい?」という方や、「エントロペイとはどのようなサービスか?」と情報をお探しの方は、当ページをお役立て下さい。

Entropayの会員登録・カードの作成・入金まで一挙に解説
(さっそく利用するなら、こちらのページへ)

Entropayとはどのようなサービスか?

Entropay(エントロペイ)とは

Entropay(www.entropay.com)は、VISAバーチャルプリペイドカードを提供するサービスです。バーチャルプリペイドカードとは、文字どおり表現すると「架空の、前払い式の、VISAカード」です。つまり、エントロペイを使うと、インターネット上に自分のクレジットカード(のように使えるカード)ができ、そのカードに自分で決めた金額を入金でき、その金額の範囲でVISA対応のウェブサイトでの決済に使えるようになります

Entropay(エントロペイ)とは

エントロペイに会員登録し、アカウントの中でこのようにカードを作成します。このカードには通常のクレカやデビットカードのように16ケタのカード番号、名義、有効期限、そしてCVVコード(ネットでの支払い時に必要な、通常はカード裏面に記載されている3ケタの数字)が発行されます。

Entropayの利用イメージ

使い始める前に、まずは全体像をご確認下さい。

Entropay(エントロペイ)利用イメージ

エントロペイ内には、バーチャルプリペイドカード(Card)とウォレット(wallet)という二つの機能があります。ウォレットとはネット上の口座のようなものです。バーチャルカードとウォレット間は自由に資金移動できます。

ブックメーカーとの入出金に使う場合は、最初にEntropay内に作ったバーチャルカードに、手元のクレジットカードやデビットカードから送金します。または、ウォレットに銀行送金で資金を送ります。エントロペイが指定する口座(アカウント内の入金ページに記載)に振り込むと、数営業日で資金がウォレットに届きます。その資金をウォレットからカードに移し替えます。

カードに資金を入金したら、ブックメーカーのサイト上でエントロペイを使って入金手続きします。発行されたカード番号や有効期限、CVVコード等を入力し、入金額を打ち込んでください。

プレイ後、ブックメーカーで出金手続きをするとエントロペイのカードに資金が戻ってきます。この資金をまた別のブックメーカーに入金することもできますし、そのままプールしておいても構いません。または、VISA対応のネットショップでも使えます。手元に現金として戻したいなら、カードからウォレットに資金を移し、自分が指定する銀行口座(アカウント内で登録する)に引き上げてくることも可能です。

要するに、エントロペイはネット上の資金移動を仲介するサービスであり、それをブックメーカーとの入金・出金に使うなら、この図のような関係になるわけです。

そもそもなぜエントロペイを仲介させる必要がある?

ブックメーカーの多くはVISAやMastercard等のクレジット/デビットカードから直接入金することができるのですが、国や地域によってはこの方法が制限されていることがあります。エントロペイのバーチャルカードは言わばその代わりの手段です。

Entropayの特徴や詳細

ここからはもう少し具体的にエントロペイの特徴をご案内します。

企業情報やサイトの特徴

名称 エントロペイ
サービス開始 2003年
運営企業 Entropay Limited
認可 イギリスのFCA(金融行為規制機構)の規制のもと、決済サービス規制2009(Payment Services Regulations 2009)の下で決済サービス機関として認可
総カード発行数 6,670,298枚
サイトURL www.entropay.com
対応言語 6言語(英語, スペイン語, フランス語, イタリア語, ポルトガル語, 日本語 )
対応通貨 ユーロ、米ドル、英ポンド
日本語サポート あり

運営企業や認可などは利用にあたって特に必要ない情報ですが、掲載しました。信頼性はまったく問題ありません。サイトは日本語にも対応しているため、日本語ページで会員登録や入出金手続きができるため、利用にあたって言語の壁はなし。日本語サポートもあるので困ったときも安心です。

使える通貨はユーロ、米ドル、英国ポンドの3種類。アカウント登録時にいずれかを選びます。

会員には3つの区分があります

エントロペイには3つの会員グレードがあり、グレードごとに入金・出金上限額が異なります。条件を満たすと上位へアップグレードされます。

Basic(ベーシック) Standard(スタンダード) Pro(プロ)
資金の入金上限 EUR 250まで 2,500 / 年 15,000 / 月
GBP 200まで 2,000 / 年 10,000 / 月
USD 300まで 3,000 / 年 20,000 / 月
銀行への出金上限 EUR 不可 800 / 年 45,000 / 月
GBP 不可 800 / 年 35,000 / 月
USD 不可 800 / 年 60,000 / 月
アカウント内で作れる
バーチャルカードの枚数
1枚のみ 5枚 10枚
アップグレード
するための条件
会員登録時の最初の状態 メールアドレスの認証と住所の登録 顔写真付き本人確認書類と住所確認書類の提出

会員登録した最初の状態「ベーシック」では、最大で3万円程度(日本円換算)しか入金することができず、出金もできません。ベーシックからスタンダードへ格上げするには、アカウント内のアップグレードというページへ進み、メールアドレスの認証と、お住まいの住所をアカウントに登録します。つまりベーシックからスタンダードへは5分程度で済む簡単な手続きで完了できます。

スタンダードからプロへは、指定された書類を写真に撮り、案内に沿ってアップロードします。1~3営業日程度で受領され、不備がなければ完了です。最上位はプロと名がついていますが、実質的にはプロが最も標準の状態と言えるので、会員登録したらアップグレードも順にお手続き下さい。(認証の詳細手順は、別ページで解説)

利用時に関係する主な手数料一覧

ユーロ 米ドル 英ポンド
エントロペイに会員登録 無料
バーチャルカード作成 無料
バーチャルカードを支払(決済)に利用する際の手数料 無料
決済時の両替手数料 2.75%
バーチャルカードへの入金手数料 4.95%
ウォレットへの送金手数料 1.95%
自分の銀行口座への出金手数料 €1.99~€9.99 $2.99~$14.99 £1.49~£7.99
バーチャルカード間の資金移動手数料 €0.15 $0.20 £0.10
アカウントの管理費(6ヶ月以上利用無しの場合) €3.75 $5.00 £2.50
アカウントの閉鎖 €4.50 $6.00 £3.00

ブックメーカーとの入出金に使う際に関係する項目を太字にしています。銀行送金で引き出す際の手数料は、出金額に応じて上記の範囲で変わります。アカウントの管理費は、過去6ヶ月間に一切利用が無かった場合のみ、そしてアカウントに残高があるときにだけ徴収されます。残高をカラにしておけば、たとえ長期間利用が無くても発生しません。

Entropayを使い始める

最後に、利用の流れをご説明します。

Entropay(エントロペイ)利用イメージ2

と言っても簡単で、まずはエントロペイのサイトで会員登録(無料アカウントを作成)してください。続いて、バーチャールプリペイドカードを作ります。ここまで所要時間は約5分。そして、手元のクレジットカードやデビットカードでカードに資金を入金します。これも数分で完了します。手元にクレジットカードかデビットカードをお持ちなら、金額の制限はあれど今日さっそくブックメーカーに資金を送ってスポーツベッティングをすることができます

同時に、アカウント画面内でメールアドレスの認証や住所の登録、証明書の提出手続きなどを進めてください。こちらも登録直後のベーシックからスタンダードまでは数分で完了、プロまでは数日で済みます。

各手続きの解説ページ

Entropayの会員登録・カードの作成・入金まで一挙に解説

Entropayの認証手続き(本人確認)とアップグレードの詳細解説

エントロペイの出金方法|銀行口座の登録と送金手続きの詳細解説

エントロペイからブックメーカーへの入金手順まとめ

エントロペイが使えるブックメーカー一覧表

Entropay利用ガイドまとめ

いかがでしょうか?エントロペイというサービスの特徴や利用の流れはイメージできましたか?エントロペイは多くのブックメーカーで使えるので、資金をネット上で管理する上で重宝します。ブックメーカーとの入出金に限らずネットショッピングにも便利なので、「スポーツベッティングで稼ぐ→買い物」等でうまくご活用下さい。エントロペイ関連の情報は当ページまたは別のページに解説を追加していきますので、利用のお役に立てば幸いです!

ブックメーカーとは?スポーツベッティングの始め方

ネット上にあるブックメーカーのサイトでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップです。プレーにあたっては以下の解説をお役立てください。

ステップごとの解説

1.ブックメーカーで無料会員登録
新規アカウント作り方を人気サイトで具体的に解説
2.アカウントへの入金方法解説
ブックメーカーで作ったアカウントに入金する流れやポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方|スポーツベッティングの4つの具体的ステップ
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.賞金をアカウントから出金する手順
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法について

基礎知識のまとめ

すべての基礎解説を見る際はスポーツベッティング入門ページをご覧下さい。

長く使える優良老舗ブックメーカー

複数のブックメーカーを使い分けるのはオンラインスポーツベッティングの基本。(賭けられるスポーツやオッズが違うため。また、複数使う方が長期的に稼ぎ続ける上でも有利なため) 下記のサイトは日本語対応の優良サイトです。(管理人も10年以上使用しています)

ウィリアムヒル
業界のブランド"万能"ブックメーカー

80年以上の歴史を持つ業界最大手ブランド。賭けられるスポーツやオッズの種類、サポート、サイトの使い勝手などあらゆる面で優良。初心者からベテランまで使えます。

Entropay Ecopayz

William Hillの特徴や使い方の詳細解説
ピナクル
プロプレイヤー評価No.1の投資目的型サイト

スポーツベッティングで稼ぐプロから最も評価されるブックメーカー。業界一の高オッズ。利益重視で本格的に取り組むなら必須のサイトです。シンプルさもNo.1。

Entropay Ecopayz Bitcoin

Pinnacleの特徴や使い方の詳細解説

BTC/ETHで入出金&賭けるなら必須

スポーツベットアイオー
ビットコイン保有者必須サイト

使い勝手抜群の仮想通貨専用ブックメーカー。BTCやETHをそのままスポーツに賭けられます。登録簡単で、JリーグやMLBなど多数の生中継も視聴可能です。

Bitcoin Ethereum +40 Altcoins

Sportsbet.ioの特徴や使い方の詳細解説
日本語ブックメーカー比較

よく読まれているページ

賭けの基本ルールやオッズの見方など
ブックメーカーが提供するオッズの仕組みや表示について
ブックメーカーの賭け方(基本パターン17種)の解説
ブックメーカー利用時に知っておきたいメインの賭け方まとめ
ネット口座エコペイズ(ecopayz)の使い方まとめ
入出金に使うネット口座エコペイズの登録から入出金まで全て解説
エントロペイの口座開設→カード作成→初回入金の流れを一挙解説
入出金手段「エントロペイ」の会員登録から利用までの流れ
ブックメーカー投資とは何か?勝つために重要なこと
巷で話題のブックメーカー投資とは?そしてスポーツベッティングを投資化する為の本質的理解
Scroll Up