ブックメーカー各社の情報 / スポーツベッティングの始め方~各種スポーツの賭け方
最新スポーツオッズ情報 / プロ監修の戦略や稼ぎ方のヒントなどを解説しています

【重要】エントロペイのバーチャルカードがEEA地域外サービス終了(使用不可)に

投稿日:2018.8.13 |

インターネット上のブックメーカーやカジノサイトとの入出金に世界で幅広く利用されているエントロペイ(Entropay)ですが、サービス縮小とルールの改定により2018年8月13日より利用できない国が増えました。

エントロペイのサービス改定について

エントロペイのサービス終了のお知らせ

既ユーザーの方で、EEA地域(ヨーロッパ)以外でエントロペイを使っているユーザーは同様のメッセージを受け取られていると思います。今回の変化を簡単にまとめると以下のとおりです。

2018年8月13日以降は、EEA地域以外及びノルウェー在住のユーザーはクレジットカードやデビットカードでエントロペイのバーチャールカードに入金できなくなります

2018年10月31日をもって、対象ユーザーのアカウント内のバーチャルカードは削除され、カードに残っている資金はアカウント内のウォレットに戻されます。

・ウォレット内の資金は、いつでも銀行送金または入金に使ったカードへの返金処理によって戻すことができます(そのカードで入金した額まで)。アカウント内のバーチャルカードは削除されますが、資金の引き出しに期限はありません

なお、EEAとはEuropean Economic Areaの略で、欧州経済領域を意味します。具体的にはオーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、クロアチア、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリスの30ヶ国を指します。

これらの国に住んでいる方は今回の変更は一切関係ありません。日本を含むそれ以外の国のユーザーは対象です。

この変更を受けて対処はどうすればいい?

クレジットカードやデビットカードで資金を送れない=単純に入金できないということなので、実質的には今後はブックメーカーへの入金手段として使えません。よってエントロペイを使って入金していたサイトへは、これからは別の手段を使うことになります。

エントロペイ内に残っている資金は銀行送金で引き出せます。こちらは期限がないので、特に焦って手続きする必要はありません。あるいは、10月31日のカード削除日までは、残っている資金は通常どおり入金に使えます。

ブックメーカー各社の出金対応について

今回の件で、エントロペイを入出金手段として受け付けているブックメーカーがどのような対応を取るのか、問い合わせて確認しています。現状、ウィリアムヒルは10月31日にバーチャルカードが削除されるまではカードへ出金できるとのことです。365も同じく。(エントロペイの公式発表があったあと、日本時間で14日2:30amにライブチャットで直接カスタマーサポートに確認済み) 一方、ピナクルは公式発表の直後からもうエントロペイへの出金は対応していないとのことです。(メール問い合わせで回答あり)

William Hill10/31まで出金に使える8/13以降は出金使用不可に変更されました(担当より連絡あり) 8月13日前後に出金申請した場合、システムが不受理でエントロペイに送金されなければ、ウィリアムヒルのアカウントに資金が戻ります。

Bet365…10/31まで出金に使える

Pinnacle…8/13以降は出金に使えない

対応が変わったり、新しい情報があればここに足していきますね。

少額の引き出しなら

換算して数千円や数万円単位の銀行送金するほどでもないような残高なら、引き出し方法の工夫としてはSportsbet.io(スポーツベット・アイオー)に入金しておくのも一つの手。Sportsbet.ioは仮想通貨専用のサイトですが、サイト上でカードでビットコインを直接買って入金できます。クレジットカードの代わりにエントロペイが使えますから、

1.エントロペイでSportsbet.ioに入金してビットコイン化

2.プレーする(資金を入れておけば各種スポーツの生中継も視聴可)

3.ビットコインを好きな取引所やウォレットへ引き出す

4.レートが良い時に取引所から銀行振込で現金化

という流れで手元へ回収することも可能です。ビットコインは米ドルのように値段が上下するので(よりダイナミックに)、良いタイミングで出せばそれだけで利益も。実際、生中継はbet365と同じくかなり使えます。

生中継が視聴できるブックメーカー
サッカー、テニス、野球、そのほか観戦可)

関連:SportsbetioにクレジットカードやエントロペイでBTC購入&入金する手順解説

今回の変化と今後について

2016年に「ネッテラー」というそれまで業界で一般的に使用されていたネット口座サービスが日本市場から撤退し、代わりに似たサービスのエコペイズが台頭してきました。しかし、2018年の春にはそんなエコペイズもEEA外でのカードによる入金を停止、さらに8月6日にはプラスチックカードが利用不可に。そして今回エントロペイのサービスも縮小。。。

ブックメーカーの入出金手段一覧

この一連の流れだけを切り取って見てみると、コロコロ変わって業界は大丈夫なの?という印象もありますが、実際のところ世界中のユーザーに対してサービスを提供しているブックメーカーやその入出金サービスの企業が、ルールを改定したりサービス提供地域を変更するのはよくある話です。それは地域ごとの法律やルールに則ってサービスを提供していくためでもあります。したがって、ユーザー側が特に心配するような事態ではありません。

ブックメーカー側が新しい手段を用意する、あるいは新しくより手軽に入出金できるサイトが登場するなどオンラインベッティングの世界は常に変化していくので、その都度状況に合わせてお楽しみください。

とりあえず差し当たって簡単に情報をまとめただけなので、続報や詳細もまたこちらに追記します。

ブックメーカーとは?スポーツベッティングの始め方

ネット上にあるブックメーカーのサイトでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップです。プレーにあたっては以下の解説をお役立てください。

ステップごとの解説

1.ブックメーカーで無料会員登録
新規アカウント作り方を人気サイトで具体的に解説
2.アカウントへの入金方法解説
ブックメーカーで作ったアカウントに入金する流れやポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方|スポーツベッティングの4つの具体的ステップ
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.賞金をアカウントから出金する手順
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法について

基礎知識のまとめ

すべての基礎解説を見る際はスポーツベッティング入門ページをご覧下さい。

2018/09限定企画開催中!
スピンパレス限定プロモーション

扱いやすい次世代の入門的ブックメーカー

スポーツベットアイオー
ビットコインやイーサリアムを稼げる次世代サイト

使い勝手抜群の仮想通貨専用ブックメーカー。BTCやETHをそのままスポーツに賭けられます。登録簡単は15秒で完了、欧州サッカー、JリーグやMLBなど多数の生中継も視聴可能です。

仮想通貨 生中継あり Card BTC ETH +40 Altcoins

Sportsbet.ioの特徴や使い方の詳細解説

重宝する優良老舗ブックメーカー

ウィリアムヒル
必ず用意しておきたい"万能"ブックメーカー

80年以上の歴史を持つ業界最大手ブランド。賭けられるスポーツやオッズの種類、サポート、サイトの使い勝手などあらゆる面で優良。初心者からベテランまで使えます。

賭け方が多彩 Credit/Debit Card Ecopayz

William Hillの特徴や使い方の詳細解説
ピナクル
プロプレイヤー評価No.1の投資目的型サイト

スポーツベッティングで稼ぐプロから最も評価されるブックメーカー。業界一の高オッズ。利益重視で本格的に取り組むなら必須のサイトです。シンプルさもNo.1。

プロ仕様 Credit/Debit Card Ecopayz BTC

Pinnacleの特徴や使い方の詳細解説

ウィリアムヒルは優勝予想系から各試合まで賭け方が多彩でメインとして使えるブックメーカー。ピナクルは高還元率(オッズが高い)で投資向け。どちらもあると重宝するサイトです(管理人も10年以上使用しています)

日本語ブックメーカー比較

よく読まれているページ

賭けの基本ルールやオッズの見方など
ブックメーカーが提供するオッズの仕組みや表示について
ブックメーカーの賭け方(基本パターン17種)の解説
ブックメーカー利用時に知っておきたいメインの賭け方まとめ
ネット口座エコペイズ(ecopayz)の使い方まとめ
入出金に使うネット口座エコペイズの登録から入出金まで全て解説
STICPAY(スティックペイ)口座の使い方ガイド
ATMで出金できるカードが嬉しい最新ネット口座の利用法
ブックメーカー投資とは何か?勝つために重要なこと
巷で話題のブックメーカー投資とは?そしてスポーツベッティングを投資化する為の本質的理解
Scroll Up