スポーツオッズトピック

F1日本グランプリ2017、ブックメーカーによる優勝予想オッズは!?

投稿日:

F1日本グランプリ2017

2017年のF1世界選手権シリーズ第16戦、日本グランプリの開催がいよいよ迫ってきました!F1はブックメーカーで賭けの対象であり、日本グランプリにももちろん各種オッズが提供されています。このページでは、最も基本の賭けであるレースの優勝予想オッズをブックメーカーからピックアップして掲載しました。F1が好きな方は、レース観戦のスパイスに、また予想をお楽しみ下さい。

F1日本グランプリ2017の概要

名称 2017年日本グランプリ(2017 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX)
開催数 29回目
初回 1963年
コース 鈴鹿サーキット(三重)
コース長 5.807km
レース距離 53周(307.771km)

レース日程

フリー走行

1回目
10月6日(金) 10:00~

2回目
10月6日(金) 14:00~

3回目
10月7日(土) 12:00~

予選

10月7日(土) 15:00~

決勝

10月8日(日) 14:00~

*すべて日本時間

ブックメーカーが発表した優勝予想オッズ(2017/10/05時点)

こちらは、Betvictor(ベットビクター)社で発表された優勝予想オッズです。

レースウィナー…優勝予想オッズ(1位なら的中)
Fastest Lap…最速ラップタイプを出すかどうか
Podium Finish…表彰台に上がるか(3位以内か)
Points Finish…ポイントを獲得するか(10位以内か)

ブックメーカーのF1日本グランプリ2017優勝予想オッズ

ここまでの15戦を終えてドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ1位のハミルトン(281pt)が優勝本命2.375倍、2位のベッテル(247pt)が次点の2.75倍、3番手にはランキング3位のボッタス(222pt)ではなく、直前のマレーシアで優勝したフェルスタッペンが5倍となっています。

ブックメーカーのF1日本グランプリ2017優勝コンストラクター予想オッズ

こちらはコンストラクターの優勝予想オッズです。メルセデスとフェラーリが同倍率。

鈴鹿サーキットの公式サイトに掲載されている「レースの見どころ」によると、メルセデスは"F1界最高"と言われるそのパワーを生かせるストレートが多いコースに強い反面、低速コーナーは苦手、一方でフェラーリはパワーではメルセデスに劣るもののバランスが取れている、と評されています。鈴鹿は低~高速までコーナーが多いという特徴があるので、それを考慮すると…!? もちろん、フェルスタッペンやリカルドのレッドブルも十分に考えられます。

レッドブルの可能性を排除するなら、メルセデスとフェラーリのオッズがともに2倍以上あるので、両方賭ければどちらが勝っても利益が出ます(例えば100ドルずつ賭けると、どちらかが勝てば37.5ドル利益。セコいですが、勝ちは勝ち笑)

上記ドライバーとコンストラクターの優勝予想の他にも10種類ほどオッズは提供されているので、ご興味があればレース前にご覧下さい。また、レース後には結果がオッズ通りだったかを確認する資料として、当ページがお役に立てば幸いです。

ベットビクターでオッズを見る
*10ドルプレゼントキャンペーン開催中

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-スポーツオッズトピック

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.