入出金方法各種のガイド

MuchBetter利用者必見!年末のメガドロー抽選会で最大60000ドル獲得チャンス

マッチベターのメガドローとは

業界でも徐々に普及しつつある決済アプリのマッチベター(MuchBetter)は、スマホの電話番号で資金を簡単にやり取りできるツールです。しかし、もう1つユニークな側面があって、使うとポイントが貯まって抽選会に参加できるリワード機能がついています。それが、毎年の年末はちょっとした宝くじを思わせる異次元の規模。2020年末は

MegaDraw20

と銘打たれてアプリ内に告知が登場しました。

マッチベターのMegaDraw20の詳細

マッチベター(MuchBetter)は、10betJapan、Sportsbet.io、William Hill、そのほかいくつかのブックメーカーとの資金のやり取りに使用できる決済アプリです。エコペイズやスティックペイなどのネット口座と違うのは、スマホ完結であること。手軽に入金できるツールとして、少しずつ認知度が高まってきました。(まだマッチベターを使っていない方はマッチベター(MuchBetter)使い方ガイド-登録・入出金・手数料まで徹底解説のページをご覧ください)

そんなマッチベターでは、既述のとおり利用実績に応じて抽選会(ドロー)に参加することができます。

通常は、ウィークリードローとして週ごとに抽選が行われ、マッチベターを利用しているユーザーからランダムに選ばれた当選者へ賞金が進呈されます。

使うだけで得するかもしれない、という点がユニークですね。

このイベントのメインが、年末に開催されるMegaDraw(メガドロー)です。仕組みはそのままなのですが、規模がウィークリードローとはケタ違い。

2020年のメガドローの詳細をお伝えする前にまず2019年の賞をご紹介すると、特賞がラスベガスのVIP待遇による招待旅行+20,000ドル(約210万円)でした。当選者はカナダ人女性のLeslie Dさん。マッチベター公式サイトのインタビュー記事によると、「ただマッチベターを使ってゲーミングサイトで遊んでいただけなのに信じられない!」とのこと。そりゃそうですね(笑)

マッチベターの公式サイト
(公式サイトより)

メガドローでは特賞の他にも現金プレゼントの副賞が用意されていて、昨年は2500ドルが1人、250ドルが1人、25ドルが17人、5ドルが80人だったようです。

さて、そんな豪華賞品や現金がもらえるかもしれないメガドロー、2020年のプライズは何なのか?

今年は新型コロナの影響もあって、旅行系の賞は差し控えられたようです。また、人々の暮らしが大変だということも考慮したのか、特賞はこちら。

2021年中は毎月

5,000ドル進呈

=合計60,000ドル

日本円で毎月約52万円、年間600万超のプレゼント。月収50万円増えるとなると、旅行より断然に嬉しい(笑)

さらに副賞は

2500ドル(1名)
500ドル(1名)
250ドル(2名)
5ドル(80名)

が用意されます。

単なる入出金手段とは思えないほど太っ腹ですね。

メガドローの参加方法

抽選会への参加は簡単で、ただマッチベターを利用してポイントを貯めるだけ。参加料は完全無料。

メガドローのポイントの貯め方

ポイントは、資金の入金やゲーミングサイトへの入金などのアクションを行うごとに貯まり、このポイント数=応募口数となります。よって、貯めるほど(=マッチベターを利用するほど)に当選率は上がります。期限は年末まで。当選発表は2021年1月です。

特別なことは何もする必要がありませんので、すでにマッチベターを利用している方は引き続きご活用を。これから利用されるなら以下を参照ください。

詳細解説
マッチベター使い方ガイド
マッチベター(MuchBetter)使い方ガイド-登録・入出金・手数料まで徹底解説

ブックメーカーやオンラインカジノの入出金手段として徐々に認知度が高まりつつあるマッチベター(MuchBetter)について、登録方法(アカウントの作成)、入金方法、出金方法、そのほか利用に関しての詳細 ...

続きを見る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-入出金方法各種のガイド
-