Bookmakerの業界注目情報

SBTechのPulseBetting(パルスベット)が面白い!仕組みや賭け方の解説

更新日:

Pulse Betting Guide(パルスベッティング)とは?

ライブベッティングが一層エキサイティングに進化する!? 短時間で高額報酬も期待できるPulse Betting(パルスベッティング)について、そのルールや賭け方についてまとめました。

Pulse Betting(パルスベッティング)とは?

SBTechのパルスベッティング

Pulse Bettingを簡単に説明すると、ライブベット(試合中の賭け)のサッカーにおける「次の30秒でゴールがあるか?」「次の1分でゴールがあるか?」「次の5分でゴールがあるか?」「次の10分でゴールがあるか?」という賭け方の進化版で、「その期間がさらに3つのピリオドに分割され、ゴールが入るタイミングが後になるほど配当が増える」というものです。

具体的にはこちらの表をご覧ください。

パルスベッティングの表

Goal in Next 30 sec最初の14秒間15秒~24秒最後の5秒間
Goal in Next 1 min最初の29秒間30~49秒最後の10秒間
Goal in Next 5 min2分59秒まで3分~4分29秒まで最後の30秒間
Goal in Next 10 min4分59秒まで5分~8分59秒まで最後の1分間

例えば「Goal in Next 5min (次の5分でゴールがあるか)」に賭けた場合。

5分間にゴールが無ければ不的中ですが、もしもどちらか一方のチームが決めたら、そのタイミング(ピリオド)によって配当が変わります。賭けた直後にゴールが決まれば、1stピリオドの「2分59秒まで」に該当します。賭けて3分半後にゴールが生まれたら、2ndピリオドの最中なので、2分59秒までの1stピリオド中に決まるよりも配当が大きくなります。そして、賭けてから4分以上もハラハラが続き、5分過ぎるまで残り10秒!というところで待望のゴールが決まれば、1st、2ndピリオドで決まるよりもさらに大きな配当が得られます。

Pulse Bettingの実際の賭け画面

では、実際にどのようなものがご覧ください。こちらはPulse Bettingをいち早く導入した10bet.comの画面です。

Pulse Bettingはモバイル専用の賭け方です。デスクトップ(パソコン)版サイトでは表示されません。

まずはライブベッティングのサッカーへ行き、適当に試合を選びます。このときちょうどドイツのブンデスリーガ2部リーグの試合があったので開きました。

10betのPulseBetting(パルスベッティング)実例画面1

ライブ画面に入ると、画面上にPulse Bet(パルスベット)というメニューがあります。これをクリックすると目当てのオッズへ。(なお、ここをクリックしなくても画面上のオッズ一覧の最初にいきなりパルスベットが表示されています)

実際のオッズはこんな感じです。

10betのPulseBetting(パルスベッティング)実例画面2

「次の5分間にゴールはあるか?」「次の10分間に〜」と選択肢ごとに並んでいて、それぞれピリオドごとの払い戻し金額も表示されています。賭ける時は、賭け金部分のプラス/マイナスボタンで増減させるか、希望額を直接打ち込んでください。そして「PLACE A PULSE BET」をクリック。

10betのPulseBetting(パルスベッティング)実例画面3

このように、受付画面が表示されるとBet完了です。ここで、「試合中の何分から何分まで」が賭けの対象かを改めてご確認ください。今回試しに5分間予想に賭けてみました。対象時間は前半の15:34~20:33まで。時間を確認したら、「Go To My Pulse Bets」をクリック。

10betのPulseBetting(パルスベッティング)実例画面4

My Pulse Betsという項目が増え、画面の下にパルスベットのタイムラインが表示されています。この画像のとき、すでに1分50秒経過して2ndピリオドに突入しています。現在の試合時間は画面の一番上。

表示された配当額がドクン、ドクンと心臓のように脈打ち、1st→2nd→3rdへ移行するにつれてその鼓動がどんどん早くなります。この演出こそがパルス(鼓動)ベットという名前の由来です。サッカーの試合中の賭けとしては、これまでになかったドキドキ感がたまりません。

パルスベッティングができるのは、欧州サッカーのトップリーグをはじめ、CLやELといった国際大会など対象の試合が限られています。ただし、なんとJ1の試合は対象になっていました。

Pulse Bettingの開発元「SBTech」について

SBTechとは

パルスベッティングは、業界大手のスポーツベッティングのプラットフォームプロバイダであるSBTech(エスビーテック)社が開発した新機能です。と言っても「スポーツベッティングのプラットフォームプロバイダって何?」という話ですよね。いまいちピンとこないかもしれませんので、SBTech社について補足します。

そもそも「ブックメーカー」と呼ばれるサイトには大きく分けると2つのタイプがあります。 ひとつは、自社でマーケット(賭けの対象)を企画しオッズを計算、入出金や賭けのシステムを作って提供しているサイト。要するにサイトが完全に自社独自のもの。ウィリアムヒルをはじめ欧州の老舗サイトたちはこちら。そしてもうひとつは、マーケットやオッズ、賭けのシステムを開発する専門企業と提携し、その土台を使用しているサイトです。10bet、スピンパレススポーツ、チェリーカジノ、ネットベットなどはこちらで、その提携元がSBTech社です。

2007年に設立された同社は、現在50を超えるブックメーカー・オンラインカジノと提携していて、EGR(eGaming Review)というゲーミング業界で権威ある評価団体のIn-play Betting Award(インプレーベッティングアワード:試合中の賭けのプラットフォーム開発に対する評価)を2016、2017年に連続で受賞している、言わばギャンブルサイトの裏側を作る一流です。裏方なので私たちプレイヤーが社名を目にする機会は滅多にないのですが、いくつもサイトを使っていると「あれ、このサイトの感じどこかで見たような…」「やっぱり、倍率があのブックメーカーと全部一緒だ!」と気づくことがあると思います。そのサイトが10betやスピンパレスと同じなら、そこはSBTechの提携先でしょう。つまり、意識せずともオンラインでスポーツに賭けている時には何らかの形で触れている、それがSBTechです。(ちょっとブレてますが、この写真は2018年の企業カンファレンスで撮影したSBTechのブースの様子。ここでパルスベッティングのプレゼンをしていました)

Pulse Bettingが楽しめるブックメーカーは?

SBTechと10bet
(SBTechのウェブサイト。パートナー欄に10betのロゴが)

実は、10betはSBTechの数あるパートナーのなかで最大のサイトなんです。だからこそ最初にパルスベッティングができるようになったのでしょう。ただし、2018年4月時点ではまだグローバル版(英語版)の10bet.comのみで、日本人向けに作られた10betjapan.comではまだパルスベッティングは導入されていません。担当者に問い合わせたところ「間もなく導入予定」とのことなので、10betjapanのアカウントをお持ちの方は導入されたらお楽しみください。

TVやストリーミングで試合を観ていて「均衡が崩れてきたし、そろそろゴールがあるんじゃないか?」と予想する際には最適。試しにJ1の試合を観ながらパルスベッティングをしてみたら、従来のライブベットにはないドキドキ感が味わえました。

今後、Pulse Bettingが使えるサイトが増えたり、使い方に関するヒントなどがあればこちらに追記します。「パルスベッティングって何?どこで使えるの?」などの疑問解消になれば幸いです。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Bookmakerの業界注目情報

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.