Sportsbet.io

スポーツベットアイオーの銀行振込入金・出金(即時銀行送金)のやり方を解説 【最新実例】

Sportsbet.ioの日本円銀行振込(MicadoCard)

このページでは、スポーツベットアイオーの日本円ウォレットに入金する方法、「JPY即時銀行送金」の使用法について、実例を交えて解説しています。

この「JPY即時銀行送金」を使うと、資金を数分でアカウントに入金することができます。例えば、目当ての試合やレースの開始が迫っていても賭けることが可能です。スポーツベットアイオーに会員登録したあと、「日本円を振り込んでさっそくプレーしたい!」という方は、以下を手続きの参考にお役立てください。

「JPY即時銀行送金」はどのような入金手段?

スポーツベットアイオーの即時銀行振込

Sportsbet.ioの「JPY即時銀行送金」は、その名称どおり銀行振込(ネットバンキング)で資金を入金・出金できる決済システムです。画面の案内に沿って手続きを進めると、最短2~3分程度でアカウントに着金します。

流れと仕組みを簡単にご説明しますと、まずスポーツベットアイオーの日本円の入金ページで入金希望額を入力し、手続き画面に移動します。その画面にて、使いたい銀行を選び、ネットバンキングのIDやパスワードを入力して処理を完了させます。

すると、その入金希望額相当のバウチャー(チケット)が発行されます。このバウチャーを換金して、アカウントに送金するという仕組みです。実際は、画面の案内に沿ってボタンを押すだけなので、難しい処理は一切ありません。

すこし話がそれますが、昔はこの入金処理の特徴から「Bank Transfer Via Giftcard(ギフトカードで銀行振込)」という名前がついていました。また、スポーツベットアイオーでは、この入金システムのほかにもSumoPay(スモウペイ)という銀行振込のサービスが導入されていましたが、現在は使えません。

SumoPayは振込手続きをしてから10~30分ほど待って着金するのに対し、こちらの銀行振込は、処理完了時点ですぐに着金するという違いがありました。

おそらく「Bank Transfer Via Giftcard」という名前が長いのと、Sumopayより処理が早いという理由から、現在の「JPY即時銀行送金」という名称になったのでしょう。

完全に余談でしたが、とにかく対応している銀行のネットバンキング利用者は、手軽に資金を入金できます。

「JPY即時銀行送金」を用いた入金手順【実例】

難しい話は抜きにして、さっそく具体的な手順をご確認ください。

2022年10月追記

スポーツベットアイオーのサイトデザインの変化にともない、最新の手順に差し替えました。

Sportsbet.ioの日本円ウォレットの「入金」へ

Sportsbet.ioのATM経由でのご入金について

スポーツベットアイオーのアカウントで通貨を「日本円」に設定し、「入金」の選択肢にある「JPY即時銀行送金」をクリックします。

追記

2022年10月19日に「ATM経由でのご出金」という項目が追加されました。

こちらは、途中まではこのページで解説している手続きと同じ流れです。しかし、「ATM経由でのご入金」の方は、手続きの過程でネットバンキングにログインして送金を済ませるのではなく、最後に振込先の口座情報が表示されます。

クーポンコードを利用してATMから入金

この振込先宛に、ご自身の銀行口座のATMやネットバンキングから振り込むことで着金します。そのため、アカウントに反映されるまで時間を要し、即時着金しません。

すぐに資金を投入したいなら、下記に沿って従来どおり「JPY即時銀行送金」の方をご使用ください。反対に、ネットバンキング不使用の方(即時送金が使えない方)は、「ATM経由でのご入金」を使って、指定口座にお振り込みください。

入金希望額を入力

スポーツベットアイオーの銀行振込入金2

入金希望額を入力します。1回あたりの下限と上限は、時期によって若干変動します。(最低金額は、およそ8000円ほど)

名前をカタカナで入力

スポーツベットアイオーの銀行振込入金3

次のページでは、名前をカタカナで入力します。

スポーツベットアイオーの銀行振込入金4

画面を進めて、即時銀行送金をクリック。

バウチャー購入手続き開始

ここからは決済システムのページに移動し、購入手続きを進めていきます。

Sportsbet.ioの銀行振込入金手続き(バウチャー購入1)

「購入」を選び、利用規約に同意、「継続する」をクリック。

Sportsbet.ioの銀行振込入金手続き(バウチャー購入2)

次に、対応銀行一覧が表示されるので、使用したいものを選んでください。

使用できる銀行は以下の17銀行です。

  • PayPay銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • AUじぶん銀行
  • りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • イオン銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • スルガ銀行
  • ソニー銀行
  • 東京スター銀行

Sportsbet.ioの銀行振込入金手続き(バウチャー購入3)

銀行を選んで「継続する」をクリックすると、その銀行のネットバンキングのログインを求められます。IDを入力して次へ。

この過程は、使用する銀行ごとに入力項目が異なります。普段ネットバンキングを使うのと同じように、IDやパスワード、ワンタイムパスワードなどを入力してください。振込作業がすべて済むと、バウチャーの購入が完了します。

Sportsbet.ioの銀行振込入金手続き(バウチャー購入4)

バウチャーが購入できましたら、「今すぐ交換」をクリックしてください。

ミカドカードの使い方(バウチャー購入手順)4

「Processed(手続き中)」と書かれた画面に移動したら、数秒待ちます。

手続き完了後、即時入金

数秒後、アカウントに着金しました。

アイオーの銀行振込入金の方法は?

ここまでの手続きの所要時間は2~3分です。着金後はすぐにプレーできます。

JPY即時銀行送金を用いた出金手順【実例】

いかがでしょうか?入金手続きの流れはイメージできましたか?

次は出金手続きについて解説します。

出金ページで「JPY即時銀行送金」を選択

スポーツベットアイオーの出金方法(銀行振込送金1)

入金した資金をいろいろなオッズに賭けて、多少増えました。今度は日本円ウォレットの「出金」タブから、「JPY即時銀行送金」をクリックします。

出金希望額を入力

スポーツベットアイオーの最新の出金方法(銀行振込送金2)

出金希望額を入力します。(1回あたり最低12,000円、最大700万円)

必要事項を入力

Sportsbet.ioの出金手順(銀行振込送金3)

次のページでご自身の情報や口座番号など、必要な情報を入力します。

お客様氏名なまえをローマ字で入力(例.Yamada Taro みょうじが先、なまえがあと)
お客様氏名(カタカナ表記)なまえをカタカナで入力(例. ヤマダタロウ)
電話番号電話番号は、最初に+81(日本の国際番号)をつけて、最初のゼロとハイフンを省略して入力(090-1234-5678という番号なら、+819012345678と入力)
市町村お住まいの住所の市町村を入力(日本語でもローマ字でも可能)
住所市町村以下の住所を入力(日本語でもローマ字でも可能)
郵便番号郵便番号をハイフン省略で入力
銀行名銀行名を入力
口座番号口座番号を入力
銀行コード銀行コードを入力(Googleで銀行名+銀行コードと検索すると出てきます)
銀行支店支店名を入力
支店番号支店コードを入力(Googleで銀行名+支店名+支店コードと検索すると出てきます)
生年月日ご自身の生年月日を入力

なお、出金先に使える口座は、入金に使用した口座です。また、本人名義以外は使えません。

Sportsbet.ioの出金手順(銀行振込送金4)

すべて入力したら「確認」をクリック。

Sportsbet.ioの出金手順(銀行振込送金5)

手続きが完了するとこのような画面に移動します。手続き完了後、概ね2営業日で着金します。(週末の場合は、銀行の翌営業日)

【まとめ】スポーツベットアイオーは銀行振込入金がいっそう手軽に!

いかがでしょうか?スポーツベットアイオーのJPY即時銀行振込による入金方法と出金方法はご理解いただけましたか?

実際に使用してみた感想は、とにかく簡単でした。すでにスポーツベットアイオーを使用中の方や、別のブックメーカーにてこの決済方法を使ったことがあるプレイヤーなら、なんの問題もなく手続きできると思います。

まだ使用したことがないビギナーは、見慣れないページから自分のネットバンキングにログインすることに一瞬抵抗を覚えるかもしれません。しかし、画面の案内に沿って作業を進めていくだけなので、ご安心ください。

手数料面でもかなりお得です。スポーツベットアイオー側では入金も出金も手数料は無料です。入金時は、システム内で日本円を一旦米ドルに換算して請求されるため、その際の為替手数料が約1%以下で発生します。あとはネットバンキングの振り込み手数料。それ以外は一切かかりません。

最大のメリットは、待ち時間なく入金できるというところ。この入金方法を使えば、「10分後に出走が迫っている競馬に賭けたい!」「キックオフ直前のサッカーの試合前オッズにも賭けておきたい!」といったシーンでも、即入金してベットできるのは非常に助かります。

使える銀行は限られますが、リスト内の対応口座でネットバンキングを使用されているならご活用ください。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)とは?使い方ガイド
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)使い方ガイド|登録~入出金方法の総合解説

スポーツベットアイオーの特徴・評価・登録方法・入出金方法・使い方の全般を解説した総合ガイドページです。Sportsbet ioの利用にあたっての基礎知識(登録、入金、賭け方、出金)と、フリーベットボーナスの使用手順が分かります。Sportsbetioで遊ぶ際に必見です!

続きを見る

Sportsbet.ioのサイトへ

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-Sportsbet.io