ブックメーカーの基礎知識

アジアンハンディキャップとは?賭け方やルールの詳細解説

更新日:

ブックメーカーを利用するなら避けては通れない、むしろスマートなプレイヤー(うまく稼げるプレイヤー)になっていくためには必ず理解しておきたい賭け方がアジアンハンディキャップ(Asian Handicap、略称AH)です。

このページでは、アジアンハンディキャップの特徴・ルール・賭け方などをまとめています。10bet、Betvictor、Pinnacleその他アジアンハンデ対応ブックメーカーにて賭ける際の参考にお役立て下さい!

アジアンハンディキャップ(Asian Handicap)とは?

アジアンハンディキャップオッズ解説1

アジアンハンディキャップは、サッカーの試合に用意される「勝敗予想オッズの一種」です。+0.5や-1.5など0.5単位のハンデ(=得点)がホームとアウェイに付けられていて、いずれかに賭けると、試合終了時のスコアに賭けたオッズのハンデの値を足し引きして勝敗を判定します

インドネシアをはじめアジアの賭博で使用されていたHang Cheng Bettingという賭け方が起源で、アジアンハンディキャップという言葉は1998年にジャーナリストのJoe Saumarez Smith氏が作ったと言われています。当時はブックメーカーのオンライン化が始まった頃で、各社がサッカーベッティング市場にアジアンハンデを採用して世界中に知られるようになりました。

アジアンハンデの基礎知識・4つの特徴

まず、アジアンハンデオッズの特徴から見ていきましょう。大きくは4つのポイントがあります。

賭けにドローの選択肢がない

アジアンハンディキャップオッズと1x2の違い

サッカーの基本的な勝敗予想オッズは、90分間(前半&後半)のホーム勝利・ドロー・アウェイ勝利を予想する3択のオッズ(1x2)です。これに対し、アジアンハンデオッズはドローという選択肢がありません。ハンデが付いた「ホームが勝つ」か「アウェイが勝つ」の2択でオッズが並びます。

ハンデを足してドローなら賭け金は返金される

アジアンハンデは-2.0、-1.5、-1.0、-0.5、0、+0.5、+1.0、+1.5、+2.0のように0.5単位でハンデが刻まれるため、0.5や1.5などの少数のハンデを現実のスコアに足し引きすると必ず勝敗が決まります。よってドローという賭けの選択肢があらかじめないのですが、一方で+1や-2などの整数のハンデが付いたオッズに賭けた場合、試合結果によってはハンデ計算後にスコアが引分けになることもあります。

例えば「ホームチームの-2ハンデ」に賭けたとします。もしも結果が2-0なら、ハンデを引くと0-0のドローとなってしまいます。アジアンハンデでは、このようにハンデを計算したあとにスコアが同点になった場合、賭けが無効で返金されます。賭け金の一部返金ではなく、完全に全額です。

ハンデがゼロへの賭けはドローノーベットと同じ

アジアンハンデには、「ハンデゼロ」という選択肢もあります。このオッズへ賭けると、試合結果がそのまま賭けの的中・不的中の判断材料となり、もしも試合が引分けだと賭け金は返金されます

ブックメーカーのサッカーへの賭けには、「試合結果が引分け時は賭け金を返金する」と条件がついた勝敗予想オッズDraw No Bet(ドローノーベット、略称DNB)という賭け方があるのですが、このDNBとアジアンハンデのハンデゼロは条件がまったく同じ。にもかかわらず、オッズはほんの少し異なります。(実際に、アジアンハンデ対応のブックメーカーにてハンデゼロとDNBのオッズを見比べてみてください) したがって「この試合は実力が拮抗してそうだからハンデゼロに賭けようかな」と考えたときは、アジアンハンデとドローノーベットを比べて、より倍率が高い方で賭けた方が、的中時に払戻しが少し多くなります。

ハンデが2つ付いたオッズ「スプリット」は賭け金が二等分

アジアンハンデのスプリット

アジアンハンデには、このようにハンデが2つ与えられているオッズがあります。これらはツーウェイ(2way)スプリット(Split)と呼ばれるタイプで、これらに賭けると「賭け金が自動的に二等分されて、それぞれの条件に割り振られる」ことになります。

例えば画像の「レスター・シティ +0,+0.5 1.98倍」を選んでベットスリップに100ドル入力すると、+0の条件に50ドル、+0.5の条件に50ドル賭けた扱いになります。割り振りを自分で調整することはできず、必ず二等分。そして、試合結果に応じて「両方とも的中」「両方とも不的中」「半分的中で半分不的中」「半分的中で半分はドロー扱いの返金」などの払戻しが生じます。

もしもあなたが初心者で、ブックメーカーのウェブサイトでアジアンハンデのオッズを見た時に「ややこしそうだな」と感じたなら、おそらくはこのスプリット型のハンデを目にしたからだと思います。しかしルールは上記のとおりで、慣れてしまうとこのスプリットに一番面白さを感じるかもしれません。

このスプリットハンデでは、例えば0と0.5がセットになったものを、あいだをとって「0.25」と表記しているブックメーカーもあります。つまり、-0.25は「0,-0.5」、+1.75なら「+1.5, +2」の条件が付いていることを意味しています。賭け間違いのないようご注意下さい。

アジアンハンデに賭けた際の事例別の計算例

ここで一度、特徴をおさらいしましょう。

・賭けたオッズのハンデを試合後に計算する(賭けなかった方のハンデは関係なし)
・ドローの選択肢がない
・整数ハンデに賭けた場合、ハンデ計算後に引分けなら返金
・ハンデゼロへの賭けはドローノーベットと同じ
・ハンデが2つ付いているオッズへの賭けは、賭け金二等分で計算

これらを踏まえ、いくつか計算例を挙げました。以下をクリックすると説明が表示されます。中身を見る前に一度考えてみてください。

ホーム+0.5に賭けて試合結果が0-0なら?

賭けは的中です。ハンデを足すと「0.5対0」になるためホームの勝利です。

アウェイ+1に賭けて試合結果が1-0なら?

賭けはドローで賭け金が全額返金されます。ハンデを足すと「1対1」の引分け扱いになるためです。

アウェイ+1.5に賭けて試合結果が1-0なら?

賭けは的中です。ハンデを足すと「1対1.5」という結果になり、ホームの点数を上回って逆転するためです。

ホーム-1, -1.5に賭けて試合結果が3-2なら?

賭けのうち半額はドローで返金、半額は不的中です。-1のハンデを足すと結果は「2対2」になります。-1.5のハンデを足すと結果は「1.5対2」になります。もしも100ドル賭けたなら、50ドルは返金、50ドルは没収されます。

アウェイ+1, +1.5に賭けて試合結果が2-1なら?

賭けのうち半額はドローで返金、半額は的中です。+1のハンデを足すと結果は「2対2」になります。+1.5のハンデを足すと結果は「2対2.5」となります。よって、もしも100ドル賭けたなら、50ドルは返金、もう半分の50ドルは表示されたオッズで計算されて配当が得られます。

例えば賭けたオッズが2.5倍なら、払戻しは「50ドル(返金) + 50ドルx2.5倍 = 125ドル → 175ドル」です。

アウェイ+1.5, +2に賭けて試合結果が2-1なら?

賭けは全額的中です。ハンデを足すと「2対2.5」と「2対3」となり、どちらの条件でも勝利扱いとなります。例えば2.5倍に100ドル賭けたなら、通常と同じく2.5倍x100ドル = 250ドルが払戻しされます。

アウェイのハンデ0に賭けて試合結果が1-2なら?

賭けは的中です。ハンデゼロならそのままの試合結果で判断します。

ホーム+0, +0.5に賭けて試合結果が1-1。延長戦で2-1の勝利なら?

賭けは半分はドローで返金、半分は的中です。ハンデ0の方はそのまま「1対1」、+0.5の方は「1.5対1」として計算します。(延長戦以降の結果は的中・不的中の判定に関係ないのでご注意下さい)

【重要】試合中のハンデに賭けたらどうなる?

アジアンハンデは試合中の賭け(ライブベット)でも賭けることができ、試合中にその状況に合わせてハンデの数字が提示されます。基本的なルールはここまで解説してきたことと同じなのですが、一点だけ気をつけたいことがあります。それは「試合中のハンデに対する賭けでは、賭けた時点までに動いているスコアは無視する」ということ。

つまり、賭ける直前までに2-0や1-2や3-2などスコアが動いていたとしても関係なく、賭けた時点を0-0として考え、それ以降のスコアに対してハンデを足し引きし、賭けた後から試合終了時点までの結果で的中・不的中を判断します。

例えば、前半終了時点でホームが1-0でリードしていて、このときに「ホーム-0.5」のハンデに賭けたとします。仮にそのまま試合が終わればどうなるか?

賭けてからは1点も動いていません。つまり、実際の結果は1-0でも、賭けてからは0-0です。すると-0.5を計算すると、このハンデに対する賭けは不的中となります。もしもホームが追加点を入れて2-0(賭け以降の1-0)や、スコアが動いて3-1(賭け以降は2-1)などで試合が終わったなら的中です。一方で、もしアウェイの+0.5に賭けていたなら、1-0のまま試合が終わっても的中です。

どのブックメーカーでも試合中のハンデに対する賭けはこのように計算するので、ご注意下さい。

試合中のハンデへの賭けは、賭ける前までのスコアを無視し、賭けた時点を0-0として、そこから試合終了までのスコアで的中・不的中を判定します。

ブックメーカーごとのアジアンハンデの取扱い有無

いかがでしょうか?ここまでの解説でアジアンハンデのルールはご理解いただけましたか? ここからは、いくつかのブックメーカーのアジアンハンデオッズの取扱いについてご紹介します。

そのそもアジアンハンデオッズは全てのブックメーカーで賭けられるわけではなく、取扱いがないブックメーカーも数多くあります。したがって、アジアンハンデに賭けたいなら対応しているブックメーカーを選んでください。

Pinnacleのアジアンハンデオッズ例

Pinnacle(ピナクル)

Bet365のアジアンハンデオッズ例

Pinnacleは代表的なアジアンハンデ対応ブックメーカーの一つです。ただしアジアンハンデという呼称ではなく、スプレッド(Spread)という見出しにしなっています。また、ハンデ0はpk(pickの略)と書かれています。

いくつかの選択肢から選ぶことができ、そして多くの場合、オッズは業界で最も良い値を付けているため、アジアンハンデに賭けるなら必ず使うべきブックメーカーです。

Pinnacleの詳細解説

Betvictorのアジアンハンデオッズ例

Betvictor(ベットビクター)

Bet365のアジアンハンデオッズ例

完全日本語対応のBetvictorもアジアンハンデの取扱いがあります。オッズは試合によってはいくつかの選択肢から選ぶことができます。また、キャッシュアウト機能が付いているため、試合が終わるまでに賭けを止めてその時点のライブオッズの倍率で払戻しを受け取ることができます。そのため、状況に応じて利益確定や損切りが可能です。

Betvictorの詳細解説

アジアンハンディキャップオッズへの賭けはなにが面白い?

通常の勝敗予想オッズへの賭けは、「どちらが勝つか、または引分けか」という単純な「結果」しか求めません。一方でアジアンハンディキャップは、試合の「内容」まで予想する賭け方と言えます。格上・格下、有利・不利、好調・不調などの判断から、結果だけでなくスコア差まで推測する。格上のマイナスハンデを選ぶなら、「何点差で勝つだろう」と予想した差に合わせてギリギリのハンデを選ぶほど、的中時の払戻しは大きくなります。反対に格下側のプラスハンデオッズに賭けるなら「相手も調子を落としているし、意外とドローや勝利、あるいは負けても○点差ぐらいで済むかも!?」という判断の良し悪しが的中・不的中を左右します。

冒頭でアジアンハンディキャップは「スマートなプレイヤー(うまく稼げるプレイヤー)になるためには理解しておきたい賭け方」と書いたのは、アジアンハンデに賭ける時は、このように試合そのものを深く分析するスキルが求められるからであり、またそれこそがスポーツベッティングで長期的に稼ぐための重要な要素だからです。

単純にオッズが高い・低いから判断して賭けていても、このようなスキルは身につきません。よく分析して自分の予想に合うオッズを選ぶことが、良い練習となります。賭ける前に最終スコア(またはライブベットなら、賭けたあと以降のスコア)をしっかりと予想考察し、リスクとリターンのバランスを考えながら際どいハンデを狙う。このような、スポーツベッティングの奥深さを味わえるのがアジアンハンデの魅力です。

アジアンハンディキャップオッズ解説まとめ

ざっと駆け足でアジアンハンディキャップとは何か?を説明してきましたが、特徴・ルール・賭け方などはイメージできましたか?

勝敗予想オッズが極端に偏ったような、格上と格下がはっきりした試合は特にアジアンハンデが最適です。例えば「この試合は実力差が明白だから、ホームが2点差以上つけて勝ちそうだ!」と予想したなら、強気で「-1.5(2点差以上で的中)」に賭けるか、少し安全に「-1(1点差で勝った場合は返金)」にしておくか、あるいはその両方の可能性を考えて「-1.5&-1」のスプリットも良いでしょう。反対に、拮抗することを想定して、アウェイが1点差の負けでも賭けが的中となる「アウェイ +1.5」や「アウェイ +1.5&+1」への賭けも良いかもしれません。賭けたい試合があるなら、このように考察しつつ自分の感覚を信じてオッズを選び、スポーツ予想+賭けという面白さを存分に味わってください!

ということで、アジアンハンデとはどのようなオッズなのか、このページが理解を深める参考になれば幸いです。当サイトでは結果の早見表も用意しているので合わせてお役立て下さい。

アジアンハンデ結果早見表|賭けたオッズと試合結果の対応一覧

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の引き出し処理は業界高速。多機能の必須サイト。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.