Bookmakerの業界注目情報

スポーツギャンブルの世界-他のギャンブルとスポーツ賭博の根本的な違い

更新日:

スポーツギャンブル(スポーツ賭博)とは?他のギャンブルとの違い

https://www.listofbookmakers.net

スポーツに賭けることを英語でスポーツベッティング(Sports Betting)と言います。スポーツベットスポーツギャンブル、日本語で言うところのスポーツ賭博も意味は同じ。

世の中にはさまざまなギャンブル(賭けの対象になっているもの、賭けてプレーされているもの)がありますよね。

カジノのルーレット・ブラックジャック・バカラなどのテーブルゲーム。同じくカジノのスロット。競馬やドッグレースをはじめとするさまざまなレース競技への賭け。ロトやビンゴや宝くじ。ポーカーや麻雀のような対人ゲーム。日本の法律上は"遊戯"というくくりであるものの、実質ギャンブルのパチンコやパチスロ。そしてスポーツベッティング。

世界に目を向けると、インターネット上のブックメーカーを使ったスポーツベッティングは多くの地域で一つの文化として普及しています。好きなチームに賭ける。予想を立てて利益を狙う。試合を観ながら賭けて仲間とワイワイ楽しむ。昔は、オッサンが薄暗い店でこっそり遊ぶアングラな印象の方が強かったように思いますが、ここ数年で世代を問わず親しまれるカジュアルなものへイメージが随分と変わってきました。

では、普及の背景には何があるのでしょうか?一体何が他のギャンブルと違う魅力なのでしょうか?

スポーツに賭ける=生活の一部

他のギャンブルともっとも大きな違いは、金銭的なリターンが必ずしも一番の目的にはならないということです。

どういうことか?

例えば宝くじなら、くじを買うこと自体が楽しいとは思いませんよね。必ず「当たったら何を買おうかな」と期待しながら列に並び、ドキドキと共に結果を確認しませんか?くじのデザインが綺麗だからという理由で毎回買ってコレクションしている人はいないと思います。

カジノの各種ゲームであれば、「ランドカジノのゴージャスな雰囲気のなかで仲間とお酒を、そのついでにテーブルゲーム」と社交が目的ならルーレットやバカラも楽しい時間を過ごすアクセントに成り得ます。

しかしそれ以外なら、やはり儲かった自分の姿をイメージして期待に胸を膨らませながらゲートをくぐり、非日常を味わいつつも少なからず勝利を目指すかと。オンラインカジノなら基本的に一人で遊びますから特に。また、日本のパチンコやパチスロも同じく。

では、宝くじでもカジノのゲームでもパチスロでも「高額当選や大当たりが出てもお金には換金できない」とあらかじめ分かっていれば、そのゲームをするでしょうか?

おそらくほとんどの人はノーと言うでしょう。

つまり、「儲かるかもしれない」という期待感や金銭的な見返りがなくなってしまうと、これらのギャンブルに対するプレーへのモチベーションは極端に下がってしまいます。

リターンありき。見返りが不可分。だから期待してチャレンジする。

スポーツへの賭けでもそれは同じです。ところが、スポーツベッティングでは儲けたいという動機以外にも大きな入り口があり、「もともと何らかのスポーツが好きなファンが、応援の一環として賭けてみる」というのがプレーを始めるきっかけだったりします。観戦に刺激を与えるために。あるいは万年下位に沈む"おらがチーム"の奮起と勝利を願って。この時、オッズが何倍だ、勝つ見込みがあるかどうかというのは考えません。望みはチームの勝利。

2019年のプロ野球の優勝オッズ
日本プロ野球2019のブックメーカー優勝予想オッズ

実際、知人のアメフトファン(アメリカ人)は、毎年必ずピッツバーグ・スティーラーズに賭けています。本命ペイトリオッツはまったく無視して、スティーラーズの優勝一択。試合も毎試合。シーズン終了後、酒を片手に振り返りながら収支がプラスだったかマイナスだったかを語るのが恒例となっています。

別のイギリス人の知人はプレミアリーグの大のリバプール党。「今年もどうせダメだと思う」と前置きをしながら、シーズン開幕前に優勝予想オッズに賭けるのが毎年の決まりごと。ただ、ドイツの名将クロップ氏が監督に就任した2015年以降は期待の高まりから話の熱が違います。

以前とあるパブでサッカーを観ながら飲んでいた時、隣に居合わせたロンドン在住のルーマニア人の男性は自国リーグのアストラ(日本人の瀬戸選手が所属していたチーム)贔屓で毎試合に賭けつつ、プレミアのウェストハム、2部、3部の試合へも賭けるのがルーティンだとウィリアムヒルの自分のアカウントの履歴画面を見せながら楽しそうに語ってくれました。外れてばかりの時期もあったので「メンタルは大丈夫?」と聞いてみたら、「もちろん勝って儲かれば嬉しいけれど、応援がメインだから気にしてないし、もはや生活の一部になっている」と言っていたのがとても印象的でした。のめり込むこともなく、あくまで趣味として遊んでいるそうです。

もちろん、スポーツベッティングでも勝つことや儲けることを考えて賭けるスタイルがもっとも一般的です。それは他のギャンブルと一緒。つけ加えると、本格的にやれば他のギャンブルよりもゆるい。

ですが、サッカーのワールドカップで自国の優勝予想に賭けてみた、オリンピックで金メダルのオッズに賭けたら本当に優勝した。その喜びに、おまけに賞金がついてきた。もともと楽しいスポーツに身銭を切ってさらに没入し、熱くなる。そんなあくまでスポーツをもっと楽しむスパイスという感覚で楽しめるところが、スポーツベッティングが他のギャンブル以上に気楽な遊びとして浸透する一つの理由なのかもしれません。

スポーツのある暮らしをほんの少し刺激的にするための娯楽。

実際にやってみると、これが本当におもしろい。

スタジアムでサッカーに賭ける
(プレミアリーグの試合観戦中にオッズをチェック。現地撮影)

友人とサッカースタジアムへ行って「今日はどちらが勝つと思う?」と予想しながら、ついでにスマホで勝敗オッズに賭けておけば観戦がもっとエキサイティングになります。それが野球でもテニスでも同じ。自分の予想が当たったなら、その賞金で相手にもビールを奢る。みんなハッピー。

場所を問わずにどこでも"ついでに"Betできる

もう一つ、印象が変わってきた理由には物理的に参加が簡単になってきたことも挙げられます。

イギリスでのブックメーカーの歴史を振り返ると、最初期は競馬のみが対象で、レース場で業者に直接賭け金を渡さないといけませんでした。その後、サッカーをはじめ各種スポーツが対象となり、街中に店舗ができて現地へ行く手間が省けるように。さらに、電話やFAXを使って賭けられるようにようになると自分がわざわざ出向かなくてよくなりました。随分と手軽になってきましたが、まだこの頃はギャンブル愛好家にとっての趣味という感じでした。

ところが1990年代後半のオンライン化よって自宅のパソコンから参加できるようになると、普及が一気に加速。ネットで賭けて、テレビでスポーツ観戦。あるいは観ながら賭ける。そんな楽しみ方が広がっていきます。

そして2010年頃からモバイル端末の進化、スマホの誕生によってブックメーカーを手元に持ち歩けるようになり、とうとう「賭けに行く」から「その場で賭ける」時代へ

この変化は、ランドカジノへ行く必要がなくなったという点でオンラインカジノも同じです。画面の向こうで実際にディーラーがゲームを進行する「ライブカジノ」は、本物さながら。ただ、カジノの場合は"時間潰し"や"儲けたい"など理由はどうあれゲームをプレーすることが目的ですから、「何かのついでにカジノで勝負しておこう」とはなりませんよね。

一方でスポーツベッティングはこの「ついでに」感覚でスポーツ観戦の合間に遊べるため、「その場でスマホから」という手軽さとの相性が良い。さらにブックメーカーによってはサイト上でスポーツの生中継を視聴できるため、どこでもスポーツを楽しめるツールとしても役立ちます。

スマホでブックメーカー投資
(スマホでいつでも賭けられる)

手元のスマホから賭けてスパイスを注ぐ。あるいは手元のスマホで観ながら賭ける。このような遊び方が広がってきたことで、オッサンが薄暗い店でマークシートにチェックをするというイメージから、手軽でカジュアルな一般大衆の娯楽に様変わりしました。

スポーツギャンブルは奥深いエンターテイメント

スポーツベッティングは近代になって生まれたものではなく、実のところスポーツは古代から賭けの対象になってきました。ヨーロッパでもアジアでも、もちろん日本でも。

最初は走ったり登ったり飛んだりという原始的な行為の順番を競い合わせたり、あるいは決闘させたり、時には動物と戦わせたり。これらの結果を予想し、当時の王侯貴族が金品や当時の高価なものを賭けていたのでしょう。古代ローマでは戦闘馬車によるレースが行われていたという記録も残っているようです。記録がないだけで一般大衆も遊んでいたに違いありません。

現在のブックメーカーの原型は18世紀末にイギリスで生まれましたが、スポーツに対する賭けそのものには何千年もの歴史があります。それがネットの誕生とパソコンやスマホなどハードの進化によって24時間365日どこでも楽しめるようになったのは、人間のギャンブルに対する深い衝動からくる必然なのかもしれません。

いま世界中で流行している理由は、好きなスポーツにいつでも賭けられる・他のギャンブルよりも甘くてやり方次第で簡単に勝てる・ブックメーカーのサイト自体がスポーツファンにとってはかなり便利など、いくつも考えられます。

スポーツブックメーカーとは何か?
(試合を観ながら賭けることもできます)

ですが、私自身が15年近く続けていて飽きないのは、スポーツベッティングがギャンブルのためのギャンブルではなく、スポーツをもっとおもしろくするためのギャンブルという他との根本的な違いがあるからだと思っています。「儲かった!」「損した…」だけじゃない刺激が詰まっている、奥の深いエンターテイメント。

一度、ブックメーカーのウェブサイトにて地元のチーム・好きな選手のオッズをチェックしてみてください。スポーツ観戦の味わいが変わりますので。

プレーに関してより具体的な魅力についてはスポーツベッティングとは?面白い?稼げる?6つの魅力についてにまとめています。

さらに始め方についてはブックメーカーを使ったスポーツベットのやり方【すぐに始められる超入門】にて解説しているので、合わせてご覧ください。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Bookmakerの業界注目情報

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.