ベッティングガイド

ブックメーカーの競馬オッズや対象レースの種類とEachWayのルール解説

更新日:

ブックメーカーの競馬ベッティング解説

ブックメーカーでは世界各国の競馬に賭けることができます。

そもそもブックメーカーというビジネス自体が1790年代にイギリスの競馬場で始まったもの。スポーツの賭けはあとから追加されたので、競馬へのギャンブルは近代ブックメーカーの原点とも言えます。日本馬が出走するドバイワールドカップや凱旋門賞などの国際レースは、毎年多くの日本人ファンの注目を集めて大盛り上がり。また、日本ダービー、天皇賞、有馬記念、そのほか日本のG1レースも賭けの対象となります。

このページでは、ブックメーカーで賭けられる競馬の主なレース、オッズの種類、少し特殊な賭け方のEach Way(イーチウェイ)の仕組みやルールについてまとめて解説しているので、これから始める際の参考にお役立て下さい。

ブックメーカーで賭けられる主な競馬レース

ブックメーカーで賭けられる競馬レースやオッズの種類

競馬のレースは世界各地で開催されていますが、なかでもイギリス、アイルランド、オーストラリア、アメリカ、南アフリカ、香港などで開催されるレースが基本的な賭けの対象です。ブックメーカーのウェブサイトでは、これらの国ごとや競馬場ごとにカテゴリが用意されていて、出走時刻順にレースがずらりと並んでいます。そしてクリックすると各出走馬のオッズが表示されます。

注目度の高い国際レースは、どのサイトでも"インターナショナル"やFeatured Races(注目のレース)などの別枠でまとめられていることが多いのでチェックしてみてください。例えば、UAEのドバイ・ワールドカップを含むドバイ・ミーティング(3月)の各レース、フランスの凱旋門賞を含むアークウィークエンドの各レース(10月)、メルボルンカップ(11月)、香港国際競走の各レース(12月)などは特に注目されるため、レースのかなり前からオッズが用意されます。

特に注目度の高い競馬のイベント

以下は世界的に注目される重賞レースです。もちろんブックメーカーにて賭けの対象。

ドバイ・ワールドカップ(Dubai World Cup)…UAE、3月
チェルトナム・ゴールドカップ(Cheltenham Gold Cup)…イギリス、3月
グランドナショナル(Grand National)…イギリス、4月
ケンタッキー・ダービー(Kentucky Derby)…アメリカ、5月
アスコット・ゴールドカップ(Ascot Gold Cup)…イギリス、6月
凱旋門賞(Prix de l'Arc de Triomphe)…フランス、10月
ブリーダーズカップ・クラシック(Breeders' Cup Classic)…アメリカ、10月
メルボルンカップ(Melbourne Cup)…オーストラリア、11月
キングジョージ6世チェイス(King George VI Chase)…イギリス、12月
香港カップ(Hong Kong Cup)…香港、12月

複数の重賞レースが開催されるイベント

上記一覧のうち、ドバイ・ワールドカップはドバイミーティング(ドバイ・ワールドカップ・ナイトとも言います)のメインレースであり、同日に開催されるドバイ・ターフ(Dubai Turf)、ドバイ・シーマクラシック(Dubai Sheema Classic)やそのほかのレースも賭けの対象です。

同じく、チェルトナム・フェスティバル、ロイヤルアスコット、凱旋門賞ウィークエンド、ブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップ、香港国際競走のメインレース以外もベット可能ですから、レースが近づいてきましたらブックメーカーのサイトにてオッズをご確認ください。

ブックメーカーで賭けられるオッズの種類

ブックメーカーの競馬の賭け方解説

ブックメーカーで賭けられる競馬のオッズは、選んだ競走馬が1着になるかどうか(To Win)、要するに単勝が基本です。

他には、Each-Way(イーチウェイ)という2着や3着までに入れば払戻しが得られるリスクヘッジをした賭け方もあります。こちらはいわゆる複勝です。少し複雑なので後ほどの説明をご覧ください。

そしてもうひとつ、ブックメーカーのサイト上でSPと表記された選択肢もあります。これはStarting Priceを意味し、SPに賭けると的中時はレースがはじまる直前の締切オッズで払い戻しとなります。つまりSPは日本の競馬と同じルール。

SP以外の表示されたオッズに賭けて勝ったなら、サッカーやテニスなどほかのスポーツの賭けと同じく自分が賭けた時点のオッズで払戻しです。日本の競馬とはまったく違うということを覚えておいて下さい。

あと、オッズが表示されたページで、FFAVと書かれているのはFavorite(フェイバリット:本命)、一番オッズが低いことを意味します。2Fは2nd Favoriteで2番目にオッズが低い馬です。

Each Way(イーチウェイ)とは?

ブックメーカーの競馬の賭け方解説

基本の賭けは「自分が選んだ馬が1着になれば勝ち」というとてもシンプルなものですが、Each-Wayは少し異なります。

ブックメーカーの競馬のページでは、頻繁にEach WayまたはE/Wと書かれているのを見かけるでしょう。これは簡単に言えば、複勝賭けの追加オプション。選んだ競走馬が2着や3着になったとしても、提示されたオッズの3分の1や4分の1の倍率で払戻しを得られるという賭け方です。有効範囲や的中時の倍率は、出走数とオッズによって異なります。

一番重要なのは、Each-Wayを使うと、賭け金の入力欄に打ち込む金額の2倍をベットするということ。Each-Wayはあくまで単勝賭けに追加するオマケ扱いなので、賭け金の半分は自動的に単勝(自分が賭けた馬が1着になれば的中)へ充当され、残り半分がEach-Wayの条件へ割り振られます。

ひとつ例をご覧ください。

例えばAという馬にEach-Wayを使って賭けるとします。

このAの単勝オッズはかなり大穴気味の50倍。そして、Each Wayの範囲は1~3着までで、払い戻しの設定が4分の1だとしましょう。

100ドルを賭け金入力フォームに打ち込むと、実際は200ドル賭けることになります。

結果1.競走馬Aが2着か3着でレース終了

レース前の大穴オッズを裏切る好走で上位争いを繰り広げ、惜しくも2着でフィニッシュしたとします。2着なので、賭け金200ドルのうち1着予想に充当される100ドルは負けです。

一方でEach Wayの賭けは的中扱い。このとき、払い戻しのオッズは「4分の1」で計算されるのですが、単純に「50倍 ÷ 4 = 12.5倍」ではなく、分数形式のオッズ(フラクショナル)で計算します。少数表記のオッズ50倍は分数表記にすると49/1となり、この4分の1の「49/4=13.25倍」がイーチウェイの勝利オッズ。したがって今回の場合は…

賭けた200ドルの内訳
・1着予想分の100ドル → 負け
・Each-Way分の100ドル → 的中 → 13.25倍 x 100 = 1,325ドル獲得

使った200ドルを引いて、1125ドルが正味の利益です。

結果2.競走馬Aが見事1着に!

もしこの大穴の競走馬Aが見事にレースを制したなら、まず1着予想の50倍は的中なので100ドル x 50倍で5000ドルが得られます。さらに、Each-Wayの賭けも的中扱いとなるため1325ドルが追加されます。したがって配当の合計は6325ドル。

賭けた200ドルの内訳
・1着予想分の100ドル → 的中 → 50倍 x 100ドル = 5,000ドル獲得
・Each-Way分の100ドル → 的中 → 13.25倍 x 100ドル = 1,325ドル獲得
合計6325ドル

使った200ドルを引いて、6125ドルが利益。

今回は計算が分かりやすいよう、倍率が高い例を挙げました。

要するにイーチウェイとは単勝+複勝のセット賭けであり、賭け金は2倍使いますが2着以下でも賞金獲得の可能性を残せる賭け方です。ただし本命〜2番人気あたりのオッズが低い馬にイーチウェイを使うと、1着以外で指定の順位以内に入ったとしても単勝の半損によって、たいていマイナスになってしまいます。よって、4~5番人気かそれ以下で見込みある馬に使うと効果的です。

オッズに「1/5 1-3」と書いていれば、結果が1~3着なら表示オッズの5分の1で払戻しです。「1/3 1-2」の場合は、2着以内ならオッズの3分の1で支払い。予想に合わせてうまくご活用ください。

その他の賭け方

ブックメーカーの競馬の賭け方解説2

ウィリアムヒルをはじめ大手のブックメーカーでは、単勝以外の賭け方もあります。具体的には以下のような賭け方があります。

Place Only 2
2着以内なら的中の賭け方。

Place Only 3
3着以内なら的中の賭け方。

これら2つの賭け方はEach-Wayと違って、賭け金を倍増することも複雑な計算もありません。単純に1~2着または1~3着までに入ると、表記されたオッズで払戻しされます。

Match Betting
2頭の競走馬を比較して、どちらの方が順位が上か。

Insurance 2 Places
Insurance(インシュランス)とは保険の意味で、このオッズに賭けると1着なら的中、2着なら返金となります。同じルールの賭け方で、2,3着なら返金されるInsurance 3 Placesという賭けもあります。

Betting Without
Withoutは除くという意味。この賭けでは、一番オッズが低い馬が選択肢から外されています。つまり本命以外による1着予想で、賭けた馬が1着になるか、除外されている本命馬が1着のときは賭けた馬が2着になると的中となる賭けです。(William Hillでは、除外される馬にはW/Oと書かれています。また、本命馬のみの除外、本命馬と対抗馬の2頭を除外、そして3番人気までを除外する賭け方もあります)

また、ブックメーカーによっては日本と同じく馬連3連単などもあります。

日本のG1レースにも賭けることができます

そして、一部のブックメーカーでは日本の競馬にも賭けることができます。

ブックメーカーでは日本競馬のG1レースも賭けの対象

こちらは宝塚記念のオッズ。ウィリアムヒルでは日本の全G1レースが賭けの対象としてオッズが用意されます。レースの1~2日ほど前に発表されるようなので、日曜に重賞レースをひかえた金曜・土曜あたりはサイトをチェックしてみてください。(競馬のページで"将来のレース"と書かれたところに並んでいます)

また、上の画像の「NRNBルール」とはNon Runner Money Backの略で、賭けた馬が事前に出走取り消しになった場合は賭けが無効で返金されるという意味です。

10bet Japan(テンベットジャパン)Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)でもG1オッズは用意されますので、これらのブックメーカーのアカウントをお持ちでしたら合わせてご確認を。

Sportsbet.ioでは世界の競馬中継を視聴可

さらに!ブックメーカーSportsbet.ioではユーザーになると世界中の競馬中継を視聴することができます。

海外競馬のインターネット生中継

こちらはドバイワールドカップデーのドバイターフ。ドバイミーティングは全レースが生中継の放送対象でした。

スポーツベットアイオーの競馬中継の見方

サイト上の競馬のページで馬のマークをクリックすると、当日の世界各国・各会場のレース一覧が表示されます。すでに終了したレースをクリックすると結果が表示され、これから開催されるレースをクリックすると最新のオッズを確認できます。

そして画面上のLive Streamingと書かれたリンクをクリックするとレース開始数分前のゲートインから配信がスタート。(それより前は別会場の様子が放送されていますが、直前になると切り替わります)

このライブ配信には日本の重賞レースも含まれているため、レース当日にAsiaのカテゴリをチェックしてみてください。(NakayamaやHanshinなど書かれています)


(準備簡単+競馬中継あり)

ブックメーカーの競馬への賭け方解説まとめ

いかがでしょうか?ブックメーカーで賭けられる競馬のオッズや対象レースの種類、Each-Wayのルールなどはご理解いただけましたか?

賭け方は他のスポーツほど多彩ではありませんが、それでも変則的な切り口のオッズがいくつかあって面白いのがブックメーカーの競馬ベッティングの特徴です。また、日本の競馬を知っている方にとっては、自分が賭けた時点のオッズが有効ということも大きな魅力だと思います。(複数点買って、予想が当たったのにレース直前でオッズが下がってトータルは損していた…なんて心配がありません)

チェルトナム・フェスティバル、ドバイワールドカップ、凱旋門賞、メルボルンカップなどの注目レースは世界中の競馬ファンが賭けており、ブックメーカー内でも毎年大きく取扱われます。オッズもかなり前から提供されるので、気になる競走馬のエントリーが発表されましたらウェブサイトをご覧下さい。

イギリス、アイルランド、オーストラリアなど各国のレースは、ほとんど毎日のように大量の賭けの機会があります。出馬表にはレースの概要や過去の成績などの情報が併記されているので、情報を分析しながら楽しめます。

競馬に賭けるならどのブックメーカー?

最後に、そもそもの話となりますがブックメーカーによって競馬の取扱い有無は異なります。日本語対応サイトでは前述のウィリアムヒルスポーツベットアイオーが充実しています。

ウィリアムヒルでは、国際レースには特別オッズ(例えば2018年のドバイワールドカップデーでは"何頭の日本馬が優勝するか?"という賭けがありました)や、ボーナスがもらえる特別プロモーションが発表されることもありますので、競馬をメインに賭けるならアカウントを持っておくと重宝します。海外重賞レースのオッズは数ヶ月〜数週間前から用意されます。(日本のG1は1〜2日前)

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ベッティングガイド

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.