ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

ベッティングガイド

ブックメーカーの競馬オッズの賭け方や対象レース・使えるサイトなど総合解説!【必読】

ブックメーカーの競馬ベッティング解説

ブックメーカーで世界各国の競馬に賭ける

インターネット上のブックメーカーサイトでは世界中の競馬レースが賭けの対象で、連日連夜賞金を稼ぐチャンスがあります。

日本馬が出走するドバイワールドカップや凱旋門賞や香港国際競走などの海外重賞レースは、毎年多くの日本人ファンの注目を集めて大盛り上がり。また、2月のフェブラリーSに始まり、日本ダービー・春秋の天皇賞・ジャパンカップ・そのほかG1レース、そして年末の有馬記念まで日本のレースも全部対象です。

このページでは、ブックメーカーの競馬の基礎知識、賭け方(オッズの種類)、馬券の買い方、Each Way(イーチウェイ)やNRMBなどの特殊なルール、競馬にオススメのブックメーカーなど、競馬の賭けに必要な情報をすべてまとめています。

これからやってみたい!というビギナーの方は参考書としていつでもお役立てください。

クイックリンク
各パートへ直接移動

直近のレースにさっそく賭けたい
レース当日で発走が迫っているなら

馬券の買い方(基本の流れ)
賭ける手順の解説

賭け方・用語の解説
特殊ルールや投票方式の解説

ブックメーカー競馬の基礎知識

まずブックメーカーの競馬について、一番の基礎知識からご説明します。

日本の競馬とは何が違う?

ブックメーカーの競馬の賭けは日本の競馬とは根本的なルールが異なり、基本的には賭けた時点のオッズで配当が支払われます。

これが大原則。

日本の競馬オッズは、レース直前の締め切り時点で確定しますよね。自分が賭けた馬のオッズもどんどん変わります。そのため、「せっかく予想が当たったのに思った以上に倍率が下がった!(驚)」という事態が普通に起こりますし、ボックスや流しで複数点買っていたら「的中したもののトータルでは損していた!(泣)」という、いわゆるトリガミが生じます。経験ありませんか?

競馬の仕組みについての補足

日本の競馬ギャンブルは、1867年にフランスで考案されたパリミュチュエル方式(Parimutuel betting)というシステムを採用しています。

パリミュチュエル方式は、レースに賭けられた投票総額から主催者が一定の割合をあらかじめ控除して、残りを投票率に応じて的中者に分配する仕組みです。もう少しざっくり表現するなら、自分たちの儲けを抜いたあとに賭け金の偏りにあわせて後から払い戻しを決めるため、主催者側としては取りっぱぐれがない理想的なシステムと言えます。(一方、参加するギャンブラーにとっては、トリガミが生じる理不尽さは残る)

このパリミュチュエル方式が誕生する以前からあったのが、ブックメーカー方式。文字どおりブックメーカーのやり方です。

ブックメーカー方式は、主催者が自分の目利きやデータなどに基づいて事前にオッズを出して賭けを集め、的中者には、それぞれが馬券を買った時点の倍率で支払います。その支払いの総額が賭け金の総額を超えないように主催者側はオッズの調整を繰り返すのですが、読み違えると損失をかぶるリスクがあります。

つまり、パリミュチュエル方式と違って主催者側(ブックメーカー)には必ず儲かるという保証がありません。そのため、昔は大損によって廃業するブックメーカーもありました。(このようなリスクがあるシステムの欠陥を埋めるために、主催者が損しないパリミュチュエルが考案されたのでしょう)

ブックメーカーでは賭けた時点の倍率で支払われるため、自分が収支計算を間違えない限りトリガミは起こりません。「この馬が3倍オッズなら賭けるのはためらうが、5倍もついているから結構おいしいぞ…1万円賭けたら当たれば5万円の配当で4万円儲けか……。よし!」と、約束された配当を確認しながら勝負できるところがブックメーカーのおもしろさ、日本の競馬との大きな違いです。

世界中の競馬レースに賭けられる

スポーツブックメーカーの競馬解説

ブックメーカーでは、世界中の競馬レースに賭けられます。イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、モーリシャス、ウルグアイ、トルコ、インド、ブラジル、UAE、香港、韓国、そして日本。世界各地の競馬場で開催される平地競走、障害競走、繋駕速歩競走(けいがそくほきょうそう)のすべて。

特に各国で開催されるG1レースは世界中の競馬ファンの関心事であり、以下は特に注目度の高いレースです。

3月イギリス / チェルトナム・ゴールドカップ(Cheltenham Gold Cup)
3月UAE / ドバイ・ワールドカップ(Dubai World Cup)
4月イギリス / グランドナショナル(Grand National)
5月アメリカ / ケンタッキー・ダービー(Kentucky Derby)
6月イギリス / アスコット・ゴールドカップ(Ascot Gold Cup)
7月イギリス / エクリプス・ステークス(Eclipse Stakes)
10月フランス / 凱旋門賞(Prix de l'Arc de Triomphe)
10月アメリカ / ブリーダーズカップ・クラシック(Breeders' Cup Classic)
10月オーストラリア / コックスプレート(Cox Plate)
11月オーストラリア / メルボルンカップ(Melbourne Cup)
12月香港 / 香港カップ(Hong Kong Cup)
12月イギリス / キングジョージ6世チェイス(King George VI Chase)

この一覧のうち、例えばドバイ・ワールドカップはドバイミーティング(ドバイ・ワールドカップ・ナイトとも言います)のメインレースであり、同日に開催されるドバイ・ターフ(Dubai Turf)、ドバイ・シーマクラシック(Dubai Sheema Classic)などももちろん賭けることができます。同じように、

  • チェルトナム・フェスティバル
  • ロイヤルアスコット開催
  • 凱旋門賞ウィークエンド
  • ブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップ
  • 香港国際競走

も同日開催の全レースに賭けられます。

ちなみに2019年のドバイでは、ドバイターフを獲ったアーモンドアイをはじめ日本馬が複数のレースで上位入賞したため、応援賭けによって儲けたプレイヤーが大量にいたようです。(=ブックメーカー側は赤字なので、某サイトのマネージャーが苦笑いしながら話していました)

競馬ファンにとって、各国のレースを楽しめるという点は非常に嬉しい魅力です。

日本の中央競馬・地方競馬も賭けられる

ブックメーカーでは日本の競馬も対象

日本の競馬は中央競馬も地方競馬も対象となっており、連日オッズが並んでいます。

各ブックメーカーのサイト上にはNakayama(中山)、Hanshin(阪神)、Chukyo(中京)、Sapporo(札幌)、そしてHunabashi(船橋)、Mizusawa(水沢)、Sonoda(園田)など競馬場ごとに、当日・翌日・今後のレース情報が並んでいます。

レースごと(国ごと)に賭け方の種類が異なる

あと、これもおさえておきたい基本的な知識です。

既述のとおりブックメーカーでは世界各国の競馬に賭けることができるのですが、それらのすべてに同じような馬券の買い方が用意されているわけではありません。国ごとに、賭けの種類が少しずつ異なります。また、使用するブックメーカーによっても種類が異なります。

どのレース・どのサイトでも単勝には賭けられますが、複勝、馬連、3連単、イーチウェイ(後述)などの対応状況はさまざま。パッとブックメーカーの競馬ページを開いた時にいろいろな見慣れない投票方法や用語を目にして驚かれるかもしれませんが、慣れると簡単なのでご安心ください。

ブックメーカー競馬の基礎4点

  • 賭けた時点のオッズで払い戻し
  • 世界中のレースに賭けられる
  • 日本の中央競馬・地方競馬も対象
  • 国ごとに賭け方の種類がやや異なる

ということで、これら4つの基礎を踏まえつつ以降はより実践的な知識をお伝えしていきます。

ブックメーカーでの競馬の賭け方(馬券の買い方)基本編

プレーをはじめるにあたって、まず馬券の購入手順をご覧ください。

ブックメーカーのサイトは各社デザインが違っていますが、基本的な賭けの流れは全サイト共通です。どのブックメーカーを利用するにしても、下記のステップで馬券を買います。

1.競馬のページへ進む

一番最初のステップは、サイト内で競馬のページへ進むこと。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説1)

メニュー内や、画面上のスポーツ一覧部分で競馬(Horse Racing)を探します。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説2)

見つけたらクリック。

2.賭けたいレースを選ぶ

競馬のページを開いたら、次は賭けたいレースを見つけます。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説3)

どのブックメーカーでも、レースは国や競馬場ごとの地域別当日・翌日などの時系列で区分けされています。その一覧から、目当てのレースを探します。

英語表記なら、UK&IREはイギリスおよびアイルランド、AUS&NZはオーストラリアおよびニュージーランド、USはアメリカです。日本はRest of the World(世界中)やInternationalというカテゴリに含まれている場合もあり。ほかには将来レースやAntepostという表記もあるので、実際にブックメーカーを使いはじめたらいろいろ探索してみてください。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説4)

競馬場ごとの一覧までたどり着きましたら、オッズを見たいレース番号をクリックします。レース番号ではなく発走時間(UK時間)で書いてあるサイトもあるので、お間違えないようご注意ください。

3.賭けたい競走馬・賭け方・オッズを選ぶ

賭けたいレースの出馬表&オッズと対面したらあと少しです。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説5)

出馬表は、馬番順またはオッズ順で並んでいます。(どちらかは、サイトによって異なります)また、並べ替えが可能なサイトもあります。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説6)

賭けたい馬が見つかりましたら、オッズを確認してクリックしてください。

4.賭け金を入力して確定

オッズを選んだらあとは賭け金を決めるのみ。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説7)

ベットスリップ(賭け金の入力欄)に、賭けたい金額を打ち込み、「Place Bet」や「賭ける」などが書かれたボタンをクリック。

受け付けられたら完了です。

的中を祈り、表示された配当ゲットを期待しながらレースを楽しみましょう!!

5.レース結果・配当を確認する

レース後、的中していればアカウントに賞金が即入金されます。

bet365の競馬の賭け方(買い方)

結果はアカウント内のベット履歴でチェックできるので、複数のレースに賭けた際はしっかり確認しましょう。

ブックメーカーでの馬券の買い方

  1. 競馬のページへ
  2. レースを選ぶ
  3. オッズを選択
  4. 賭け金を入力して確定
  5. 結果の確認

この手順は、どのブックメーカーでも同じです。

ブックメーカーの競馬の特殊ルールや専門用語

どうでしょうか、馬券を買って結果を確認するまでの一連の流れはイメージできましたか?

次はブックメーカーならではの競馬ルール、投票方法について解説します。

EachWay(イーチウェイ)とは

ブックメーカー競馬のEachWayとは?ルール解説

まず最初に理解したいルールはEach-Way(イーチウェイ)

ブックメーカーの競馬ページで各レースの出馬表をみていると、よくEachWayやEW、E/Wという表記をみかけると思います。

日本の競馬には無い賭け方なのでイメージしづらいかもしれませんが、イーチウェイとは、簡単に言えば単勝に複勝を追加して賭けることができるオプションです。

複勝ですから、選んだ馬が2着以下でも的中扱いとなり、単勝オッズの3分の1や4分の1の倍率で払い戻しが得られます。的中範囲と配当倍率は、出走数や賭けたオッズによって変わってきます。

例えば、上の画像で示している「EW:1/5オッズ3順位」は、「イーチウェイの的中範囲は3着まで、単勝オッズの5分の1で払戻し」という意味です。これが4着まで的中だったりオッズが1/4や1/3だったり、諸条件がレースにより違います。

ブックメーカーの競馬の賭け方(イーチウェイ)

一番重要なポイントは、Each-Wayの利用時は賭け金の入力欄に打ち込む金額の2倍をベットするということ。つまり、単勝の賭け金と同額をイーチウェイ条件にも割り当てることになります。単勝に1万円、イーチウェイは5千円といった配分はできません。

ひとつ、例をご覧ください。

イーチウェイの計算例

例えば、海外重賞レースに挑戦するAという日本馬の単勝オッズが大穴50倍で、その応援賭けにEach-Wayを追加したとします。このレースのEach Wayの的中範囲は3着まで、払い戻しの設定は4分の1オッズだとしましょう。

賭け金の入力欄に1万円入れてEWを選択すると、単勝に1万円、EWに1万円で実際は2万円賭けることになります。

結果1.競走馬Aが2着または3着

意外にも上位争いを繰り広げ、惜しくも2着でフィニッシュしたとしましょう。この場合、1着のみ的中となる単勝の賭けは外れ、賭け金のうち1万円は回収されます。

一方でEWの賭けは的中扱い。配当は「単勝オッズの4分の1」で支払われます。ただし、この4分の1は単純に「50倍 ÷ 4 = 12.5倍」ではありません。実は、イーチウェイは分数形式のオッズ(フラクショナル)をもとに計算します。少数表記のオッズ50倍は分数表記にすると49/1となり、この4分の1の「49/4=13.25倍」がイーチウェイの払戻し倍率。

したがって今回の場合は…

賭けた20,000円の内訳
・単勝の1万円 → 没収
・EWの1万円 → 的中 → 13.25倍 x 1万円 = 13万2500円払戻

使った2万円を引いて、実質11万2500円の儲けです。

結果2.競走馬Aが見事1着に!

もしこの大穴の競走馬Aが見事にレースを制したなら、まず単勝の50倍は的中で1万円 x 50倍で50万円が得られます。さらにEach-Wayの賭けも的中扱いとなるため、1万円 x 13.25倍の13万2500円が追加されます。よって、配当の合計は63万2500円。

賭けた20,000円の内訳
・単勝の1万円 → 的中 → 50倍 x 1万円 = 50万円獲得
・EWの1万円 → 的中 → 13.25倍 x 1万円 = 13万2500円獲得
合計63万2500円

使った2万円を引いて、61万2500円が儲けです。

今回は計算が分かりやすいよう、倍率が高い例を挙げました。

イーチウェイは単勝+複勝のセット賭けであり、賭け金は2倍使いますが2着以下でも賞金獲得の可能性を残せる賭け方です。

ブックメーカー競馬のイーチウェイの実例

こちらは実例。2020年の香港マイルでアドマイヤマーズ(6倍)にEWを使って応援賭けしていましたが、惜しくも3着。しかしEW的中で、6倍の5分の1(分数換算5/1オッズの5分の1、つまり1/1の等倍=2倍)によって単勝の不的中を回収し、結果はプラマイゼロでした。

1倍台のガチガチ本命や5倍以下のオッズが低い馬にイーチウェイを使うと、1着以外で指定の順位以内に入ったとしても単勝分の没収によってマイナスになってしまいます。一方、ある程度倍率が高く、それでいて見込みがありそうな馬に使うと効果的。

予想にあわせてうまくご活用ください。

NRMBとは?

ブックメーカー競馬のNRMBルールとは

ブックメーカーの競馬の賭けは基本的に、賭けた馬が出走しなかった場合は不的中扱いです。一方、レースによってはオッズに「NRMB」という文言が付いていることがあります。このNRMBとはNon Runner Money Back(ノンランナーマネーバック)の略で、賭けた馬が事前に出走取り消しになったら賭けが無効で返金されるという意味です。

NRMBは、レースの前日〜発走が迫ってきた際に付与される特殊条件で、数日前の段階では付いていません。

ブックメーカーでは、注目の重賞レースは何ヶ月も前から出走見込みがある競走馬に暫定的なオッズが提示され、賭けられるようになります。(例えば凱旋門賞は、レースが終わってすぐに1年後のオッズが出る)このような事前オッズはレース直前に比べて美味しい倍率がついているケースが多いのですが、その馬が出走回避すると即負け扱いとなるため、数ヶ月前から賭けるのはややリスキー。かといってNRMB条件がつくのを待っても仕方がない(そもそも付かない場合もある)ため、あくまでこのようなルールがある、という程度に覚えておいてください。

SPとは?

ブックメーカー競馬のSPとは

レースによっては、オッズにSPと書かれていることがあります。このSPとはStarting Price(スターティングプライス)の略で、締め切り時点のオッズを意味します。

SPと書かれた選択肢に賭けて的中した場合は、そのブックメーカーが決定した倍率で配当が支払われます。冒頭にて「ブックメーカーでは、賭けた時点の倍率で配当が得られる」とご説明しましたが、SPはその例外。つまり、日本の競馬と同じくレースの結果が確定するまで配当はわかりません。(もしもそのレースに他のブックメーカーで固定オッズが出ていれば、だいたい似た倍率になります)

規模の小さいレース(日本の地方競馬含む)のオッズは、固定オッズ(賭けた時点で払い戻しが確定する通常のオッズ)が発表される前はSP状態であることが多いです。サイト閲覧時にオッズがSPだったら、しばらく経ってから改めてチェックするか、レースが近づいてきたら再度ご確認ください。

Toteとは?WinとPlaceとは?

bet365のtoteのwinとplace

bet365のレースには、Tote(トート)という賭けの選択肢があります。このToteとは、イギリスの競馬で日本と同じパリミュチュエル方式の賭けを提供する唯一のブックメーカーです。bet365はToteをサイト内にビルドインして提供しているため、UKレースのToteの賭け金入力欄は日本円でプレーするユーザーも英国ポンド表記になります。(日本含むほかのレースで用意されるToteは日本円のまま)

投票総額に対して後からオッズが決まるため、事前に倍率は分かりません。(ただし、Winの目安はサイト上にWin Guideとして書いてあります)Winに賭けたら1着なら的中。

Placeはレースに出走する頭数によって的中範囲が異なり、5頭〜7頭のレースは1着または2着、8頭~15頭のレースは1着~3着までが的中となります。16頭以上も3着までですが、ハンディキャップ競争は4着まで対象です。これらのルールはToteの規約に基づきます。

ブックメーカーの競馬ではときどきToteという言葉を見かけると思いますので、予備知識としてご紹介させていただきました。

そのほかのブックメーカーの競馬用語・賭け方の英語表記

他にもいろいろありますが、代表的なものを。FAVという言葉はFavorite(フェイバリット)の略で、本命を意味します。2nd FAVは2番目、つまり対抗馬です。

海外競馬の投票方式の英語表記と意味

投票方式の英語表記、および特殊な賭け方の名称と意味はこちらをご覧ください。

競馬の賭け方(英語表記)
Winウィン。単勝
Placeプレイス。複勝
Each Wayイーチウェイ。単勝・複勝のセット賭け
Quinellaクイネラ。連勝複式。馬連。
Exactaイグザクタ。連勝単式。馬単
Forecast/TricastQuinellaやExactaとやや重複する呼称で、2頭を選んで着順まで指定する賭けはStraight Forecast(ストレートフォーキャスト)と言い、馬単を意味します。一方、着順指定なしはDual Forecast(デュアルフォーキャスト)またはReverse Forecast(リバースフォーキャスト)で馬連を指します。Tricast(トライキャスト)はその3頭版で、着順指定すると三連単、指定なしは三連複です。(bet365の場合、Forecastの賭けでAnyという選択肢を選ぶと馬連、TricastでAnyを選ぶと三連複)
Trifectaトライフェクタ。三連単
First 4ファーストフォー。四連単

ウィリアムヒルの競馬の賭け方

競馬の特殊な賭けの名称とルール
Place Marketsプレイスマーケット。ウィリアムヒルのUKのレースに用意される賭けの1つで、日本語表記では順位マーケット。Place Only 2 Placesに賭けると、1着または2着なら的中。Place only 3 placesなら、1着〜3着まで的中(つまり日本の複勝と同じ)
Insurance Marketインシュアランスマーケット。ウィリアムヒルのUKのレースに用意される賭けで、賭けた馬が1着なら的中、2着または3着なら返金となる保険付きの賭け方。Insure 2 Placesは2着でも返金。Insure 3 Placesは2着または3着でも返金。
Cover Betカバーベット。上記インシュアランスマーケットとルールは同じで、bet365で用意される呼称。レースによって、Cover Bet 2(および3,4) Placesの選択肢があります。
Betting Without FAVウィリアムヒルでもbet365でも用意される特殊な賭けで、本命を外したオッズ。賭けた馬が本命をのぞいて1着なら的中となります。
Match Betマッチベット。2頭の馬のうち、どちらの着順が上かを予想する賭け。
Not to Win賭けた馬が1着にならなければ的中。
Exoticsエキゾチックス。bet365で特殊な賭けがまとめられたカテゴリの名称。(特定の賭け方を示す言葉ではありません)

このほかの賭け方は随時追記します。

競馬に賭けられるブックメーカーリスト

当サイトで掲載しているブックメーカーのなかで、競馬の取り扱いがあるのは以下のサイトです。

このうち、いくつかのブックメーカーの競馬について掘り下げて解説します。

ウィリアムヒルの競馬

ウィリアムヒルで競馬に賭ける

ウィリアムヒルは1934年創業という業界の老舗ブランド企業であり、信頼性はピカイチ。日本人ユーザーからも昔から好評です。競馬に関しては、日本馬が出走する海外重賞レースに特別なボーナスイベントを提供したり、「今日1日で何頭の日本馬が勝つか?」など特別な賭けが用意されることもあります。賭け金の上限も大きく、使用歴やユーザーによっては1回の賭けで100万円以上の高額ベットも可能。

余談ですが、先日ロンドンのオフィスでマネージャーとミーティングし、その際にうかがった話では「日本のプレイヤーは他国の人達に比べて予想が上手く、重賞レースはよく弊社は赤字になる=プレイヤー側が勝ち越す」のだとか。胴元が負け越すというのは非常に新鮮な響きでしたが、実際にあるようです。

日本の競馬については、G1のオッズは数日前から「将来のレース」欄に用意されます。週末の中央競馬や連日の地方競馬は前日から出馬表が用意され、当日のレース前には固定オッズが発表されます。(ただし地方競馬はSPしか出ないことも)

最低賭け金0.03ポンド相当額(約4円)
最高賭け金レースによって異なります
払い戻しレース後即時
馬券の種類単勝、複勝、SP、EW、Place Market、Insurance Market、Betting Without、Match Bet(レースによって選択肢は異なります。日本の競馬は単勝、EW、SP)
特殊機能注目レースでは特別オッズ・ボーナスイベント要チェック

スポーツベットアイオーの競馬

スポーツベットアイオーで競馬に賭ける

スポーツベットアイオーはビットコイン/日本円のどちらでも賭けられるブックメーカーで、個人情報不要で遊べるため近年は爆発的な人気を誇っています。競馬でもビットコインを賭けることができ、賞金もビットコイン払い。日本円は銀行振込で入金できるため、資金をすぐに投入可。

ユーザーは世界各国のレース中継を視聴できるため、単に放送を楽しむためのツールとしても役立ちます。

レース生中継について

海外競馬のインターネット生中継

こちらはドバイワールドカップデーのドバイターフ。ドバイミーティングは全レースが生中継の放送対象でした。

サイト画面上のLive Streamと書かれたリンクをクリックすると、レース発走数分前のゲートインから配信がはじまります。(それより前は別のレースが放送されていますが、直前になると切り替わります)

このライブ配信には日本の重賞レースも含まれているため、レース当日に配信対象かどうかチェックしてみてください。

必読!
スポーツベットアイオーの競馬の賭け方
【競馬中継あり】世界のレースに賭ける!Sportsbet.ioの競馬の賭け方完全解説

多機能の日本語ブックメーカーSportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、サイトがオープンした2016年当初は競馬が賭けの対象ではなかったのですが、2019年に導入されて世界中のレースに賭けら ...

続きを見る

日本の競馬は、中央競馬も地方競馬もNakayamaやUrawaなど競馬場名でサイト内に並んでいます。ただし、日本のレースは他のブックメーカーに比べて固定オッズの発表が遅く、G1もレースによっては発走の30分ほど前までSPのままということもあります。よって、オッズはまめにご確認ください。(海外の重賞レースは比較的早めに固定オッズが出ます)

最低賭け金0.01mBTC/1円
最高賭け金レースによって異なります
払い戻しレース後即時
馬券の種類単勝、複勝、SP、EW、馬連、馬単、三連単、上位4頭、トータリゼータ式(=パリミュチュエル)の単勝、複勝(レースによって選択肢は異なります。日本の競馬は単勝、複勝、EW、SP)
特殊機能海外レース、日本のレースともに一部はサイト上で生中継が視聴可能です(ドバイW杯、凱旋門賞、香港カップ、ほか各国の中小レースなど実際に視聴確認済)

Bet365の競馬

bet365の競馬解説

bet365は世界最高評価のブックメーカー。利用者数は最多。競馬に関してもほかのブックメーカーに比べて圧倒的に賭け式の選択肢が多く、いろいろなアプローチから楽しめます。日本の競馬も単複、EWのほかにも馬連や三連単予想も可能。

最低賭け金20円
最高賭け金レースによって異なります
払い戻しレース後即時
馬券の種類単勝、複勝、EW、SP、Tote、馬連、馬単、3連複、3連単、上位4頭、カバーベット、Betting Without、Not to Win、Not to Be Placed、Place6/7/8、ほか多数
特殊機能日本の競馬も単勝、複勝のほか馬連、馬単、3連単、上位4頭など賭けの選択肢が多い

競馬の賭けにオススメのブックメーカー

さて、それでは最後に競馬の賭けにオススメのブックメーカーをご紹介します。

競馬に賭けられるブックメーカーはすでにリストアップしたとおり、当サイト掲載のサイトではWilliamHill、Sportsbet.io、bet365、1xbet、22bet、betwayなどがあります。

オススメには2つの前提条件があり、まずひとつはオッズの種類や使いやすさなどの機能面。そして2つ目が重要で、レース開始が迫っている際にすぐに賭けることができるかどうか。つまり入金しやすいかどうか。

その両面からみても、WilliamHillとSportsbet.ioとbet365の3社はバランス良し。

もしもこれからブックメーカーを利用しはじめるのであれば、入金面ではSportsbet.ioが最速でスタートできます。ウィリアムヒルとbet365は同着。ただし前者は当サイトではお試し利用OK。

以下は入金というアプローチから比較して要点をまとめているので、参考にしつつアカウントをご準備ください。

スポーツベットアイオー

スポーツベットアイオーでは、前述のとおり仮想通貨と法定通貨の好きな方で競馬に賭けることができます。そのため、もしもビットコインやイーサリアムなどを持っているなら、アカウント登録 → 資金の送付で、早ければ約10分程度でレースに投票できます。あるいは、サイト内でVISA・マスターカードのクレジットカードで仮想通貨を買うこともできるため、カード使用なら所要時間は3分ほど。

仮想通貨を持っていないし興味もない方は、アカウント登録 → 銀行振込で送金すると、夜中・週末問わず最短1時間ほどでスタート可能です。

レース間近に当ページをご覧になったのであれば、スポーツベットアイオーが適任。


(登録&入金簡単 / すぐにプレー可)

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルは、資金の入金には基本的にエコペイズまたはマッチベターというネット口座を使うため、準備に2~3日は要します。しかし、当サイトから登録すると最初に1500円のフリーベット(賭けに使える架空の資金)がもらえるため、まだ未登録ならレースが迫っていても試し賭けできます

まずはリスクゼロでチャレンジしてみるのもアリ。そのあと、余裕をもって口座の準備を済ませてお楽しみください。


限定ボーナスあり

bet365

bet365は資金の入金にはウィリアムヒルと同じくエコペイズ口座を使います。賭けの種類は上記2社より多いため、ぜひ利用したいサイトです。登録手続きはウィリアムヒルと同じ要領ですぐに済むため、あわせて準備を進めて次のレースから活用ください。

bet365の解説
(競馬の賭けには必須)

ブックメーカーの競馬の賭け方解説まとめ

いかがでしたでしょうか?ブックメーカー競馬解説書としてとにかく情報を詰め込んだのですが、プレー方法やルールなどはイメージできましたか?

当ページへの訪問がはじめての方は少し難解な部分があったかもしれませんが、プレー中に困ったことがあればいつでも戻ってきてご確認ください。

私自身、海外重賞レースに参戦する日本馬への応援賭けを中心に、日本のG1や気になるレースのオッズをチェックして楽しんでいます。また、各ブックメーカーのマネージャーから最新情報も得ていますので、なにかおもしろいトピックがあれば随時追記します。

ここまで長文お読みいただきありがとうございました。

最後に、次のレースにて皆様の予想的中&賞金獲得をお祈りしております!!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

プレーの始め方ガイド
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioでは一部スポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ベッティングガイド

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2021 All Rights Reserved.