PR ベッティングガイド

競馬に賭けられるブックメーカーは?賭け方(馬券の買い方)とルールの詳細解説

ブックメーカーの競馬の賭け方解説

いくつかのブックメーカーでは競馬も賭けの対象となっていて、各国のレースにベットすることができます。

このページは、ブックメーカーの競馬について深掘りして解説している競馬ベッティングガイド(Horse Racing Betting Guide)です。このガイドを通して、競馬に賭けられるブックメーカーはどのサイトか、ブックメーカーで競馬に賭ける方法(馬券の買い方)、日本の競馬との根本的な違い、投票方式の種類、イーチウェイ、SP、NRMBなど専門用語の意味、特殊ルールなど、プレーに必要な情報をすべて確認できます。

ブックメーカーは、世界各国の日々のレースから、ドバイワールドカップ、凱旋門賞、香港国際競争などの国際重賞レースまでオッズを出します。「ブックメーカーで馬券が買える?その買い方は?」「どのブックメーカーが競馬に賭けられる?」「これはどういう意味?」と気になった方は、競馬ベッティングの参考書としてご活用ください。

クイックリンク

直近のレースに賭ける
レース当日すぐに投票するには

競馬に賭けられる日本語ブックメーカー一覧【随時更新】

まず、競馬の取り扱いがあるブックメーカーの一覧表をご覧ください。すべてのブックメーカーで競馬に賭けられるのではなく、サイトによって対応・非対応は異なります。当サイトに掲載している日本語対応ブックメーカーのなかでは、主にスポーツベットアイオー、ステーク、ベット365、ウィリアムヒル、ワンバイベット、20ベットにて競馬に賭けることができます。

ただし、サイトによって取扱いレースや賭け式の種類、サイトそのものの使い勝手(入出金手段や機能)が違います。

Sportsbet.io 世界各国の競馬にベット可。オッズは前日〜当日発表。利用が簡単。
Stake 世界各国の競馬にベット可。オッズは前日〜当日発表。利用が簡単。
bet365 世界各国の競馬にベット可。投票方式の種類が豊富。前売りオッズあり
William Hill 世界各国の競馬にベット可。前売りオッズあり
20bet 世界各国の競馬にベット可。オッズは前日~当日発表。生中継対象レースが豊富
1xbet 世界各国の競馬にベット可。前売りオッズあり
Yuugado 国際的な一部の限られたレースのみベット可
cloudbet イギリス、オーストラリア等の限られたレースのみベット可

*サイト名をクリックすると、各サイトの使い方に移動

補足情報

前売りオッズあり…bet365、ウィリアムヒル、1xbetは、凱旋門賞やドバイワールドカップなどの国際レースに対して、数週間〜数ヶ月前から暫定的なオッズを出しています。

レース中継…20bet、bet365、ウィリアムヒルでは、毎日いくつかのレース中継を視聴できます。レース開始の24時間以内に少額でも賭けておけば視聴できます。(20betはベットしなくても視聴可)

すぐに馬券を買えるブックメーカー

以下のブックメーカーは競馬に賭けることができ、「このあとすぐにレースに賭けてみたい」「賭けたいレースの発走が迫っているから早く準備したい」という状況に最適なサイトです。各社のサイトは、そもそも競馬に賭けられるかどうかの違いに加えて、使える入出金手段も違っています。馬券を買うためには、資金を入金しなければなりません。その手続きが簡単なブックメーカーであれば、アカウント作成後すぐに入金して投票できます。

スポーツベットアイオー

Sportsbet.ioの競馬

スポーツベットアイオーは世界中の競馬にベット可能なブックメーカーです。投票方式は、単勝、2着以内、3着以内(複勝)の3種類が基本。発走前には、一部のレースに馬連、馬単、三連単も出ます。

このブックメーカーは仮想通貨と法定通貨を使い分けできるブックメーカーで、任意の通貨を競馬に投票できて、その通貨で賞金を得られます(BTCで投票して当てたらBTCで賞金ゲット、日本円の使用なら日本円)

会員登録は1分もかからず、その後の着金までは最短3分程度、投票完了まで最速で5分〜10分ほどです。レース当日であれば、スポーツベットアイオーがもっとも手軽に投票できます。


(登録&入金簡単 / すぐに馬券購入可)

スポーツベットアイオーに移動

bet365、ウィリアムヒル

bet365ロゴ(200x50) ウィリアムヒル(William hill)ロゴ

bet365は、世界最大のブックメーカーです。競馬の賭け式の種類は最多。ウィリアムヒルも老舗のブランドブックメーカーで、昔から各国の競馬ファンにも人気です。

この2つのブックメーカーも、競馬には欠かせません。ただし、この2つのブックメーカーはすぐに利用できる人が限られます。

Bet365はVISAやマスターカードによる入金に対応していますが、日本で発行されたカードの多くはシステムとの相性が悪くてほぼ使えません。ウィリアムヒルはVISAのデビットカードできます。よってVISAデビットで入金成功すればすぐに投票できますが、それが不可だった場合はどちらのブックメーカーもペイズというネット口座を使用します。

ペイズ口座を開設済で資金が入っていれば、資金を送ってすぐに投票可能。反対に、まだ口座を未開設なら準備に数日かかります。それぞれの使用方法は下記をご覧ください。


(競馬の賭けには必須)


(重賞レースはオッズ発表が早い)

ブックメーカー競馬の基礎知識

ここからはブックメーカーの競馬の特徴やルールについて詳しく解説していきます。理解を進めるため、日本の競馬との違いからご確認ください。

ブックメーカーの競馬と日本の競馬の違い

ブックメーカーの競馬と日本の競馬とは根本的なルールが異なり、予想が当たったときは賭けた時点のオッズで払戻金額を計算します。日本の競馬は、レース直前の締切時点のオッズで払い戻すルールですよね。つまり、自分が賭けた馬のオッズも、発走までどんどん変わります。そのため、「せっかく予想が当たったのに、想定外に倍率が下がった!(驚)」という事態が頻繁に起こりますし、ボックスや流しで複数点買っていたら「的中したもののトータルでは損していた!(泣)」という、いわゆるトリガミが生じます。

ご経験ありませんか?

ブックメーカーの競馬では、オッズが下がることによる想定外の減収は起こりません。予想的中時にベット時のオッズで配当金が得られるという点が、ブックメーカー競馬の大原則です。

パリミュチュエル方式とブックメーカー方式

日本の競馬ギャンブルは、1867年にフランスで考案されたパリミュチュエル方式(Parimutuel betting)というシステムを採用しています。パリミュチュエル方式は、レースに賭けられた投票総額から主催者が一定の割合をあらかじめ控除して、残りを投票率に応じて的中者に分配する仕組みです。

もう少しざっくり表現するなら、集まった賭け金から自分たちの儲けを抜いたあとに、賭けの偏りに応じて各馬の払い戻しを調整するということ。そのため、主催者側には取りっぱぐれがない理想的なシステムと言えます。(反対に、参加するギャンブラーにとっては、トリガミの理不尽さが生じる)

このパリミュチュエル方式が誕生する以前からあったのが、ブックメーカー方式。文字どおりブックメーカーのやり方です。

ブックメーカー方式は、主催者が自分の目利きやデータなどに基づいて事前にオッズを出して賭けを集め、的中者には、それぞれが馬券を買った時点の倍率で支払います。その支払い額が賭け金の総額を超えないように主催者側はオッズの調整をうまく繰り返すのですが、読み違えると損失をかぶるリスクがあります。

つまり、ブックメーカー方式では主催者側に絶対儲かるという保証がありません。(集めた金額より参加者に支払う配当の方が大きくなることがある)

そのため、昔は大損によって廃業するブックメーカーも多々ありました。

言い換えると、参加したギャンブラー全員が勝ち越すことがある、ということです。(このようなリスクを埋めるために、主催者が損しないようパリミュチュエルが考案されたのでしょう)

ブックメーカーの競馬では配当が予測できる

要するに、ブックメーカーでは賭けた時点の倍率で支払われるため、自分が収支計算を間違えない限りトリガミは起こりません。「この馬が3倍オッズなら賭けるのはためらうが、5倍もついているから結構おいしいぞ…1万円賭けたら当たれば5万円の配当で4万円儲けか……。よし!」と、約束された配当を確認しながら勝負できるところがブックメーカーのおもしろさ、日本の競馬との大きな違いです。

ブックメーカーで賭けられる競馬レースの種類

スポーツブックメーカーの競馬解説

ブックメーカーでは、世界中の競馬レースに賭けられます。主な対象国は、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、モーリシャス、ウルグアイ、トルコ、インド、ブラジル、UAE、香港、韓国、そして日本。レースの種類は、世界各地の競馬場で開催される平地競走、障害競走、繋駕速歩競走(けいがそくほきょうそう)のすべて。

ブックメーカーで賭けられる海外重賞レース(一例)

以下は、特に注目度の高いG1・重賞レースです。

2月 サウジアラビア / サウジカップ(Saudi Cup)
3月 イギリス / チェルトナムフェスティバル(Cheltenham Festival)
3月下旬 UAE / ドバイ・ワールドカップ(Dubai World Cup)
4月 イギリス / グランドナショナル(Grand National)
5月 アメリカ / ケンタッキー・ダービー(Kentucky Derby)
6月 イギリス / アスコット・ゴールドカップ(Ascot Gold Cup)
7月 イギリス / エクリプス・ステークス(Eclipse Stakes)
10月上旬 フランス / 凱旋門賞(Prix de l'Arc de Triomphe)
10月末 オーストラリア / コックスプレート(Cox Plate)
10月末~11上旬 アメリカ / ブリーダーズカップ・クラシック(Breeders' Cup Classic)
11月 オーストラリア / メルボルンカップ(Melbourne Cup)
12月 香港 / 香港カップ(Hong Kong Cup)
12月 イギリス / キングジョージ6世チェイス(King George VI Chase)

この一覧のなかで、ドバイワールドカップドバイミーティング(ドバイワールドカップデーとも言います)のメインレースです。同日に開催されるドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ゴールデンシャヒーン、バイゴールドカップ、アルクォズスプリント、UAEダービー、ゴドルフィンマイルも賭けることができます。

同じように、ブックメーカーでは下記のイベントも、すべてのレースにオッズを出します。

競馬ファンにとって、世界中のレースの馬券を買えるのは嬉しいですよね。

レースごとに賭け方(投票方式)の種類が異なる

ご覧のとおり、ブックメーカーでは世界各国の競馬に賭けられます。ただし、すべてのレースに共通の馬券の買い方が用意されているわけではありません。レースごとに異なります。

単勝は、どのブックメーカーでも必ず投票できます。一方で、複勝、馬連、3連単、イーチウェイ(後述)などの有無はバラバラです。たとえば、スポーツベットアイオーの提供する賭け式は、単勝・2着以内・3着以内(複勝)の3種類です。この3種の賭けを世界中のレースに提供しているものの、出走頭数によっては「3着以内」の選択肢が出ません。

Bet365で賭けられる種類は、単勝・2着以内・複勝・イーチウェイ、連複系各種と、かなり豊富です。イギリスやオーストラリアのレースは、これらのうち大半の賭け式にて投票できます。ところが、地方競馬のなかには、単勝・複勝しかないレースもあります。また、ウィリアムヒル、スポーツベットアイオー、bet365などのサイトは、特定のレースに「日本馬が何頭勝つ?」「勝ち馬の年齢は?」「芦毛馬が勝つ?」など、スペシャルマーケットも用意します。

このように、ブックメーカーごと、国ごと(レースごと)に投票方式が異なることも覚えておいてください。

ブックメーカー競馬の3つの基礎知識

  • 賭けた時点のオッズで払い戻し
  • 世界中のレースに賭けられる
  • サイトごとに賭け方の種類が異なる

この3つの基礎知識を踏まえて、以降はもっと実践的な部分をご説明ます。

ブックメーカーでの競馬の賭け方(馬券の買い方)基本編

実践知識の最初に、ブックメーカーでの馬券の購入手順をご覧ください。

ブックメーカーのサイトデザインは各社違っていますが、馬券購入の流れは全サイト共通です。

どのブックメーカーを利用するにしても、下記のステップで馬券を買います。(例として、bet365を使用)

1.競馬のページへ進む

まず、サイト内で競馬のページに進みます。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説1)

メニューのなか、あるいはスポーツ一覧から競馬(Horse Racing)をお探しください。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説2)

見つけたらクリックします。

2.賭けたいレースを選ぶ

競馬のページに移動したら、次は賭けたいレースを探します。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説3)

どのブックメーカーも、レースを国/地域競馬場当日・翌日など開催日で区分けしています。

その一覧から、目当てのレースをお探しください。

英語サイトの場合、地域名のUK&IREはイギリスおよびアイルランドです。AUS&NZはオーストラリアおよびニュージーランド。USはアメリカ。

サイトによっては、日本はRest of the World(世界中)や、Internationalというカテゴリのなかにあります。

数日先のレースは、「将来レース」や「Antepost(アンティポスト)」というメニューに入っています。

実際にブックメーカーを使いはじめたら、慣れるまでいろいろ探索してみてください。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説4)

目当ての競馬場が見つかりましたら、オッズを閲覧したいレース番号をクリックします。

ブックメーカーによっては、レース番号ではなく発走時間(UK時間)で表記しています。

3.賭けたい競走馬・賭け方・オッズを選ぶ

賭けたいレースの出馬表と対面したら、投票完了まであと少しです。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説5)

出馬表は、馬番順またはオッズ順で並んでいます。

bet365はデフォルトが馬番順ですが、オッズ順にも並べ替えできます。(スポーツベットアイオーは馬番順、ウィリアムヒルと1xbetはオッズ順で並んでいます)

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説6)

賭けたい馬が見つかりましたら、オッズをクリックしてください。

4.賭け金を入力して確定

オッズを選んだらあとは賭け金を決めるのみ。

ブックメーカーの競馬の賭け方(馬券の買い方実例解説7)

ベットスリップ(賭け金の入力欄)に、賭けたい金額を打ち込み、「Place Bet」や「賭ける」と書かれたボタンをクリックします。

受け付けられたら完了です。

的中を祈り、表示された配当ゲットを期待しながらレースを楽しみましょう!!

ブックメーカーでの馬券の買い方

  1. 競馬のページへ
  2. レースを選ぶ
  3. オッズを選択
  4. 賭け金を入力して確定
  5. 結果の確認

この手順は、どのブックメーカーでも同じです。

ブックメーカーの競馬の特殊ルールや専門用語

どうでしょうか、馬券を買って結果を確認するまでの一連の流れはイメージできましたか?

次はブックメーカーならではの競馬ルール、投票方法について解説します。

EachWay(イーチウェイ)とは?

ブックメーカー競馬のEachWayとは?ルール解説

ブックメーカーの競馬に賭けるにあたって、覚えておきたいルールのひとつがEach-Way(イーチウェイ)です。

競馬ページで各レースの出馬表をみていると、EachWay、EW、E/Wという表記を頻繁にみかけます。

日本の競馬にはない賭け方なのでイメージしづらいかもしれませんが、イーチウェイとは、簡単に言えば単勝に、複勝を追加して賭けるオプションです。

要は、単勝+複勝のセット賭け。

複勝のオッズは、単勝倍率の3分の1や4分の1で払い戻しです。この倍率の計算と、的中の範囲が3着以内なのか4着以内なのかは、レースの出走頭数やブックメーカー側の提示条件によって異なります。

たとえば、上の画像に書いてある「EW:1/5オッズ3順位」は、「イーチウェイの的中範囲は3着まで。倍率は、単勝オッズの5分の1で払戻し」を意味しています。

ブックメーカーの競馬の賭け方(イーチウェイ)

イーチウェイのルールでもっとも重要な点は、イーチウェイを使うと、賭け金の入力欄に打ち込む金額の2倍をベットすることになること。

つまり、単勝の賭け金と同額を、イーチウェイ条件にも割り当てることになります。単勝に1万円賭けて、イーチウェイは5千円だけ、のような配分はできません。必ず同額をベットします。

上の画像をあらためてご覧ください。

賭け金は50と入力していますが、イーチウェイ使用にチェックを入れているため、合計ベット額が100となっていますよね。

では、イーチウェイを使った際に払戻金がどうなるのか、簡単な計算例をご覧ください。

イーチウェイの計算例

たとえば、海外重賞レースに挑戦する日本馬Aの単勝オッズが大穴50倍だとします。

その馬の単勝オッズに応援賭けをして、Each-Wayも追加。

このレースのEach Wayの的中範囲は3着まで。払戻倍率は単勝の4分の1だとしましょう。

賭け金の入力欄に1万円を入れてEWを選択すると、単勝に1万円、EWに1万円使用し、トータル2万円賭けることになります。

これでレースを見守りました。

結果.1 日本馬Aが2着(または3着)

惜しくも2着でフィニッシュ。

この場合、単勝の賭けはハズレ。賭け金1万円は没収です。

一方、イーチウェイの賭けは的中です。

配当は単勝オッズの4分の1です。ただ、この4分の1は、単純に「50倍 ÷ 4 = 12.5倍」とは計算しません。

イーチウェイの倍率は、分数形式のオッズ(フラクショナル)にもとづいて計算します。

少数表記のオッズ50倍は、分数にすると49/1と表記します。(1を賭けて49を得るという意味。少数の50倍は賭け金の1を含んでいますので、実質49が利益ですよね)

この利益部分の4分の1、要するに「49 ÷ 4 = 13.25倍」がイーチウェイの払戻し倍率となります。

したがって、今回の場合は…

賭けた20,000円の内訳
・単勝の1万円 → 没収
・EWの1万円 → 的中 → 13.25倍 x 1万円 = 13万2500円払戻

使った2万円を引くと、実質11万2500円の儲けです。

結果.2 日本馬Aが見事1着に!

もしもこの大穴の日本馬Aがレースを制したならどうなるでしょうか?

まず、単勝の50倍が的中となり、1万円 x 50倍で50万円が戻ってきます。

さらに、Each-Wayの賭けも的中扱いとなるため、1万円 x 13.25倍の13万2500円が追加されます。

よって、払い戻しの合計は63万2500円です。

賭けた20,000円の内訳
・単勝の1万円 → 的中 → 50倍 x 1万円 = 50万円獲得
・EWの1万円 → 的中 → 13.25倍 x 1万円 = 13万2500円獲得
合計63万2500円

使った2万円を引くと、61万2500円の利益です。

計算が分かりやすいように、倍率が高いサンプルを挙げました。

イーチウェイは単勝+複勝のセット賭け

賭け金は2倍使いますが、2着以下でも賞金獲得の可能性を残せる賭け方です。

ブックメーカー競馬のイーチウェイの実例

こちらはイーチウェイ使用の実例です。2020年の香港マイルでアドマイヤマーズ(6倍)にEWを使って応援賭けしていましたが、惜しくも3着。

単勝は不的中でしたがEWは的中し、6倍の5分の1(分数換算5/1オッズの5分の1、つまり1/1 = 等倍 = 2倍)によって単勝の不的中を回収し、結果はプラマイゼロでした。

イーチウェイは、「このレース、この馬が勝ちそう」という単勝の見込みがありそうな馬に対し、「3着以内の可能性も残しておくか」と保険的に使用する賭け方です。

賭けた馬が予想どおり勝ってダブルで配当を獲得できるか、3着までに入ってイーチウェイ部分で損失を一部補填できるか、微増か。

予想にあわせてうまくご活用ください。

NRMBとは?

ブックメーカー競馬のNRMBルールとは

ブックメーカーの競馬の賭けは、賭けた馬が出走しなかった場合は不的中扱いです。これも、基本的なルール。

一方で、レースとタイミングによっては、「NRMB」という特別条件が付いています。

このNRMBとは、Non Runner Money Back(ノンランナーマネーバック)の略で、賭けた馬が事前に出走取り消しになったら賭けは無効で返金するという意味です。

ブックメーカーは、注目度の高い重賞レースに対し、出走見込みがある競走馬を並べて暫定的なオッズを提示します。たとえば凱旋門賞は、レースが終わってすぐに1年後のオッズが出ます。

このような暫定オッズは、レース直前のオッズに比べて高い倍率がついていることが多く、その馬が実際に出走して勝てば配当はかなり美味しいです。

ところが、その馬が出走を回避した時点で賭けも負け扱いとなるため、早めの投票はリスクも含んでいます。

こういった早くからオッズが出ている注目レースの開催が迫ってくると、出走馬が確定する直前あたりでNRMB条件がついたオッズが登場します。

NRMB条件が付いていれば、もし賭けた馬が出走取消・回避しても賭け金は没収されません。

SPとは?

ブックメーカー競馬のSPとは

ブックメーカーの競馬ページでは、SPというオッズ(賭け)も頻出します。

このSPとは、Starting Price(スターティングプライス)の略で、レース直前オッズを意味します。

SPに賭けて的中した場合、そのブックメーカーが決定した、締切時点の倍率で配当が支払われます。

ページの冒頭にて「ブックメーカーでは、賭けた時点の倍率で配当が得られる」とご説明しましたが、SPはその例外です。

SPオッズは"SP"としか書いておらず、そのとき何倍かすら分かりません。

倍率は、賭けの締切時点(レース終了後)まで未確定です。

日本の地方競馬を含む各国の小規模なレースは固定オッズの発表が遅く、レース当日まではSPとなっていることが多め。

SPではなく固定オッズに賭けたい場合は、レース開催日またはレースの数時間前あたりに改めてサイトをご確認ください。

Toteとは?WinとPlaceとは?

bet365のtoteのwinとplace

bet365のレースには、Tote(トート)という賭けの選択肢があります。

このToteとは、イギリスの競馬で日本と同じパリミュチュエル方式の賭けを提供する唯一のブックメーカーです。

bet365はToteをサイト内にビルドインして提供しているため、UKレースのToteの賭け金入力欄は日本円でプレーするユーザーも英国ポンド表記になります。

投票総額に対してあとからオッズが決まるため、事前に倍率は分かりません。(ただし、Winの目安はサイト上にWin Guideとして書いてあります)

Winに賭けたら、1着なら的中。

Placeは、レースに出走する頭数によって的中範囲が異なり、5頭〜7頭のレースは1着または2着、8頭~15頭のレースは1着~3着までが的中となります。16頭以上も3着までですが、ハンディキャップ競争は4着まで対象です。

これらのルールはToteの規約に基づきます。

ブックメーカーの競馬ではときどきToteという言葉を見かけると思いますので、予備知識としてご紹介させていただきました。

FAVや2nd FAVとは?

他にもいろいろありますが、代表的なものをご紹介します。

FAVという言葉はFavorite(フェイバリット)の略で、本命を意味します。2nd FAVは2番目、つまり対抗馬です。

競馬の投票方式の英語表記と意味

以下は、日本以外の海外競馬で用いられる専門用語(投票方式の英語表記)や意味の一覧表です。ブックメーカーサイト内でも見かけるため、参考にご覧ください。

海外競馬の馬券の名称

競馬の賭け方(英語表記)
Win
(ウィン)
単勝
Place
(プレイス)
複勝
Each Way
(イーチウェイ)
単勝&複勝のセット賭け
Quinella
(クイネラ)
連勝複式。馬連のこと。
Exacta
(イグザクタ)
連勝単式。馬単のこと。
Forecast
(フォーキャスト)
Forecastは予測という意味です。2頭を選んで、着順まで指定する賭けをStraight Forecast(ストレートフォーキャスト)と言い、馬単を意味します。一方、着順指定なしはDual Forecast(デュアルフォーキャスト)またはReverse Forecast(リバースフォーキャスト)と言い、馬連を指します。
Tricast
(トライキャスト)
Tricast(トライキャスト)はフォーキャストの3頭版で、着順指定すると三連単、指定なしは三連複です。
Trifecta
(トライフェクタ)
三連単のこと。
First 4
(ファーストフォー)
四連単。日本語対応ブックメーカーでは、上位4頭という表記もあります。

競馬のスペシャルマーケットの名称

ブックメーカーによっては、上記のほかにもさらに特殊な投票方式を用意しています。以下は、その一例です。

競馬の特殊な賭けの名称とルール
Place Markets
(プレイスマーケット)
複勝のこと。ウィリアムヒルなど英系ブックメーカーで見られる呼称で、Place Only 2 Placesに賭けると、1着または2着なら的中。Place only 3 placesなら、1着〜3着まで的中です(日本の複勝と同じ)
Insurance Market
(インシュアランスマーケット)
インシュアランスマーケット。賭けた馬が1着なら的中、2着または3着なら返金となる保険付きの賭け方です。「Insure 2 Places」は、2着でも返金。「Insure 3 Places」は、2着または3着でも返金となります。
Cover Bet
(カバーベット)
カバーベット。上記インシュアランスマーケットとルールは同じです。レースによって、Cover Bet 2 Places(あるいは3,4など)の選択肢があります。
Betting Without FAV
(ベッティングウィズアウトFAV)
ウィリアムヒルでもbet365でも用意される特殊な賭けで、本命を外したオッズのこと。賭けた馬が、本命をのぞいて1着なら的中となります。
Match Bet
(マッチベット)
マッチベット。2頭の馬のうち、どちらの着順が上かを予想する賭け。
Not to Win
(ノットトゥウィン)
賭けた馬が1着にならなければ的中。
Exotics
(エキゾチックス)
エキゾチックス。bet365で特殊な賭けがまとめられたカテゴリの名称。(特定の賭け方を示す言葉ではありません)

競馬におすすめのブックメーカー

ブックメーカー各社の競馬は、オッズを出すレースや購入できる馬券の種類、生中継の有無など、それぞれ異なる特徴を持っています。以下のSportsbet.io、Stake、WilliamHill、Bet365、20bet、1xbetは競馬にベットできるブックメーカーのなかで特に使いやすいサイトです。

スポーツベットアイオーの競馬

スポーツベットアイオーの競馬の解説

スポーツベットアイオーは、冒頭でも触れたように準備がもっとも簡単ですぐに始められるブックメーカーです。使い勝手の良さから、特にビギナーの人気はNo.1。

スポーツベットアイオーのサイトは、仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、テザーなど11種類)と、法定通貨(日本円、ほか)を使い分けできる仕様となっていて、任意の通貨を入金して競馬に投票できます。仮想通貨の入金は各所からの送付とクレジットカードによる購入に対応、日本円は振込で即入金・即出金可。

世界中の競馬に投票でき、賭け式は、単勝、2着以内、3着以内(複勝)の三種類と、一部レースに馬連、馬単、三連単です。

最低賭け金 10円(仮想通貨使用時は、通貨により異なります)
最高賭け金 レースによって異なります
払い戻し レース終了後、即時
馬券の種類 単勝、2着以内、3着以内、馬連、馬単、三連単
補足情報 プライスブースト(オッズを高めて勝負できる機能、1日1回使用可)を使えば、配当を増やせる可能性あり

Sportsbet.ioの解説

Sportsbet.ioに移動

スポーツベットアイオーの競馬の投票方法・画面の見方は、以下のページでも詳しく解説しています。

必読!
スポーツベットアイオーの競馬の賭け方を解説
スポーツベットアイオーの競馬の賭け方完全解説

ブックメーカースポーツベットアイオー(Sportsbet.io)を使えば、世界各国の競馬レースに賭けることができます。サイトには、イギリス、オーストラリア、アメリカ、香港、中東そのほか各地のレース、日 ...

続きを見る

ステークの競馬

Stakeの競馬

ステークは世界的に評価の高いオンラインブックメーカーで、2024年に競馬対応となりました。スポーツベットアイオーと同じく、仮想通貨や法定通貨のなかから好きな通貨を用いて世界中のレースの馬券を購入できます。

最低賭け金 0.04円(仮想通貨使用時は、通貨により異なります)
最高賭け金 レースによって異なります
払い戻し レース終了後、即時
馬券の種類 単勝、複勝、SP
補足情報 20種類の通貨で投票可

Stakeの解説

Stakeに移動

ウィリアムヒルの競馬

ウィリアムヒルの競馬の解説

ウィリアムヒルは1934年に創業した老舗中の老舗、業界のブランドブックメーカーです。競馬ベッターに昔から親しまれています。

ウィリアムヒルの競馬は、世界中のレース対応。日本の競馬は中央競馬・地方競馬どちらも馬券購入可能。数ヶ月先の国際レース・注目レースにも暫定オッズを出します。さらに、UKの一部のレースは生中継配信あり。

また、ウィリアムヒルは日本馬が出走する海外重賞レースにボーナスイベントを用意したり、「今日1日で何頭の日本馬が勝つか?」など特別な賭けも用意します。賭け金の上限も大きく、使用歴やユーザーによっては1回の投票で100万円以上の高額ベットも可能です。

最低賭け金 0.03ポンド相当額(約5円)
最高賭け金 レースによって異なります
払い戻し レース終了後、即時
馬券の種類 単勝、複勝、SP、EW、Place Market、Insurance Market、Betting Without、Match Bet(レースによって選択肢が異なります)
補足情報 一部レースの生中継配信あり(視聴条件は、観たいレースにベット)。日本馬が出走する海外重賞レースには、特別オッズ・ボーナスイベントが出ることも

WilliamHillの解説

WilliamHillに移動

Bet365の競馬

bet365の競馬の解説

bet365は、世界最高のブックメーカーです。累計ユーザー数は1億人近く、最多。機能・使い勝手の面から、すべてのスポーツベッターが利用必須のサイトです。

そんなbet365の競馬は、ほかのブックメーカーに比べて賭け式の選択肢がもっとも多く、いろいろなアプローチから投票できる点が魅力です。もちろん世界中の競馬に対応。一部のレースは生中継の配信あり。

最低賭け金 20円
最高賭け金 レースによって異なります
払い戻し レース終了後、即時
馬券の種類 単勝、複勝、EW、SP、Tote、馬連、馬単、3連複、3連単、上位4頭、カバーベット、Betting Without、Not to Win、Not to Be Placed、Place6/7/8、ほか多数
補足情報 中小のレースにも単勝、複勝のほか馬連、馬単、3連単、上位4頭など賭けの選択肢が多い

bet365の解説

bet365に移動

1xbetの競馬

1xbetの競馬の解説

1xbet(ワンバイベット)は東欧地域で絶大な知名度を誇る大手ブックメーカーです。エンタメ寄りの特殊な賭けの量は業界トップ。

1xbetの競馬は、世界中の競馬レース対応。賭け式は単勝、複勝(2着以内、3着以内)に加えて、「競走馬xxが2着か」などの選択肢から選ぶ順位固定予想、「xxが1位、xxが2位」など組み合わせで予想する順位予想もあります。

最低賭け金 22円
最高賭け金 レースによって異なります
払い戻し レース終了後、即時
馬券の種類 単勝、2着以内、3着以内、順位固定予想、順位予想、SP(種類は、レースによって異なる)

1xbetの解説

1xbetに移動

20betの競馬

20betの競馬の解説

20betは、使いやすいサイトデザイン&多機能で評価の高いブックメーカーです。2023年7月下旬から競馬・ドッグレースにも賭けられるようになりました。

ページ内では世界各国のレースにオッズが出ます。オッズ発表のタイミングはレース前日〜当日にかけて。投票方式は、単勝と複勝がメインです。海外のレースによっては、連複系にも投票できます。

毎日いくつかの会場のレースがライブストリーミング(レース中継)の対象となっていて、サイト上で視聴可。海外レースのチェックにもオススメです。

最低賭け金 20円
最高賭け金 レースによって異なります
払い戻し レース終了後、即時
馬券の種類 単勝、複勝、SP(海外レースによっては、馬連、馬単、3連単、4連単もあり)
補足情報 大量のレースの生中継を視聴できる

20betの解説

20betに移動

ブックメーカーの競馬の賭け方解説まとめ

いかがでしょうか?ブックメーカー競馬の解説書として情報を詰め込んだため長くなってしまいましたが、プレー方法やルールなどはイメージできましたか?

すでにサッカーバスケ野球などの競技でスポーツベッティングを楽しまれている方も、競馬をご存知でなければ難しい部分があったかもしれません。

もともと競馬が好きなら、馬券購入の流れや投票方式はなんとなく把握できたかと思います。馬券購入は初心者にも簡単です。当サイトでは、ブックメーカー各社のマネージャーから最新情報を得ていて、そのなかで競馬関連のおもしろいトピックがあれば随時こちらに追記します。

ブックメーカーの競馬を知るガイドブックとして、いつでもお役立てください。

ユニークな特徴を持つ
高評価ブックメーカーリスト



複数通貨対応&VIP特典豊富

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

仮想通貨と法定通貨、選んだ通貨でベットして賞金を得られる人気No.1次世代ブックメーカー。ユーザー登録から賞金の回収までが簡単。ボーナスや現金がもらえるイベントも多数開催。

Sportsbet.ioの詳細解説

Sportsbet.ioへ移動



どれだけ勝っても規制なし

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。実質的な利用価値は最高峰。

Pinnacleの詳細解説

Pinnacleへ移動



世界最大手/クオリティ最高

bet365

累計1億人近くが使用する世界最大手のブックメーカー。サイトの操作性からサポートまですべてが一流。登録&入金完了で各種スポーツの生中継が見放題に。

Bet365の詳細解説

Bet365へ移動



老舗ブランド/特別オッズ多数

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。特殊な賭け方や増強オッズが豊富。初心者から熟練まで使えるブックメーカーです。競馬の前売りオッズも発表早め。

William Hillの詳細解説

William Hillへ移動


ブックメーカーランキング
 各社の評価・特徴の一覧

スポーツベッティング入門書
 プレー全般の基礎知識(はじめに)

-ベッティングガイド