ブックメーカー各社の情報 / スポーツベッティングの始め方~各種スポーツの賭け方
最新スポーツオッズ情報 / プロ監修の戦略や稼ぎ方のヒントなどを解説しています

ブックメーカーのライブベットとは?特徴・賭け方・稼ぎ方の解説

投稿日:2017.8.9 |
ライブベットとは?

ブックメーカーでは各種スポーツの試合中にも賭けることができ、これをライブベット(Live Betting)インプレーベッティング(In-Play Betting)等と呼びます。ご興味があれば、一度ブックメーカーのウェブサイトを開いてみてください。その時プレー中のサッカー・テニス・野球・バスケットボールなどのオッズが、スコアの動きや時間経過に合わせて動いていく様子を見ることができます。

ライブベットには、他のギャンブルでは味わえないスポーツベッティングならではの魅力が詰まっていて、それは単なるおもしろさに留まらず、うまく使えば短時間で稼ぐチャンスにもなり得えます。このページでは、そんなライブインプレーベッティングの魅力や特徴、収益化のためのワンポイント等についてまとめました。「試合中の賭けとはどのようなものか?」を知る参考にご覧下さい!

インプレーベッティング(ライブベット)のおもしろさ

ルーレットやブラックジャックなどのカジノのテーブルゲームは、賭けてしまえばあとは定められたゲームの進行のなかで勝敗が決まり、結果に応じて決まった倍率の配当が払戻しされます。競馬やドッグレース等の競走は、レースがスタートすれば結果を見届けることしかできません。

スポーツならではの時間を区切った賭け、ユニークな賭けが楽しめる!

一方、基本的にスポーツの試合は決着までに数分・数時間かかります。そして、例えばサッカーなら前半と後半、テニスやバレーボールなら1セット、2セット、3セットなどのセット、野球では表裏のイニング、バスケットボールやアメフト、アイスホッケーなどは1~4までのクォーターやピリオドなど、多くのスポーツでは、このように決着までのあいだに区切りがあります。そのため、試合中の賭けには、「前半のみの結果は?」「後半はどちらが勝つ?」「このセットはどちらが勝つ?次のセットはどうだ?」「このクォーターの点差は?」「15分間で両チーム合計で何点取る?」など試合を分割した賭けが成立します。

このような、途中経過に対する賭けがライブベットの魅力のひとつ。「最終的には順当な結果に落ち着きそうだけれど、途中までは格下も善戦しそうだし、前半のみの結果予想の勝利オッズは狙い目じゃないか?」や「この対戦カードなら、1ピリオドでこの程度の点差は開くのでは?」などの予想に合わせて賭けを楽しめ、また最後まで待たずに結果が出るため、スポーツやオッズによっては10分、あるいはテニスのゲーム単位の予想に至っては数分程度で配当を受け取ることもできます。

そして、このような時間を区切った賭けには、「前半は何本コーナーキックがある?」「次のゴールは何分までに入る?」「このセットはタイブレークになるか?」「後半に、より多くのトライを成功させるのはどちらのチーム?」「先にタイムアウトを取るのは?」など、そのスポーツごとのルールに沿った様々なオッズが提供されます。

ブックメーカーによって試合中に提供されるオッズの種類は差がありますが、大手のサイトになるとサッカーの試合中には100通りの賭けが並び、テニス、野球、バスケットボール、アイスホッケー、アメフト、クリケット、ボクシング、卓球、その他さまざまなスポーツのプレー中に何十通りものオッズが用意されます。(コンピューターゲームで対戦するEスポーツにさえ、競技中のオッズが多数)

試合展開に合わせてオッズは動き、タイミングを見極めて賭けられる!

例えば、あるサッカーの試合で片方のチームに勢いがあり、点差が広がっていくと、そのチームの勝利オッズは点差と時間経過と共にどんどん下がっていき、反比例して劣勢チームのオッズは上昇していきます。また、その試合中の総得点をOver/Under(オーバーアンダー。設定された点数を越えるか超えないかの2択)で予想するオッズは、点が入るたびに基準値が見直されて新しいオッズが提示され、そして試合終了が近づくにつれて「基準値を超えたら的中」となるOverのオッズは上昇、反対にUnderの倍率は下がります。

ライブベットのオッズは「その時点でその結果が起こりうる見込み」を示すもので、このように試合の状況に合わせて常に変動します。しかし、スポーツベッティングでは「賭けた時点のオッズで払戻し」という原則があり、それは当然ライブベットにも適用されますから、賭けるタイミングによって、同じ結果に対する払い戻しが大きく異なります。もちろん、試合前にもオッズは動いていますが、勝敗予想ならせいぜい0.5倍から1倍程度の動き。ところが試合中になると、スコアと残り時間に合わせて最初2倍だったものが10倍、20倍、50倍になっていくような変化も珍しくありません。もちろん、そのように膨らんだオッズが的中するような結果になることは稀ですが、もしも50倍時点で賭けてそのとおりになったなら、最初に比べて25倍も大きな結果を得たことになります。

このように、ライブベットには賭けるタイミング次第で思いがけない高配当が得られる可能性があります。

「その試合がどう展開していくのか」を多角的に分析し、順当に進むか逆転しそうかを読む。おそらく、これはスポーツファンなら観戦中には無意識にしていると思います。この行為を、そのまま賭けに反映できるのがライブベットです。選ぶオッズと賭けるタイミング次第で、期待通りかあるいは期待以上の配当が得られる可能性を秘めています。

短時間で結果が出て、利益が得られる!

ライブベットの最大の魅力は、賭けたオッズの結果が確定した時点で、たとえ試合中でも配当が得られること。サッカーなら、「次にゴールを決めるのはどちらのチームか?」というオッズに賭けて、2分後に賭けたチームがゴールを決めれば、その時点で的中です。コーナーキックの予想も同じく、合計9本のときに「11本以上」に賭け、数分後に立て続けに2本コーナーが蹴られると、そこで賭けは的中。あるいは試合が残りあと数分で「11本以下」に賭けたなら、それ以降コーナーキックが無いことを祈りつつ試合終了を待ちます。そのまま試合が終わると賭けは的中扱いとなります。

テニスでは、もっと短時間で結果が出るライブオッズが満載。例えば「Next Point Winner – 次のポイントを取るのはどちらか?」はたった数秒~数十秒で決まりますし、「Next Game Winner – 次のゲームはどちらが取るか?」も数分~十分程度。これらのオッズは試合中にどんどん次のポイントやゲームを対象とするものと入れ替わっていくため、ひとつの試合で数十回~百回以上も賭けることもできます。

バスケットボールでも、クォーター単位の勝敗に終了1分前に賭けたら、1分後には結果が確定します。アメフトやアイスホッケーなども同じく。

これらのライブオッズへの賭けは、既述のとおり確定した時点で払い戻しが行われるため、的中すると、リアルタイムで残高に利益が振込まれます。(ブックメーカーによって仕様が若干異なり、即時か数分後に反映されるか、あるいはページを再読込すると残高が変わるなどの違いはあります)

そのため、例えば「利益が○ドル以上になれば辞める!」というルールを作って取り組む場合、ライブベットを使いこなすと場合によっては非常に短時間で達成できるでしょう。

どんなスポーツでも、短時間で結果が出るようなライブオッズはたくさんあります。好きなスポーツで、どのようなオッズが提供されているかチェックしてみて下さい。残り時間との兼ね合いから1.01~1.2倍程度になっているようなオッズはほとんどの場合的中します。しかし、だからといって何の根拠も無く”ただオッズが小さい”という理由だけで安全と考えて賭けるのは危険。いつでも必ず例外はあることを想定し、見極めることが肝心です。

試合中の各種データを見ながらの賭けがおもしろい!

ライブベットの統計機能

ブックメーカーの画面を実際にみていただくと分かりますが、ライブベットのページには、その試合に関する各種データがリアルタイムで更新・表示されています。サッカーならゴール数はもちろん、タイムテーブル(ゴールやカードのタイミング等が記されたもの)、出場選手一覧ボールポゼッション率攻撃回数枠内シュート数枠外シュート数フリーキック数などが並んでいます。テニスならエースダブルフォルトの数、ブレイク成功回数など、バスケットボールならゴールの内訳ファウル数フリースロー数など、野球はその時の出塁やボールカウントが確認できます。

このようなデータがあることでライブベット画面から試合の様子が何となく伝わってきますし、臨場感さえ感じさせます。また、データを分析することで狙い目な良いオッズも探しやすくなるでしょう。

データは、試合展開を読んで賭けるオッズを選ぶ際の重要な判断材料。各種数字を把握しながら賭けると、闇雲にオッズを選ぶよりも勝率はグッと上がります。また、スタジアムやバーなどでスポーツ観戦する時にブックメーカーのサイトを開いて、このデータを見るだけでも十分に役立ちます。

ストリーミング映像を見ながら賭けられる!

21betなど、いくつかのブックメーカーは生中継(ライブストリーミング)の配信サービスをライブベット画面に併設しているため、そうしたブックメーカーを使えば試合を観ながら賭けることができます。非常にエキサイティングであり、観戦しながらのライブベットはスポーツベッティングの醍醐味とも言えます。試合を観れば展開がより鮮明に分かるため、「この試合は負けているほうが追いつくんじゃないか?」「この失敗で試合の流れが変わるのでは?」といった予想がしやすくなり、オッズの選び方も変わります。

「試合を観ながら」という点では現地観戦やTV観戦も同じです。どこかで観戦する機会があれば、PCやスマホ等でブックメーカーのサイトを開き、オッズをチェックしてみて下さい。「スポーツ観戦+ライブベット」は、スポーツベッティング発祥の地イギリスや、この行為が文化として根付いている各地では当たり前のものですが、なじみの薄い日本人にとっては刺激的な新しい体験となるでしょう!

ブックメーカーのインプレーベッティング(ライブベット)まとめ

いかがでしょうか?ブックメーカーが提供するインプレーベッティング、ライブベットの特徴は何となくイメージできましたか?試合中のオッズは、賭けずにチェックするだけでも十分おもしろいですし、賭けると試合観戦が一層おもしろくなります。

そして、短時間で結果が出るという点が、スポーツベッティングで稼ぐことを目的とするプレイヤーにとって一番の魅力だと思います。うまく利益を積上げていくためには「データを活用すること」「良いライブオッズを提供しているブックメーカーを使うということ」も大事。その点で、日本語対応ブックメーカーだと10betjapanのデータが観やすくて情報豊富で、10betjapanやウィリアムヒルなど大手はライブベットのオッズも数多く、様々な切り口から賭けを楽しめます。

以上、具体的なライブベットの賭け方のヒントやテクニックなども随時掲載しているので、合わせてお役立て下さい。

ブックメーカーとは?スポーツベッティングの始め方

ネット上にあるブックメーカーのサイトでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップです。プレーにあたっては以下の解説をお役立てください。

ステップごとの解説

1.ブックメーカーで無料会員登録
新規アカウント作り方を人気サイトで具体的に解説
2.アカウントへの入金方法解説
ブックメーカーで作ったアカウントに入金する流れやポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方|スポーツベッティングの4つの具体的ステップ
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.賞金をアカウントから出金する手順
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法について

基礎知識のまとめ

すべての基礎解説を見る際はスポーツベッティング入門ページをご覧下さい。

長く使える優良老舗ブックメーカー

複数のブックメーカーを使い分けるのはオンラインスポーツベッティングの基本。(賭けられるスポーツやオッズが違うため。また、複数使う方が長期的に稼ぎ続ける上でも有利なため) 下記のサイトは日本語対応の優良サイトです。(管理人も10年以上使用しています)

ウィリアムヒル
業界のブランド"万能"ブックメーカー

80年以上の歴史を持つ業界最大手ブランド。賭けられるスポーツやオッズの種類、サポート、サイトの使い勝手などあらゆる面で優良。初心者からベテランまで使えます。

Entropay Ecopayz

William Hillの特徴や使い方の詳細解説
ピナクル
プロプレイヤー評価No.1の投資目的型サイト

スポーツベッティングで稼ぐプロから最も評価されるブックメーカー。業界一の高オッズ。利益重視で本格的に取り組むなら必須のサイトです。シンプルさもNo.1。

Entropay Ecopayz Bitcoin

Pinnacleの特徴や使い方の詳細解説

BTC/ETHで入出金&賭けるなら必須

スポーツベットアイオー
ビットコイン保有者必須サイト

使い勝手抜群の仮想通貨専用ブックメーカー。BTCやETHをそのままスポーツに賭けられます。登録簡単で、JリーグやMLBなど多数の生中継も視聴可能です。

Bitcoin Ethereum +40 Altcoins

Sportsbet.ioの特徴や使い方の詳細解説
日本語ブックメーカー比較

よく読まれているページ

賭けの基本ルールやオッズの見方など
ブックメーカーが提供するオッズの仕組みや表示について
ブックメーカーの賭け方(基本パターン17種)の解説
ブックメーカー利用時に知っておきたいメインの賭け方まとめ
ネット口座エコペイズ(ecopayz)の使い方まとめ
入出金に使うネット口座エコペイズの登録から入出金まで全て解説
エントロペイの口座開設→カード作成→初回入金の流れを一挙解説
入出金手段「エントロペイ」の会員登録から利用までの流れ
ブックメーカー投資とは何か?勝つために重要なこと
巷で話題のブックメーカー投資とは?そしてスポーツベッティングを投資化する為の本質的理解
Scroll Up