ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカー入金方法|手順と要点解説・最低入金額比較表

ブックメーカー入金方法解説

インターネット上にあるブックメーカーを使ってスポーツに賭けるためには、アカウントに資金を入金しなければなりません。その手順は説明がいらないほど簡単なのですが、まだ一度も入金したことがなければ、「資金は安全なの?」「いくらから入金できるの?」「どんな手順で入金するの?」といった疑問や不安もあるかと思います。

このページではそれらの解消としてブックメーカーへの入金方法の全体像や要点など、最低限知っておきたい基礎をまとめました。プレーするにあたっての参考にお役立てください。

ブックメーカーへ入金する手順

使用するブックメーカーによって画面のデザインは違いますが、入金の流れは共通しています。まとめると、以下の4ステップです。

  • 1. 入金ページへ進む
  • 2. 入金手段を選ぶ
  • 3. 入金額や必要事項を入力
  • 4. 確定ボタンを押して完了

ステップ.1 入金ページへ進む

ブックメーカー入金方法解説

まず、会員登録したブックメーカーのサイトを開いて、ユーザー名とパスワードを打ち込んでアカウントにログインします。(まだどこにも会員登録していないなら、ブックメーカーの新規アカウント作成方法をご覧下さい。各社に共通する登録ページの書き方について解説しています)

ログインしたら、次は入金ページへ進みます。

日本語対応のブックメーカーでは、わかりやすく「入金」や「入金する」と書かれたボタンが画面内にあります。日本語非対応、英語のブックメーカーでは「Deposit(デポジット)」や「Banking(バンキング)」と表記されたボタンをクリックしてください。

ステップ.2 入金手段を選ぶ

入金画面に進んだら、次は手段を選びます。クレジット/デビットカード、ネット口座、仮想通貨などブックメーカーによって使える手段は異なるので、選択肢のなかから使いたいものを選んでください。

ステップ.3 入金額や必要事項を入力

入金手段を決めたら、続いて必要事項を入力していきます。カードを使うならカード番号や有効期限、CVV(カード裏面の3ケタの数字)など、ネット口座を使うなら口座番号やパスワードなど。

そして、入金したい金額を入力します。最低金額はたいてい10ドル前後(1000円程度)から。ブックメーカーによっては最低額と上限額が入金ページに書かれているので、その範囲内で指定してください。

ステップ.4 確定ボタンを押して完了

最後に「入金」や「deposit」や「送信」など書かれた確定ボタンをクリックすると完了です。しばらく読み込んだのち、アカウントの残高に反映されます。

着金にかかる時間は使用する手段によって異なります。クレジットカードやネット口座などは即時。銀行振込や仮想通貨対応のサイトでこれらを使用した場合は、10分〜30分ほど待つこともあります。

しかし、入金手続き自体の所要時間は数分ほど。慣れると2度目以降は1分もかかりません。

基本の流れとして、この4ステップを覚えておいてください。

ブックメーカーに何を使って入金するか

次は、「なにを使って入金するのか」についての解説です。

使用する手段によっては、先に準備も必要となります。

ブックメーカーは世界中からプレイヤーの参加を受け付けていて、それぞれが入金しやすいようにさまざまな入金手段を用意しています。ただし、それらの入金手段は国や地域によって利用可否が異なるため、プレイヤー(自分)が住んでいる国で使えるサービスを利用することなります。(使えない手段はあらかじめ表示されない)

ブックメーカーの入出金の流れ

世界的には、Neteller(ネッテラー)Skrill(スクリル)というネット口座がブックメーカーとの入出金の代表的な手段として使用されていますが、サービスを提供していない国もあります。(日本では以前は使えましたが、2016年に撤退。ヨーロッパにお住まいならネッテラーが便利です)

ネット口座であれば、日本人ユーザーにはEcopayz(エコペイズ)SticPay(スティックペイ)MuchBetter(マッチベター)などの仲介サービスが広く利用されています。

それぞれ対応しているブックメーカーが異なり、かつ機能面でも一長一短ありますが、大手サイトならエコペイズがあればどこでも入出金可能。

エコペイズを使う際は、先に口座開設をして資金を入金します。

  1. エコペイズ口座開設
  2. エコペイズに入金
  3. エコペイズからブックメーカーに入金

この3ステップでブックメーカーへ。

一方、10betJapanやSportsbet.ioなどのブックメーカーではクレジットカードでの入金もしやすく、またビットコインをはじめ仮想通貨でも入金ができます。

手持ちのクレジットカードや、取引所などに保有している仮想通貨を送るのであれば、最初にネット口座の用意は不要です。既述の4ステップにしたがって、サイト内でお手続きください。

ただし、クレジットカードやデビットカードで入金した場合、儲かった賞金を引き出す際にはネット口座が必要となります。そのため、カードで入金してプレーしつつ、折を見てエコペイズの口座開設も済ませてください。

ウィリアムヒルで具体的に入金方法を解説

では、ここからは「すでに入金手段を準備済み」という前提で、ブックメーカーへの入金を実例を交えて具体的に説明します。

今回は日本人にも人気の老舗ブックメーカーWilliam Hill(ウィリアムヒル)で試しました。

既述のとおり、ブックメーカーごとに画面のデザインは違っても流れは同じなので、別のサイトで入金する時にもこの解説を参照ください。

アカウントにログインして入金ページへ

まずはブックメーカーのサイト上でユーザー名やパスワードを打ち込んでアカウントにログインし、画面内にある「入金」ボタンをクリックして入金ページへ進みます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説1)

ウィリアムヒルの場合は、サイト右上に「ご入金」と書かれたリンクがあります。ここをクリック。

入金方法を選択

入金ページが開くと、いくつかの入金手段が並んでいます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説3)

選択肢のなかからエコペイズを選択。

入金額を入力して確定

画面上に表示された必要事項を入力します。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説4)

ウィリアムヒルのEcopayzによる入金画面では、入金したい金額のみを入力します。最低金額はEURアカウントでは€10から。最大は€30,000です。金額を入力したら、下の「入金」ボタンをクリックします。

私のアカウントは10年以上前にユーロ通貨で作ったものなので€の表記となっていますが、登録時に日本円を選べばここも日本円で表示されます。

Ecopayzの口座にログインする

入金ボタンをクリックすると、しばらく読み込んだあとEcopayzの自分の口座へのログインページが表示されます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説5)

ここで、Ecopayzのユーザー名とパスワードを入力してログインします。

確認して確定

ログインすると、Ecopayzの入金に使用する口座情報、残高、入金額などが表示されます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説6)

内容を確認して、送信ボタンをクリックします。

完了

入金が無事に済むと、完了ページが表示されます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説7)

画面右上で入金希望額が残高に反映されているかどうかを確認して、手続きは終わり。所要時間は約2~3分です。

補足:ネッテラーによる入金

ネッテラーやスクリルなどのネット口座を使用する場合も、手順はまったく同じです。

ブックメーカー入金方法(ネッテラーによる入金)

違うのは画面上で入力する項目だけで、ネッテラーを利用するならこの画像のように口座番号、セキュアID(口座作成時に提供される6ケタの数字)、そして入金額を入力します。

エコペイズでブックメーカーに入金する手順

  1. ブックメーカーにログイン
  2. 入金ページでエコペイズを選ぶ
  3. 入金希望額を入力して進む
  4. エコペイズにログインする
  5. 入金額や出金元口座を確認して確定
  6. 完了し、ブックメーカーに着金(即時)

この手順は、エコペイズを使うならどのブックメーカーでも同じです。また、スティックペイ口座でもほぼ共通しています。

エコペイズで入金する際の補足

これは、すでにプレーされている方への補足です。

エコペイズで入金する際、ブックメーカー側で入金ボタンをクリックしてエコペイズにIDとパスワードでログインしたあと、通常は入金額や入金先を確認する最終確認画面に移動します。ところが、エコペイズにログインしたらそのまま口座残高が表示されたトップ画面に移動してしまうエラーがまれに生じます。

こうなってしまった場合は、一度入金画面を閉じてもう一度入金ページへ進んでみてください。(途中で入金ページから離脱しても、確定ボタンを押さない限り重複で請求されることはありません)

改めて入金額などを入力してエコペイズに移動し、再度ログインすると今度は正しい最終確認画面に進むと思います。

ブックメーカーにクレジットカードで入金する方法

では次は、クレジットカード・デビットカードによる入金について解説します。

ブックメーカー入金方法(クレジットカードによる入金)

カードによる入金画面は、どのブックメーカーでもだいたいこのような画面です。

入金希望額、カード番号、有効期限、3ケタのセキュリティコードを打ち込む入力欄がありますので、それぞれ入力ください。

入力して入金ボタンをクリックすると、しばらく読み込んで入金成功または失敗の表示が出ます。成功したらアカウントに指定額が入金され、失敗の場合は請求されません。

カード入金時の補足

入金失敗となるのは、カード番号等の入力を間違えている、利用枠が不足しているとった単純な理由以外に、カード会社がギャンブルサイトでの利用を制限している、海外サイトでの決済なので、セキュリティシステムに引っかかって一時的に利用が止められた、ブックメーカー側が導入している決済システムがたまたまそのカードに対応していなかった、などの隠れた原因もあります。

入力の不備がないのに決済が失敗した場合、「海外サイトでの決済なので、セキュリティによって利用を止められた」ということが原因なら、カード会社に登録しているメールアドレス宛にお知らせメールが届いています。そこに記載されている電話番号に連絡し、「自分で心当たりのある決済なので制限を解除してほしい」と連絡すれば普通に使えるように戻ります。

カード会社側がギャンブルサイトでの利用を制限している場合や、ブックメーカー側の決済システムがそのカードに非対応だった場合は、残念ながらそのクレジットカードは使えいないため、別のカードをお試しください。

本人認証サービス(3dセキュア)対応のクレジットカードを使用する場合、ブックメーカーで入金ボタンをクリックした後、しばらく読み込んでからカード会社側の認証ページに進みます。ここでは、カード側のIDやパスワードを入力してください。

また、入金の確定ボタンをクリックしたあと、完了画面へ進むまで数秒ほどかかる場合があります。(アクセスしている場所の電波が弱かったり、インターネットへの接続状態が悪いときはもう少しかかる)

このとき焦って画面を再読込みしたり確定ボタンをもう一度クリックすると、入金手続きを最初からやり直さないといけなくなる場合や重複課金される可能性もあるため、確定ボタンをクリックしたら、次のページへ進むまでは何もせずお待ち下さい。

ブックメーカーに仮想通貨で入金する方法

最近は、仮想通貨もブックメーカーへの入金手段として一般的になってきています。

仮想通貨を持っていない方にとってはとっつきにくいかもしれませんが、基本的には、ブックメーカー側で送金先アドレスを確認し、送金したい金額をそのアドレスに送るだけなので非常に簡単。

仮想通貨の入金にあたっては、下記のページにて詳しく解説しているので合わせてご確認ください。

ブックメーカーにビットコイン(BTC)で入出金する方法
ビットコインブックメーカー特集!仮想通貨の入金・出金の詳細ガイド【必読】

ブックメーカーでビットコイン(仮想通貨)を使う ブックメーカーとの入出金手段は、時代と共に変わります。 それは、新しく使いやすい方法が登場して既存のものが廃れたり、入出金の仲介業者が国ごとの規制やルー ...

続きを見る

10betの10coins解説
10betの仮想通貨入出金「10coins」による入金・出金方法と利用メリット

日本語ブックメーカー10betJapanは、2018年9月にビットコインで入金・出金できるようになりました。その一年後には、独自の決済システム「10coins(テンコインズ)」というプラットフォームを ...

続きを見る

ブックメーカーに銀行振込で入金する方法

さらに、銀行振込で入金できるブックメーカーも稀に存在します。銀行振込なら、クレジットカードもネット口座も不要です。

スポーツベットアイオーのSumoPay銀行振込解説
スポーツベットアイオーのSumoPay(スモウペイ)銀行振込の入出金解説

スポーツベットアイオーの銀行振込入出金手段『SumoPay(スモウペイ)』について利用法を解説します。この方法を使うとカードや仮想通貨を持っていなくても最短数分〜1時間程度で資金を入金可能です。 この ...

続きを見る

ブックメーカーごとの使える入金手段と最低入金額比較表

こちらは、当サイトで掲載しているいくつかのブックメーカーの対応入金手段(主要な手段のみ抜粋)と最低入金額をまとめた一覧表です。

エコペイズマッチベタークレカ仮想通貨銀行振込
(¥1500)(¥1000)(¥1500)✖️✖️
(¥1000)(¥1000)(¥1201)(¥1650相当)✖️
(¥2500)(¥1000)(¥1000)(1mBTC)(¥5000)
(¥1200)(¥1200)✖️(¥550相当)✖️
(¥1000)✖️(¥1000)✖️✖️
(¥636.25)✖️✖️(¥1000)

最低入金額は多少異なりますが、日本人に人気のブックメーカー各社ではエコペイズがひととおり使えます。

クレジットカードは、対応サイトでも使える券種や決済の通りやすさなどが異なります。(William Hillは日本向けにはマスターカードのみ。bet365はVisaとマスター。ただし日本で発行されたカードは両社ともに通りにくい。Pinnacle、1xbetもカードには対応しているものの、日本では利用不可。10betJapanはVisa、マスター、JCB対応で比較的通りやすい。Sportsbet.ioではVisa・マスターで仮想通貨の購入可能。マスターカードで日本円入金可)

ブックメーカーへの入金方法・手順まとめ

いかがでしょうか?ブックメーカーへの具体的な入金の流れは理解できましたか?

手順を改めてまとめます。

  • 1. 入金ページへ進む
  • 2. 入金手段を選ぶ
  • 3. 必要事項や入金額を指定
  • 4. 確定ボタンを押して完了

流れはこの4ステップです。このページの解説に沿って進めていただくと、どのブックメーカーでもスムーズに入金手続きができるようになると思います。使いたいブックメーカーで会員登録を済ませたら必要に応じて入金手段を準備し、資金を投入。そしてプレーをお楽しみください!

内容は随時最新情報に更新しています。皆様の参考になれば幸いです。

次のページ
ブックメーカーの賭け方解説|スポーツベッティングの4つの手順

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

ブックメーカーの始め方
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioでは一部スポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり

最初に最適 入出金柔軟

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録から賞金回収まで簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

賭け方豊富

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ブックメーカーの基礎知識

© 2021 ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書