ベッティングガイド

ラグビーベッティングの賭けの対象やオッズの種類を解説

更新日:

ブックメーカーではラグビーも賭けの対象で、世界中のプレイヤーを魅了する大きな市場となっています。それは、ラグビーと一口に言っても、実際にはラグビー・ユニオン(Rugby Union)とラグビー・リーグ(Rugby League)という2つのルールが異なる競技があり、両者が世界各地で普及しているためです。ブックメーカーのサイト内で、ユニオンとリーグの2つの見出しで別々のページが設けられているのを見ることがあるでしょう。このページでは、その違いや賭けの対象、オッズの種類などを解説しています。

ラグビーユニオンとラグビーリーグの違い

ラグビーユニオンとラグビーリーグの違い

ラグビーユニオンとラグビーリーグは、基本的には同じラグビーという競技ではありますが、さまざまな部分でルール全く異なります。そもそもユニオンとリーグという違がなぜあるのかは、歴史を紐解くと理解が進みます。現在のラグビーの原型はイギリスで1863年にサッカーから分化して誕生し、1871年に競技運営を統括するラグビー・フットボール・ユニオン(RFU)が発足しました。しかし選手への補償や金銭面での問題などから、イギリス北部地域のラグビークラブがRFUに反発し、1895年にノーザン・ラグビー・フットボール・ユニオン(NRFU)を発足します。同様の分裂がオーストラリアやニュージーランドでも起き、これらがラグビー・リーグの起源で、ここから2つの競技へ別の道を進んでいくことになります。

RFUから分化したNRFUがルールを独自に変えていったのですが、その方向性は「ケガを減らす」ということ。それは当時選手の多くが他に仕事を持つ兼業者であったためであり、ラグビーリーグでは密集戦となるラックやモールやラインアウトなどが廃止されています。スクラムは形式的に残されています。タックル成立時もユニオンのようにボールを奪い合うことがなく、プレーが一旦止まります。またタックルが6回成立すると攻守交替となります。その他、ユニオンが15人に対してリーグは13人、フィールドの大きさなど細かな違いもあります。密集戦が起こらなくなった結果、ラグビー・リーグは展開がスピーディーで観客にとって分かりやすいスポーツとなりました。

現在、ラグビーユニオンの方が世界的な普及率は高く(日本で一般的に言うラグビーもラグビーユニオン)、一方ラグビーリーグはイングランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、トンガ、パプア・ニューギニア等の地域では非常に人気があります。いずれにせよ、どちらも世界中でプレーされているため、オンラインブックメーカーにとっては良い賭けの対象に変わりありません。

ラグビーユニオンで賭けられる主なリーグや大会

ラグビーユニオンの賭けの対象としては、主に以下のようなものがあります。

ワールドカップ、シックスネイションズ、ザ・ラグビーチャンピオンシップ、欧州ネイションズカップ、アジアラグビーチャンピオンシップ、ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ、スーパーラグビー、ライオンズツアー、プロ12、トップ14、プレミアシップ(イギリスのリーグ戦)

ラグビーリーグで賭けられる主なリーグや大会

ラグビーリーグの賭けの対象は以下のようなリーグや大会が挙げられます。

NRL(ナショナル・ラグビー・リーグ:オーストラリアとニュージーランドのクラブチームによるリーグ戦)、欧州スーパーリーグ、ワールドカップ、チャレンジカップ、ステート・オブ・オリジン、その他の国際試合

ブックメーカーが提供するオッズの種類

ラグビーのオッズは非常に多彩です。ラグビーユニオンにせよラグビーリーグにせよ、大手ブックメーカーになると1つの試合に100以上のオッズが用意されます。

リーグや大会全体が対象の賭けとしては、優勝予想グランドファイナル勝者予想MVP予想があります。グループリーグ+決勝トーナメントのフォーマットがあるワールドカップをはじめとする国際大会は、グループ突破予想にも賭けることができます。

各試合ごとのオッズは、勝敗を2択で予想するオッズ、引分を含む3択の予想、ハンディキャップを加えた予想、前半のみの結果予想、どちらが先に○ポイントに達するかの予想(Race to ~ Points)、点差の予想(Winning Margin)、合計スコアが奇数が偶数か(Odd/Even)などが基本的に用意されます。

上記はラグビー以外の他のスポーツにもみられるスポーツベッティングの一般的な賭け方ですが、ラグビー限定のオッズとしては「どちらのチームが先にトライを決めるか」「最初の得点はトライか、ドロップゴールか、ペナルティか」「最初にコンバージョンを成功させるのはどちらのチームか」「試合中の最初のトライは何分までに決まるか」「トライを決める選手は誰か」「試合中のトライ数は」「最後にトライを決めるチームはどちらか」など、ゴール関連のものがいくつも用意されます

ラグビーの試合ごとに賭けられるオッズ例

下記はラグビーユニオンのブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズによる遠征試合に対して、William Hillにて提供されていたオッズの抜粋です。

Match Betting
試合の勝敗予想。ホーム勝利、引分け、アウェイ勝利の3択で予想する賭け。

80 Minutes Handicap
ハンディキャップを与えてホーム勝利、アウェイ勝利、引分け(点差がハンデの数字どおりか)を予想する賭け。試合終了時のスコアに、賭けたオッズのハンデを足して結果を判断します。なお、ハンデを足した勝敗予想は、前半のみ、後半のみなどバリエーションがいくつかあります。またハンデの数値もいくつか選択肢が用意されています。

No Draw Handicap
No Drawの名のとおり引分けの選択肢がない、ハンディキャップを加えた2択による勝敗予想。

Half Time
前半のみの結果でホーム勝利、引分け、アウェイ勝利を予想する賭け。

Double Result
前半の結果と試合の最終結果を組み合わせて予想する賭け。例えば前半はホームがリードし、最終的にアウェイが逆転勝利したら「ホーム/アウェイ」という選択肢が的中となります。前半は引分け、最終的にホームが勝ったなら「ドロー/ホーム」が的中です。

Try Scorer Markets
誰がトライを決めるか、選手ごとにオッズが用意されます。先制点、最後、2点以上、3点以上などいくつか選択肢があります。

Either Team To Win Both Halves
どちらか一方のチームが前半、後半ともに勝つかどうか、YesかNoの2択で予想します。

Highest Scoring Half
前半と後半でどちらの方がより多く得点が入るか、前半・後半・同じの3択で予想する賭け。

Fist Scoring Points
どちらのチームが先に得点するか。反対に最後に得点するチームを予想する賭けもあります。

Total Match Points
試合中の両チーム合計の得点が何点になるかを予想する賭け。

Total Home Points
ホームチームの総得点が何点になるかを予想する賭け。アウェイチームのオッズもあります。

1st Half Points
前半の総得点が何点かを予想する賭け。

Race To 10 Points
先に10点取るのはどちらのチーム化を予想する賭け。

Total Tries
試合中の総トライ数を、設定された数値を上回るか下回るかで予想するOver/Under式の賭け。Odd/Evenと書いていれば、Odd(奇数)かEven(偶数)を予想する賭け方です。

Shirts Numbers
シャツナンバーオッズはその名のとおり背番号が予想対象となります。具体的には、試合中にトライを決める選手が着ている背番号の合計がいくつになるか、設定された数値を超えるか超えないかの2択で予想します。

背番号対象の賭けはいくつかあり、ホームチームのトライを決めた選手の背番号合計予想、アウェイチームの同オッズ、最初にトライを決めた選手の背番号が奇数か偶数か、という賭け方まであります。

Team of 1st Try Scorer
どちらのチームの選手が最初にトライを決めるか、または誰もトライしないかの3択で予想します。

Time of 1st Try
何分までに最初のトライが決まるかを予想する賭け。

First Scoring Play
最初に得点が入る際のプレーがトライかドロップゴールか、PKかを予想する賭け。

Exact Match Tries
試合中の総トライ数を正確に予想する賭け。ホームチームのみの予想、アウェイチームのみのオッズもあります。

Position of 1st Try
最初にトライを決めるのはどのポジションの選手かを予想する賭け。「フォワード」、「ウィングまたはフルバック」、「その他のバック」の3択。

Will the 1st Try Be Converted?
最初のトライ後のコンバージョンキックは成功するか?

Winning Margin
どちらが何点差で勝つかを予想する賭け。いくつもの選択肢が用意されます。

この他、Card Marketsという欄にはカードが何枚提示されるか、レッドカードは出るかなどの賭け方も用意されています。

ブックメーカーのラグビーベッティング解説まとめ

ラグビーユニオンのワールドカップは4年に1度で次は2019年、その次は2023年開催予定です。シックスネイションズは毎年2~3月。ラグビーリーグのNRLは3月に開幕、欧州スーパーリーグは2月から。両リーグのチャンピオンは、10月に開催されるワールドクラブチャレンジにて対戦します。ラグビーユニオンもラグビーリーグも、世界中で人気があるエキサイティングなスポーツであるということは同じであり、どちらか片方のみを取り扱っているブックメーカーはありません。全てのブックメーカーで、ユニオン、リーグのオッズへ賭けることができます。気になる大会や試合がありましたら、利用しているブックメーカーにてチェックしてみて下さい。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ベッティングガイド

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.