ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

みんなの思い出深い賭けを大発表!!【メモリアルベットまとめ】

ベッティングガイド

F1ベッティングの詳細|賭けられるレースや各オッズの賭け方解説

ブックメーカーでf1に賭ける

ブックメーカーではF1(Formula One)、モトクロス(Motocross)、ナスカー(Nascar)、ラリー(Rally)などモータースポーツも賭けの対象であり、なかでもF1は多くのファンが注目するマーケットとなっています。

このページでは、ブックメーカーでのF1の賭け方やオッズの種類などF1ベッティングの詳細について解説しています。モータースポーツへの賭けに関心がありましたら、はじめる際のガイドとしてお役立て下さい!

ブックメーカーで賭けられるF1の大会・レース

F1のオッズや賭けられるレースについて

F1(フォーミュラ・ワン)という言葉はモータースポーツのひとつのカテゴリであり、「F1世界選手権」がプロによる競技の名称です。国際自動車連盟 (FIA)によって運営されています。

競技の概要

まったくご存知でない方に競技としての概要をご説明すると、F1は毎年3月から11月末までに世界各国20前後でグランプリ(レース)が開催されます。(2019年は21ヶ国で開催)その各グランプリの成績に応じてチャンピオンシップ・ポイントが与えられます。そして、年間の獲得ポイントの総計によってドライバーと車体製造者(コンストラクター)のそれぞれのシーズン王者が決まります。

チャンピオンシップポイント

グランプリの順位に応じて得点を加算

1位:25点
2位:18点
3位:15点
4位:12点
5位:10点
6位:8点
7位:6点
8位:4点
9位:2点
10位:1点

上記は2015年からのポイント方式です。また、2019年からはファステストラップポイント(決勝で最速ラップを出したドライバー)は1ポイント追加。ただし上位10位以内に入賞していることが獲得条件。

F1は、ドライバーとコンストラクターが1つのチームとして競技に臨みます。その両方にチャンピオンの称号が与えられるという点が他の競技とは違うモータースポーツならではの特徴です。

チームは、10のコンストラクターにドライバーが2名ずつ所属します。つまり20チームが参戦。例えばコンストラクターのメルセデスにはルイス・ハミルトンのチームと、バルテリ・ボッタスのチームがあります。レッドブルにはマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンの2チーム、という具合。

チーム(コンストラクターとドライバー)

  1. メルセデス&ルイス・ハミルトン
  2. メルセデス&バルテリ・ボッタス
  3. レッドブル&マックス・フェルスタッペン
  4. レッドブル&アレクサンダー・アルボン
  5. フェラーリ&セバスチャン・ベッテル
  6. フェラーリ&シャルル・ルクレール
  7. マクラーレン&カルロス・サインツ
  8. マクラーレン&ランド・ノリス
  9. ルノー&ダニエル・リカルド
  10. ルノー&エステバン・オコン
  11. アルファタウリ&ダニール・クビアト
  12. アルファタウリ&ピエール・ガスリー
  13. レーシングポイント&セルジオ・ペレス
  14. レーシングポイント&ランス・ストロール
  15. アルファロメオ&キミ・ライコネン
  16. アルファロメオ& アントニオ・ジョヴィナッツィ
  17. ハース&ロマン・グロージャン
  18. ハース&ケビン・マグヌッセン
  19. ウィリアムズ&ジョージ・ラッセル
  20. ウィリアムズ&ニコラス・ラティフィ

(2020年)

グランプリの開催地

開催地はシーズンによって変更されることがありますが、2019年は、オーストラリア、バーレーン、中国、アゼルバイジャン、スペイン、モナコ、カナダ、フランス、オーストリア、イギリス、ドイツ、ハンガリー、ベルギー、イタリア、シンガポール、ロシア、日本、メキシコ、アメリカ、ブラジル、アブダビ(UAE)でした。

各国のファンにとって、自国開催時はお祭り騒ぎ。鈴鹿(三重)での日本グランプリは日本人ファンにとって最大の注目レースです。

各グランプリの競技フォーマット

各グランプリは一発勝負ではなく、金曜日にフリー走行(テスト)、土曜日に予選(Q1~Q3の3回)、そして日曜日の午後から決勝が行われます。(天候や日程の関係で予選が日曜の午前になることもあり)

予選はタイムアタック式。Q1~Q3までの3段階に別れていて、各チームがベストタイムを狙います。まず全チームがQ1で走行し、成績下位5チームが脱落します。そしてQ2で残りのチームが再度挑戦し、下位5チームが脱落。最後にQ3で残った10チームがタイムを競い、その成績によって決勝のスタート位置(グリッドポジション)が決まります。予選1位はポールポジション(もっとも前)を獲得でき、スタート位置は最終結果にも大きく影響してくるため、予選から見逃せません。

競技の概要まとめ

  • 毎年世界各国でグランプリが開催される(3~11月末に20ほど)
  • 各グランプリの結果に応じて年間チャンピオンを決める
  • ドライバーとコンストラクターの両方のチャンピオンを決める
  • 参戦は20チーム
  • 各グランプリではフリー走行、予選、決勝がある

競技としての全体像のご紹介はこのぐらいにしておきます。

で、ここからが本題です。ブックメーカーでは、F1の各グランプリごとの結果に関することおよびシーズン全体のチャンピオン予想という2つの切り口から賭けることができます

基本的に全グランプリが賭けの対象。しかも、単純に決勝の結果予想だけではなく、フリー走行や予選の結果も対象です。20種類近い賭けの切り口がグランプリごとに用意されます。

ブックメーカーで賭けられるF1の主なオッズ

ということで、ここからはオッズ・賭け方について具体的にご確認ください。

F1はウィリアムヒルをはじめほとんどすべてのブックメーカーにて賭けることができます。ウェブサイトにF1Formula Oneなどの見出しがあるか、Motor Racing自動車レースというカテゴリに入っていることもありますので、各サイトにてご確認下さい。

賭けられるオッズは、既述のとおりシーズン全体の成績が対象の年間チャンピオン予想と、各グランプリごとの細かなオッズの2種類に分けられます。

シーズン全体が対象のオッズ

10betのF1のシーズン優勝予想オッズ
(10betのシーズン優勝予想オッズの一部)

世界選手権のシーズン全体が対象のものは、ドライバーズ・ワールド・チャンピオンの予想オッズと、コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンの予想オッズの2種類です。

シーズンの開幕前に用意され、シーズン中にも賭けることができます。グランプリごとの各チームの獲得ポイント状況に応じてオッズは変わっていきますが、自分が賭けた時点の倍率で払戻しです。気になるチームがあるならお早めにご確認を!

本命外しの優勝予想もおもしろい

f1ドライバー優勝予想オッズ2020(ハミルトン除外)

なお、近年はハミルトンとメルセデスの本命がほぼ固定されているため、「ハミルトンを除外したら誰が1位になるか?」「メルセデス以外なら?」という、本命外しの特殊オッズを用意するブックメーカーもあります。フェルスタッペンやルクレール、そのほかハミルトン以外推しのファンは要チェックです。

各グランプリが対象のオッズ

F1のグランプリごとの賭け方

シーズン全体が対象のオッズはドライバーとコンストラクターの優勝予想にほぼ限られていますが、各グランプリごとのオッズは非常に多彩です。ドライバーが対象の賭け、コンストラクターが対象の賭け、そのほかグランプリにまつわる特殊なオッズなど、いろいろな賭け方が用意されます。

ドライバーが対象のオッズ

まず、ドライバー対象の賭けから代表的なものをピックアップしてみました。日本語ブックメーカーでは内容が簡単に理解できると思いますので、ここでは英語でのオッズ名に意味を添えて解説しています。

To Win Outright
グランプリ決勝の優勝予想オッズ。

Podium Finish
表彰台(ポディウム)にあがる(3位以内に入る)ドライバーの予想。

Fastest Rap
グランプリ決勝でのファステストラップ(最速ラップ)記録者の予想オッズ。

Fastest Qualifier
予選首位(ポールポジション獲得者)予想オッズ。

Top 6 Finish
賭けた選手が6位以内でレースを終えると的中。

Points Finish
賭けた選手が10位以内(チャンピオンシップポイント獲得圏内)でレースを終えると的中。

Fastest in Practice1
フリー走行最速ドライバー予想オッズ。

To be Classified
賭けたドライバーがレースを完走すると的中。

First Retirement Of Race
最初にリタイアするドライバー予想オッズ。

Combination Podium Finish
例えば「ハミルトンとフェルスタッペンが3位以内に入るか?」など、2人のドライバーを組み合わせて表彰台にあがるかどうかを予想する賭け。

Driver Specials
例えば「ハミルトンは最初にピットインするか?」や「ハミルトンは予選最速タイムかつ優勝するか?」など、ドライバーごとのさまざまな結果に対する賭け。

各グランプリごとに、これらのオッズに賭けることができます。

コンストラクターが対象のオッズ

コンストラクターが対象のオッズには、下記のようなものがあります。

Winning Car
優勝するコンストラクターの予想。メルセデスやフェラーリ、レッドブルなどの選択肢から選びます。

Qualifying Winning Car
予選首位のコンストラクターを予想する賭け。

First Constructor Retirement
賭けたコンストラクターが最初にリタイアすると的中。

その他の賭け方

Both Team Drivers To Be On Podium
両チームのドライバーが3位以内に入ると的中。(例えばメルセデスに賭けたら、ハミルトンとボッタスが揃って3位以内なら的中)

Both Team Drivers To Score
両チームのドライバーが10位以内に入ると的中。(例えばマクラーレンに賭けたら、サインツとノリスが10位以内なら的中)

Winning Nationality
優勝ドライバーの国籍予想

Number Of Classified Finishers
何台が完走するか

Grid Position Of Winner
スターティンググリッドのどの位置のドライバーが優勝するか

Winning Margin
1位と2位のタイム差をいくつかの選択肢から予想する賭け。

Safety Car
レース中にセーフティーカーの出動があるかどうか

YourOddsも見逃せない

ウィリアムヒルのF1のYourodds

ウィリアムヒルでは、プレイヤーからのリクエストに応じてオッズを提供する「#YourOdds(ユアオッズ)」というサービスがあります。F1の各グランプリにも非常にマニアックな選択肢が用意されるため、F1ファンは要チェックです。

例えば、この画像は2020年のイギリスGPのもの。結果はアルボン(8位)、ノリス(5位)、オコン(6位)だったため、3人がポイント圏内フィニッシュ@2.5倍のオッズは今回的中です。こうしたユニークな切り口のオッズに賭けておくとレースが一層おもしろくなります。

レース中にも賭けられます(F1ライブベット)

F1ライブベッティング

F1はレース中にも賭けることができます。これがレースを一層楽しめるスパイスにもってこい。賭けの種類は基本的に優勝予想、3位入賞予想、ファステストラップの3種類。

周回が進むごとにオッズはどんどん変化しますが、賭けた時点の倍率で払い戻しです。そのため、状況によっては思いがけない高配当が得られることも。(画像は2019年の日本グランプリのレース中のオッズ。現地観戦しながらライブで賭けていました)

ブックメーカーのF1への賭け解説まとめ

いかがでしょうか?ブックメーカーのF1の賭け方・オッズの種類についてイメージはできましたか?

まだブックメーカーを使ったことがない方は面食らったかもしれませんが、業界ではF1も賭けの対象として非常に人気です。

おさらいすると、賭けの対象はドライバーとコンストラクターの年間優勝予想と各グランプリの結果予想の2種類。各グランプリには、ドライバー対象、コンストラクター対象、特殊な事情が対象の3つの切り口でオッズが並びます。

各グランプリのオッズは、週ごとに随時アップデートされますので、次のレースが迫ってきましたらサイトでご確認ください。具体的に賭ける手順は説明不要なほど簡単です。特に日本語対応のブックメーカーでは迷うことはないと思います。

F1に賭けるならどのブックメーカー?

この点についてはユーザーの好みでわかれるかと思いますが、これからプレーをはじめるならウィリアムヒルは外せません。オッズの量が多く、またYourOddsの珍オッズもレースを彩ります。

当サイトから登録されると最初に1500円分の無料チップがついてきますから、まずはそれでリスクゼロでお試しください。

William Hillの解説
(オッズ多彩+限定ボーナスあり

ライブベット(レース中の賭け)ならウィリアムヒルも良いですし、上の日本グランプリの例でご紹介した10bet Japanも手軽で使いやすいのでオススメです。

ニュースやデータサイトで各チームの状況をチェックしつつ、フリー走行で調子を確認して優勝オッズに賭けてドライバーやコンストラクターと命運を共に。自分もメカニックのような気持ちで(?)分析しながら、予想を立ててお楽しみを!ちなみに私は毎回セーフティーカーの出動予想に賭けるのがルーティンです(笑)

当ページはF1に賭けるための入門書感覚で、お困りのことがあればプレーのお供としていつでも参考にお役立てください。新しい情報があれば随時追記していきます。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ブックメーカーでスポーツに賭けることをスポーツベッティングと言います。プレーは「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップ。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けの6つの重要ポイント
プレーのやり方ガイド
これさえ理解すればプレーは簡単!参加から賞金回収までの一連の流れ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーのアカウント作成のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioでは一部スポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

JPYもBTCも入出金可

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインをはじめ仮想通貨も管理可能。エコペイズ同様に便利。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ベッティングガイド

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.