ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカーの利用は合法?安全?何歳から?気になる9のこと

ブックメーカーは合法?違法?安全?危ない?気になる9のこと

ブックメーカーやスポーツベッティングという言葉を初めて聞いたなら、ブックメーカーって安全なの?」「何が必要なの?」「何から始めたらいいの?」「そもそもブックメーカーは合法?違法?」など、いろいろ気になることがあるかと思います

このページでは、はじめる前に気になること(10年以上前、私自身も最初に気になったこと)をまとめました。同様の疑問に対する解消になれば幸いです。

1.ブックメーカーは安全ですか?

まず最初に。

100サイト近く使ってきた身として、ブックメーカーが安全かどうか?という疑問に対する答えは"いいえ"です。

それは、ブックメーカーは業界に何百社とあるため、すべてを手放しに信頼できないという意味です。

例えばネットショップに信頼できるサイトと怪しいサイトがあるように、ブックメーカーにもサイトごとの良し悪しがあります。

ブックメーカーは安全か?信頼できるか?

法律的に安全か?合法か?ということなら、その答えははい。ご安心ください。

ブックメーカーと呼ばれるウェブサイトは基本的に、政府が管轄する賭博管理委員会から特別な営業許可ライセンスを取得しないと開業できません。イギリス、マルタ、ジブラルタル、マン島、キュラソー、アンティグア・バーブーダ、フィリピン、カナワケなどの国・地域に、オンラインギャンブルの運営会社を審査する機関があり、ライセンスを持っているブックメーカーは、サイトのどこかに必ずライセンス情報が明記してあります。

ブックメーカーの認可ライセンスとは

つまり、ブックメーカーそのものは完全に法律やルールに沿って運営されています

違法産業なの?という心配はご無用。もしも違法なら、世界でこれほどオープンに楽しまれていません(笑)

ただし冒頭で述べたように、インターネット上にはライセンスを持たずに無認可で開業している"ブックメーカーのような詐欺サイト"もまれに存在します。また、複数のサイトを比べると、サイトごとにクオリティが全然違うのも業界の特徴です。

無認可は論外として、ライセンスを持っているちゃんとしたブックメーカーでも、サポートの質が悪かったり、勝ったのに賞金が支払れないなどの悪質なサイトもあります。

一方で、証券取引所に上場しているような大企業があったり、ユーザー対応が抜群に良いサイトも多数。

要するに、「安全か否か?」という疑問については、合法的に営業しているブックメーカーで、かつサービスの質の高いところでプレーするかぎり安全、というのがより具体的な答えです。(当サイトでは、私自身もユーザーとして使用して、一定の基準を満たした信頼できるブックメーカーのみ掲載しています)

お金を賭けるサイトですから、安全か?信頼できるかどうか?は一番気になるところ。まずは上記の原則を覚えておいてください。

2.賭けるのは合法ですか?違法ですか?

では次へ。

ブックメーカーそのものは各会社の所在地の法律に従って合法的にサービスを提供しています。しかし実は、インターネット上のブックメーカーを使って賭けても良いのか?賭ける行為が合法か違法か?は別の話で、プレイヤー(自分)が住んでいる国・地域の法律やルールが適用されます。

例えば、イギリスでは明確にオンラインギャンブルを許可する法律があるためプレーは合法です。ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、ベルギーそのほかヨーロッパの多くの国も合法。カナダやオーストラリアも。アメリカは従来までは一部の州のみ合法でしたが、2018年から全土解禁へ。

反対に、イスラエル、インドネシア、中国本土、中東諸国などはプレーが違法と法律で定められています。

そして、そのちょうど中間に法律がないルール未整備地域(いわゆるグレーゾーンと呼ばれるエリア)も世界中には数多くあり、オンラインギャンブルに関しては日本もそうした未整備地域に含まれます。海外で合法的に運営されているブックメーカーは現行法の範囲外(海外旅行でカジノへ行って遊んでも問題ないのと同じ)という解釈から、個々の判断においてプレーされているという状態です。

3.年齢制限はありますか?

ブックメーカーの利用年齢制限

3つ目は年齢制限について。

オンラインブックメーカーは基本的に18歳以上でないと利用できません。

年齢を偽って会員登録しても、あとから本人確認手続きを行う際に詐称が発覚してアカウントが凍結されてしまいます。

4.ブックメーカーの利用には何が必要ですか?

4つ目はプレーに必要なもので、必須は2つ。

インターネットに接続されたパソコンやスマホ

大前提として、インターネットに接続されたパソコンあるいはモバイル端末(スマートフォンやタブレットなど)が必要です。

パソコンはWindowsもMacも使えます。モバイル端末はiOSでもアンドロイドでも基本的になんでもOK。

このページを閲覧できているなら問題ありませんね。

本人確認書類

もう一つ必要なものが、本人確認書類です。

といっても大それたものではなく、有効期限内の免許証パスポート、あるいは政府発行のIDカード(住基カード)のうち、いずれか一点をご用意ください。

ブックメーカーの利用に必要な本人確認書類

ブックメーカーは賭けるためのサイトですが、銀行口座や証券口座と同じく金銭を扱っているため、アカウントが不正に使用されていないかを調べる意味で本人確認があります。

最近は確認手続きがない手軽なブックメーカーも増えてきましたが(後述)、あるサイトの方がまだ多くを占めます。

具体的な確認手続きの流れはブックメーカーごとに違いますが、どのサイトでも詳しい案内があるためとても簡単です。(おそらく、多くのプレイヤーが面倒だと感じる部分のため、手間がかからないよう工夫されています)

おおまかに説明すると、用意した証明書をスマホで撮影するかスキャナでスキャンして画像データにします。そのデータを、指定されたメールアドレス宛に添付ファイルで送るか、あるいは本人確認の手続きページでアップロードするだけ。

一般的には、「初めて出金する前」か「アカウントを作った数日内」のいずれか、求められたタイミングで一度手続きすればOK。(あとは、しばらくプレーから離れていて再開したときなど)

各ブックメーカーに共通する本人確認手順の基礎は、以下のページで解説しています。プレーの途中で困ったらお役立てください。

本人確認がないブックメーカーもあり

ウィリアムヒルやピナクルやベット365など、昔から営業している大手ブックメーカーは原則的に本人確認作業があります。

一方、10betJapan(テンベットジャパン)はクレジットカード以外で入出金するかぎり、原則的に本人確認なし。Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は高額出金など特別な事情で求められない限り、本人確認不要でずっと楽しめます。

5.どうやって入金・出金しますか?

ブックメーカーの入出金手段一覧

5番目は資金のやりとりについて。

ブックメーカーは世界中からプレイヤーの参加を受け付ているため、国ごとにさまざまな手段を用意しています。クレジットカード・デビットカード各種、E-wallet(イーウォレット=ネット口座)各種、バーチャルカード、銀行送金などがあり、住んでいる地域によって最適な手段は異なります。

ブックメーカーごとに対応している手段が違うため、これさえあればOK!とは一概に言えない状況ではありますが、日本人プレイヤーであればEcopayz(エコペイズ)は必須です。

エコペイズ(ecopayz)の使い方

日本語ブックメーカーは基本的にエコペイズに対応していて、この図のように複数のブックメーカーとの入出金を一括管理できます。

もう1つ、Sticpay(スティックペイ)というネット口座も便利。

ただし、先に必ずこれらのネット口座を用意しないといけないわけではありません。クレジットカードで直接入金できるブックメーカーなら、資金を回収するタイミングでエコペイズを作っても問題なしです。

あるいはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨対応サイトなら、エコペイズもスティックペイも使うことなく「取引所から直送してプレーして取引所で回収」ということも可能です。(Sportsbet.ioや10betJapanはカードも仮想通貨も対応)

6.英語が苦手だけれど大丈夫?

ブックメーカー日本語サポート

6つ目は言語のこと。

ブックメーカーは海外文化・海外サービスではありますが、近年はウィリアムヒルや10ベット、ピナクル、スポーツベットアイオーなど、サイトの表示言語が日本語で、サポートへの連絡も日本語が使える完全日本語対応ブックメーカーが増えてきました。

よって、もはや英語が苦手でもまったく問題なくプレーできるようになっています。

もともとも英語のサイトを日本語訳しているため、ときどき表現に違和感を感じることも実際にはあるのですが、年々改善しています。(数年前とは比べものにならないほど)

もちろん、英語に慣れているほうが全体的にプラスなのは間違いありません。ですが、アカウント作成・入金・賭ける・出金という基本的な部分にはもはや言語の壁はなし。ノーストレスで楽しめるほど日本語化が進んでいます。

「英語に苦手意識があって、ブックメーカーやろうかどうしような迷っている」という時代は終わりました。

7.何から始めればよい?準備とプレーの流れ

スポーツベッティング開始の流れ

さて、7番目はプレーのもう少し具体的な部分です。

この図はブックメーカーを利用する際のおおまかな手順を示しています。大きくは登録、入金、プレー、出金の4つのステップに分かれていて、最初はプレーの準備から。

1. 会員登録

2. 入金(必要に応じて入出金手段の用意)

最初にいくつかブックメーカーを選んでアカウントを作成しましょう。もちろん無料。登録ページが簡単なブックメーカーでは、アカウント作成完了まで30秒もかかりません。

そのあと、必要に応じてネット口座など入出金手段を用意し、資金を入れます。

もしもクレジットカードや仮想通貨でブックメーカーに直接資金を投入するなら、2の入金手段の用意は不要もしくはあとからでOK。

ブックメーカーに資金が入金できましたら、好きなスポーツ・好きな試合・好きなオッズに賭けてお楽しみ下さい。

最後はプレー後に資金を回収するわけですが、クレジットカードで入金したなら、このタイミングでエコペイズなど回収手段を用意します。(仮想通貨はどこでも引き出し可能です)

3. プレー

4. 出金

より詳しくは下記のページにてご確認ください。

8.どのブックメーカーを使えば良いですか?

8番目はブックメーカーの選び方について。

どのブックメーカーを使うかは自分次第です。ただ、国や地域ごとにブックメーカー側による利用規制があり、大前提として「その国からの会員登録を受け付けているブックメーカー」を選ばなければなりません。

まったくのゼロからのスタートであれば、当サイトに掲載している日本語対応のブックメーカーからの利用をオススメします。

なかでもウィリアムヒルは、業界の老舗ブランドであり、日本語対応、オッズが豊富で「スポーツベッティングとはどのようなものか」を知るのに最適。ピナクルは日本語対応、業界で最もオッズが良く、稼ぐことを目的とするプロフェッショナルが最も利用するブックメーカーです。

テンベット・ジャパンスポーツベットアイオーは24時間日本語サポートで安心、さらに日本関連のプロモーションも豊富で楽しめます。

もしもお完全にゼロからのスタートなら、この2社のサイトは必須。特にスポーツベットアイオーが総合面でベストです。(登録は30秒、本人確認なし、日本語対応、クレジットカード、仮想通貨対応で即入金OK)

9.稼げますか?

最後の9番目に、重要なポイントを。

どの程度を「稼げる」とするのかは一人ひとりの感覚によるところです。

スポーツベッティングをする目的が、単なる趣味や、または好きなチームや選手に応援として賭けているプレイヤーも含めると、当然ながら誰もがいつも勝っているわけではありません。(例えば弱小チームばかり賭けていれば、時々の番狂わせ以外はたいてい負ける)

ですが、少しでも稼ぐことを目的として情報収集したり賭け方に工夫するなら、予算にもよりますが数百ドル(数万円)や数千ドル(数十万円)単位の利益は決して難しくはありません。また、業界には生計を立てられるほどの収益を得ているプロプレイヤーがいることも事実です。

ポイントは、利益追求型のスポーツベッティングに取り組む場合、賭けるスポーツは絞ってください。そして賭けるチームや選手、賭けるオッズも厳選を。情報を集めながら続けていけば、これだけで勝率はグッと上がります。

ブックメーカーの利用にあたって気になる9のことまとめ

いかがでしたか?ブックメーカーの利用前で、気になることは解決できましたか?

私がはじめた10数年前、最初に気になったことや不安だったこと、そしてこの10数年のあいだでの業界の変化などを交えながら、ポイントを絞ってまとめました。

安全かどうかは、信頼できるサイトでプレーするかぎりまったく気になりません。法律は、国ごとの事情を踏まえつつ遊ぶというのが世界共通どこでも同じです。年齢は18歳以上。必要なものはスマホかPCと、一応本人確認書類。なくてもプレーできるブックメーカーもあります。

具体的なプレーの開始にあたっては、会員登録や入出金手段の用意など、いくつかの準備があります。文字で読むと面倒な印象を受けますが、実際のところひとつひとつの手続きはとても簡単です。(むしろ私がはじめた頃に比べてケタ違いに簡単になりました)

結局、はじめてしまえばこれらの疑問はなんだったのか?と思うほど、安心してプレーできることを実感できると思います。あきらかに胡散臭い雰囲気のただようサイトにアグレッシブに飛び込まないかぎり、ちゃんと勝った賞金も回収できます。

ブックメーカーの会員登録方法、入出金、賭け方などプレーに必要な知識はすべて当サイト内で解説していますので、プレーを楽しむ参考としていつでもお役立てください。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ブックメーカーでスポーツに賭けることをスポーツベッティングと言います。プレーは「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップ。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けの6つの重要ポイント
プレーのやり方ガイド
これさえ理解すればプレーは簡単!参加から賞金回収までの一連の流れ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

JPYもBTCも入出金可

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインをはじめ仮想通貨も管理可能。エコペイズ同様に便利。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.