ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカーの利用は何歳以上?合法?安全?気になる9のこと

更新日:

ブックメーカーやスポーツベッティングという言葉を初めて聞いたなら、ブックメーカーって安全なの?」「何が必要なの?」「何から始めたらいいの?」と、いろいろ気になることがあるかと思います。このページでは、はじめる前に気になること(10年以上前、管理人自身もはじめるにあたって気になったこと)をまとめました。同様の疑問に対する解消になれば幸いです。

1.ブックメーカーは安全ですか?

ブックメーカーが"安全か"どうか?という疑問に対する答えは"いいえ"です。それは、ブックメーカーは業界に何百社とあるので、すべてを手放しに信頼できないという意味です。例えばネットショップに使いやすいサイトと怪しいサイトがあるように、ブックメーカーにもサイトごとの良し悪しがあります。

ブックメーカーは安全か?信頼できるか?

法律的に安全か?合法か?ということなら、その点は心配ありません。基本的に、ブックメーカーは政府が管轄する賭博管理委員会の審査を経て、営業許可ライセンスを取得しないと開業できないため、完全に法律やルールに沿って運営されています。(ただし、インターネット上にはライセンスを持たない無認可の"ブックメーカーのような詐欺サイト"も稀に存在するため、疑わしいサイトには手を出さないようご注意下さい)

要するに、認可されたサービスの質の高いブックメーカーでは安心してスポーツベッティングを楽しめます。(当サイトでは信頼できるブックメーカーのみ掲載しています)

2.賭けるのは合法ですか?違法ですか?

上記のとおり、ブックメーカーそのものは合法的にサービスを提供しています。しかし、インターネット上のブックメーカーを使って賭けることが合法か違法かは別の話で、プレイヤー(あなた)が住んでいる国・地域の法律やルールが適用されます。日本を含めオンラインギャンブルに対する明確な法律がない地域では、自己責任においてプレーすることが大前提となります

3.年齢制限はありますか?

ブックメーカーの利用年齢制限

オンラインブックメーカーは基本的に18歳以上でないと利用できません。アカウント作成時に年齢を偽って登録しても、あとで本人確認を行うときに詐称が発覚してアカウントが凍結されてしまいます。

4.ブックメーカーの利用には何が必要ですか?

賭けるための資金のほかに、以下の2つのものをご用意下さい。

インターネットに接続されたパソコンやスマホ

大前提として、インターネットに接続されたパソコンあるいはモバイル端末(スマートフォンやタブレットなど)が必要です。パソコンはWindowsもMacも使えます。モバイル端末はさまざまな機種が対応しています。

本人確認書類

ブックメーカーでは、利用中にいくつかのタイミングで本人確認手続きがあります。そのため、免許証、パスポート、あるいは政府発行のIDカードなどのうち、いずれか一点が必要となります

ブックメーカーの利用に必要な本人確認書類

ブックメーカーは賭けるためのサイト(アカウント)ですが、銀行口座や証券口座と同じく金銭を扱っているため、アカウントが不正に使用されていないかを調べる意味で本人確認があります。

具体的な手続きはブックメーカーごとに異なりますが、どこでも非常に簡単です。おおまかに説明すると、用意した証明書をスマホで撮影するかスキャナでスキャンして画像データにします。そのデータを指定されたメールアドレス宛に添付ファイルで送るか、あるいは本人確認の手続きページでアップロードするだけ。一般的には、「初めて出金するとき」か「アカウントを作った数日内」のいずれか、求められたタイミングで一度手続きすれば完了です。

関連:ブックメーカー本人確認方法|対応書類や送り方など詳細解説

例外的に、大手サイトのなかで10betJapanはクレジットカードによる入出金を行う場合以外は本人確認がありません。仮想通貨専用のSportsbet.ioも原則的に本人確認不要です。

5.どうやって入金・出金しますか?

ブックメーカーの入出金手段一覧

ブックメーカーは世界中からプレイヤーの参加を受付ているため、さまざまな手段を用意しています。クレジットカード・デビットカード各種、E-wallet(イーウォレット=ネット口座)各種、バーチャルカード、銀行送金などがあり、地域によって最適な手段は異なります。

ブックメーカーのサイトはいくつ使っても構わない(むしろ複数のサイトを使ったほうがオッズ選びや賞金分散などの理由で有利)ので、資金をまとめて管理できるネット口座やバーチャルカードのサービスを使って入出金するのが一般的です。ただ、使えるサービスは国や地域ごとに違うため、最適なものを選ぶ必要があります。当サイトではEcopayz(エコペイズ)Sticpay(スティックペイ)など、いくつかの使いやすい手段について解説しているので、参考にご覧下さい。(どのサービスを使うにせよ、慣れてしまえば入出金は簡単です)

エコペイズの口座開設・入金〜出金まで使い方の総まとめ

スティックペイの使い方ガイド-ブックメーカーとの入出金利用時の要点

6.英語が苦手だけれど大丈夫?

ブックメーカー日本語サポート

近年はウィリアムヒルやピナクル、ベットビクターをはじめ、日本語対応(サイトの表示が日本語・サポートへの連絡も日本語OK)のブックメーカーが増えてきているため、英語が苦手でもまったく問題なくプレーできるようになってきました。もちろん、英語慣れしているほうが良いことは事実ですが、アカウント作成・入金・賭ける・出金という基本的な部分は英語が堪能でなくても十分に可能です。

7.何から始めればよい?準備とプレーの流れ

スポーツベッティング開始の流れ

この図はブックメーカーを利用する際のおおまかな手順を示しています。まずはじめに、2つの準備があります。

  • 準備1. ブックメーカーのアカウント作成
  • 準備2. (必要に応じて)入出金手段の用意

最初にいくつかブックメーカーを選んでアカウントを作成しましょう。もちろん無料です。作業は1社あたり5分程度で完了します。(慣れると2社目以降は2~3分) そのあと、必要に応じてネット口座やバーチャルカードなど、入出金に必要なサービスを用意します。

準備できましたら、次は資金の移動です。

  • 手元のお金を、ネット口座へ送る
  • ネット口座からブックメーカーへ入金

スポーツベッティングに使いたい資金を、ネット口座やバーチャルカードへ送ります。お手持ちのクレジット/デビットカード、または銀行送金などで資金を送り、自分のアカウントに入金されたら、その資金をブックメーカーに入金します。(金額は全部でも一部でも自由)

「クレジット/デビットカード→ネット口座やバーチャルカード→ブックメーカー」という流れなら、数分の作業で自分のブックメーカーに資金が入ります。これで準備完了です。好きなスポーツ、好きな試合、好きなオッズに賭けてお楽しみ下さい。プレー後、資金を引き出したいときは以下のような流れとなります。

  • ブックメーカーからネット口座へ出金
  • ネット口座から手元へ引き出し

ブックメーカーのアカウント内で出金手続きをすると、処理時間を経てネット口座に返ってきます。ネット口座から手元へは、サービスによっては専用のカードでATMから出金するか、銀行送金で自分の口座へ資金を引き上げることも可能です。

8.どのブックメーカーを使えば良いですか?

どのブックメーカーを使うかはあなた次第です。ただし、国や地域ごとに設定されたブックメーカー側による利用規制によって使えないこともあるので、大前提として「使えるブックメーカー」を選ばなければなりません。(そのような制限がある場合、サイトへアクセスできないかアカウントが作れない。サイトが閲覧できて登録できるなら利用可)

まったくのゼロからのスタートであれば、当サイトに掲載している日本語対応のブックメーカーからの利用をオススメします。中でもウィリアムヒルは、業界の老舗ブランドであり、日本語対応、オッズが豊富で「スポーツベッティングとはどのようなものか」を知るのに最適。ピナクルは日本語対応、業界で最もオッズが良く、稼ぐことを目的とするプロフェッショナルが最も利用するブックメーカーです。テンベット・ジャパンベットビクターなども日本語サポートがしっかりしていて、さらに日本関連のプロモーションも豊富で楽しめます。

関連:WilliamHillとPinnacleの登録方法をまとめて解説【実例】

9.稼げますか?

どの程度を「稼げる」とするのかは一人ひとりの感覚によるところです。スポーツベッティングをする目的が、単なる趣味や、または好きなチームや選手に応援として賭けているプレイヤーも含めると、当然ながら誰もがいつも勝っているわけではありません。(例えば弱小チームばかり賭けていれば、時々の番狂わせ以外はたいてい負ける)

ですが、少しでも稼ぐことを目的として情報収集したり賭け方に工夫するなら、数百ドルや数千ドル単位の利益は決して難しくはないでしょう(個人的な感覚ではありますが)。また、業界には本業として生計を立てられるほどの収益を得ているプロプレイヤーがいることも事実です。

ひとつポイントを挙げるなら、利益追求型のスポーツベッティングに取り組む場合、賭けるスポーツは絞ってください。そして賭けるチームや選手、賭けるオッズさえ絞り、情報を集めながら続けていけば、これだけで勝率はグッと上がります。

まとめ

最初はブックメーカーのアカウント作成や入出金手段の用意、資金の移動などいくつかの準備があります。文字でみると面倒な印象ですが、ひとつひとつの手続きはとても簡単。実際にはじめてしまえば「これらの疑問はなんだったのか?」と思うほど安心してプレーできることを体感できるのですが、まったくの未経験だと、安全か?法律的に大丈夫か?どうやってプレーするのかなど?少なからず何らかの不安はあるかと思います。

このページがその解消に、そして他のページでもいろいろ解説しているのでスポーツベッティング開始にあたっての参考となれば幸いです。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。(現在、当サイト特別特典あり

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.