どこが私に最適!?日本語ブックメーカー各社の目的別比較/利用ガイド | LOB   お問い合わせ | サイトマップ
ブックメーカー各社の情報 / スポーツベッティングの始め方~各種スポーツの賭け方
最新スポーツオッズ情報 / プロ監修の戦略や稼ぎ方のヒントなどを解説しています
 

どこが私に最適!?日本語ブックメーカー各社の目的別比較/利用ガイド

投稿日:2018.5.18 |
ブックメーカー目的別比較

ブックメーカーを目的に合わせて使い分けていますか?

インターネットを通じてスポーツに賭けること-オンラインスポーツベッティングは世界中でひとつの文化として普及していて、その賭けを受ける側である「ブックメーカー」のサイトはネット上に無数にあります。

ブックメーカー達はそれぞれ運営者が異なるので、例えばネットショップと同じように「質も中身も千差万別」です。あるサイトはいまだにスマホ対応していなくて使い勝手が最悪だったり、またとあるサイトはサポートの質が低かったりする一方で、別のあるサイトは日本人のサポートスタッフが常駐していて対応が抜群に良かったり、さらに「この試合に賭けるとボーナスがあります」というプロモーションがあったり、「当サイトユーザーは生中継が視聴できます」など、特典や機能にもかなりの違いがあります。

ブックメーカーを利用する時の基本的な考え方は、一つのサイトにこだわらずに複数のサイトで登録してアカウントを用意しておき、目的に合わせて使うサイトを選ぶこと。

例えば、「このサイトは応援賭け専用」「ここは本気で賭ける投資用」「ここは生中継を観ながらライブで戦略的に賭けるため」など。また、他のページでも解説していますが、複数のサイトを利用した方がスポーツベッティングで長期的に稼いでいく上でもメリットがあります。

このページではいくつかのブックメーカーを目的別・特徴別で分けてリスト化しているので、利用するサイト選びの参考としてお役立てください。

ブックメーカー選びのポイント

ブックメーカーのサイトは「サイトの使いやすさ、入出金の迅速さ、サポート体制の良し悪し」など基本的なサービスの質、「対象スポーツ、オッズの種類、倍率の差」などの賭けの主要な部分、そして「生中継、キャッシュアウト、統計データ」などオプション機能面の違い、「ボーナスやプロモーション」などの特典、この4つの面で分けることができます。

サイトの判断材料(の例)

・サイトの使い勝手
・入出金対応
・サポート体制
・賭け方の多彩さ
・生中継やキャッシュアウト
・ボーナスプロモ

など

これらのバランスを求めるのか、特徴を重視するのかはプレイヤー次第。サイトの使いやすさについては個人差もありますし、よほど悪い場合を除けば正直なところどのサイトも使っているうちに慣れるので、それほど重要ではないと思います。

しかし、入出金が安全でスムーズであること、サポートがしっかりしているという点は外せません。そこで、このページでは管理人も実際に入出金を繰り返して普段から利用しているブックメーカーの中から、日本語対応のもの(サイト上の表記が日本語、そしてサポートにも日本人または日本語が使えるスタッフがいる)に絞って比較&整理し、目的に合わせて分類しました。

ブックメーカー目的別分類表

バランスが良くメインに William Hill, 10bet Japan
プロ仕様 Pinnacle
プロモが特殊 SpinpalaceSports, William Hill
スポーツ中継が観られる 1xbet, Sportsbet.io, William Hill*
クレカ入金可(しやすい) 10bet Japan, Sportsbet.io
仮想通貨で入出金可 Sportsbet.io, 10bet Japan, Pinnacle, 1xbet
STICPAY対応 10bet Japan, 1xbet, Sportsbet.io*
ビットコインを稼ぐ Sportsbet.io
原則本人確認なし Sportsbet.io, 10bet Japan*

この分類のなかで、いくつかのポイントについては以下の補足解説をご覧ください。(解説の下のロゴ画像をクリックすると、それぞれの解説ページへ移動します)

バランス良し – メインで使えるブックメーカー

バランスが良いブックメーカー

何を持ってバランスが良いとするかは難しいところですが、サイトが使いやすく、入出金がスムーズで、新規のボーナスもあり、賭けの種類が豊富で、キャッシュアウト機能あり、などひととおり揃っているということからWilliam Hill(ウィリアムヒル)10betJapan(テンベットジャパン)を挙げました。

特にウィリアムヒルは業界の老舗ブランド(1934年創業)で、安心感はNo.1。他社に比べて変わった賭け方(イギリス王室の赤ちゃんの名前予想など時事・芸能系の賭け)や、各種スポーツの特別なオッズ(サッカーなら監督解任予想、テニスならある選手が連勝中に何連勝するか?など)を用意することも多く、スポーツギャンブルのおもしろさを味わうには最適。

また競馬のオッズも積極的に出しているため、日本馬が出る国際レースに賭けるユーザーにも人気です。

そして、テンベットジャパンは日本人ユーザー向けのかなり使いやすいサイトです。入出金手段が多く、24時間日本語のライブチャットサポート対応で安心して楽しめます。

解説ページ

William Hill 10betjapan

解説ページ

William Hill

10betjapan

稼ぐために必要なブックメーカー

プロベッター用ブックメーカー

「稼ぐことを目的」としてスポーツベッティングに取り組むならPinnacle(ピナクル)は欠かせません。業界で唯一「プロ歓迎」を公言しているブックメーカーで、賭け方の種類はウィリアムヒルや10betJapanに比べると限られるのですが、一方で平均して他社よりオッズが高く、同じタイプのオッズに賭けるなら、ピナクルで賭けて当たった方が賞金が多くなります。

あと、どれだけ勝っても賭け金上限を制限されないのも魅力的。

このような特徴から、日本円にして月間百万単位で稼ぐようなプロプレイヤー、数十万単位の利益を得ているセミプロから最も評価されています。

他のブックメーカーに比べてシンプルなサイトで、使いやすいのも魅力。遊びとして色々な賭けを楽しむというより、「しっかり予想を立てて賭ける」という玄人的な利用の方が適しています。

解説ページ

Pinnacle

プロモが楽しめるブックメーカー

プロモやボーナス豊富なブックメーカー

ブックメーカー各社はそれぞれ、新しいプレイヤー向けに「登録してくれたらボーナスあげます」や「入金したら100ドルのボーナス支給」などの特典を付けたり、既存のプレイヤーにも「今日の試合に賭けて負けても返金!」など、色々なプロモーションを用意しています。

このような企画は業界的には普通の話なのですが、SpinpalaceSports(スピンパレススポーツ)では他社とは一風異なるプロモーションが。不定期に「豪華賞品またはアマゾンギフト券が抽選で当たる」ような、サイトとは関係がない(?)企画が開催されます。

そしてもう一社、William Hill(ウィリアムヒル)はJリーグ、プロ野球など日本のスポーツ、ワールドカップやオリンピックなど大きな大会に対して特別なボーナスがもらえるプロモーションが積極的。また月間の平均賭け金がある一定を超えるとVIP扱いとなり、サッカー観戦やカジノ旅行の招待などもあります。(これがメインで利用したい理由でもあります)

このようなプロモだけが先行してサイト自体が使えないなら話になりませんが、どちらも十分に良いサイト。(なお、スピンパレスのプロモは参加資格が当サイトで登録したプレイヤー限定の場合もありますので、その場合は告知致します)

解説ページ

Spinpalace Sports Williamhill

解説ページ

Spinpalace Sports

Williamhill

入出金関連での比較

ブックメーカーを使ってスポーツベッティングを楽しむためには、プレー資金を入金できないと始まりません。また、獲得した利益をちゃんと出金できることも大前提。

カードで入金できる(しやすい)ブックメーカー

クレジットカードで入金しやすいブックメーカー

VISA、マスターカードなどのクレジット/デビットカードは一番手軽な入金方法です。エコペイズやスティックペイなどのネット口座を仲介して入金する場合は、先にこれらの口座を用意しないといけません。しかし、いますでに持っているカードを使うならその事前準備は必要なし。会員登録してサッと入金し、即プレーを開始できます。このスピード感が魅力。

ただし、カードの発行会社側で「ギャンブルサイトへの使用禁止」という制限があったり、ブックメーカーの入金処理システム側で「このカードは利用不可」と弾かれるなどの事情から、すべてのカードがすべてのサイトで使えるわけではないということは覚えておいてください(使えなかった場合は別のカードを試す)。

基本的にすべてのブックメーカーがカード入金に対応しています。ただ、システムメンテナンスなどで一時的に使えないことも。(複数のサイトを使うのは、そのように入金できない時の予備のためでもあります)

10betJapan(テンベットジャパン)はVISA/マスターカード/JCB、William HIll(ウィリアムヒル)Pinnacle(ピナクル)はVISA/マスターカード/ダイナース、SportspalaceSports(スピンパレススポーツ)はVISA/マスターカード対応です。

そして、ビットコイン専用のSportsbet.io(スポーツベットアイオー)もVISA/マスターカードを使って直接入金できるようになりました(詳細:SportsbetioにクレジットカードでBTC購入&入金する手順解説)

解説ページ

10bet Japan Sportsbet.io

カード入金できるサイトのうち、この2社は入金だけでなく会員登録も簡単なのでここに載せています。

解説ページ

10bet Japan

Sportsbet.io 

カード入金できるサイトのうち、この2社は入金だけでなく会員登録も簡単なのでここに載せています。

ビットコインで入金できるブックメーカー

ビットコインで入金できるブックメーカー

最近はビットコインで入出金できるサイトがポツポツと増えてきています。

当サイト掲載の日本語ブックメーカーでは、1xbet(ワンバイベット)、プロ歓迎のPinnacle(ピナクル)、使いやすい10betJapan(テンベットジャパン)、そしてSportsbet.io(スポーツベットアイオー)などがあります。

ブックメーカー選びの基準として、冒頭で「入出金しやすいかどうか」ということにも触れましたが、仮想通貨の扱いに慣れているならこれらのサイトとの資金のやりとりはとても簡単。使いやすいサイトとして重宝します。ピナクルはbitpay(ビットペイ)というウォレットからのみ入出金できますが、そのほかのサイトはビットフライヤーやコインチェック、バイナンスなどの取引所から直接BTCを送付してプレーすることもできます。出金も取引所やウォレットへの引き出しなど自由自在。

解説ページ

Sportsbet.io 10betjapan Pinnacle 1xbet

解説ページ

Sportsbet.io

10bet Japan

Pinnacle

1xbet

スティックペイ(STICPAY)が使えるブックメーカー

2018年に入って、新しくスティックペイ(Sticpay)というネット口座がブックメーカーとの入出金手段として注目され始めました。(詳細:STICPAY(スティックペイ)の使い方ガイド-ブックメーカー利用時の要点と口座開設手順) 

ATMから資金を引き出せるカードがある便利なネット口座で、一気に利用者が増えています。入出金に使えるサイトは10betJapan(テンベットジャパン)1xbet(ワンバイベット)。また、スティックペイはビットコインでも入金できるため、ビットコイン対応のSportsbet.io(スポーツベットアイオー)の出金先にも使えます。さらにSportsbet.ioはビットコインだけでなく日本円でも賭けられるようになっていて、日本円ウォレットに対しては入出金でスティックペイが使えます。

解説ページ

10betjapan Sportsbet.io 1xbet

解説ページ

10bet Japan

1xbet

Sportsbet.io

ビットコインを稼げるブックメーカー

ビットコインを稼げるブックメーカー

上で挙げたビットコインで入出金できるサイトのうち、ピナクル、1xbetはビットコインで入金しても、サイト上では法定通貨(米ドルやユーロ)単位で賭けてプレーします。

一方、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、ビットコインを入金し、ビットコインを直接スポーツに賭け、勝てば賞金はビットコイン払い。よって、Sportsbet.ioを使えばスポーツベッティングでビットコインを稼ぐことができます。(さらに現在はイーサリアム入出金にも対応しており、ETHを賭けて得ることもできます)

入金と出金のタイミングによっては価格の上昇によるキャピタルゲインも狙えるため、すでに仮想通貨を保持しているユーザー、あるいはこれから少額でも持っておきたいユーザーにも使えるサイトです。

解説ページ

Sportsbet.io 

スポーツの生中継が観られるブックメーカー

生中継が視聴できるブックメーカー

スポーツベッティングで一番楽しいのは、試合中に用意される賭け(ライブインプレーベット)なのですが、そこに「試合を観戦しながら」という要素が加わると一層おもしろくなります。スタジアムに行って生で観ながらスマホでオッズを確認して賭けたり、またはスポーツバーのTVモニターで観ながら賭けたり。

ですが、外出しなくても同じことができます。ブックメーカーによってはサイト上で生中継(ライブストリーミング)を用意していて、その画面上で試合を観ながら賭けられます。多くのサイトがそのようなサービスを提供していて、日本語対応ブックメーカーでは1xbet(ワンバイベット)Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)WilliamHill(ウィリアムヒル)など。

ただし、最後のウィリアムヒルはイギリスをはじめいくつかの地域のみが対象で、日本では観ることができません。(日本で会員登録した方でも、海外でログインすれば視聴可能)、1xbet、Sportsbet.ioはそのような制限がゆるく、日本を含む多くの地域に中継配信サービスを行なっています。

放送の見方は簡単、1xbetの条件は会員登録のみ。Sportsbet.ioは、登録して最低額以上の資金を入れておくとずっと見放題。1xbet、Sportsbet.io、William Hillいずれもパソコン、スマホのどちらからでも視聴できます。

視聴できるスポーツはサッカー、テニス、バスケットボール、野球、バレーボール、卓球、アイスホッケー、ラグビー、クリケット、スヌーカー、ダーツ、eスポーツ(ゲームの試合)などなど。これらスポーツの中のどのリーグ、大会、試合が配信対象となっているかはサイトごとに、またシーズンによっても違います。一般的なテレビ局や有料放送では取り扱っていないようなスポーツ・試合などが実質タダで観戦できるため、スポーツファンならこれらのサイトに登録しておくだけでも価値があります

解説ページ

1xbet Sportsbet.io William Hill

解説ページ

1xbet

Sportsbet.io

William Hill

本人確認なしで手軽にプレーできるブックメーカー

原則的に本人確認不要のブックメーカー

ネット上のブックメーカーサイトを利用するときは、一般的にはどこかのタイミングで本人確認(年齢確認)として免許証やパスポートなどの写真データの提出を求められます(たいていは初めて出金する前)。

これは、マネーロンダリング(資金洗浄)のような犯罪に絡んだ利用の防止目的と、本人が出金申請しているのかを確認する意味もあります。方法はすべてサイト上に説明があるので簡単な作業ではありますが、ひと手間かかるのは否めません。

しかし、なかには原則的にそのような手続きが不要なサイトも。それがSportsbet.io(スポーツベットアイオー)10betJapan(テンベットジャパン)です。

ただし”原則的に”と前置きしたように、10betJapanではカードで入金すると確認があります。また、疑わしき挙動(例えば突然に全く違う国からアクセスがあったり、あまりに高額な出金申請があるなど)の場合も確認があります。Sportsbet.ioではよほど大きな出金をする以外は求められることはありません。

本人確認手続きそのものはあっても無くても大して変わりませんが、「より気軽に」ということを重視するなら、これらのサイトが最適です。

解説ページ

Sportsbet.io 10betjapan

解説ページ

Sportsbet.io 

10betjapan

プレーの基本は併用&目的に合わせて使い分ける

いかがでしょうか?ブックメーカーのサイトはそれぞれに違った特徴や機能を持っていることがご理解いただけたかと思います。

「バランスが良い」「プロモが特殊」などは主観的で曖昧な部分もありますが、「生中継がある」「ビットコインでも入出金できる」など機能面での違いはサイト選びの大きな基準になると思います。ただ、冒頭でも触れたようにブックメーカーを利用する時は「一つのサイトにこだわらず、複数を併用する&使い分ける」という考えが重要です。

好きなスポーツや好きな選手の賭けがありさえすれば一つのブックメーカーだけでも十分に満足できますが、賭ける相手(サイト)は私たちプレイヤーがいつでも自由に選べるので、「このサイトだけで勝負し続けねば!」とこだわる必要はありません。

バランス良し

William Hill

10bet Japan

収益重視・プロ仕様

Pinnacle

プロモが特殊

Spinpalace Sports

William Hill

生中継視聴可

1xbet

Sportsbet.io

William Hill
(日本では視聴不可。日本で登録しても、国外の許可地域では視聴可)

クレカ入金可(しやすい)

10bet Japan

Sportsbet.io
(カードでビットコインが購入できる)

ビットコインで入出金可

Sportsbet.io

10bet Japan

Pinnacle

1xbet

スティックペイ対応

10bet Japan

1xbet

Sportsbet.io

BTCを賭けられる

Sportsbet.io

原則本人確認不要

Sportsbet.io
(基本的になし)

10bet Japan
(クレジットカード利用時は確認あり)

管理人は「メインに10betJapanとウィリアムヒル」「優勝予想系や特殊な賭けはウィリアムヒルを中心に」「サッカーのアジアンハンデに賭けるときは基本的にピナクル」「1xbetは生中継を観ながら遊びで」「ビットコインを得るためにSportsbet.io(ついでに生中継も観るために)」など、状況に合わせて使い分けています。(入出金のしやすさから最近はSportsbet.ioを使う頻度は増えてきています) もちろんその他のサイトもすべてアカウントを持っているので、賭け方やオッズによっても使用サイトを変えます。

すでに利用しているサイトがあればサブサイト探しに、これから始めるなら2~3ピックアップして使い分けながらお楽しみください。

 

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

ステップごとの解説

1.ブックメーカーで会員登録(アカウント作成)する際の基本
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーへの入金方法を具体的に解説
ブックメーカーで作ったアカウントに入金する流れやポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方|スポーツベッティングの4つの具体的ステップ
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.勝って稼いだ賞金をブックメーカーのアカウントから出金する手順
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法について

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説を見る際はスポーツベッティング入門ページをご覧下さい。

必須の優良日本語ブックメーカー4社

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メインにもサブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Ecopayz Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

スポーツファン利用必須!の生中継サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC ETH 銀行振込 Ecopayz

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

必ず持っておきたい"ブランド"サイト

ウィリアムヒル

創業1934年の業界のブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭けの種類が圧倒的に豊富で、「スポーツベッティングを知り、楽しむ」上で欠かせません。他がメインでも併用必須。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロプレイヤー評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金に使う2つのネット口座

ブックメーカーとの入出金にはさまざまな方法がありますが、下記の2つは日本人プレイヤーが必ず用意しておきたいネット口座です。どちらも詳細ページで利用法を解説しています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの詳しい解説

スティックペイ

ATMで資金を引き出せるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.io(日本円ウォレット)の入出金に使えるネット口座。専用のプリペイドカードで世界中のATMから資金を引き出せます。今後利用範囲が増えそうなので、エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

直近でよくお読みいただいている解説ページ

ブックメーカーの賭け方(基本パターン17種)の解説
ブックメーカー利用時に知っておきたいメインの賭け方まとめ
STICPAY(スティックペイ)口座の使い方ガイド
ATMで出金できるカードが嬉しい最新ネット口座の利用法
ブックメーカー投資とは何か?勝つために重要なこと
巷で話題のブックメーカー投資とは?そしてスポーツベッティングを投資化する為の本質的理解
Scroll Up