ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

ベッティングガイド

ブックメーカーのテニスオッズの種類と賭け方解説|テニスベッティング総合ガイド

ブックメーカーテニス賭け方・テニスオッズの詳細解説

ブックメーカーではテニスにも賭けることができます。

「紳士のスポーツ」と形容されるテニスと、金と熱狂が入り混じるギャンブル。一見まるで水と油のような関係に思えますが、むしろ実は相性抜群です。ブックメーカーのテニスの賭けは他のスポーツベット以上にエキサイティングな一面を持っています。

このページでは、そんなブックメーカーのテニスベッティング全般の知識(賭けの対象・賭けられるオッズの種類、特殊な賭け方など)を網羅しました。

「賭けの対象」としてのテニスを知ることで、これまで以上に奥深く楽しめるようになるかもしれません。

もともとテニスが好きで賭けに興味を持った方、他のスポーツでブックメーカーの賭けをはじめて、最近テニスも気になってきたという方も、プレーにあたっての参考にご覧ください!

このページの内容

ブックメーカーのテニスベッティングの概要

テニスベッティング解説

ブックメーカー各社がインターネット上で営業を始める前、テニスがいつから賭けの対象になっていたか?という記録は残されていません。

しかし、少なくともオンライン化が始まった当初(1990年代後半〜2000年頃)にはすでにサッカーバスケットボール等と共にブックメーカーのサイト上にオッズが並んでいました。

テニスは、世界のファン人口でトップ5に入る人気スポーツであり、個人競技のなかでは最も注目されるスポーツです。つまり、ブックメーカーにおける「賭けの対象」としても個人競技で最大のマーケット規模を誇ります。

チーム競技と違って、選手個々の実力、肉体・メンタル両面のコンディション、相性などが結果に影響しやすく、試合の流れの変化がはっきりと感じれられます。それらを汲み取って予想を立てていくのがテニスベッティングのおもしろさ。

全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンのいわゆる四大大会(グランドスラム)の優勝オッズは、出場見込みの高いトップランカーのオッズが通年(1年近く前から)出ていますし、プロツアーの全大会・全試合に賭けることができます。

昔から好きな人は十分にご存知かと思いますが、テニスは、試合が「ポイント」「ゲーム」「セット」の階層構造になっています。

・4ポイント先取で1ゲーム
・6ゲーム先取で1セット
・2セットまたは3セット先取で勝利
(4大大会の男子のみ3セット先取)

ざっくり言えばこのような形で競技が進行していくため、その各段階における結果に賭けることができます(具体的には後述)

インターネットでテニス生中継を視聴する方法(無料)

さらに、テニスの試合の生中継を配信しているブックメーカーもあり、スマホから屋外での視聴にも便利。四大大会はもちろん、有料チャンネルでさえ配信していないような下位カテゴリの大会も視聴できるため、この一点のみを切り取ってもブックメーカーのサイトはテニスファンの味方です。

ブックメーカーで賭けられるテニスの大会

それでは、ここからはより具体的にテニスベッティングの世界をご確認ください。

まずは賭けられる大会についてご説明します。

四大大会

全豪オープン(1月)、全仏オープン(5月)、ウィンブルドン(6月)、全米オープン(8月)の、男子シングルス、女子シングルス、ダブルス

ATPツアー・WTAツアー

1月〜11月までプロ選手達が転戦する、ATP(男子プロテニス協会)主催のツアー全大会、WTA(女子テニス協会)のツアー全大会すべて。

3月のインディアンウェルズとマイアミから11月のパリまで、マスターズも全部対象。(マスターズは四大大会に次ぐグレードの大会)

ATPチャレンジャーツアー、ITF男子・女子ワールドテニスツアー

ATPツアーの下のカテゴリ、主にランキング下位の選手が参加するATPチャレンジャーツアーの各大会と、ITF(国際テニス連盟)が主催する男子・女子のワールドテニスツアーの各大会。

このITFワールドテニスツアーがプロ選手が参加する最も低いカテゴリの大会群で、これから上位カテゴリの大会出場を目指す若手選手達が参戦しています。

国別対抗戦

男子のATPカップ(1月)、デビスカップ(通年)、女子のビリー・ジーン・キング・カップ(旧フェドカップ)、欧州選抜vs世界選抜によるレーバーカップ(9月)など

基本的にプロの大会はほぼ全部対象です。シングルスもダブルスも。

四大大会が最注目イベントで、その次のカテゴリのマスターズも大いに盛り上がります。日本で開催される男子の楽天オープン(10月)、女子の東レ・パンパシフィックオープン(9月)も日本人ファンにとってはシーズンの山場の一つ。

ブックメーカーのテニスの賭け方・オッズの種類

次が本題。ブックメーカーが用意するテニスオッズの種類、賭け方についてご説明します。

テニスのオッズは、大会の優勝者を予想する賭けと、試合ごとの結果を予想する賭けの2つに分けることができます。さらに、試合ごとの賭けは、試合前・試合中(インプレー)の2つに分類できます。

試合中の賭けは後ほど詳しくご覧いただくので、まず「優勝者の予想」と「試合ごとの結果予想」を掘り下げます。

大会が始まる前に賭けられるオッズ(アウトライト)

大会が始まる前に賭けられるオッズは、優勝予想がメインです。文字どおり、賭けた選手が優勝すれば的中。

全米オープン2018の大坂なおみの優勝オッズ

先にご紹介した各種の大会のうち、四大大会は開催の1年ほど前からオッズが各ブックメーカーのサイト上に並んでいます。マスターズの大会は予選前から、ATP500、ATP250等のカテゴリの大会は、予選を終えて開幕前日に出ます。

ただし、下位カテゴリの大会はオッズが無い場合もありますし、ブックメーカーのサイトによって扱いの有無も異なります。

ワンポイント

四大大会の優勝オッズに賭ける際に注意すべきは、賭けた選手が出場するかどうか。半年〜数ヶ月前だと、事前に出場を見送るケースがあります。賭けたあとに欠場が決まっても、賭け金は戻ってきません。

そのため、開催日が近づいてからピックアップする方が無難です。

あとは、四大大会やマスターズの場合、決勝の対戦カード予想、決勝進出予想、準決勝進出予想など、優勝予想以外の切り口の賭けも用意されます。

また、特定の選手が「何回戦で敗退するか」を予想する賭け、State of Elimination(ステージオブエリミネーション)という賭けも出ます。

テニスの主なアウトライト系オッズ

  • 優勝予想オッズ
  • 決勝進出予想オッズ
  • ドロー4分割予想(ベスト4予想=準決勝進出予想)
  • ドローのトップハーフ・ボトムハーフどちらの選手が優勝?
  • 初優勝か否か
  • 優勝者の国籍
  • 敗退ステージ予想

各試合ごとに賭けられるオッズ

試合ごとの賭けは切り口多彩。

テニスの試合ごとのオッズ例

どちらが試合に勝つか?という単純な勝敗予想にはじまり、セットカウント予想、ゲーム総数の予想、ゲーム数にハンデをつけた勝敗予想、セットカウントのハンデ付き予想、セットごとのゲームカウント、タイブレークの有無など、多岐にわたります。

上のカテゴリの大会ほど種類が多く、四大大会、マスターズなどが最も豊富。チャレンジャーツアーは勝敗予想含め2~3種類ほどに限られます。

以下代表的な賭け方をピックアップしました。

勝敗(Match Betting)

どちらの選手が試合に勝つか予想する2択の賭け。

セットベッティング(Set Betting)

試合がセットカウント何対何で決着するかを予想する賭け。

3セットマッチの場合は、2-0、2-1、1-2、0-2の4択。5セットマッチの場合は、3-0、3-2、3-1、1-3、2-3、0-3の6択予想になります。

セットハンディキャップ(Set Handicap)

セットカウントにハンデを付けた勝敗予想。例えば、四大大会のジョコビッチvs錦織という試合で、セットハンデ「ジョコビッチ-1.5」という選択肢に賭けた場合は、3-0のストレートか3-1で勝てば的中です。これは-1.5のハンデを差し引いてもジョコビッチが勝っているため。

反対に錦織+1.5のセットハンデに賭けたなら、試合に勝てばもちろん的中。そして、3-2でジョコビッチが勝った場合でも、錦織のハンデの+1.5を足すと錦織がジョコビッチを上回るため、賭けは的中です。

ゲームハンディキャップ(Game Handicap)

セットハンデとは別で、ゲームのハンデ付き予想もあります。試合終了時点のゲーム総数にハンデを足し引きして、賭けの的中・不的中を判定します。

例えば、ジョコビッチvs錦織の試合が3-1(6-4、3-6、6-3、6-1)という結果に終わった場合。

ゲーム総数は、ジョコビッチの1セット目が6、2セット目が3、3セット目と4セット目は6で、合計21です。

一方、錦織の獲得ゲーム総数は、4、6、3、1の14。

よって、ゲーム総数は21-14。差は7。

仮に、ジョコビッチに-5.5、-6.5、-7.5というゲームハンデオッズが出ていたなら、-5.5と-6.5のオッズへの賭けは的中です。ハンデを引いても錦織を上回っています。

しかし、-7.5はハズレ。7.5を引くと錦織が上回るためです。

反対に、錦織に対する+5.5、+6.5、+7.5のオッズは、+5.5、+6.5の賭けは不的中で、+7.5だけが的中扱いとなります。

総ゲーム数のオーバーアンダー(Total Games)

試合中のゲーム総数が、設定された数字を上回るか、下回るかの2択予想。

例えば上の例なら、21-14で合計35ゲーム。

もしもOver/Under33.5、Over/Under34.5、Over/Under35.5、Over/Under36.5、という4つの選択肢があった場合。

オーバーは、Over33.5、Over34.5のオッズが的中で、アンダーはUnder35.5、Under36.5が的中です。

対戦する両者の実力を踏まえ、各セットのゲームカウントを想像しながら狙ってみてください。

ゲーム総数の奇数・偶数予想(Total Games Odd/Even)

試合中のゲーム総数が奇数(Odd)か偶数(Even)かを予想。

セット数予想(Number of sets in Match)

試合中のセット数を予想する賭け。3セットマッチは2セット(2-0、0-2)、3セット(2-1、1-2)の2択。

5セットマッチは3(3-0、0-3)、4(3-1、1-3)、5(3-2、2-3)の3択となります。

試合中に1セット取るか?(To win a set)

このオッズは、賭けた選手が、試合中に1セットでも取れば的中です。

試合中に1セットも取れないか?(Not to win a set)

こちらは反対に、賭けた選手が1セットも取れなければ的中。(つまり、ストレートで負けたら的中です)

最多エース(Most Aces)

試合中にもっともエースを決めるのはどちらの選手か。

最初のエース(1st Ace)

試合中、最初にエースを決めるのはどちらの選手か。

最初のダブルフォルト(1st Double Fault)

試合中、最初にダブルフォルトしてしまうのはどちらの選手か。

各セット単位の賭け

あとは、第1セットのみ・第2セットのみの結果について、勝敗、ゲーム総数、ゲームハンデが出ます。

ブックメーカーによって有無は異なりますが、例えば3セットマッチの場合、試合前は第1セットのオッズしか出ていないことも。また、5セットマッチなら2セット目のオッズが出ていることもあります。(以降の3セット、4セットのオッズは試合中に出る)

試合中にタイブレークはあるか?

試合中に一度でもタイブレークがあるかどうかを、yes/no形式で予想する賭け。また、ブックメーカーによっては試合中のタイブレーク回数を予想するオッズも出ます。

テニスの試合ごとの主なオッズ

  • 勝敗予想
  • セット予想(正しい試合結果)
  • セットハンディキャップ
  • ゲームハンディキャップ
  • ゲーム総数
  • セット総数
  • ゲーム総数は奇数か偶数か
  • タイブレークの有無と回数
  • 1セット取るか/1セットも取らないか
  • 最初のエース・最初のダブルフォルト
  • 各セットごとの予想

勝敗予想、ゲーム総数、ハンディキャップ等の基本的な賭けしか提供していないブックメーカーもありますが、大手サイトでは、これら以外にも出ます。

テニスのライブインプレーベッティング(試合中の賭け)

次は試合中の賭けについての解説です。

テニスはライブベットこそおもしろい

William Hillのテニスライブオッズの例
(錦織選手の試合中のオッズ例)

ブックメーカーを使ったテニスの賭けはライブインプレーベッティングが最大の魅力、醍醐味です。

概要の部分で触れたとおり、テニスの試合は

・4ポイント先取で1ゲーム
・6ゲーム先取で1セット
・2セットまたは3セット先取で勝利
(4大大会の男子のみ3セット先取)

という構造になっています。

サーバーがサーブを放ってレシーバーが打ち返し、ラリーの途中で相手コート内にボールを打ち返せなかった方が負け。相手にポイントが入ります。

ポイントは1点目が15(フィフティーン)、2点目が30(サーティー)、3点目が40(フォーティー)、4点先取で決着。40-40(フォーティーオール)になればデュースで、片方が2点連続で取るまで続きます。

当ページをご覧の方にはわざわざ説明する必要もないですね。

しかし、驚くべきは、ブックメーカーではこの繰り返しの全部が賭けの対象になるということ。

つまり、次にポイントを取るのはどちらの選手か?、次のゲームはどちらの選手が取るか?といった賭けの選択肢が、試合の最後まで出続けます。

この、次のポイント獲得者予想に賭けた場合、1分もかからないうちに決着します。

次のゲーム獲得者予想は、数分〜10分程度。

この2種類のオッズ倍率は、サーバーかレシーバーか、試合がどのような展開かによって変動します。たいていの場合、サーバーのオッズが低く(獲る見込みが高い)、レシーバーの方が相対的に高めのオッズがついています。

例えば、サーバーの「次のポイント獲得予想」が1.4倍だとして、10,000円賭けて期待どおりにポイント獲得すれば、およそ1分後には14,000円になって返ってきます。さらに、このラリーの最中に再び「次のポイント獲得予想」の同選手に賭けて当たれば、また1分後には14,000円の払戻し。

よって、2分で8,000円ゲットです。

3セットマッチで、相手に1ポイントも与えず完全試合(6-0、6-0)を達成した場合、「次のポイント獲得予想オッズ」に賭けられる機会は4点 x 6ゲーム x 2セット = 48回です。

片方が1ゲームも取られずに勝つことはありますが、1ポイントも取られないことはまずありません。そのため、少なくとも48回よりは多い。

取って取られてを繰り返すため、全部片方の選手に賭け続けてもプラスにはならないのですが、試合の生中継で選手の調子を観察しながら賭ける方を選んでいくと、うまくハマれば的中が続きます。

その際、ベット履歴で的中マークが並び、賞金が積み上がっていく感覚は最高です。

これは、「次のポイント獲得者」ではなく、「次のゲームの獲得者予想」でも同じ。

ポイント獲得者は短時間で決着するものの、イレギュラーも多発します。一方、ゲームごとの結果予想の方が実力や調子、流れがより反映されやすい。

そのため、「選手Aの方がランキングでは格上のはずなのに、どうも今日は選手Bの方が調子が良さそうだ。そろそろ選手Bがレシーバーの際にブレイクするとみて、次のゲーム予想は選手Bが獲る方に賭けておくか」といった考察をしながらの賭けが楽しめます。

テニスのライブオッズ(試合中に賭けられるオッズ)の種類

  • 勝敗予想
  • セット予想(正しい試合結果)
  • セットハンディキャップ
  • ゲームハンディキャップ
  • ゲーム総数
  • セット総数
  • ゲーム総数は奇数か偶数か
  • タイブレークの有無
  • 次のポイント獲得者予想
  • 次のゲーム獲得者予想
  • 先に2ポイント獲るのはどちらか
  • 先に4ポイント獲るのはどちらか
  • 次のゲームの正確なポイント予想
  • 次のゲームのポイント数オーバーアンダー
  • 次のゲームはデュースになるか?
  • 途中のスコア

試合前からあるオッズの一部がそのまま試合中にも用意され、展開に応じてどんどん倍率が変わっていきます。

勝敗予想オッズは、試合の途中で試合前と完全にひっくり返ることもよくあります。そのため、タイミング次第では試合前のオッズよりも高い倍率が獲れます。

ブックメーカーでテニスに賭けるなら、試合中のライブオッズは必ずチェックを。

四大大会優勝予想などテニスの特殊オッズ

あと、毎年の12月頃にはスペシャルオッズが出ることもあります。

主なタイプは、ある選手がそのシーズン中に四大大会をいくつ優勝するのか?というもの。

ブックメーカーのテニスオッズ(エマ・ラドゥカヌ特別1)

2015年~2020年頃はジョコビッチ、フェデラー、ナダルらに毎年出ていました。女子はセリーナやバーティなど。その時々の上位ランカーの一部の選手のみに用意されます。

上の画像は、2021年に全米オープン女子シングルスで優勝したエマ・ラドゥカヌの2022年の予想オッズ。18歳、ランキング150位だったラドゥカヌは、男女あわせて史上初となる「予選からグランドスラム優勝」の快挙を成し遂げ、スターの仲間入りを果たしました。

ブックメーカーのテニスオッズ(エマ・ラドゥカヌ特別2)

こちらもラドゥカヌの特別オッズ。「2025年までにウィンブルドンを獲るか」「2022年末にランキング1位になっているか?」「2025年までに四大大会すべて1度以上優勝しているか?」というユニークなオッズが出ていました。

他にも、一度引退した選手が復帰する際には「シーズン中に1回以上は優勝するかどうか」というオッズが出ることもあります。

これらの特殊オッズはすべてのブックメーカーで取り扱いがあるわけではなく、ウィリアムヒルやbet365などの大手ブックメーカーに限られます。たまに確認してみてください。

テニスベッティングにおすすめのブックメーカー

スマホでスポーツギャンブル

さて、賭けの対象、賭け方などをご覧いただきましたので、最後にテニスの賭けにおすすめのブックメーカーサイトをいくつかご紹介します。

テニスはブックメーカーの賭けの対象としてはサッカーやバスケットボールなどと同じく、もっともポピュラーなスポーツの一つです。基本的に、どのブックメーカーでも賭けることができます。

オッズの種類(マーケット量)はブックメーカーによって若干違いますが、サッカーに比べてその差は小さい。複数のサイトを併用すれば全部カバーできるため、マーケットはサイトを選ぶ主な選定基準にはなりません。

一方、機能やサービスの面からテニスの賭けに使えるブックメーカーが日本語対応の大手サイトのなかにいくつかあります。

主なところでは、bet365ウィリアムヒルと、スポーツベットアイオーの3つ。

bet365は、全豪、全仏、全英、全米の四大大会、マスターズ、それ以下のカテゴリの各種大会まで、ユーザー登録&最低金額以上の入金で生中継を視聴できるようになります。

パソコンでもスマホでも可。月額課金なしでずっと見放題。テニス観戦ツールとしても申し分なし。

加えて、bet365は試合中の賭けの反応が速い(賭けの確定ボタンを押してから受け付けられるまでが全ブックメーカーで最速)という特徴を持っています。これが遅いと、テニスのように次々オッズが変わっていく競技は、賭けのタイミングを逃しかねません。その点でbet365はもっとも使いやすいため、生中継の配信&ライブベットの両面でテニスの賭けには最適です。

ウィリアムヒルのテニスライブ還元フリーベット

2つ目のウィリアムヒルは、テニスの試合中の賭けで1週間のうちに負けた金額の10%がフリーベットボーナスで還元されます。負けても一部が返ってくるという特典はありがたい。

3つ目のスポーツベットアイオーは、ライブベットの反応速度はbet365に比べて劣ります。しかし、四大大会では「●●選手の優勝オッズに賭けると、その選手が試合に勝つたびにフリーベットプレゼント!」という特殊なイベントが用意されることもあり、楽しめるサイトです。

スポーツベットアイオーはこの3社のなかで参加が一番簡単で、唯一銀行振込でも入出金できます。そのため、賞金の回収は一番しやすい。ビギナーが慣れるにはちょうど良い入門サイトです。

#1 bet365
ベット365

bet365(ベット365)

日本語サポート対応

四大大会を含む多くのテニス大会の生中継を視聴可。ライブベットも秀逸。

bet365の解説

#2 William Hill
ウィリアムヒル

ウィリアムヒル

日本語サポート対応

テニスの試合中の賭けは1週間の損失の10%還元。特殊なオッズも豊富。

WilliamHillの解説

#3 Sportsbet.io
スポーツベットアイオー

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

日本語サポート対応

ビギナーに使いやすさNo.1。四大大会には特殊なイベントが登場することも。

Sportsbet.ioの解説

ブックメーカーのテニスの賭け(テニスベッティング)総括

いかがでしょうか?ブックメーカーでのテニスの賭け(テニスベッティング)について全体像は把握できましたか?

世界中で人気スポーツであるテニスは、スポーツベッティングの世界でもサッカーやバスケットボール等に並ぶ賭けの対象です。ATPツアー、WTAツアー、ITF主催大会、デビス杯をはじめとする国別対抗戦など、プロテニスのほぼすべての大会に賭けることができます。

ブックメーカーのサイトを開くと、いまこのページをご覧になったタイミングで開催中の大会、プレー中の試合のオッズが並んでいるでしょう。

優勝予想、勝敗予想、試合中の賭け、どれも競技を楽しむ最高のスパイス。オッズをチェックするだけでも、「今回の大会の前評判はこんな感じか!」と、これまで無かった視点からの楽しみが付加されます。

プロテニスのシーズン期間は12月末から11月までほぼ一年間。応援している選手の動向をチェックしながら、優勝予想オッズや各試合ごとの賭けを楽しみましょう!!ページの情報は随時アップデートしますので、テニスベッティングの参考にお役立てください。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

ブックメーカーの始め方
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Bet365ではスポーツ観戦も可。


スポーツベットアイオー

No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ベットサンロクゴ

No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継視聴可。2021年8月に日本語化

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

賭け方豊富

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ベッティングガイド

© 2022 ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書