PR テニスオッズ

ブックメーカーのウィンブルドン2023優勝予想オッズや生中継視聴方法・過去記録まとめ

ブックメーカーのテニス/ウィンブルドン優勝予想オッズ(記録)

ウィンブルドン優勝予想

このページは、テニス四大大会のひとつウィンブルドン選手権(The Championships)のブックメーカー優勝予想オッズ、過去の優勝者、ブックメーカーでのベットに関する情報をまとめた記録帳です。

年始の全豪、6月上旬の全仏、そしてウィンブルドンはシーズン3番目の山場です。開催は毎年6月下旬から7月上旬。サーフェスは芝。伝統的に、選手は白いウェアの着用を義務付けられていて、観戦者にとっては緑とのコントラストが見ていて気持ち良い。しかし、選手にとって芝は厄介。滑るし球足は速いし、得意不得意が分かれる鬼門です。

大会の開催前・開催期間中は、ブックメーカーの優勝オッズを各選手の前評判の目安としてご覧ください。男子はジョコビッチが4連覇中。オッズは毎度ガチガチの本命で、順当な決着が続いています。一方、女子はやや波乱が多め。優勝者のオッズは男子に比べて高倍率。特に2022年のリバキナは81倍でした。

以下、最新シーズンのウィンブルドンの優勝予想をオッズと共にお楽しみください!(ウィンブルドンはブックメーカーで生中継も視聴できるため、その方法も解説しています)

ウィンブルドン2023の優勝予想オッズ【最新】

ウィンブルドン2023(第136回)
日程:2023年7月3日~7月16日(本戦)

ウィンブルドン2023男子シングルス・女子シングルス優勝オッズ




ウィンブルドン2023の男子シングルス優勝予想オッズ(6月30日時点・ドロー発表後)
(6月30日時点のドロー発表後のオッズ。トップ30名)

全英2023男子優勝オッズ
(上位20名抜粋,ランキングは6/26時

ノバク・ジョコビッチ(36歳, 2位) 1.57
カルロス・アルカラス(20歳, 1位) 4.33
ダニール・メドベージェフ(27歳, 3位) 21.00
ヤニック・シナー(21歳, 8位) 21.00
アレクサンダー・ズベレフ(26歳, 21位) 29.00
ニック・キリオス(28歳, 33位) 29.00
セバスチャン・コルダ(22歳, 25位) 34.00
テイラー・フリッツ(25歳, 9位) 34.00
ホルガ・ルーネ(20歳, 6位) 41.00
アンディ・マレー(36歳, 39位) 41.00
ステファノス・チチパス(24歳, 5位) 51.00
アレックス・デミノー(24歳, 16位) 51.00
ミロシュ・ラオニッチ(32歳, 840位) 67.00
フランシス・ティアフォ(25歳, 10位) 67.00
マッテオ・ベレッティーニ(27歳, 37位) 67.00
キャスパー・ルード(24歳, 4位) 67.00
フェリックス・オジェ・アリアシム(22歳, 12位) 67.00
キャメロン・ノリー(27歳, 13位) 67.00
ホベルト・ホルカシュ(26歳, 18位) 67.00
アンドレイ・ルブレフ(25歳, 7位) 67.00

日本人の優勝オッズ

綿貫陽介(25歳, 115位) 201.00
ダニエル太郎(30歳, 105位) 201.00
望月慎太郎(20歳, 209位) 201.00
島袋将(25歳, 161位) 201.00
西岡良仁(27歳, 27位) 501.00

2023/6/30時点

ブックメーカーによるウィンブルドン2023男子シングルスの優勝予想オッズ(6月30日時点、ドロー発表後)は、ジョコビッチが大本命の1.57倍、アルカラスが対抗の4.33倍、メドベージェフがいきなり高倍率の21倍で3番手。日本人選手も5名が本戦出場。オッズは全員100倍オーバーながら、勝ち上がりを応援したいですね!

現在4連覇中のジョコビッチ。今回優勝すれば8度目、フェデラーのウィンブルドン最多優勝記録に並びます。さらに今季は全豪・全仏を奪っているためGS3勝で年間グランドスラムもリーチに。今回も、事前に芝の大会へ出場せず、ぶっつけ本番での勝負となります(*その臨み方で2019年から連覇中)

対抗のアルカラスは全仏の準決勝でジョコビッチに敗れたあと、ロンドンでのクイーンズ・クラブ選手権(ATP250)を獲って今季5勝。今大会は第1シードで、第2Sのジョコビッチとは反対の山から初優勝を目指します。最高位は昨年の4回戦進出。

ドローのトップハーフにはメドベージェフ、ズべレフ、チチパスらが入り、ボトムハーフに比べて強度が高め。アルカラスにとっては厳しい挑戦。ジョコビッチの決勝進出は可能性十分か!?

ウィンブルドン2023男子優勝
カルロス・アルカラス
(ウィンブルドン初優勝。2022年の全米OP以来、2度目のGS制覇)

優勝オッズ:4.33

ウィンブルドン2023の女子シングルス優勝予想オッズ(6月30日時点・ドロー発表後)
(6月30日時点のドロー発表後のオッズ。トップ30名)

全英2023女子優勝オッズ
(上位20名抜粋,ランキングは6/26時

イガ・シフィオンテク(22歳, 1位) 3.75
エレナ・リバキナ(24歳, 3位) 5.50
アリナ・サバレンカ(25歳, 2位) 6.00
ペトラ・クビトバ(33歳, 9位) 12.00
オンス・ジャバー(28歳, 6位) 15.00
コリ・ガウフ(19歳, 7位) 17.00
カロリーナ・ムチョバ(26歳, 16位) 19.00
エレナ・オスタペンコ(26歳, 17位) 26.00
バルボラ・クレチコバ(27歳, 10位) 26.00
ドナ・ヴェキッチ(26歳, 20位) 26.00
ベロニカ・クデルメトバ(26歳, 12位) 29.00
ミラ・アンドレーヴァ(16歳, 102位) 34.00
エカテリーナ・アレクサンドロワ(28歳, 21位) 41.00
マリア・サッカリ(27歳, 8位) 51.00
ジェシカ・ペグラ(29歳, 4位) 51.00
ダリア・カサトキナ(26歳, 11位) 51.00
キャロリン・ガルシア(29歳, 5位) 51.00
ベアトリース・ハダード・マイア(27歳, 13位) 51.00
マディソン・キーズ(28歳, 25位) 51.00
リュドミラ・サムソノワ(24歳, 15位) 67.00

日本人の優勝オッズ

日比野菜緒(28歳, 125位) 201.00

2023/6/30時点

ウィンブルドン2023、女子シングルスの優勝予想オッズは男子に比べて差がタイト。シフィオンテクが本命3.75倍、前回優勝のリバキナが2番手の5.5倍、サバレンカが6倍。以降10倍台で、2度の優勝経験を持つベテランのクビトバが12倍、昨年の決勝でリバキナに逆転負けを喫したジャパーが15倍、そして10代のガウフが17倍、全仏決勝でシフィオンテクに敗れたムチョバが19倍という並びです。

ランク1位を走るシフィオンテクが本命オッズなのは、最近の四大大会の女子優勝オッズの恒例ですね。ただ、ウィンブルドンは最高位が2021年の4回戦進出で、昨年は3回戦敗退。さらに、前哨戦のバート・ホムブルク・オープンは準決勝前に発熱と食中毒により棄権。コンディション不良が懸念されます。

続いて、女王リバキナの昨年は第17シードからGS初優勝で81倍の高オッズがついていました。しかし、今季はランク3位まで上がって対抗扱い。今シーズンはインディアンウェルズとイタリアのWTA1000で2勝。一方、全豪は決勝でサバレンカに敗れ、全仏は3回戦で格下サラ・ソリベス・トルモに敗戦。直前のドイツオープン(WTA500)は2回戦でべキッチに敗れました。今大会は第3シード、ボトムハーフの同じ山にはジャバー、クビトバ、サバレンカらが入り、タフな展開が予想されます。

ウィンブルドン2023女子優勝
マルケタ・ボンドロウソバ
(キャリアでGS初優勝。ノーシードからの制覇は、大会オープン化後で初の快挙)

優勝オッズ:101.00
(上の画像にオッズなし)


優勝オッズに賭ける!

ウィンブルドン2022の優勝予想オッズと結果

ウィンブルドン2022(第135回)
日程:2022年6月27日~7月10日




ウィンブルドン2022男子シングルス優勝予想オッズ(6月25日)
(上位30名のみ抜粋)

ウィンブルドン男子優勝オッズ
(下記は上位20名,ランキングは6/20時点)

ノバク・ジョコビッチ(35歳, 3位) 1.80
マッテオ・ベレッティーニ(26歳, 11位) 6.00
ラファエル・ナダル(36歳, 4位) 8.00
カルロス・アルカラス(19歳, 7位) 13.00
ホベルト・ホルカシュ(25歳, 10位) 15.00
フェリックス・オジェ=アリアシム(21歳, 9位) 17.00
ステファノス・チチパス(23歳, 6位) 26.00
ニック・キリオス(27歳, 45位) 29.00
マリン・チリッチ(33歳, 17位) 34.00
アンディ・マレー(35歳, 51位) 41.00
ヤニック・シナー(20歳, 13位) 101.00
デニス・シャポバロフ(23歳, 16位) 101.00
キャスパー・ルード(23歳, 5位) 101.00
グリゴール・ディミトロフ(31歳, 21位) 101.00
テイラー・フリッツ(24歳, 14位) 121.00
ティム・ファン・ライトーフェン(25歳, 105位) 126.00
キャメロン・ノリー(26歳, 12位) 126.00
ダニエル・エバンス(32歳, 33位) 126.00
アレックス・デミノー(23歳, 24位) 126.00
ジョン・イスナー(37歳, 25位) 151.00

日本人の優勝オッズは?

西岡良仁(26歳, 101位) 501.00
ダニエル太郎(29歳, 123位) 501.00

2022/6/25時点

ウィンブルドン2022男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(4連覇達成。7度目の優勝)

優勝オッズ:1.80

ウィンブルドン2022女子シングルス優勝予想オッズ(6月25日)
(上位30名のみ抜粋)

ウィンブルドン女子優勝オッズ
(上位20名,ランキングは6/20時点)

イガ・シフィオンテク(21歳, 1位) 2.50
オンス・ジャバー(27歳, 3位) 9.00
ココ・ガウフ(18歳, 12位) 13.00
シモナ・ハレプ(30歳, 19位) 15.00
エレナ・オスタペンコ(25歳, 14位) 17.00
ペトラ・クビトバ(32歳, 31位) 19.00
ベアトリース・ハダード・マイア(26歳, 29位) 19.00
ベリンダ・ベンチッチ(25歳, 17位) 19.00
セリーナ・ウィリアムズ(40歳, 1204位) 21.00
ビアンカ・アンドレスク(22歳, 64位) 23.00
マリア・サッカリ(26歳, 5位) 26.00
アンゲリク・ケルバー(34歳, 18位) 29.00
カロリナ・プリスコバ(30歳, 7位) 34.00
エマ・ラドゥカヌ(19歳, 11位) 41.00
アマンダ・アニシモバ(20歳, 25位) 41.00
アネット・コンタベイト(26歳, 2位) 51.00
マディソン・キーズ(27歳, 24位) 51.00
カミラ・ジョルジ(30歳, 26位) 51.00
ガルビネ・ムグルサ(28歳, 10位) 67.00
バルボラ・クレイチコバ(26歳, 15位) 67.00

日本人の優勝オッズは?

土居美咲(31歳, 100位) 501.00
本玉真唯(22歳, 138位) 501.00

2022/6/25時点

ウィンブルドン2022女子優勝
エレナ・リバキナ
(GS初優勝。カザフスタン人としても史上初)

優勝オッズ:81.00


ウィンブルドン2021の優勝予想オッズと結果

ウィンブルドン2021(第134回)
日程:2021年6月28日~7月11日




ブックメーカーによるウィンブルドン2021男子優勝予想オッズ(6月26日時点)

ウィンブルドン男子優勝オッズ
(下記は上位20名,ランキングは6/21時点)

ノバク・ジョコビッチ(34歳, 1位) 1.99
ダニール・メドベージェフ(25歳, 2位) 9.45
ステファノス・チチパス(22歳, 4位) 10.50
ロジャー・フェデラー(39歳, 8位) 13.10
マッテオ・ベレッティーニ(25歳, 9位) 16.10
アレクサンダー・ズベレフ(24歳, 6位) 20.20
アンドレイ・ルブレフ(23歳, 7位) 44.00
デニス・シャポバロフ(22歳, 12位) 66.00
フェリックス・オジェ・アリアシム(20歳, 19位) 78.00
マリン・チリッチ(32歳, 38位) 81.00
ヤニク・シナー(19歳, 23位) 83.00
ニック・キリオス(26歳, 61位) 92.00
アンディー・マレー(34歳, 119位) 99.00
ウゴ・アンベール(22歳, 26位) 99.00
アレックス・デミノー(22歳, 18位) 110.00
ロベルト・バウティスタ・アグート(33歳, 10位) 125.00
グリゴール・ディミトロフ(30歳, 21位) 135.00
アスラン・カラツェフ(27歳, 24位) 135.00
錦織圭(31歳, 53位) 150.00
ジョン・イスナー(36歳, 33位) 165.00

日本人の優勝オッズは?

錦織圭(31歳, 53位) 150.00
西岡良仁(25歳, 57位) 900.00
杉田祐一(32歳, 110位) 1100.00

2021/6/26時点

ウィンブルドン2021男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(3連覇。6度目の優勝)

優勝オッズ:1.99

ブックメーカーによるウィンブルドン2021女子優勝予想オッズ(6月26日時点)

ウィンブルドン女子優勝オッズ
(上位20名,ランキングは6/21時点)

セリーナ・ウィリアムズ(39歳, 8位) 8.65
アシュリー・バーティ(25歳, 1位) 9.10
アリナ・サバレンカ(23歳, 4位) 14.00
ペトラ・クビトバ(31歳, 12位) 15.00
ガルビネ・ムグルサ(27歳, 13位) 17.20
イガ・シフィオンテク(20歳, 9位) 17.50
コリ・ガウフ(17歳, 23位) 22.90
エレナ・リバキナ(22歳, 21位) 27.00
ビアンカ・アンドレースク(21歳, 7位) 31.00
マリア・サッカリ(25歳, 18位) 41.00
バルボラ・クレチコバ(25歳, 17位) 41.00
アネット・コンタベイト(25歳, 27位) 43.00
エレナ・オスタペンコ(24歳, 43位) 43.00
ビクトリア・アザレンカ(31歳, 14位) 44.00
カロリーナ・ムチョバ(24歳, 22位) 44.00
ベリンダ・ベンチッチ(24歳, 11位) 47.00
カロリナ・プリスコバ(29歳, 10位) 47.00
マディソン・キーズ(26歳, 26位) 49.00
リュドミラ・サムソノワ(22歳, 63位) 49.00
オンス・ジャバー(26歳, 24位) 50.00

日本人の優勝オッズは?

土居美咲(30歳, 83位) 1000.00
日比野菜緒(26歳, 85位) 1000.00

2021/6/26時点

ウィンブルドン2021女子優勝
アシュリー・バーティ
(初優勝。オーストラリア人としては41年ぶり)

優勝オッズ:9.10


ウィンブルドン2020の優勝予想オッズと結果

ウィンブルドン2020(第回)
*パンデミックの影響で非開催

ウィンブルドン2019の優勝予想オッズと結果

ウィンブルドン2019(第133回)
日程:2019年7月1日~7月14日




ウィンブルドン2019_男子優勝予想オッズ(ドロー発表前)

ウィンブルドン男子優勝オッズ
(上位20名)

ノバク・ジョコビッチ(32歳,1位) 2.45
ロジャー・フェデラー(37歳,3位) 4.25
ラファエル・ナダル(33歳,2位) 6.40
アレクサンダー・ズベレフ(22歳,5位) 16.75
ステファノス・シチパス(20歳,6位) 16.75
マリン・チリッチ(30歳,18位) 20.50
ミロシュ・ラオニッチ(28歳,17位) 25.50
フェリックス・オジェ-アリアシム(18歳,21位) 25.50
ニック・キリオス(24歳,43位) 33.50
ケビン・アンダーソン(33歳,8位) 40.25
ドミニク・ティエム(25歳,4位) 33.50
マッテオ・ベレッティーニ(23歳,20位) 40.25
錦織 圭(29歳,7位) 50.25
カレン・ハチャノフ(23歳,9位) 50.25
ダニール・メドベージェフ(23歳,13位) 50.25
カイル・エドマンド(24歳,33位) 66.00
ダビド・ゴフィン(28歳,23位) 66.00
デニス・シャポバロフ(20歳,27位) 66.00
グリゴール・ディミトロフ(28歳,48位) 66.00
スタン・ワウリンカ(34歳,19位) 66.00

2019/6/26時点

ウィンブルドン2019男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(連覇達成。フェデラーとの決勝は大会史上最長の4時間57分を記録)

優勝オッズ:2.45

ウィンブルドン2019_女子優勝予想オッズ(ドロー発表前)


ウィンブルドン女子優勝オッズ
(上位20名)

アシュリー・バーティ(23歳,1位) 4.95
セリーナ・ウィリアムズ(37歳,10位) 6.90
ペトラ・クビトバ(29歳,6位) 10.75
大坂なおみ(21歳,2位) 10.75
アンゲリク・ケルバー(31歳,5位) 12.75
カロリナ・プリスコバ(27歳,3位) 14.75
シモナ・ハレプ(27歳,7位) 16.75
ヨハンナ・コンタ(28歳,18位) 16.75
マディソン・キーズ(24歳,16位) 20.50
スローン・スティーブンス(26歳,9位) 20.50
ベリンダ・ベンチッチ(22歳,13位) 20.50
ガルビネ・ムグルサ(25歳,27位) 22.50
キキ・ベルテンス(27歳,4位) 25.50
エリナ・スビトリナ(24歳,8位) 33.50
エレナ・オスタペンコ(22歳,37位) 33.50
アリナ・サバレンカ(21歳,11位) 33.50
マリア・シャラポワ(32歳,80位) 40.25
マルケータ・ヴォンドロショーヴァ(19歳,14位) 40.25
ビアンカ・アンドレースク(19歳,25位) 40.25
ビクトリア・アザレンカ(29歳,40位) 40.25

2019/6/26時点

ウィンブルドン2019女子優勝
シモナ・ハレプ
(18年の全仏以来、2度目のGS制覇)

優勝オッズ:16.75


ウィンブルドンの歴代優勝者(2000年以降)

以下は、2000年以降のウィンブルドン男子シングルス・女子シングルスの優勝者です。




2000年 ピート・サンプラス
2001年 ゴラン・イワニセビッチ
2002年 レイトン・ヒューイット
2003年 ロジャー・フェデラー
2004年 ロジャー・フェデラー
2005年 ロジャー・フェデラー
2006年 ロジャー・フェデラー
2007年 ロジャー・フェデラー
2008年 ラファエル・ナダル
2009年 ロジャー・フェデラー
2010年 ラファエル・ナダル
2011年 ノバク・ジョコビッチ
2012年 ロジャー・フェデラー
2013年 アンディ・マレー
2014年 ノバク・ジョコビッチ
2015年 ノバク・ジョコビッチ
2016年 アンディ・マレー
2017年 ロジャー・フェデラー
2018年 ノバク・ジョコビッチ
2019年 ノバク・ジョコビッチ
2020年 中止
2021年 ノバク・ジョコビッチ
2022年 ノバク・ジョコビッチ
2023年 カルロス・アルカラス
2024年 ???

2000年 ビーナス・ウィリアムズ
2001年 ビーナス・ウィリアムズ
2002年 セリーナ・ウィリアムズ
2003年 セリーナ・ウィリアムズ
2004年 マリア・シャラポワ
2005年 ビーナス・ウィリアムズ
2006年 アメリ・モレスモ
2007年 セリーナ・ウィリアムズ
2008年 セリーナ・ウィリアムズ
2009年 セリーナ・ウィリアムズ
2010年 セリーナ・ウィリアムズ
2011年 ペトラ・クビトバ
2012年 セリーナ・ウィリアムズ
2013年 マリオン・バルトリ
2014年 ペトラ・クビトバ
2015年 セリーナ・ウィリアムズ
2016年 セリーナ・ウィリアムズ
2017年 ガルビネ・ムグルサ
2018年 アンゲリク・ケルバー
2019年 シモナ・ハレプ
2020年 中止
2021年 アシュリー・バーティ
2022年 エレナ・リバキナ
2023年 マルケタ・ボンドロウソバ
2024年 ???


ウィンブルドンの生中継を観る方法

さて、ここからはブックメーカーの利用に関する情報です。冒頭でも触れたように、ブックメーカーのサイトを使えばウィンブルドンの生中継を視聴できます。

いくつかのブックメーカーのサイトは試合中の賭け(ライブベット)のページにて、ライブストリーミング配信をおこなっています。このストリーミングは、テニスはもちろん、サッカーやバスケなども含めたさまざまなスポーツの中継です。テニスの配信対象は、全豪や全仏、マスターズ、下位カテゴリの大会もすべて。

ウィンブルドンの生中継を視聴する方法

視聴条件は、ブックメーカーでの会員登録(無料アカウントの作成)です。あと、サイトによっては最低金額以上の入金(アカウントに、資金を入れた状態の維持)を求められます。入金は1,000円程度。この資金を入れておきさえすればOKで、月額課金は一切ありません。パソコンでもスマホでも見放題。

テニスのライブ映像を配信しているブックメーカーのなかで、安定度は業界最大手のbet365が最高。bet365での視聴は入金が必要で、入金にはペイズというネット口座を使います(詳細は下記の解説を参照ください)

手軽に観たいなら20betやStakeが便利。これらのサイトは登録が済んだらすぐに視聴できます。どちらも銀行振込で入出金できるため、賭けを始めるのも簡単です。

Bet365の使い方
(配信の安定度No.1+10,000円ボーナス

20betの使い方
(入出金しやすい+限定特典つき

Stakeの使い方
(入出金しやすい+限定特典つき

私はbet365に15年以上前に登録し、毎年お世話になっています(笑)最近は、20betとStakeも状況に応じて使い分けています。

ウィンブルドンにブックメーカーで賭ける

ブックメーカーの使用に関しては、下記のページにて解説しています。各サイトの使用手順やボーナス情報をご覧ください。

ブックメーカーの始め方・スポーツベットのやり方ガイド
ブックメーカーの始め方(スポーツベットのやり方)ガイド|最速で始める方法も解説

ブックメーカーの始め方を解説した初心者ガイドのページです。ブックメーカーのサイト利用方法とスポーツベットのやり方について、基本の4ステップとなる登録方法・入金方法・賭け方・出金方法を順番に詳しく解説しています。すぐに賭けたい方や今日始めたい人はご活用ください。

続きを見る

ブックメーカーボーナス・フリーベット一覧(随時更新)
ブックメーカーの入金不要ボーナス・新規特典・キャンペーン情報【最新一覧】

このページは、ブックメーカーが提供するウェルカムオファー(これから利用を始める新規ユーザー向けのボーナス特典)や、プレー中の既存ユーザーも参加できるボーナスイベントの情報をまとめた一覧ページです。ブッ ...

続きを見る

ユニークな特徴を持つ
高評価ブックメーカーリスト



人気No.1次世代ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

法定通貨と仮想通貨、任意の通貨でプレーできる人気No.1次世代ブックメーカー。ユーザー登録から賞金の回収までがとにかく簡単。ボーナスや現金がもらえるイベントも多数開催。

イベント豊富 利用簡単 銀行振込 競馬

Sportsbet.ioの詳細解説

Sportsbet.ioへ移動



規制なしのプロ御用達サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。実質的な利用価値は最高峰。

最高オッズ 規制なし

Pinnacleの詳細解説

Pinnacleへ移動



世界最大手ブックメーカー

bet365

累計1億人近くが使用する世界最大手のブックメーカー。サイトの操作性からサポートまですべてが一流。登録&入金完了で各種スポーツの生中継が見放題に。

操作性抜群 賭け方多彩 生中継 競馬

Bet365の詳細解説

Bet365へ移動



老舗のブランドブックメーカー

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。特殊な賭け方や増強オッズが豊富。初心者から熟練まで使えるブックメーカーです。競馬オッズの発表も早く、ファンは要チェック。

賭け方多彩 イベント豊富 競馬

William Hillの詳細解説

William Hillへ移動


上記サイトは、世界中で幅広く利用できる優良ブックメーカーです。それぞれ際立った特徴を持ちます。このほか各サイトの詳細はブックメーカーランキングからご確認ください。プレーに関する基礎知識はすべてスポーツベッティング入門書にて解説しています。

-テニスオッズ