テニスオッズ

【2023年】ブックメーカーのテニス全豪オープン優勝予想オッズと結果/賭けの情報記録

ブックメーカーのテニス全豪オープン優勝予想オッズ記録

全豪オープンに賭ける

このページは、テニスの全豪オープンのブックメーカー優勝予想オッズと優勝者の記録帳です。男子シングルス・女子シングルスの優勝オッズ(開幕前時点)をシーズンごとに掲載しています。

全豪オープン(Australian Open)は、四大大会(グランドスラム)と呼ばれる、テニスのプロツアーのなかで最上位カテゴリに位置する大会のひとつ。毎年1月中旬に、オーストラリア・メルボルンにておこなわれます。テニスは12月末に新シーズンが開幕するため、全豪オープンは一年の最初の山場です。

1月のメルボルンは、日によっては40度を超える酷暑も。そのため、コンディション不良から序盤でシードが敗れる波乱も頻発します。最終的な結果を見ると、男子はほぼ順当な結果に落ち着いていますが、女子は絶対的な本命と呼べる選手がいません。

そこで、ブックメーカーが発表する優勝予想オッズを、各選手の前評判の目安としてご覧ください。チェックするだけでも大会を楽しむスパイスとなりますし、賭けておけば、なおおもしろい。その選手が期待どおり勝ち上がってくれるたびに興奮は増し増しです。

ということで、以下、全豪OP最新シーズンの優勝オッズの確認と、過去の結果の振り返りにご活用ください!!

全豪オープン2023の優勝予想オッズ【最新】

全豪オープン2023(第111回)
日程:2023年1月16日~29日




全豪オープン2023優勝予想オッズ(男子シングルス、予選終了後の1月14日時点)
(ウィリアムヒルの1月14日時点オッズ。上位30名のみ抜粋)

全豪OP男子優勝オッズ
(下記は上位30名,ランキングは1/9時点

ノバク・ジョコビッチ(35歳, 5位) 1.83
ダニール・メドベージェフ(26歳, 8位) 7.00
ステファノス・チチパス(24歳, 4位) 15.00
ホルガ・ルーネ(19歳, 10位) 17.00
ラファエル・ナダル(36歳, 2位) 17.00
ニック・キリオス(27歳, 21位) 17.00
ヤニック・シナー(21歳, 16位) 19.00
フェリックス・オジェ=アリアシム(22歳, 7位) 19.00
テイラー・フリッツ(25歳, 9位) 19.00
キャスパー・ルード(24歳, 3位) 34.00
セバスチャン・コルダ(22歳, 31位) 41.00
マッテオ・ベレッティーニ(26歳, 14位) 41.00
アレクサンダー・ズベレフ(25歳, 13位) 41.00
キャメロン・ノリー(27歳, 12位) 51.00
アンドレイ・ルブレフ(25歳, 6位) 67.00
フランシス・ティアフォ(24歳, 17位) 81.00
ホベルト・ホルカシュ(25歳, 11位) 81.00
アレックス・デミノー(23歳, 24位) 101.00
タナシ・コキナキス(26歳, 110位) 101.00
デニス・シャポバロフ(23歳, 22位) 101.00
ジャック・ドレイパー(21歳, 40位) 101.00
カレン・ハチャノフ(26歳, 20位) 126.00
ボルナ・チョリッチ(26歳, 23位) 126.00
トミー・ポール(25歳, 35位) 151.00
パブロ・カレーニョ・ブスタ(31歳, 15位) 151.00
ドミニク・ティーム(29歳, 99位) 151.00
ロベルト・バウティスタ・アグート(34歳, 26位) 151.00
アレクサンダー・ブブリク(25歳, 36位) 201.00
ジェンソン・ブルックスビー(22歳, 48位) 201.00
スタン・ワウリンカ(37歳, 139位) 201.00

日本人の優勝オッズ

西岡良仁(27歳, 33位) 251.00
ダニエル太郎(29歳, 95位) 501.00
綿貫陽介(24歳, 138位) 501.00

1/14時点

こちらはブックメーカー「ウィリアムヒル」による1月14日時点(予選終了後、本戦開始2日前)の優勝予想オッズです。大本命はジョコビッチの1.83倍、対抗はメドベージェフの7.00倍。3番手にはチチパスが15倍、そのうしろに19歳の若手ルーネ、前回王者のナダル、地元のキリオスが17倍で続きます。

今年の全豪はジョコビッチが戻ってきます。昨年はワクチン未接種により入国後に退去を命じられ、出場できませんでした。対抗のメドベージェフは、2021と2022年に2年連続ファイナル進出するもジョコビッチとナダルに敗れ制覇ならず。3度目の正直なるか。そして、昨年チャンピオンのナダルは、今回勝てば自身が持つ男子のグランドスラム最多優勝記録を23に伸ばします。

なお、最新ランキングで1位のアルカラスは怪我により欠場です。錦織も棄権。一方で、西岡は四大大会で初のシード入り。 第32シードで出場します。日本人男子では錦織以来の快挙。また、綿貫陽介もキャリア初のGS本戦出場です。

全豪OP2023男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(2年ぶり10度目の優勝で自身の最多優勝記録更新)

優勝オッズ:1.83

全豪オープン2023優勝オッズ(女子シングルス、予選終了後の1月14日時点)
(ウィリアムヒルの1月14日時点オッズ。上位30名のみ抜粋)

全豪OP女子優勝オッズ
(下記は上位30名,ランキングは1/9時点

イガ・シフィオンテク(21歳, 1位) 3.20
アリナ・サバレンカ(24歳, 5位) 7.50
ジェシカ・ペグラ(28歳, 3位) 11.00
ココ・ガウフ(18歳, 7位) 13.00
キャロリン・ガルシア(29歳, 4位) 13.00
オンス・ジャバー(28歳, 2位) 15.00
エレナ・リバキナ(23歳, 23位) 23.00
ベリンダ・ベンチッチ(25歳, 13位) 23.00
ベロニカ・クデルメトバ(25歳, 9位) 23.00
バルボラ・クレチコバ(27歳, 21位) 26.00
マリア・サッカリ(27歳, 6位) 29.00
マディソン・キーズ(27歳, 10位) 34.00
ダニエル・コリンズ(29歳, 14位) 34.00
ヂェン・チンウェン(20歳, 30位) 34.00
ベアトリース・ハダード・マイア(26歳, 15位) 41.00
ダリア・カサトキナ(25歳, 8位) 41.00
リュドミラ・サムソノワ(24歳, 19位) 41.00
ポーラ・バドサ・ジベール(25歳, 11位) 41.00
ビクトリア・アザレンカ(33歳, 25位) 51.00
レイラ・フェルナンデス(20歳, 39位) 51.00
ペトラ・クビトバ(32歳, 16位) 51.00
アマンダ・アニシモバ(21歳, 29位) 51.00
マルケータ・ヴォンドロショーヴァ(23歳, 78位) 51.00
カロリナ・プリスコバ(30歳, 31位) 51.00
アネット・コンタベイト(27歳, 17位) 67.00
エマ・ラドゥカヌ(20歳, 75位) 67.00
ビアンカ・アンドレスク(22歳, 42位) 67.00
ガルビネ・ムグルサ(29歳, 58位) 101.00
エレナ・オスタペンコ(25歳, 18位) 101.00
エカテリーナ・アレクサンドロワ(28歳, 20位) 101.00

日本人の優勝オッズ

内島萌夏(21歳, 117位) 501.00

1/14時点

こちらも、男子と同じく「ウィリアムヒル」による予選終了後の優勝予想オッズです。本命は、シフィオンテクが頭ひとつ抜けた3.20倍、対抗はサバレンカが7.5倍。3番手はペグラ11倍、4番手にガウフとガルシアが13倍、5番手のジャバーが15倍という順番です。

昨シーズンのシフィオンテクは全仏、全米を含めツアー8勝の素晴らしい成績を残しました。今季最初のユナイテッド・カップはジェシカ・ペグラに敗戦。全豪は過去4度出場し、最高成績は昨年のベスト4です。今回勝てば、ウィンブルドンを残してキャリアグランドスラム王手となります。

対抗のサバレンカは、まだシングルスでのグランドスラム優勝経験がありません(ダブルスの方では2019年に全米、2021年に全豪を制覇)。単独での全豪の最高成績は2021年の4回戦進出です。去年はタイトルもなく、2月のドーハ準々決勝、4月のシュツットガルト決勝、5月のローマ準決勝、9月の全米OP準決勝でシフィオンテクに敗れました。その後WTAファイナルズの準決勝でリベンジ成功してファイナル進出するも、ガルシアに負けて優勝ならず。

日本人は唯一、内島萌夏が本戦に出場します。

全豪OP2023女子優勝
アリナ・サバレンカ
(キャリア初のグランドスラムV)

優勝オッズ:7.50


全豪OP2022の優勝予想オッズと結果

全豪オープン2022(第110回)
日程:2022年1月17日~30日




テニス全豪OP男子優勝オッズ(1月16日時点)
(ウィリアムヒルの2022年1月16日時点オッズ。上位30名を抜粋)

全豪オープン2022男子優勝オッズ
(100倍以下を抜粋,ランキングは1/10時点)

ダニール・メドベージェフ(25歳, 2位) 2.50
アレクサンダー・ズベレフ(24歳, 3位) 3.50
ラファエル・ナダル(35歳, 6位) 6.50
ステファノス・チチパス(23歳, 4位) 17.00
ヤニック・シナー(20歳, 11位) 21.00
マッテオ・ベレッティーニ(25歳, 7位) 34.00
アンドレイ・ルブレフ(24歳, 5位) 34.00
カルロス・アルカラス(18歳, 33位) 41.00
フェリックス・オジェ・アリアシム(21歳, 9位) 51.00
ホベルト ホルカシュ(24歳, 10位) 67.00
グリゴール・ディミトロフ(30歳, 28位) 81.00
アスラン・カラツェフ(28歳, 20位) 81.00
カレン・ハチャノフ(25歳, 30位) 81.00
デニス・シャポバロフ(22歳, 14位) 81.00
キャスパー・ルード(23歳, 8位) 81.00
アンディ・マリー(34歳, 135位) 81.00

日本人の優勝オッズ

西岡良仁(26歳, 99位) 201.00
ダニエル太郎(28歳, 120位) 201.00

2022/1/16時点

全豪OP2022男子優勝
ラファエル・ナダル
(2009年以来2度目の優勝)

優勝オッズ:6.50

2022年の全豪オープンテニス女子優勝予想オッズ(1月15日時点)
(ウィリアムヒルの2022年1月15日時点オッズ。上位30名を抜粋)

全豪オープン2022女子優勝オッズ
(上位20名を抜粋,ランキングは1/10時点)

アシュリー・バーティ(25歳, 1位) 3.75
大坂なおみ(24歳, 14位) 7.00
イガ・シフィオンテク(20歳, 8位) 13.00
ガルビネ・ムグルサ(28歳, 3位) 13.00
アネット・コンタベイト(26歳, 7位) 15.00
ポーラ・バドサ・ジベール(24歳, 9位) 15.00
シモーナ・ハレプ(30歳, 15位) 15.00
バルボラ・クレチコバ(26歳, 4位) 19.00
エレナ・リバキナ(22歳, 13位) 21.00
コリ・ガウフ(17歳, 19位) 21.00
アリナ・サバレンカ(23歳, 2位) 26.00
エマ・ラドゥカヌ(19歳, 18位) 34.00
ビクトリア・アザレンカ(32歳, 25位) 34.00
レイラ・フェルナンデス(19歳, 24位) 41.00
マディソン・キーズ(26歳, 87位) 41.00
ダリア・カサトキナ(24歳, 26位) 41.00
マリカ・サッカリ(26歳, 6位) 41.00
オンス・ジャバー(27歳, 10位) 41.00
アマンダ・アニシモバ(20歳, 61位) 51.00
ダニエル・コリンズ(28歳, 29位) 51.00

日本人の優勝オッズ

大坂なおみ(24歳, 14位) 7.00
土井美咲(30歳, 76位) 501.00

2022/1/15時点

全豪OP2022女子優勝
アシュリー・バーティ
(初優勝。地元オーストラリア人の制覇としては、78年のクリス・オニール以来44年ぶり)

優勝オッズ:3.75


全豪OP2021の優勝予想オッズと結果

全豪オープン2021(第109回)
日程:2021年2月8日~21日
(感染症蔓延に伴い通常より延期開催)




全豪オープン2021男子シングルス優勝予想オッズ(1月27日時点)

全豪オープン2021男子優勝オッズ
(上位20名を抜粋,ランキングは1/25時点)

ノバク・ジョコビッチ(33歳, 1位) 2.20
ダニール・メドベージェフ(24歳, 4位) 6.00
ドミニク・ティエム(27歳, 3位) 6.00
ラファエル・ナダル(34歳, 2位) 6.00
ステファノス・チチパス(22歳, 6位) 15.00
アレクサンダー・ズベレフ(23歳, 7位) 17.00
アンドレイ・ルブレフ(23歳, 8位) 26.00
ニック・キリオス(25歳, 47位) 29.00
アレックス・デミノー(21歳, 23位) 41.00
ヤニック・シナー(19歳, 36位) 41.00
スタン・ワウリンカ(35歳, 18位) 51.00
デニス・シャポバロフ(21歳, 12位) 51.00
ミロシュ・ラオニッチ(30歳, 15位) 51.00
カレン・ハチャノフ(24歳, 20位) 67.00
フェリックス・オジェ・アリアシム(20歳, 21位) 81.00
ロベルト・バウティスタ・アグート(32歳, 13位) 81.00
ガエル・モンフィス(34歳, 11位) 101.00
グリゴール・ディミトロフ(29歳, 19位) 101.00
ダビド・ゴファン(30歳, 14位) 101.00
ディエゴ・シュワルツマン(28歳, 9位) 101.00

日本人の優勝オッズ

錦織圭(31歳, 41位) 101.00
西岡良仁(25歳, 57位) 201.00
ダニエル太郎(27歳, 117位) 301.00
内山靖崇(28歳, 105位) 301.00
杉田祐一(32歳, 102位) 301.00

2021/1/27時点

全豪OP2021男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(3連覇、同大会9度目で最多優勝記録更新)

優勝オッズ:2.20

全豪オープン2021女子シングルス優勝予想オッズ(1月27日時点)

全豪オープン2021女子優勝オッズ
(上位20名を抜粋,ランキングは1/25時点)

大坂なおみ(23歳, 3位) 6.50
アリナ・サバレンカ(22歳, 7位) 9.00
アシュリー・バーティ(24歳, 1位) 10.00
シモーナ・ハレプ(29歳, 2位) 11.00
セリーナ・ウィリアムズ(39歳, 11位) 11.00
イガ・シフィオンテク(19歳, 17位) 13.00
ソフィア・ケニン(22歳, 4位) 15.00
ビアンカ・アンドレースク(20歳, 8位) 15.00
カロリナ・プリスコバ(28歳, 6位) 17.00
ガルビネ・ムグルサ(27歳, 15位) 17.00
ビクトリア・アザレンカ(31歳, 13位) 17.00
ペトラ・クビトバ(30歳, 8位) 19.00
ジェニファー・ブレイディ(25歳, 24位) 26.00
エリナ・スビトリナ(26歳, 5位) 26.00
エレナ・リバキナ(21歳, 19位) 26.00
コリ・ガウフ(16歳, 48位) 26.00
ベリンダ・ベンチッチ(23歳, 12位) 34.00
ベロニカ・クデルメトバ(23歳, 36位) 34.00
アンゲリク・ケルバー(33歳, 25位) 41.00
エリーゼ・メルテンス(25歳, 20位) 41.00
マリカ・サッカリ(25歳, 22位) 14.00

日本人の優勝オッズ

大坂なおみ(23歳, 3位) 6.50
土井美咲(29歳, 84位) 201.00
日比野菜緒(26歳, 73位) 201.00
日々万葉(24歳, 182位) 301.00

2021/1/27時点

全豪OP2021女子優勝
大坂なおみ
(2019年以来2度目の優勝。自身4度目のGS制覇)

優勝オッズ:6.50


全豪OP2020の優勝予想オッズと結果

全豪オープン2020(第108回)
日程:2020年1月20日~2月2日




全豪オープン2020男子シングルス優勝予想オッズ(ドロー発表後)

全豪オープン2020男子優勝オッズ
(上位20名を抜粋,ランキングは1/13時点)

ノバク・ジョコビッチ(32歳, 2位) 2.20
ラファエル・ナダル(33歳, 1位) 5.20
ダニール・メドベージェフ(23歳, 4位) 8.50
ロジャー・フェデラー(38歳, 3位) 11.00
ステファノス・シチパス(21歳, 6位) 13.00
ドミニク・ティエム(26歳, 5位) 19.00
ニック・キリオス(24歳, 26位) 26.00
アレクサンダー・ズベレフ(22歳, 7位) 34.00
デニス・シャポバロフ(20歳, 13位) 41.00
アンドレイ・ルブレフ(22歳, 18位) 51.00
マリン・チリッチ(31歳, 39位) 67.00
カレン・ハチャノフ(23歳, 16位) 67.00
ロベルト・バウティスタ・アグート(31歳, 9位) 67.00
グリゴール・ディミトロフ(28歳, 19位) 67.00
スタン・ワウリンカ(34歳, 15位) 67.00
ケビン・アンダーソン(33歳, 122位) 81.00
ダビド・ゴフィン(29歳, 11位) 81.00
マッテオ・ベレッティーニ(23歳, 8位) 81.00
ミロシュ・ラオニッチ(29歳, 35位) 101.00
ボルナ・チョリッチ(23歳, 28位) 101.00

2020/1/18時点

全豪OP2020男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(連覇、同大会8度目で最多優勝記録更新)

優勝オッズ:2.20

全豪オープン2020女子シングルス優勝予想オッズ(ドロー発表後)

全豪オープン2020女子優勝オッズ
(上位20名を抜粋,ランキングは1/13時点)

セリーナ・ウィリアムズ(38歳, 9位) 5.00
大坂なおみ(22歳, 4位) 9.00
アシュリー・バーティ(23歳, 1位) 9.00
カロリナ・プリスコバ(27歳, 2位) 10.00
シモーナ・ハレプ(28歳, 3位) 11.00
アリナ・サバレンカ(21歳, 12位) 17.00
マディソン・キーズ(24歳, 11位) 19.00
ペトラ・クビトバ(29歳, 8位) 21.00
エリナ・スビトリナ(25歳, 5位) 26.00
ガルビネ・ムグルサ(26歳, 32位) 31.00
ベリンダ・ベンチッチ(22歳, 7位) 31.00
アンゲリク・ケルバー(31歳, 18位) 34.00
キキ・ベルテンス(28歳, 10位) 34.00
アマンダ・アニシモバ(18歳, 24位) 34.00
スローン・スティーブンス(26歳, 27位) 41.00
ダニエル・コリンズ(26歳, 25位) 41.00
ヨハンナ・コンタ(28歳, 13位) 41.00
ソフィア・ケニン(21歳, 15位) 41.00
ダイアナ・ヤストレムスカ(19歳, 21位) 41.00
コリ・ガウフ(15歳, 67位) 41.00

2020/1/18時点

全豪OP2020女子優勝
ソフィア・ケニン
(初優勝。キャリア初のGS制覇。この優勝で、ランク10位内も初到達)

優勝オッズ:41.00


全豪OP2019の優勝予想オッズと結果

全豪オープン2019(第107回)
日程:2019年1月14日~27日




全豪オープン2019男子優勝オッズ
(上位30名を抜粋)

ノバク・ジョコビッチ 2.20
ロジャー・フェデラー 6.00
ラファエル・ナダル 8.00
アレクサンダー・ズベレフ 9.00
アンディ・マレー 23.00
ニック・キリオス 23.00
マリン・チリッチ 23.00
ドミニク・ティエム 29.00
カレン・ハチャノフ 29.00
錦織 圭 34.00
ミロシュ・ラオニッチ 34.00
スタン・ワウリンカ 34.00
ダビド・ゴフィン 41.00
デニス・シャポバロフ 41.00
ケビン・アンダーソン 41.00
ステファノス・シチパス 41.00
グリゴール・ディミトロフ 51.00
チャン・ヒョン 51.00
ボルナ・チョリッチ 51.00
カイル・エドマンド 81.00
ジョン・イスナー 81.00
ダニール・メドベージェフ 81.00
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 101.00
ロベルト・バウティスタ・アグート 101.00
ジャック・ソック 126.00
トマーシュ・ベルディハ 126.00
アンドレイ・ルブレフ 126.00
アレックス・デミノー 126.00
サム・クエリー 126.00
リュカ・プイユ 126.00

2019/1/7時点

全豪OP2019男子優勝
ノバク・ジョコビッチ
(2016年以来3年ぶり優勝。フェデラーの6回を抜く7回目の制覇で、最多優勝記録単独トップに)

優勝オッズ:2.20

全豪オープン2019女子優勝オッズ
(上位30名を抜粋)

セリーナ・ウィリアムズ 5.50
大坂なおみ 10.00
シモーナ・ハレプ 11.00
アンゲリク・ケルバー 11.00
エリナ・スビトリナ 13.00
アリナ・サバレンカ 13.00
カロリナ・プリスコバ 15.00
スローン・スティーブンス 15.00
キャロライン・ウォズニアッキ 17.00
ガルビネ・ムグルサ 17.00
ペトラ・クビトバ 21.00
マディソン・キーズ 23.00
キキ・ベルテンス 26.00
マリア・シャラポワ 29.00
アシュリー・バーティ 29.00
ビクトリア・アザレンカ 34.00
ダリア・カサトキナ 34.00
エレナ・オスタペンコ 41.00
キャロリン・ガルシア 41.00
ヨハンナ・コンタ 41.00
ユリア・ゲルゲス 41.00
エリーゼ・メルテンス 51.00
アネット・コンタベイト 51.00
アナスタシヤ・セバストワ 51.00
ワン・チャン 51.00
ベリンダ・ベンチッチ 67.00
ビーナス・ウィリアムズ 67.00
ココ・バンダウェイ 81.00
ドミニカ・チブルコバ 81.00
ダイアナ・ヤストレムスカ 81.00

2019/1/7時点

全豪OP2019女子優勝
大坂なおみ
(初優勝。日本人初の全豪制覇)

優勝オッズ:10.00


全豪OP2018の優勝予想オッズと結果

全豪オープン2018(第106回)
日程:2018年1月15日~28日




全豪オープン2018男子優勝オッズ
(上位30名を抜粋)

ロジャー・フェデラー 2.90
ラファエル・ナダル 5.50
ノバク・ジョコビッチ 6.50
グリゴール・ディミトロフ 10.00
アレクサンダー・ズベレフ 13.00
ニック・キリオス 15.00
ファン・マルティン・デル・ポトロ 15.00
ダビド・ゴファン 21.00
マリン・チリッチ 29.00
ドミニク・ティーム 31.00
スタン・ワウリンカ 34.00
ミロシュ・ラオニッチ 51.00
ジャック・ソック 67.00
デニス・シャポバロフ 67.00
ケヴィン・アンダーソン 67.00
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 81.00
リュカ・プイユ 81.00
ガエル・モンフィス 81.00
ロベルト・バウティスタ・アグート 81.00
トマーシュ・ベルディハ 101.00
アンドレイ・ルブレフ 101.00
ジル・シモン 126.00
アレックス・デミノー 126.00
ジョン・イスナー 151.00
リシャール・ガスケ 151.00
チョン・ヒョン 201.00
サム・クエリー 201.00
パブロ・カレーニョ・ブスタ 201.00
ディエゴ・シュワルツマン 201.00
スティーブ・ジョンソン 201.00

2018/1/14時点

全豪OP2018男子優勝
ロジャー・フェデラー
(2017年に続く連覇、6度目の優勝。これで最多記録タイに)

優勝オッズ:2.90

全豪オープン2018女子優勝オッズ

エリナ・スビトリナ 7.50
シモナ・ハレプ 8.00
カロリナ・プリスコバ 8.50
アンゲリク・ケルバー 11.00
キャロライン・ウォズニアッキ 11.00
ガルビネ・ムグルサ 11.00
マリア・シャラポワ 12.00
ユリア・ゲルゲス 19.00
ヨハンナ・コンタ 19.00
ペトラ・クビトバ 19.00
マディソン・キーズ 21.00
ココ・バンダウェイ 23.00
ヴィーナス・ウィリアムズ 26.00
キャロリン・ガルシア 26.00
アシュリー・バーティ 29.00
ベリンダ・ベンチッチ 29.00
エレナ・オスタペンコ 31.00
スローン・スティーブンス 34.00
ドミニカ・チブルコバ 41.00
アグニエシュカ・ラドワンスカ 51.00
カミラ・ジョルジ 51.00
アナスタシヤ・セバストワ 67.00
ダリア・カサトキナ 67.00
ルーシー・サファロバ 81.00
ダリア・ガブリロワ 81.00
アナスタシア・パブリュチェンコワ 81.00
カテリナ・シニャコバ 101.00
バルボラ・ストリコバ 101.00
カイア・カネピ 101.00
エカテリーナ・マカロワ 101.00

2018/1/14時点

全豪OP2018女子優勝
キャロライン・ウォズニアッキ
(初優勝。また、キャリア初のグランドスラム制覇)

優勝オッズ:11.00


全豪オープンの歴代優勝者(2000年以降)

以下は、2000年以降の全豪OP男子シングルス・女子シングルスの優勝者です。




2000年 アンドレ・アガシ
2001年 アンドレ・アガシ
2002年 トーマス・ヨハンソン
2003年 アンドレ・アガシ
2004年 ロジャー・フェデラー
2005年 マラト・サフィン
2006年 ロジャー・フェデラー
2007年 ロジャー・フェデラー
2008年 ノバク・ジョコビッチ
2009年 ラファエル・ナダル
2010年 ロジャー・フェデラー
2011年 ノバク・ジョコビッチ
2012年 ノバク・ジョコビッチ
2013年 ノバク・ジョコビッチ
2014年 スタン・ワウリンカ
2015年 ノバク・ジョコビッチ
2016年 ノバク・ジョコビッチ
2017年 ロジャー・フェデラー
2018年 ロジャー・フェデラー
2019年 ノバク・ジョコビッチ
2020年 ノバク・ジョコビッチ
2021年 ノバク・ジョコビッチ
2022年 ラファエル・ナダル
2023年 ノバク・ジョコビッチ

2000年 リンゼイ・ダベンポート
2001年 ジェニファー・カプリアティ
2002年 ジェニファー・カプリアティ
2003年 セリーナ・ウィリアムズ
2004年 ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2005年 セリーナ・ウィリアムズ
2006年 アメリ・モレスモ
2007年 セリーナ・ウィリアムズ
2008年 マリア・シャラポワ
2009年 セリーナ・ウィリアムズ
2010年 セリーナ・ウィリアムズ
2011年 キム・クライシュテルス
2012年 ビクトリア・アザレンカ
2013年 ビクトリア・アザレンカ
2014年 李娜
2015年 セリーナ・ウィリアムズ
2016年 アンゲリク・ケルバー
2017年 セリーナ・ウィリアムズ
2018年 キャロライン・ウォズニアッキ
2019年 大坂なおみ
2020年 ソフィア・ケニン
2021年 大坂なおみ
2022年 アシュリー・バーティ
2023年 アリナ・サバレンカ


全豪オープンの生中継を観るには?

ステイクの生中継配信

さて、ここからはブックメーカーの活用に関する情報を。

全豪オープンはWOWOW等の有料配信にて生中継を視聴できますが、実はブックメーカーでもストリーミングの配信対象であり、条件を満たせば毎シーズン実質タダで視聴可能です。

いくつかのブックメーカーは、サイト内にスポーツ中継の配信機能が付いていて、スマホ・パソコンから視聴できます。条件は、無料アカウントの作成(2-3分で完了)と、アカウントに資金をいくらか入れておくこと。残高ゼロでは視聴できませんが、最低入金額(1,000円程度)をデポジットしておけば、それ以後は何も課金されません。

全豪オープンが視聴可能なサイトはいくつかあります。そのなかで使いやすさとクオリティの面から3つの優良サイトをピックアップしました。

ライブ映像の安定度は業界No.1のbet365(ベットサンロクゴ)が最高です。一方、資金の入出金しやすさでは20bet(トゥエンティベット)の方が選択肢が多く、初心者向けです。ビットコインなど仮想通貨を使いたいならStake(ステイク)が最適。

20betの使い方
(入出金しやすい+入金不要スピン付

Bet365の使い方
(世界最高ブランド+10,000円ボーナス

Stakeの使い方
(仮想通貨で遊ぶ+限定オファー付

それぞれ使い分けてお楽しみください。

全豪オープンにブックメーカーで賭けるには?

最後に全豪オープンへの賭けとブックメーカーからのボーナスに関する情報です。

基本的にテニスは、どのブックメーカーサイトでも主要な賭けの対象です。プロツアーにおいて最上位の大会のひとつである全豪オープンは、下位カテゴリの大会にくらべて試合ごとのオッズの種類も豊富であり、各サイトでお得なボーナスイベントも用意されます。

そのボーナスの一例を挙げると、優勝オッズで賭けた選手が試合に勝つたびにフリーベット(賭けに使える架空の資金)がもらえたり、負けても一定額まで返金されるなど。

これらのオファーをうまく活用することで、賭けを通常よりも楽しむことができます。

ブックメーカーについて一切知らずにこのページにお越しなら、まずはプレーの始め方のページで基本的な流れをご確認ください。反対に、すでにプレー中なら、さっそく下記のオファーを使って今大会も利益獲得を!

【常設特典】試合中の賭けで負けても返金

ウィリアムヒルテニスフリーベット

優勝予想オッズを紹介したウィリアムヒルでは、テニスのライブベット(試合中の賭け)で生じた1週間の累積損失の10%がフリーベットで返金されます。

このオファーは常設で、全豪オープンに限ったものではありません。すべての大会に適用されます。テニスの試合中に賭ける際、少しはリスクヘッジとなるため、ありがたい。

全豪オープン2023のボーナス情報

以下は、2023年の全豪に用意されているボーナスイベントです。

アイオーの全豪オープン2023フリーベット

日本人にも大人気のブックメーカー「スポーツベットアイオー」では、今大会の男子シングルスの優勝予想オッズでナダルに賭けておくと、ナダルが試合に勝つたびにフリーベットがもらえるオファーが登場しています。

このほかのボーナス情報はブックメーカーの入金不要ボーナスや最新イベントまとめのページからご確認ください。

ブックメーカーボーナス・フリーベット一覧(随時更新)
ブックメーカー入金不要ボーナス・限定フリーベット・イベント情報まとめ【最新一覧】

このページは、ブックメーカーが提供するウェルカムオファー(これから利用を始める新規ユーザー向けのボーナス特典)や、プレー中の既存ユーザーも参加できるボーナスイベントの情報をまとめた一覧ページです。ブッ ...

続きを見る

当ページでは、ブックメーカーによる全豪オープンの大会前時点の優勝オッズを記録として毎年アップしていきますので、「今大会の前評判はどうだろう?」「去年、一昨年のオッズは何倍だったかな?」と気になった際にご活用いただけますと幸いです。(ブックメーカーによって各選手のオッズは若干異なるため、あくまで目安感覚でお使いください)

賭けるなら、事前に各選手の情報収集をお忘れなく。年始のユナイテッド・カップ、アデレード国際、オークランド・オープンなど直前の大会においての結果や、練習の様子を見て選手ごとの調子をチェックしてください。そのうえで、好きな選手への応援賭けや見込みありそうな選手に賭けておくと、大会を最後まで楽しめると思います。

試合ごとの賭けについてはテニスのオッズの種類と賭け方の解説のページで詳しく説明しているので、合わせて参照ください。

皆様の予想的中と賞金獲得をお祈りしております!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-テニスオッズ