PR ベッターズボイス

【第6回メモリアルベット】各種W杯に燃えた一年!2023年のスポーツベット体験談投稿まとめ

メモリアルベット(ブックメーカー)

2023年のベットを振り返る

新年あけましておめでとうございます。

こちらは、昨年12月に開催しましたメモリアルベット(第6回)で、皆様から頂戴した投稿のまとめページです。

メモリアルベットは、思い出深いスポーツベット体験談を募集する当サイト恒例イベント。「いつもサイトにお越しいただいているベッターの皆様へ、感謝を込めてプレゼント付きの楽しいイベントを開催しよう」という意図で始めました。

今回は第6弾、2023年のイベントで記憶に残るベット体験を綴っていただきました。

予想ドンピシャリの嬉しい勝利、まさかの展開による悔しい敗戦。高額賞金ゲット、オールイン爆死。推し選手の優勝に涙し、思わぬ伏兵に逆転されてパニック。WBC、バスケ、ラグビー、女子サッカーのワールドカップなど、各スポーツで国際大会が多かった2023年。スポーツベッターの悲喜交々な体験談をお楽しみください!

第6回メモリアルベット投稿発表!!

(いただいた投稿文は、一部に文字装飾と改行を加えています)

tj**さん

総合格闘技のRIZINです。

鈴木ちひろのファンなので応援ベットを100ドルほどしていましたが、超難敵と言われているピットブル、ケラモフを一撃でマットに沈めた姿は衝撃でした。

どちらもオッズは4倍近くあり、大方の予想を遥かに裏切る結果となりました。

元々の打撃センスがズバ抜けていましたが、世界に通用することを証明し、パウンドフォーパウンドにもランクインした時の感動と興奮は一生忘れないでしょう。

日本の総合格闘技を背負って立つ男にこれからもフルbet!

誰**さん

スポーツに分類されていたので投稿させて頂きますが、2023年の中で最も思い出に残っているベットはBETRNKオリジナルにあった『ツイッタークイーンは誰だ?』というベットです。

7月18日から8月18日の間でフォロワーを最も獲得した人を当てるという賭けでしたが

以前、イーロンマスクのフォロワーの賭けを行った際にSOCIALBLADEという

ツイッターのフォロワー数の推移を見れるサイトを知っていたので

そちらの方で賭けの対象者を全員調べてみたところ

三上悠亜だけが毎日3,4000人のペースでフォロワーが増えていました。

次点で深田えいみやえなこが毎日1000人ほどのペースで増えていましたが実にその4倍のペースです。

他の対象者は増減2ケタ、若しくはフォロワーが減っているという状況だったので

これは三上悠亜しかありえないと思い、見事2.5倍で的中しました。

的中したのも嬉しいですが、自分で解析して予想した通りの結果になったというのがとても嬉しかったです。

余談ですが、『ツイッターキングは誰だ?』『THREADSキング/クイーンは誰だ?』というベットもありましたが、そちらも解析して、ヒカキン、堀米雄斗、本田翼を全て的中させました。

自分の予想も完璧で嬉しかったし、賭けの項目としても面白かったです。

sa**さん

NBAより11/28に行われたナゲッツvsクリッパーズの試合から「ラッセルウエストブルックのダブルダブルyes」をピックアップさせていただきます。

クリッパーズのホーム戦でナゲッツはヨキッチ達主力の欠場が目立つ中、クリッパーズは万全の状態。

自らベンチスタートを志願したラスですがダブルダブルを達成する能力は十分にあり、また相手の選手状態的にも期待のできるbetでした。

無事にラスはダブルダブルを達成してくれたものの、より印象に残っているのはやはり、古巣相手にハッスルしたレジージャクソンとディアンドレジョーダンの活躍。

主力の多くを欠くナゲッツは二人の活躍でアウェイながらも見事勝利。

ラスのダブルダブル達成も嬉しかったですが、この二人の活躍がかなり印象の残る試合となりました。

AD**さん

今年一番のベットはなでしこジャパン五輪予選のウズベキスタン戦です。

2点リードしてから見始めたのですが、どうやら慎重にパス回しをしている様子でした。

いつ攻撃のスイッチを入れるのだろうとワクワクしていたらそれもなし。様子がおかしかったのでTwitterで検索してみると、有利なレギュレーションを受けるにはこれ以上点を取ってはいけないとのことでした笑

アンダー3.5が空いていたので、行けるだけベットしました!

75分間点を取ってはいけないサッカーを見たのはインパクトすごかったです。

あき**さん

バスケのPP(プレーヤープロップ)で選手の3ptアンダーにベットしており、アンダー0.5で試合終了直前までいい感じで最後数秒で握手で終わっていい場面で、その選手は何故かヤケクソに3ptを乱発しだし、なんと残り1秒切ったくらいの時間に入って負け扱いになってしまうということがありました。

普段からPPで選手にベットするのですが、良くも悪くも選手に対しての印象が変わって、その後からその選手にベットしなくなりました。

それからは余裕もったベットに切り替えてチキンレースはやめました。

go**さん

ゴールデンウィーク終盤の5月7日、J2の清水vsいわきを見ていました。前半からホーム清水が圧倒し3-0。J3からの昇格組であるいわきは清水の強力なオフェンス陣にいいようにやられていました。

後半に入っても清水は攻撃の手を緩めず、5点目を取ってもなお前がかりに攻め込んでいました。

まだまだ点が入りそうだなと思い、365のオッズを見てみると清水のTeam Goal Over 7.5が確か8倍程度で8.5が13倍ありました。正直二桁得点を目指せそうなほど清水が圧倒していたため、欲張ってOver8.5@13倍にベット!

すかさず6点目が入りこれはもらったなと思っていました。

しかし、ブックメーカーあるあるでOverにベットすると急に試合のテンポ落ちる現象が発生し、71分に7点目が決まったのは良いものの、そこからいわきも攻め込むように…

もうダメだぁ~と思っていたら85分に8点目!一矢報いようとするいわきの攻勢で、逆に清水のカウンターが威力を発揮しやすくなりました。

ロスタイムに入るとなんといわきが1点を返しました。「違う!そっちじゃない!」と叫びながら長過ぎるロスタイムに奇跡を祈っていた98分!

清水がPKをゲット!

生まれてからずっと磐田ファンの私ですが、こんなにも清水を応援した日はありません。ましてや試合結果も決している終盤の清水のPKに対して、画面にかじりつくように見入っていました。

PKはエースサンタナがきっちり決めて見事13倍ゲット!!

ゴールデンウィークの最後に良いことありました!

リーグは見事磐田が昇格しましたが、感謝の意味も込めて昇格プレーオフは清水を応援しようと思います!

KK**さん

11/1 AFCオリンピック予選 女子
日本対ベトナム
オーストラリア対チャイニーズタイペイ

日本、オーストラリアともに力の差は歴然で勝利は間違いないと思ってました。

ただ、予選特有の攻め続けても点が入らない展開もあるのでは?と思い、2試合ともにコーナーover11➕得点under6の25倍マルチを少額持っておりました。

放映もなかったので、スコアサイトでテキストを途中まで見ながら、点が入らない事を願い(もちろん日本勝利は願ってます。笑)展開をみておりました。

オーストリア戦のHTまで見たところで、寝落ちしてしまい、翌朝ログインすると・・・ほかほかでした。

まぁ、滅多に当たらないので調子に乗らないようマルチはほどほどにしておきます

た**さん

2023年7月12日、テニスでのベット。

タイで行われたITFで、日本人選手の川上倫平を狙っていた。

ベット項目はMLでオッズは川上1.03倍、相手10倍とかなりのアンダードッグでした。

川上は、この一ヶ月前に風邪でITF韓国で棄権してからずっと体調面で不安がありました。一度帰国しましたが、あまり回復せずタイに移動してタイ(1週前の大会)でも棄権しました。

そこから8日間、高温多湿で慣れない環境で回復できていないと思ったのと、前日左足の太腿の後ろを痛めてたこと、SNSを見ていてもかなりプライドが高そうで、負けそうになれば棄権は十分あり得るコンディションだと思ったこと、相手は地元選手で環境にも慣れていたことや初ATPポイント獲得に向けて準備していたことを考慮し、相手ML10倍にベットしました。

業者が組み込めない情報を拾い、的中したことと、ザブック予想大会で残り10コインからこの投稿を的中させて月間3位まで巻き返したので印象に残っています。

シザ**さん

2023年でのベットの中で1番痺れたのが、低オッズ1.2の×3マルチを毎日コツコツ5000円ほどベットして楽しんでいた時のことです。

最初は順調だったのですが、途中どんどん残高が減って行き、残りが入金額の半分以下の金額になり、吹っ切れてしまい残りを魂の全ツ!してしまいました。

そのベットは見事に成功し最初の入金額以上に捲れました。

タイミングが最高で、とても嬉しかったのを覚えてます。

最終的にはどんどん減って行き、なくなってしまいました笑

どう**さん

UFCの試合で、UFC 292: Sterling vs. O'Malleyで行われた、今をときめくスターであるイアン・ギャリーvsニール・マグニーです。

この試合は大衆の期待を反映して大きくギャリーがフェイバリットでしたが、私の読みではギャリーはフレームを使ったカウンターストライカーであり、非常にタフで、同等の体格をもつマグニーであればそれほど苦戦せず、少なくとも接戦、よければ勝利もありうると考えました。

さらに私が注目したベット項目はギャリーNOITD2.0であり、ほとんどSUBのないギャリーならば、今まで一度もKOされたことのないマグニーをKOをする可能性は極めて低いと考え、かなりの額をベットしました。

が、始まってみれば序盤からギャリーのカーフを効かされたマグニーはへろへろで防戦一方。ギャリーに徹底的にボコボコにされて、いつレフリーが止めてもおかしくない状況で、15分間ほぼ死んだような気持ちで試合を見ていました。

結果としてはベットには勝利したものの、やはりMMAに絶対はないのだなと改めて痛感した試合でした。

セ**さん

前回の「穴と諭吉 第9回」の際に、Rybakina vs Swiatekを投稿しましたので、引き続きSwiatekの試合を投稿したいと思います。

試合はWimbledonのQUARTER-FINALS Svitolina(6倍) vs Swiatek(1.1倍)です。

Swiatekが圧倒的フェイバリットで、私もSwiatekが勝つと思っていたので事前1.1倍では賭ける意味ないと思い賭けませんでした。

試合を見始めるとSwiatekがやはり有利に試合を進めるのですが、第1セットのServing for the setでブレイクされ5-5のイーブンになりました。

タイブレークまで行けばSvitolinaにもチャンスあると思い、ここでML 約5倍、第1セットML 約3倍にLIVEベットしました。

そしたら、Svitolinaが息を吹き返し、タイブレークまで行かずにあっと言う間に第1セットを取って3倍ゲット出来ました。

あとはMLの5倍ですが、PINNACLEで賭けたのでキャッシュアウト出来ず、最後まで付き合います。

もちろん第2セットで決めてくれると嬉しいのですが、接戦の末にSwiatekが取り返して1-1に。

良い時に買えたと思った5倍のオッズもほぼ元通りに…

第3セットはやはりSwiatekが勢いのままに…と思いきや、逆にSvitolinaが快進撃でまさかの世界1位を撃破。

いやぁーまさかSvitolinaがSwiatekに勝つとは、観客も盛り上がってて、試合自体もすごく白熱したいい試合でした。

MLの方は淡い期待で賭けたので期待してなかったのですが、事前オッズとあまり変わらない高オッズを取れて本当に良かった。

自分のLIVEベットしたタイミングがばっちり決まったのもとても気持ち良かったです。

イリ**さん

先日行われたJ2プレーオフ決勝の清水と東京Vの試合でのベットです。

試合終盤、清水が1‐0でリードしている場面でしたがお互い次の1点で状況変わる場面でしたので、リスクを冒して攻めにいく結果どちらかに1点入るだろうと、85分過ぎた辺りでゴールover1.5へ(オッズは3.5)ベット。

きわどい判定でしたが終盤でPKをもらい無事に決め、的中。

自分の予想通りに決まった瞬間にエンドルフィンが分泌されていることを実感し、最高に気持ち良かったです。

なお、予想の精度的には清水は逃げ切ろうとしてたので、微妙だったなと反省してます。

ク**さん

MLBのロッキーズは今季30チーム中27位の成績の弱小チームなんですが、自分にとっては相性の良いチームなんで結構好きなんです。

思い出に残ってるのは、ロッキーズ vs パドレスの「Winner & total  ロッキーズ & o8.5」に賭けた試合です。

ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドは高地にあって、点が入りやすい球場です。

ですので、o8.5というのはクアーズ・フィールド基準では低いラインになり、オッズもそれなりに下がりますが安全をとってo8.5のラインにしました。

あとWinner & totalなんでo8.5をクリアしてもパドレスが勝ったら当然ハズレです。

試合が始まり幸先よく先制しますが、簡単に逆転されて、8回の時点で1-3とロッキーズが負けています。

察する通り、もうとっくに勝つのは諦めていますw

予想外に点入らんし、負けてるし、裏の攻撃なんでもし逆転しても4-3でo8.5を超えないんですよね…

しかし8回裏でロッキーズが2ランHRで追いつき3-3に。

こうなると延長もあるので一気に話しが変わり勝利も見えてきましたが、9回に入りパドレスが再度勝ち越しで4-3になりました。

テンションのアップダウンが激しいです。

こちらも再度諦めモードですが、9回裏のロッキーズの攻撃でいきなりソロHRで4-4に追いつきます。

この時点でo8.5は確定したので後はロッキーズが勝つだけになり、うおおぉぉぉぉと喜んでいると、急に雨が降ってきて2時間位中断になりました。

そのおかげで相手ピッチャーが変わってくれて、そのままロッキーズがサヨナラHRで5-4で勝ちました。

オッズはOverのラインを下げたので3.3倍なんですが、安全をとったことでベットに勝つことが出来ました。

欲をかかなかったことと、負けを覚悟してたところからの劇的な逆転劇だったので、思い出に残るベットでした。

バ**さん

今年のベット振り返って考えてもあまり印象的なのなくて困ってたんですが、つい昨日のプレミアリーグでのプレイヤープロップのシュート数が自分史上1番あっさり勝てて印象的だったので投稿させて頂きます。

エバートン対ニューカッスル戦でアシュリーヤングがいつものRBではなく右ウイングで先発。シュート2本以上でなんと6倍がついていて、これが前半8分でクリア!

また次のスパーズ対ウエストハム戦でもトップ下で先発のロチェルソがシュート2本以上で2.2倍ついていて、これが前半20分でクリア!とどちらも序盤すぐに勝つことができました。

今年のプレミアリーグからシュートやパスPPに手を出し始めたんですが、すっかりハマってしまい半分くらいのベットがPPになりつつあります。

なかでもシュートオーバーは試合途中でも打たれた時点で勝利確定っていうのが、すごく気持ち良いです笑

春**さん

2023年はWBCの年でした。

ベット自体は普通なんですが、日本中が注目した世界一を懸けた試合だったので、WBCの試合が心に残っています。

決勝の試合は日本対アメリカと夢のカードです。

試合を予想した結果

・アメリカと比較して日本のやる気が凄い

・アメリカは投手陣がそこまでではない

・今永、戸郷、大勢などの投手の選手分析をアメリカ側は多分全然してない

などの理由から日本が絶対に勝つと思い、日本勝利2倍とアンダー9.5 2倍に10万をドーンと賭けました。

野球はやはり投手が大事だと思います。

アメリカのバッターは凄いメンツですが、初対決なら間違いなく投手が有利です。

2、3巡目なら対応してくると思いますが、WBCでは投手をコロコロ変更するので1回限りの対決になり、投手の能力や持ち球を把握出来ずあまり打てないと思いました。

なのでアンダー9.5は自信があったのですが、日本の打線が好調なのでむしろそっちが怖かったです。

結果は3-2で日本が勝利。

見事に読み切って予想通りの結果になりました。

日本も世界一になって私の懐もホクホク、もう言うこと無しです。

マイ**さん

2023年メモリアルベットは天皇杯ファイナル川崎フロンターレvs柏レイソルの試合、柏レイソル優勝 です。

天皇杯ファイナルでは3人を欠き、リーグでは残留争いをしていた柏レイソル。

下馬評では圧倒的川崎有利であったと思います。

終始レイソルの前線からのプレスで川崎の良さを消すことは出来ていましたが、その先のあと一歩につながらないのが今年の象徴。

PKまでもつれこみ、お互いここで決めれば優勝の場面なんかもありつつ、最後は川崎の勝利。

目の前でシャーレをかがけてもらうことはまたお預けとなりました。

来年につながる強い気持ちをみることができ、試合、ベットともに負けはしましたが、良い刺激をもらえた試合でした。

ヤ**さん

10月に行われたラグビーW杯、日本対アルゼンチン戦を現地観戦した際に日本の勝ちにベットしました。

残念ながら的中はしませんでしたが、会場の雰囲気や日本が勝ってもおかしくない試合展開だったため、今年1興奮しました。

また、海外ではサイトに繋がらないことを現地に行ってから知り、どうしようか困っていた所をTwitter内で様々な方にサポートしていただき、無事にサイトにアクセスできる、ベットができたことも思い出の1つとなっています。

は**さん

今年の思い出といえばなんといってもF1の絶対王者マックスフェルスタッペンに尽きますね。22回開催のうち優勝は19回という圧倒的な成績でした。

優勝オッズは予選前ならおよそ1.2倍前後で、予選の順位が低い時はもう少しオッズがつくこともあり、何度か転がせばかなり美味しかったです。

もちろん負けることがあるというのは承知の上ですが、他の競技で負けが込んだときも全ツした時も、期待に応えてくれて今年は何度も助けてもらいました。

来季は日本人ドライバーの角田選手のさらなる飛躍にも期待したいところですね。

れ**さん

毎年今年は何があったかなぁと逡巡し、結局思い出せずつい最近のものを記載していましたが今年はスパっと決まりました。

ラグビーワールドカップの準々決勝フランス対南アフリカ戦です。

私はフランスの優勝にベットしており初めはもちろんフランスを応援していましたが、コルビによるペナルティキックのスーパーセーブをはじめ南アフリカの熱いプレーを見ているにつれ、段々南アフリカ寄りで観戦するようになりました。

ベット側じゃない方が勝って良かったと思う経験は中々無かったので、印象に残っています。

ワ**さん

今年のメモリアルベットは女子W杯の日本 vs スペインです。

男子サッカーのランクは把握しているのですが、女子の方はそこまでしっかり把握していませんでした。

ただ日本は優勝したこともあるし、女子サッカーでは優勝候補レベルのイメージがありました。

ですので、日本 5倍 vs スペイン 1.8倍が私の中ではどうしても美味しいオッズに思えて仕方ありません。

女子サッカーではアメリカが激強なのは知ってたので、そこだけ避ければいいという感じで、スペインがどこまでの強さかは疑問がありました。

そんなこんなで応援の想いもあり、日本にベットしました。

…で、結果は世界中がご存じの通り前半だけで3-0www

最終スコア4-0で日本の完勝でした!

サッカーのMLにベットして、前半で3-0の時の嬉しさや安心感は半端ありません!!!

やっぱりなでしこJAPAN強いですね、お見事でした!

まぁもしかしたらスペインは決勝トーナメントの対戦相手を考えた部分や消化試合感もあるかもしれないけれど、そんなことはこっちはどうでもいいんです!

この試合の5倍が取れればいいんです!

ありがとうなでしこJAPAN!!

優勝おめでとうスペイン!!

S**さん

お久しぶりです!

先ほど紹介してもらったクライマックスシリーズの100倍を逃したものです。

あれからBリーグにシフトしてスポーツベットを楽しんでいます!

先日行われたの琉球×信州戦で琉球が残り2分弱で12点差を逆転して見事組んでいたマルチが取れた時は安心と共に恐怖さえ覚えました。

今年が終わってもBリーグに賭け続ける予定です!

無事就職も決まって一安心です!

この企画最高なのでこれからも楽しみにしてます!!ありがとうございました!!

FO**さん

12/16のセリエA第16節、レッチェvsエンポリ戦のピッコリのシュートoverです。

前半11分に得点にもなる1本以降、後半30分に至るまでシュートなし。

完全に諦めていましたがそこから怒涛の3本でover3.5の5.85倍までとることができました。

PPが各ブックメーカー充実してきて、若手選手の応援ベットも楽しめるようになってきた1年だったと思います。

特にシュートの場合はビハインドの時こそ盛り上がるのがいいですね!

ブク**さん

「私が賭けると順当な試合に波乱が起こる」と、よくベットしていた頃には自虐的に発言することも多かったものの、ここ最近は、そこまで大きな額を順当オッズにということもなかったのですが、2023年は一発大きめのをやらかしました。

そして、その時に、私が賭ければ・・・の負のオーラの神としての才能を再認識して、今後はそれで生きていこうと心に決めた(嘘)ベットをメモリアルベットとしてお届けしますw

リーグ戦を4位で終えてACLの出場権を獲得できなかった浦和レッズは、今季はアジアチャンピオンズリーグでも苦戦し、グループステージ突破には最終戦のハノイ戦での勝利が必須。

ホームでのハノイ戦は大勝していたこともあり、また、ACL優勝の重要度も増した状況でのアウェイのハノイ戦ということで、特に調べなくても勝利はするでしょうと考えて、1.2倍くらいの浦和レッズ勝利に結構な額をはりました。

いざ試合を見てみると・・・PK獲得(余裕!)・・・失敗!(ん?)・・・後半早々に失点(まだまだ大丈夫)・・・同点に追いつき(余裕!)・・・あれ、決まらないし、相手のカウンターで結構危険な場面作られているぞ(ドキドキ)・・・そして、PK献上・・・終了。

こんな感じでしたw

シーズン終盤のチーム状況(怪我など含めて)を調べていれば、伏線になった理由はたくさん見つかり、実際に試合を見ている中で、満身創痍の選手が複数いることを知っても、もう手遅れ。

大勝負する試合は、細かい選手の状態までしっかり調べましょうという教訓になりました。

芋**さん

9月10日に行われたドイツ対日本の代表戦でベットしたトータルゴールオーバー2.5/3、日本のゴールオーバー1.5、日本のMLなど全て的中したのが記憶に残っています。

ドイツとしては2022年W杯のグループステージで直接対決し敗れた相手である日本を招待してのリベンジマッチでしたが、相変わらず低調な状況で日本人としても楽しみにしていた試合でした。

内容は前半から3点が入る見応えのある試合で、終了間際に日本が2点の追加点を奪い4-1で勝利。

W杯に続き低調とはいえ、強豪ドイツ相手に大量得点での連勝でベットも当たり、自国のチームを応援しながらするベットは格別だなと感じました。

ノル**さん

バスケットボールは普段見ないのですが、ワールドカップが日本開催ということでテレビも盛り上がっていたので賭けてみました。

ドイツにはすでに負けていたので、グループリーグ第2戦のフィンランド戦に賭けることにしました。

日本開催なので全敗はないだろうと思い、約5倍のオッズの日本に応援ベットしました。

試合が始まり、イメージだけでフィンランド相手なら勝てるんじゃないかと思ってたら、普通にフィンランド強かったです。

第3Q終了の時点で63-73と10点差負けで勝つのは諦めていましたが、第4Qでまさかの日本の河村選手が大爆発!

めちゃくちゃカッコいい3Pをバシバシ決めて逆転勝利!!

素晴らしい試合で観客も盛り上がっていて感動しました、まさに記憶に残るベットでした。

ロック**さん

テニスの全豪オープン2023のアンディマレーvsコキナキス。

手術で一時は引退も視野にあったマレーと、地元オーストラリアのコキナキスの試合。

BIG4といえど全盛期よりは程遠いマレーということもあり、コキナキス勝ちにベット。

第1,2セットはコキナキスが取り、第3セットもコキナキスが先にブレイクし、勝利を確信しました。

が、さすがbig4。

どんなに厳しい打球でも相手のコートに打ち返すマレー。

全盛期なみのフットワークでした。

ここからのカムバックは今大会、いや今年のハイライトだと個人的に感じます。

ベットは負けましたが、最高に感動した試合で最後まで試合を見れたことが幸せです。

次の日の仕事はマレー並みのフットワークでこなしました。

北**さん

今年のメモリアルベットとして、UFCヘビー級のデリック・ルイス対マルコス・ホジェリオ・デ・リマの一戦を挙げます。

デリック・ルイスはUFC最多KO記録を持つハードパンチャー。

しかし最近はトップクラスの選手相手にボロ負けが続いているような状況。

対するリマは前座戦線で好成績を上げている中堅選手。

たしかオープニングオッズはイーブンぐらいだったと思います。

自分としては、イーブンならルイスだろ、と思いベット。

その後2,3週間ほどでルイス勝ちのオッズは2.5倍に上昇。

リマの評価はそんなに高かったかなー?と思いつつ、これは美味しいと判断して追加でベット。

しかし、さらにその後、試合前日にはルイスのオッズは3.0倍にまで上昇。

海外の予想サイトなどでも、デリック・ルイスは衰えてもうダメだという意見が多数派で、それを読んでいるとなんだか自分の判断が間違ってたようで、自信が無くなってきました。

そして試合当日。

レフェリーのファイトの掛け声の直後にルイスの飛び膝一閃!!リマ、ダウン!!そこからパウンドの連打でレフェリーストップ!!

リマに一発のパンチも出させず、秒殺でルイスの圧勝!!

ほら見たか!!

ルイスさんは強えーんだよ!!

と、体が震えるほどの興奮を覚えました。

これがスポーツベットの醍醐味でしょう。

鼻毛**さん

バスケットボールW杯のアンゴラvs中国戦

中国の勝ち4倍以上のオッズに10万円ほどベットしました。

その大会ではカイルアンダーソンの帰化もあり意外と期待感が高かった中国。

しかし、予選最初の3試合ですべて約20点差をつけられて負けてオワコンムードでした。

一方アンゴラは1勝2敗スタートで負けた2試合も格上とみられるイタリアとドミニカ共和国に接戦を演じていました。

ですがこの大会のここまでの結果だけに囚われず、シンプルに考れば別にそこまで差はないと思うし、国際大会なんて正確なオッズは付けづらいので予選の結果に流されすぎ、とりあえず「アンゴラ過大評価やろ」って中国にベットしたら案の定たいした力の差はなく、中国が後半に突き放して難なく4倍GETでした。

きんか**さん

今年の日本シリーズの阪神対オリックスの阪神にバイト代全てつぎ込んでベットしました。

日本シリーズの勝者にベットしたのでオッズは大体2倍ほどだったと思います。

全部で7戦あるので毎試合毎試合ドキドキで画面の前で両手を合わせて観戦していました。

1番印象に残ってる試合が甲子園で行われた第6戦の0-2からリリーフを打ち崩して一挙7得点を取って逆転した試合です。

こっから勢いに乗った阪神は、そのまま日本シリーズを制覇し私の財布を潤わせてくれました!!!

阪神タイガース!!!

ろ**さん

私の今年一番のメモリアルベットは、オーストラリアAリーグR7 ウェスタンシドニーvsメルボルンビクトリー戦でベットした「B・フォルナローリが最初にゴールを決める@5.0倍」です。

私のXアカウントでもポストしたので的中画像をご覧になった方もいらっしゃったかと思います。

そのポスト内で言及していなかったのですがこのベット、実はベット額を一桁間違えたミスベットでした。

普段1u=4000円~5000円でプレイをしているのですがこのベットには10u分50,000円のベットをしてしまったのです。

シーズン開幕から負けのないメルボルンビクトリーのエースではありますが、アウェイでそう簡単にはいかないだろうと半ばあきらめて試合を見始めると、序盤からし込むメルボルンビクトリー。フォルナローリにもゴール前で何度もボールが収まります。

いけるかも…そう思っていると、なんと前半8分にこぼれ球を押し込み、フォルナローリがゴール!

試合開始早々に20万円の利益…!

普段1.2万円の利益で喜んでいる私としたらとんでもない払い戻しに興奮が収まりませんでした。

その後はなんとフォルナローリが4ゴールを決め、打ち合いの末3-4でメルボルンビクトリーが勝利。

乱打戦となりライブベットでもそこそこの額を取れて大満足の試合でした。

そんなフォルナローリですがこの試合の活躍によりアジアカップのオーストラリア代表に選ばれました!

ベットを取れた御恩もあるので、サムライブルーの次に応援しようと思います!

さに**さん

某ディスコードで時々ベットを共有させていただくことがあるのですが、チェルシー対ブレントフォードの試合に某ブックでビルダーを作りました。

スタメンを見るにブレントフォードは対格上仕様のフォーメーションで引き込んでカウンター狙いが予想されました。

内容としてはカイセドのパスオーバーを主軸に、どうせならということで低いラインでチアゴシウバのパスオーバーを混ぜるという余計な事をしてしまいました。

試合が始まってみると内容は大方予想通りチェルシーがポゼする展開でしたが、ブロックが低すぎてドフリーなカイセドのパスは増えまくりましたが、ついでに追加したチアゴシウバまでボールが降りて来ずに伸び悩んでしまいました。

試合としてはブレントフォードがカウンターから先制しビハインドとなった影響もありチアゴシウバもビルドアップに加わり少しずつパスは増えていきましたが、あと少し足りないかなという印象..そんな中、後半ATに「あとパス1本でラインの80到達」や..ってとこでブレントフォードに追加点..勝ちを確信しセレブレーションをするブレントフォードの面々を横目に負けを覚悟しました。。

チェルシーキックオフで再開になりましたが、そこでなんとチアゴシウバにパスが降りてきてポンポンと2本ほどパスしてくれました..一歩遅れたブレントフォードサポばりに私も歓喜しました。。

しかし試合後、ウキウキしてベットスリップの確定を待っていると負け扱いになっており問い合わせたところ、そちらのブックで引用しているスタッツサイトが聞いた事ないようなドマイナーなところらしく、そっちのスタッツではチアゴシウバが1本足りない計算になってます..とのことでした。。(泣)

地獄から天国からの地獄、かつ謎のスタッツサイト紹介されたあたり個人的にはツボった流れでしたので、今回記載させていただきました。

もっ**さん

2023年12月24日の日曜日の有馬記念でドウデュースのシングルベットに賭けた話です。

ブックメーカーのオッズは6.3倍で、国内のオッズより1倍程度高い状態でした。

私は普段賭けても数千円程度ですが、有馬記念には10万円を賭けると決めていました。

10万円ともなると1倍の差はとても大きく、迷わずブックメーカーで賭けることにしました。

直線に入るまで逃げているタイトルホルダーとの差が大きく心の中で早く差してくれとずっと願っていました。

額が額なのでもうずっと神頼みしている状態でしたが、最後の200mで差してくれてゴールした瞬間自然と声が出ていました。

去年の有馬記念は外していたので、今年はもう大満足です。

来年また美味しいオッズで的中させたいですね。

は**さん

今年の凱旋門賞、普段は勝つために購入するが、今回は前走の宝塚記念でものすごい末脚を見せたスルーセブンシーズ。

応援のため1000円だけ購入。オッズは確か10倍くらいだったか、期待と不安もありつつ中継をみる

スタートが良くなく終始、後方からの位置どりとなったので末脚に期待した。

後方追い込みとなったが良い末脚を見せてくれ結果4着。あたりはしなかったものの今後に期待できる馬だなあと思ったものの、この間引退発表・・・

悲しいですね・・・

ます**さん

12月29日、NBAでのロサンゼルスレイカーズvsシャーロットホーネッツ。ベットは初心者だけどもバスケにはそこそこ知識人には自信があるのでレイカーズにベット。

オッズは1.16と安いものの、鉄板だと思い5万円ベット。

終始レイカーズが有利し、我らが日本の星、八村塁選手も出場し、17得点の大活躍を見せチームも大勝利!

オッズは安かったものの嬉しい、まさか日本の選手があのキングレブロンと同じチームでプレーをし、それを見ることができるのは幸せですな

さく**さん

NBA ヨキッチ o0.5トリプルダブル

11/30のUTA戦にて最終第4Q開始時に8アシスト6リバウンド(要2アシスト4リバウンド)だったため今日は無理かと諦めムード。

そんな中、出場早々2つのパスでアシストをクリア、その後リバウンドを重ね残り4分で1リバウンド出来れば勝ちというラインまで到達。

諦めムードから一転4分あればもはや確定でしょと浮かれ始めるとあら不思議、そこから一切リバウンド機会が訪れず最終的には手を伸ばせば取れるボールを他人に任せる姿を見て敗北を悟る。

残り10秒で相手のシュートが外れラストチャンス到来!がしかしこの男やはり飛び込みません!やっぱダメじゃん!と嘆いたところ、ジャンプした選手が掴めず別の選手も弾いてしまい最終的に何故かヨキッチの手の中へ。

残り8秒、ボールと共に勝利が転がり込んでくる形になりました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました

いかがでしたか?すでにブックメーカーでプレー中なら、ほかのベッターさんの投稿を読んで「同じものに賭けていた!」「そういう切り口からの楽しみ方も良さそう!」という発見や、「その展開は痛いほどわかる…」という共感があったのではないでしょうか?

個人的には、ベットランクの「ツイッターのフォロワー数予想」に賭けて的中させた方の体験がインパクト大でした。

Betrnkのツイッタークイーン予想

ベットランクはおもしろい独自オッズを頻繁に発表しています。2023年の夏にこのオッズを見かけた際、当サイトでもネタコラムとして掲載しようかと検討しましたが、結局スルーしていました。あのオッズに、データチェックまでして掘り下げてベットしていた人がいることに感動を覚えました(笑)画像内で三上悠亜さんのオッズは2.2倍に下がっていましたが、投稿者様は2.5倍の時点に獲られたとのこと。お見事です!

ほかにも、Jリーグでオーバー8.5予想からの後半アディショナルタイムのドキドキ感や、MLBスコアキャスト逆転劇の興奮、テニスや格闘技の詳細な選手分析による予想&的中、現地観戦の思い出、逆神発動、プレイヤープロップのピンポイント狙い、WBC、バスケ、ワールドカップ、なでしこの応援ベットの喜び、すべて読者として大いに楽しませていただきました。

ご参加いただいた皆さま、改めてありがとうございました。

今回の参加御礼のギフト券(3,000円)は、投稿時に頂戴したメールアドレス宛に1月10日までに送付予定です。(ルールに則り当方の判断で重複と疑わしき投稿は非掲載とし、ギフト券進呈もございません。ご了承ください)

Sportsbet.ioスペシャル抽選会

ハメス・ロドリゲスのサイン入りシャツ表

コロンビア代表ハメス・ロドリゲスの直筆サイン

サンパウロFC所属

ハメス・ロドリゲス
(コロンビア代表)

直筆サイン入りシャツ

さらに今回のメモリアルベットでは、スポーツベットアイオーのスペシャル抽選会も同時開催していました。賞品はブラジル・サンパウロFC所属、コロンビア代表ハメス・ロドリゲスの直筆サイン入りシャツです。スポーツベットアイオーがサンパウロのスポンサーだったために実現した企画なのですが、なんと2023年12月をもってアイオーとサンパウロとの契約は満了に。そのため、このシャツは今後入手困難なレアアイテムとなりました。

当選者様には、スポーツベットアイオーから直接連絡が届きます。(1月8日の月曜日に連絡予定とのこと)残念ながら外れてしまった方は、また次回のイベントにて挑戦をお待ちしております!(いただいたコメントは、すべてマネージャーに伝えました)

メモリアルベットは次回(2024年末)も開催予定です。その投稿のために「これは自分にとって今年のハイライトだな!」と体験をストックしつつお楽しみを。本イベントが、2024年のスポーツを一層楽しむスパイスになれば幸いです!

あと余談ですが、今月12日に開幕するサッカーの国際大会「アジアカップ」でも応援系イベントを開催予定です。X(Twitter)にて発信しますので、随時ご確認ください。

ユニークな特徴を持つ
高評価ブックメーカーリスト



人気No.1次世代ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

法定通貨と仮想通貨、任意の通貨でプレーできる人気No.1次世代ブックメーカー。ユーザー登録から賞金の回収までがとにかく簡単。ボーナスや現金がもらえるイベントも多数開催。

イベント豊富 利用簡単 銀行振込 競馬

Sportsbet.ioの詳細解説

Sportsbet.ioへ移動



規制なしのプロ御用達サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。実質的な利用価値は最高峰。

最高オッズ 規制なし

Pinnacleの詳細解説

Pinnacleへ移動



世界最大手ブックメーカー

bet365

累計1億人近くが使用する世界最大手のブックメーカー。サイトの操作性からサポートまですべてが一流。登録&入金完了で各種スポーツの生中継が見放題に。

操作性抜群 賭け方多彩 生中継 競馬

Bet365の詳細解説

Bet365へ移動



老舗のブランドブックメーカー

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。特殊な賭け方や増強オッズが豊富。初心者から熟練まで使えるブックメーカーです。競馬オッズの発表も早く、ファンは要チェック。

賭け方多彩 イベント豊富 競馬

William Hillの詳細解説

William Hillへ移動


上記サイトは、世界中で幅広く利用できる優良ブックメーカーです。それぞれ際立った特徴を持ちます。このほか各サイトの詳細はブックメーカーランキングからご確認ください。プレーに関する基礎知識はすべてスポーツベッティング入門書にて解説しています。

-ベッターズボイス