Sportsbet.io

Sportsbet.ioの特徴と登録から入金/出金までの詳細解説【BTC/JPY可・多機能】

更新日:

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)とは?詳しい解説

ブックメーカーはインターネットを通じて世界中のスポーツに賭けられるサイトであり、ネットでスポーツに賭けることは今や世界中でごく一般的な娯楽となっています。そして、このSportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、賭けに関心がある・ないに関わらず利用価値が高いサイトとして大人気です。

2016年に、ビットコインを賭けて増やせるブックメーカーとしてオープンしました。最初は仮想通貨ファンにだけ好評でしたが、今ではビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどの仮想通貨以外にも、日本円・米ドル・ユーロなど法定通貨も使える複数通貨対応サイトとなって利用者が一気に拡大。

人気の秘密は準備が簡単+サイトが使いやすい+多機能、そして賞金の引き出し処理が圧倒的に早いこと。ユーザー登録には個人情報さえ不要で15秒で完了します。面倒な本人確認手続きも原則なし。24時間日本語サポート、通貨ごとに入出金しやすい、儲かった利益は2~10分程度で返却処理、ユーザーになるとスポーツ中継が観られる(後述)など、非常にハイスペック。

新規プレイヤー特典

これからアカウントを作成される方は、初回Bet後に賭け金の3倍分のフリーベット(リスク無しで賭けられる資金)をもらえます。詳細はアカウント作成後にキャンペーンのページか、当ページ内の会員登録方法の項をご覧ください。

Sportsbet.ioのサイトへ
登録や入出金など使い方の解説へ

このページの内容

Sportsbet.ioとは?特徴を解説

スポーツベットアイオーとは?

スポーツベットアイオー(https://sportsbet.io/ja)は、人気ブックメーカーのPinnacle(ピナクル)や10bet(テンベット)らと同じオランダ領キュラソー政府の営業許可ライセンス(認可番号:1668/JAZ)に基づいて運営されている、合法かつ安全に楽しめるブックメーカーです。SBC AWARDSという、いわゆるゲーミング業界のアカデミー賞において2018年に"人気急上昇ブックメーカー"部門でノミネートされました。

その人気を伸ばしている背景には何があるのか、2019年2月にはロンドンで開催された国際会議にてマネージャーに取材してきました。

直接取材
スポーツベット・アイオーとは?
スポーツベットアイオーの情報を完全網羅!中の人に直接聞いた5つの魅力

いま大人気のブックメーカー、スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)。 上の写真はロンドンで毎年開催されている業界の国際会議で立ち寄ったスポーツベットアイオーのブースです。2019年2月上旬 ...

続きを見る

以下ではサイトの特徴や利用方法について具体的に解説します。

スポーツベットアイオーはビットコインを稼げる!多通貨対応

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は複数通貨対応

最近はビットコインやその他の暗号通貨、例えばリップルやイーサリアムなどで入金できるブックメーカーも増えてきました。しかし、多くのサイトは「クレジットカードやネット口座のほかにも、仮想通貨で入金OK!」とただ単に入金手段のひとつとして対応しているにすぎず、このようなサイトにビットコインで入金してもサイト上で日本円やドルに換算してからのプレーとなります。

一方でSportsbet.ioでは仮想通貨をそのまま賭けることができます。

BTC(ビットコイン)を賭けられるブックメーカー

ビットコインを入金し、ビットコインのままスポーツに賭けて、賞金をビットコインで得る。あるいは、クレジットカードでビットコインをサイト上で買ってプレーし、増やして取引所やウォレットへ引き出して現金化。

このような使い方ができるため、BTCをスポーツベッティングで増やせるサイトとして仮想通貨ユーザーからは絶大な支持を得ており、「カードでビットコインが買える」ことから、仮想通貨の使い方を知らない・ビットコインを送金したことがないというユーザーでも「ビットコイン=米ドルやユーロのような外貨」という感覚で簡単にプレーを始めることができます。

さらに、BTCだけではなく同じ仮想通貨のイーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)、またオールスポーツ(SOC)という通貨も使え、仮想通貨以外にも日本円ユーロ米ドルでもプレー可。このように複数の通貨の資金を1つのアカウント内で分けて管理できるマルチウォレット型ブックメーカーとして業界No.1

通貨ごとに入出金の方法も多彩です。

仮想通貨は、保有している取引所やウォレットならどこからでも送付できます。ビットコインは前述のとおりクレジットカード・デビットカードによる購入も可能。日本円・ユーロ・米ドルは、ネット口座のエコペイズスティックペイで入金・出金できるため、「仮想通貨を利用したことがないし、興味もない」というユーザーでもまったく問題なくプレーを楽しめるようになりました。(このあたりの入出金方法について詳しくは後述)

そして、仮想通貨なら賞金の引き出し処理は平均2分、法定通貨は10分程度でネット口座へ返却されます。この速度は業界最速着金は受け取り側によって若干が誤差ありますが、それでも早さはダントツです。

仮想通貨でも日本円でも、儲けたらサッと手元へ回収できます。

Sportsbet.ioのサイトへ
登録や入出金など使い方の解説へ

ライブストリーミング(生中継)が視聴可能!

スポーツファンにはこのサービスも最高にありがたい。

会員登録してアカウントに最低金額(約1000円程度)以上を保有しておくと、サッカー、テニス、バスケットボール、野球、アメフト、クリケット、卓球、ラグビー、バレーボール、競馬など数多くのスポーツのライブストリーミング(生中継)が視聴できるようになります

例えばサッカーなら欧州サッカーのトップリーグ、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどのカップ戦、もちろんJリーグも対象です。日本代表戦も。テニスは錦織・大坂選手ら試合を含めたATP・WTAプロツアーの多くの試合。バスケットボールならNBAと欧州のリーグなど。野球では日本プロ野球とMLBの試合も一部。アメフトのNFLも対象。そのほか多数。

条件は残高をキープするだけで月額費用はかかりませんから、一度準備が済めばあとは実質無料でずっと見放題

以下は実例です。

スポーツベットアイオーのサッカー放送
(スペイン・ラリーガの"クラシコ"の中継)

スポーツベットアイオーのメジャーリーグ生中継
(米メジャーリーグの大谷選手の打席)

Sportsbet.ioのNBA生中継
(NBAの試合)

海外競馬のインターネット生中継
(競馬ファンには嬉しい、海外競馬や日本のG1も配信あり。これはアーモンドアイが優勝した2019年のドバイターフ)

スポーツベットアイオーのモバイル生中継
(条件を満たしておくかぎりスマホでもいつでも視聴可能)

ちなみに、当ページ冒頭の画像はチャンピオンズリーグの試合です。

視聴方法についての補足

スポーツベットアイオーの生中継の見方

放送対象の試合には、上記のように「試合を視聴する」と書かれています。ただし、場合によっては試合が始まってから放送対象になることもあるため、必ずしも試合前から確認できるわけではありません。また、シーズンによっても放送対象から外れたり追加されたりといった違いがありますので、放送の有無はその都度サイトでご確認ください。(このような変化があるのは、スポーツベットアイオーが契約している配信プロバイダが対象を決めているため)

放送されるスポーツや試合は変わるものの、準備さえ済めば手軽に世界中のスポーツ中継を楽しめるツールとしても使えるため「ネットでスポーツの生放送を観る一つの手段」としても十分に価値あり。外出先や移動中でも活用できます。

【9/15追記】
ライブストリーミングは、スポーツベットアイオーが提携する外部の配信プロバイダー側のメンテナンスのため一時的に停止中となっています。(サポートに問合せ済)

【10/28追記】
復旧し、NBAや一部のサッカーなどがライブベットのページで視聴できるようになりました!

(今後の状況も随時Updateします)

競馬中継はこのメンテナンスと関係なく、通常どおり配信されています。競馬はスポーツの一覧ではなく、「競馬」と書かれたメニューから専用ページへ進んでください。各レースのページで「LIVE STREAMING」と書かれたボタンをクリックすると、レースの直前から放送が始まります。海外各地のレースや、凱旋門賞、ドバイW杯、そのほか重賞レース(日本の競馬含む)の視聴手段として非常に便利。

Sportsbet.ioのサイトへ
登録や入出金など使い方の解説へ

稼ぎを増やせるプライスブーストとキャッシュアウト

スポーツ生放送あり+複数通貨対応で入出金方法が多彩というほかにも、スポーツベットアイオーにはプレイヤーに嬉しい機能やサービスが備わっています。

スポーツベットアイオーのプライスブースト(Price Boost)

その1つがプライスブースト。これは自分が賭けたいオッズの倍率を「賭ける前に少しアップできる」機能です。例えばサッカー日本代表戦で、日本の勝利オッズが1.8倍だとします。プライスブーストを使うと1.85や1.9倍などに上げてから賭けられます。的中時の配当が大きくなりますから、プレイヤー側に有利。

スポーツベットアイオーのプライスブースト解説

画像はソフトバンクvs西武の勝敗オッズで、ソフトバンクの勝利1.72倍に賭ける前。プライスブーストのボタンを押すと、オッズが1.72から1.77倍になりました。10,000円賭けるなら、当たった時に500円利益が増えます。小さな変化ですが、積もると大きい。

Sportsbet.ioのキャッシュアウト

またキャッシュアウト機能もあります。すでに他のブックメーカーでプレーしている方はご存知のとおり、キャッシュアウトとは賭けたあとでも途中でキャンセルできる(賭けを降りられる)機能で、自分の賭けが的中しそうなら早めに降りて利益確定、外れそうなら全額失う前に損切り、という判断が可能です。

このほか、プレイヤープロップ(自分で条件を組み合わせてオッズを作れる機能)や、ファンタジースポーツ(自分でチームを作り、他のプレイヤーが作ったチームとリーグやトーナメントなどを戦う架空のコンペ)、バーチャルスポーツ(ゲームのサッカーや競馬などへの賭け)といったユニークな機能もあり。

スポーツベットアイオーの個人情報不要でプレー可

スポーツベットアイオーは会員登録が他に比べて圧倒的に簡単です。

sportsbetio(スポーツベットアイオー)の登録方法
(登録は簡単な項目を入力するだけ)

アカウントを作るときは、ユーザー名とパスワードを作って、あとはメールアドレスと生年月日を打ち込むだけ。手続きはあっという間に完了します。もちろん完全無料です。参加だけなら一円もかかりません。

プレー中も原則的には本人確認手続きがいらないため、手間をかけずに匿名でプレーできる点も初心者にはありがたい。

24時間日本語サポート

スポーツベットアイオーのサポート

プレーの最中に困ってもご安心ください。ライブチャットは日本人スタッフ7人体制で24時間日本語サポート。メールによる問い合わせの返答も迅速です。

仮想通貨でも法定通貨でも賭けられる、登録から入出金まで簡単、高速出金、多機能、日本語サポート対応、スポーツを観戦できる。スポーツベットアイオーは日本語ブックメーカーとして完成度が高く、たとえ今までに一度も仮想通貨を使ったことがなくても非常に使い勝手が良いサイトです。

Sportsbet.ioのサイトへ
登録や入出金など使い方の解説へ

Sportsbet.ioのウェブサイトの詳細

URLhttps://sportsbet.io/ja
オンライン化2016年
提供しているものスポーツベッティング、バーチャルスポーツ、カジノ、ライブカジノ、ファンタジースポーツ
デバイスパソコン、モバイル端末各種
表示対応言語日本語, 英語, ポルトガル語, トルコ語, スペイン語, タイ語
表示対応通貨暗号通貨:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、オールスポーツ(SOC)
法定通貨:日本円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)
サポート体制メール
ライブチャット
日本語対応あり(メール・ライブチャット共に問い合わせは24時間日本語対応。ただしライブチャットが混んでいて日本人スタッフ不在時はメール対応となります。返信は非常に迅速)

Sportsbet.ioの入出金方法【最新版】

こちらはスポーツベットアイオーの通貨ごとの入出金方法についてまとめた図表です。

スポーツベットアイオー(Sportsbetio)の入金・出金の組み合わせ

ビットコイン
(仮想通貨)
(入金)取引所やウォレットから送る
(入金)VISA/マスターカード
(入金)銀行振込
(出金)取引所やウォレットに戻す
(出金)エコペイズやスティックペイなどBTC入金対応のネット口座に送る
ETH・SOC・LTC
(仮想通貨)
(入金)取引所やウォレットから送る
(出金)取引所やウォレットに戻す
日本円・米ドル・ユーロ
(法定通貨)
(入金)VISA/マスターカード
(入金)エコペイズで入金
(入金)スティックペイで入金
(出金)エコペイズへ出金
(出金)スティックペイへ出金

1回の会員登録(1つのアカウント内)でこれらの残高を分けて管理し、好きな通貨で賭けることができます。通貨によって入出金の方法が若干異なるので、このような図表を用意しました。お困りの際はこちらへ戻ってきていつでもご参照ください。

ビットコインのウォレットへは、すでに持っているコインを取引所から送付するほかにも、クレジット/デビットカードで入金できます。

Sportsbet.ioのビットコイン購入(BTCXE)

具体的な手順は当サイト内の

Sportsbet.ioのクレジットカード入金方法(ビットコイン購入)

でご確認ください。

出金時はどこでも好きなビットコインアドレスへ送ることができるため、ビットコインで入金できるエコペイズスティックペイなどのネット口座を使っても引き出し可能です。(どちらも確認済み)

イーサリアムとライトコインとオールスポーツはそれぞれウォレットや取引所への送付のみ。しかしスティックペイはイーサリアム、ライトコインでも入金できるため、これらの仮想通貨でプレーした後の受け皿にも利用可。

日本円、米ドル、ユーロ残高はエコペイズとスティックペイで入金と出金が簡単です。さらに、2019年5月以降は入金にVISA・マスターカードのクレジットカードかデビットカードも使えます。

Sportsbet.ioの日本円口座にVISA/マスターカードで入金する方法

追記

現在、ビットコインウォレットへの「銀行振込」による入金と、日本円などの法定通貨ウォレットへの「クレジットカードでの入金」はメンテナンスのために一時的に使えなくなっています。

どの入金方法が一番簡単?

もっとも簡単な入金手段は、VISA・マスターカードのクレジットカードによるビットコイン購入です。すでにビットコインやイーサリアムを持っているなら送付入金も瞬時。エコペイズやスティックペイなどのネット口座をすでに使っていれば、日本円残高へも即時入金できます。

通貨ごとの最低入金額・最低出金額

こちらは通貨ごとの最低入金額 / 最低出金額です。

ビットコイン(mɃかμɃ)mɃ1(=μɃ1,000) / mɃ2(=μɃ2,000)
イーサリアム(ETH)0.01 / 0.02
オールスポーツ(SOC)200 / 400
ライトコイン(LTC)0.1 / 0.2
日本円(円)1000円 / 2500円
米ドル($)$10 / $20
ユーロ(€)€9 / €20

BTC資金の残高表示はミリビットorマイクロビット単位

スポーツベットアイオーの残高表示

Sportsbet.ioのビットコインの残高はm฿(ミリビット)またはµ฿(µBTC:マイクロビットコイン)で表示できます。1m฿は1ビットコインの1000分の1、つまり0.001btc。マイクロビットはさらにその1000分の1。入金は最低1m฿(1000µ฿)からで、出金は2m฿から。ビットコインの価格が1BTC=100万円なら、1ミリビットは1000円。

最大出金額は制限がなく、サポート担当者に問い合わせたところ過去には181BTC(2018年5月2日レートで1億7千9百19万円)を同日中に出金したとのこと。(規約上は1週間に最大50BTCまでというルールがありますが、特に問題なければ迅速に対応するとのことです)

ビットコイン-日本円のウォレット間送金

2019年5月からは、ビットコイン残高を日本円に変更できる「ウォレット間送金」というサービスもスタートしました。

スポーツベットアイオーのウォレット間送金

スポーツベットioユーザーには、「ビットコインで入金したけれど、日本円の方が賭け金がイメージしやすくて良い」という方も多いようで、その希望を汲み取って実装されました。ビットコインをその時のレートで一度日本円に変えてプレーできます。出金時は改めてビットコインに戻して引き上げてきます。(具体的な方法はSportsbet.ioのウォレット間送金でビットコインを円に換金!手数料と手順で解説)

Sportsbet.ioのサイトへ

Sportsbet.ioのスポーツベッティングに関して

賭けられるスポーツサッカー、テニス、バスケットボール、野球、アイスホッケー、競馬、オージールールズ、バトミントン、バンディ、ビーチバレー、ローンボウルズ、ボクシング、クリケット、ダーツ、Eスポーツ、フロアボール、フットサル、ゴルフ、ハンドボール、総合格闘技、ラグビー、スヌーカー、スカッシュ、卓球、水球、バレーボール、モータースポーツ各種(F1、Nascar、ラリー、スピードウェイ、Indycar等)、ウィンタースポーツ各種(アルペンスキー、バイアスロン、カーリング他)、カバディ、ファンタジースポーツ、スポーツ以外、その他多数
オッズ表示形式デシマル(2.0)、アメリカン(+100)
最小賭け金10µ฿(1BTCが100万円なら、10µ฿=10円相当額)
最大賭け金賭けるオッズによって異なります
ライブベッティングあり
ライブストリーミングあり (多くのスポーツや試合が対象)
キャッシュアウト機能あり
新規特典あり(下記の登録方法の解説をご覧ください)

Sportsbet.ioの運営社情報

運営企業mBet Solutions NV
創業年サイト運営:2016年~
認可ライセンスキュラソー賭博認可局(承認番号: 1668/JAZ)
主なスポンサー歴ワトフォード(イングランドのサッカーチーム)
フラメンゴ(ブラジルのサッカーチーム)
ConIFAワールドフットボール・カップ大会

ワトフォードの公式スポンサーに就任

スポーツベットioがワトフォードのスポンサーに就任

2019年6月に、イングランドサッカー・プレミアリーグのWotford FC(ワトフォードFC)のオフィシャル・スポンサーに就任したと発表されました。これを受けて、サイトのロゴの横にもチームのエンブレムが表示されています。今後はユニフォームや公式サイトなどでSportsbet.ioのロゴを目にすることが増えそうです。世界に名の知れたチームのスポンサーになれるというのも信頼の証。(後日、ブラジルのフラメンゴのスポンサーにも就任)

Sportsbet ioの使い方

では、ここからは具体的にSportsbet.ioの利用法を解説していきます。まだアカウントをお持ちでない方は、以下の登録方法の解説に沿ってお手続きください。

新規プレイヤー特典

スポーツベットアイオーボーナスまとめ

会員登録し、好きな金額を入金します。そして、どれでも好きなスポーツの1.5倍以上のオッズにちょうどmɃ2(µɃ2,000) / ETH 0.03 / LTC0.15 / 1000円 / 10ドル / 10ユーロを賭けると、その3倍のmɃ6(µɃ6,000) / ETH 0.09 / LTC 0.45 / 3000円 / 30ドル / 30ユーロ / SOC3000のフリーベットがもらえます。

1つの会員アカウント内で上記の複数の仮想通貨や法定通貨を分けて管理できますから、一番都合の良い方法で入金してください。ビットコインなら、最初はサイト上でVISAかマスターカードのクレジットカードでビットコインを買って入金するのが一番簡単。すでにエコペイズやスティックペイ口座を使っているなら、日本円への入金も一瞬です。

BTCなら「初回の賭けで2ミリビット(=2,000マイクロビット=約2,000円ほど)を1.5倍以上のオッズに賭ける」こと。これでmɃ6ゲット。受け取ったフリーベットもまた1.5倍以上のオッズに使えて、賭けが的中した際に得られる賞金は現金として出金可能となります。

アカウント登録方法

まずSportsbet.ioのサイトへ。

Sportsbet.ioのサイトへ

モバイルでの登録

スポーツベットアイオーのスマホ・モバイル版の登録方法【最新版】

スマホでの登録時は、まずサイト上部にある「登録」と書かれたボタンをクリックします。次のページで英数字の組み合わせによるユーザー名・パスワードを作り、メールアドレスと生年月日を入力、規約への同意にチェックを入れて登録ボタンをクリックするだけです。

ページ上部にある「登録」と書かれたボタンをクリックします。

スポーツベットアイオー登録方法(PCからの最新)

次のページで表示された入力欄に必要事項を埋めます。

Sportsbet.ioの登録は簡単

英数字を組み合わせたユーザー名、パスワードを作成し、メールアドレスと生年月日を入力して「登録」ボタンをクリック。手続きはこれだけ。

Sportsbet.ioの登録方法解説2

次の画面に進むと同時に、登録したメールアドレス宛に認証リンクが届きます。クリックして認証を済ませると完了です。

Sportsbet.ioの登録(無料)

入金方法(ビットコイン送付)

アカウントが作成できましたら早速入金してみましょう。

既述のとおり、Sportsbet.ioへは通貨によって入金方法が異なります。例えば、すでに持っているビットコインを送るなら

1.Sportsbet.ioの入金ページで入金先のアドレスを確認

2.送金元(取引所やウォレット)で、入金先のアドレスへ送金手続き

3.数分で着金

という流れです。ビットコインをどこかに送った経験があれば、手順はまったく同じなので簡単に分かると思います。

以下は、送り方の基本的な解説です。まず、Sportsbet.ioの入金ページへ。

Sportsbet.ioの入金方法解説1

ここに表示されている英数字の羅列が、あなたのSportsbet.ioのアカウントに入金するための専用のアドレス(送金先)となります。このアドレス宛に送るので、まず「リンクをコピー」というボタンをクリックします。

アドレスをコピーしたら、次は送金元のサイトへ移動します。ビットコインを置いている取引所やウォレットなど、どこからでも入金できます。例えば日本人の多くが利用しているビットフライヤー(Bitflyer)ザイフ(Zaif)コインチェック(Coincheck)、世界的に有名なバイナンス(Binance)などの取引所、またはBitpayBitcoin CoreBreadwalletなどのウォレット(=ビットコインの財布)など、完全に自由。今回はビットフライヤーを例に解説します。

ビットフライヤーの自分のアカウントにログインし、メニューの「入出金」のページへ。そして「BTCの送付」をクリックします。

スポーツベットアイオーへビットコインの送付

次のページで、外部ビットコインアドレスを登録します。ここで、先ほどコピーしたSportsbet.ioの入金先アドレスをペースト(貼り付け)して、アドレスを登録します。ラベルはあなた自身が分かる名称ならなんでも構いません。(例えばSBやsportsなど)

アドレスが登録できたらそのアドレスを選択し(ラベルの横にチェックを入れる)、次は入金したい額のビットコインを打ち込みます。

Sportsbet.ioの入金方法解説3

事前に設定した暗証番号を入力し、「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリック。

Sportsbet.ioの入金方法解説4

2段階認証などを設定している場合は、送られてくる認証コードを打ち込んで手続き完了です。

スポーツベットの入金方法解説5

しばらくしてアカウントを確認したら反映されていました。この間約10分。ビットコインの送金は処理時間にばらつきがあるので、賭けたい試合があるなら余裕を持ってお手続きください。(画像では入金履歴の認証が"保留"となっていますが、しばらくすると認証完了となります)

重要:2度目以降の入金について

入金先のビットコインアドレスは毎回変わります。こちらの画像をご覧ください。

Sportsbet.ioの入金アドレスの違い

上が初回入金時のアドレスで、下は2回目に入金しようとした時のアドレスです。このように入金先アドレスは毎回違っているので、登録したアドレスにもう一度入金しないようにご注意ください。(間違って入金した場合、資金は返ってきません)

したがって、間違わないためにも取引所やウォレット上に登録したアドレスは入金が終わったら削除することをオススメします。毎回、「1.Sportsbet.ioの入金ページで、入金先のアドレスを確認」「2.送金元(取引所やウォレット)で、入金先のアドレスへ送金手続き」「3.数分~30分以内に着金」という流れでお手続きください。

クレジットカードでビットコインを購入して入金(BTCXE)

Sportsbet.ioのBTCXEの入金方法

スポーツベットアイオーでは、サイト上でBTCXEというシステムを経由してVISA・マスターカードのクレジットカード・デビットカードを使ってビットコインを購入することができます。詳細はSportsbet ioのクレジットカード入金方法(ビットコイン購入)解説にてまとめているのでご参照ください。

エコペイズやスティックペイで入金する方法

スティックペイかエコペイズで入金

「ビットコインは持ったことがないからよくわからない!」という方でも、クレジットカードで入金できるようになったので抵抗感はそれほど感じないと思います。

ですが、「日本円や米ドルなど法定通貨で賭けたい!」「エコペイズ、スティックペイを口座をすでに使っているから、そこから資金を送りたい!」ということなら、会員登録した後に日本円・米ドル・ユーロのウォレットへご入金ください。その手順はSportsbet.ioのエコペイズ入金方法-ユーロとビットコインを使い分け可能に!のページにて解説しています。

スポーツベットアイオーの賭け方

資金が無事に届きましたら、賭けてみましょう。手順は簡単です。

Sportsbet.ioの賭け方とオッズ
(J1のオッズページ)

賭ける手順

1.賭けたいスポーツを選ぶ
2.賭けたいリーグや大会を選ぶ
3.賭けたい試合を選ぶ
4.賭けたいオッズを選ぶ
5.賭けたい金額を入力
6.確定
7.終了後に結果の確認

残高と賭け金の入力がBTCというだけで、一般的なブックメーカーの使い方とまったく同じです。

Sportsbet.ioのベットスリップ

こちらは賭け金の入力画面ですが、10µ฿(10円程度)という少額から試せます。一方で残高さえあれば1BTCのような高額な賭けもできます。また、複数のオッズを組み合わせてオッズをかけ算にできるマルチベットも可能。好きなスポーツに賭けてお楽しみください。

Sportsbet.ioの賭け履歴

結果は、画面上の「賭け履歴」のページで確認できます。緑色のマークが的中、不的中は灰色です。

スポーツベットアイオーからの出金方法(ビットコイン引き出し)

ひと通りプレーしたら出金してみましょう。出金は入金以上に簡単です。手順は

1.出金ページに、出金先のアドレスを入力

2.出金希望額を入力して確定

3.数分で着金

となります。

すでに当ページで何度か触れているとおり、ビットコイン残高の場合、出金先はビットコインアドレスならどこでも構いません。例えばこの例ではビットフライヤーから入金していますが、だからと言ってビットフライヤーに戻さないといけないという制限があるわけではなく、別の取引所でもウォレットでもどこでも送金できます。今回はバイナンスという取引所に送金してみました。

まずバイナンスで自身のビットコインの入金アドレスを確認し、コピーします。

Sportsbet.ioの出金方法1

このアドレスをSportsbet.ioの出金ページに貼り付けます。そして、出金希望額を打ち込み(今回は試しに5m฿)、「出金」ボタンを押して完了です。

Sportsbet.ioの出金方法2

すると5分後にはバイナンスの残高に反映されていました。

Sportsbet.ioの出金方法3

このようにとにかく簡単。そして手数料も無料。BTCをBTCのまま保有している状態なので値動きは関係ないですし、あとでまたプレーするのならそのまま置いといても問題ありません。何か出金の必要性を感じたら好きな送金先に移動を。ただし、出金先のアドレスも毎回変わる可能性があるので、同じ場所に送るとしても、毎回必ずアドレスはチェックしてください。

ビットコインが送れるところならどこでも出金可能

エコペイズやスティックペイなどのビットコインで入金できるネット口座も、賞金の出金先として利用可能。手順は上記とまったく同じです。エコペイズ側、スティックペイ側で受け取り用のアドレスを確認し、アイオー側でそのアドレスに送付するだけです。

エコペイズなら日本円などに換算されて着金し、あとは銀行振込で出金。

スティックペイならBTCのまま着金し、好きなタイミングで別の通貨に換算。そして最終的に銀行振込かATMからカードで引き出し可能。いずれを使うにしても、簡単に賞金を手元へ戻せます。

日本円・米ドル・ユーロの出金方法

スポーツベットアイオーのエコペイズ出金

上と同じような手順でビットコインの残高をエコペイズやスティックペイに送ることもできますし、また日本円・米ドル・ユーロ残高に入金したなら、出金時は使った口座に戻すだけ。出金のページで希望額を入力して、確定させると数分で口座に戻ります。(初回は少し時間がかかりますが、2度目以降は10分程度)

Sportsbet.ioの他のBTCブックメーカーとの違いと活用法

ビットコインの価格変動

ご存知のとおり、ビットコインの価格は乱高下を続けています。そのため、ビットコインを単に入出金手段として受け入れているブックメーカー(入金後にドルやユーロなどの法定通貨に換算されてプレーするサイト=残高表示がビットコインではないサイト)では、入金と出金のタイミングによっては価格変動の影響を大きく受けてしまいます。

例えば入金に0.1BTCを使い、入金時のレートが1BTC=1万ドルだとしましょう。(0.0001BTC=1ドル計算)すると、ブックメーカーの残高表示がドル単位なら、着金時には1000ドルとなりますよね。

ここから賭けに勝って1500ドルに増え、BTCとして出金するとします。その際レートが高騰していて1BTC=1万5千ドルだとすると、1ドルあたり0.00006667BTCとなり、1500ドルは0.1BTCになります。入金したのが0.1BTC、出金は0.1BTC。あれっ?と思いませんか。そう、BTCは全く増えていませんよね。

つまり、賭けに勝ったにも関わらず、ビットコインの価格上昇によって出金時に賞金が減る、あるいはマイナスにさえなる可能性があるということです。もちろん、反対にビットコインの対円/対ドル等のレートが下がれば受け取れるBTCが増えることもあります。しかし、このように法定通貨を挟んでプレーすると、せっかくビットコインで手軽に入出金できるのに、価格の上下を常にチェックしなければならないという面倒が生じます。

BTCのまま入出金するので値動きの心配なし

Sportsbet.ioのメリット

Sportsbetioではこの心配がありません。取引所でビットコインを買うタイミングでの価格は確かに重要ですが、プレー中の入出金には影響なし。出金して取引所やウォレットに保有しておき、またプレーしたくなったらそのBTCをまたSportsbet.ioへ。

あるいは、毎回の入金には多少の手数料が発生するので、Sportsbet.ioのアカウント上でそのまま保有しておくこともできます。そして価格が良いタイミングで取引所へ出金し、さらに日本円やドルなど法定通貨として出金。このように、他の仮想通貨対応ブックメーカーに比べて心配と無駄が省けます。

スポーツベットアイオーでBTCやETH投資

そして、すでにスポーツベッティングに取り組まれているならご存知のとおり、スポーツへの賭けはうまくやれば十分に勝ち越せるので、Sportsbet.ioを活用すれば短時間でビットコインを増やすことも可能です。特に試合中の賭けは2~3分で結果が出るようなオッズもたくさんあり、見極めながら賭けると値上がりを期待してじっと保有しておくよりも遥かに効率的ただ単に取引所やウォレットへ置いておくなら、Sportsbet.ioに移しておいても同じことですし、試合を見ながら賭けてビットコインをどんどん増やして、タイミングの良いところで引き出して現金化を。

スポーツベットアイオー解説まとめ

Sportsbet.ioは、ビットコインで入金してビットコインをそのまま賭けて増やせるサイトとしては抜群の使いやすさです。また日本円や米ドル対応ということで、仮想通貨に興味がなくてもまったく問題なく楽しめるようになりました。ウィリアムヒルほどオッズの種類は多くないのですが、古参ブックメーカーにはない攻めた魅力が詰まっています。24時間日本語サポートで初心者も安心。欧州サッカーやJリーグ、テニスプロツアー、メジャーリーグ、NBAなど好きなスポーツの生中継を観る手段としても抜群に便利ですから、まずは無料アカウントをご用意ください。

情報については随時更新していますので、これから始めるプレイヤーの方もすでに利用中の方も参考になれば幸いです。

Sportsbet.ioへ
登録や入出金などの使い方解説に戻る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Sportsbet.io

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.