業界コラム・記録

Sportsbet.io(Yolo)オフィス訪問&マネージャーと社長から聞いた壮大な計画【取材】

スポーツベットアイオーのオフィス訪問レポート【2022年】

2022年4月、ロンドンで行われた業界の国際カンファレンスに出席しました。その出張過程でエストニアまで足を伸ばし、スポーツベットアイオーのヘッドオフィスに訪問。

日本人マネージャーやキャンペーン担当者、そして創業者にもお会いし、アイオーの運営企業に関するおもしろい話と、今後のプロジェクトについて色々と情報を仕入れました。

ネット上のスポーツベットアイオーは「スポーツに賭けられるブックメーカーサイト」としての姿しか見えませんが、企業全体の目指すところは想像を超えるほど壮大です。

このページでは、スポーツベットアイオーのオフィスの様子や、ご紹介できる範囲での最新情報などを掲載しています。利用中の皆様は参考にご覧ください!

スポーツベットアイオー運営企業の歴史と現在

Sportsbet.ioの歴史

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)は2016年にオープンしたブックメーカーです。このサイトはmBet Solutions NV社が運営していますが、母体は元コインゲーミング(CoinGaming → 現在はYOLO Group)という会社です。

コインゲーミング社は、2014年にオーストラリア人社長のTim Heath(ティム・ヒース)氏が立ち上げました。ティム社長はもともとポーカーが好きなプレイヤーで、ポーカーのアフィリエイトプロモーションも手がけていたそうです。

その当時のアフィリエイトマネージャーに「自分でスポーツブックメーカーを運営したい」と声をかけ、親しい7人で小さなアパートの一室にて創業したのが始まり。

最初にビットカジノ(Bitcasino.io)を2014年に公開し、その2年後にスポーツベットアイオーの運営をスタート。マーケティング上の理由から先にカジノサイトをリリースしましが、はじめからブックメーカーをやるプランがあったそうです。

創業メンバーの7人は「The Seven(ザ・セブン)」と呼ばれ、今でも社内の研修用ビデオなどで登場するのだとか。(マネージャー曰く、"七人の侍"風)

現在は、会社全体で850人以上の従業員が働いています。2019年に前任のマネージャーから話をうかがった際は300人ほどだったので、3年で倍以上に成長。

エストニアのヘッドオフィスではマーケティング、コンテンツ、技術開発、ユーザーサポートなどを行っており、ブラジル、オーストラリア、ウクライナ、マルタ、フィリピンなど世界各地にも支社があります。

Coin GamingからYolo Groupに社名変更

コインゲーミングからyolo(ヨロ)へ社名変更

前述のとおり、母体のコインゲーミングは2021年にYolo Group(ヨログループ、Yolo.io)へ社名を変更しています。

YoloはYou Only Live Once(あなたは一度しか生きない)の頭文字をとったもの。

Tim Heath(ティム・ヒース)

yolo.ioのTim Heath氏)

社名変更の理由は、企業としてのあり方をより明確に反映するため。

Yolo Groupは単なるブックメーカー・オンラインカジノのオペレーターにとどまらず、チャレンジをする人々や企業を支援するという目的でYolo Investmentという部門を作り、ゲーミングやフィンテック業界のスタートアップ・ベンチャーへの投資を積極的におこなっています。

YOLOはゲーミング、フィンテック、仮想通貨の分野で80社以上に投資しており、現時点において5億3000万ユーロ以上のベンチャーキャピタルファンドの資産運用をおこなっています。

投資先には、ゲームプロバイダーのOneTouch、イギリスのブックメーカーのBetConnect、オーストラリアのブックメーカーMoneyBall、銀行グループのAims Group、ライブカジノのEvolutionBombay Club、そしてそのほかのジャンルとして17live、暗号取引所のOSL(HK stock exchange)などがあります。

さらに、地元エストニアのジン蒸留所と協力し、オリジナルのジンを提供しているそうです!

エストニアのクラフトジン「Junimperium」はyolo出資

写真はYoloのロゴが入ったクラフトジン。

グループは5つの部門に分かれ、上記の投資部門のほか、Yolo Entertainmentでビットカジノやスポーツベットアイオーを運営し、Yolo Financeではブロックチェーン・フィンテック・入出金関連の事業の他に、さらに次世代オープンソース・ビットコインライトニングネットワーク「coins.io」をリードしています。

Yolo Ventureにてベンチャー企業の支援、そして、Yolo TechというIT部門で、各種システム開発を進めています。

これほど多角的に事業展開しているゲーミング系企業はほかにはありません。

スポーツベットアイオーのオフィスをご紹介

そんな、スポーツベットアイオー(Yolo)のオフィスの様子をご覧ください。

Yolo Group(ヨログループ)とは?

こちらはエントランス。

BTC・ETH・USDTが買える自販機

さすがは仮想通貨関連の会社です。入ってすぐに、ビットコイン、イーサリアム、テザーを購入できる自販機が置いてありました。

画面の指示にそって進めていき、クレジットカード決済で自分のウォレットまたは新たに生成したウォレットに通貨が入金される仕組みです。ただ、レートがイマイチで社員はあまり使っていないそう(笑)

Sportsbet.ioのスポンサーシャツ一覧

エントランスの奥にはスポーツベットアイオーがスポンサーを務めた各チームのユニフォームが飾ってあります。

スポーツベットアイオーのオフィスは近代的ビル!

オフィスは4階建の自社ビル。見上げると、テック系企業の洒落た雰囲気。

Sportsbet.ioのOffice(プレゼン室)

プレゼンルームもあります。ここで新プロダクトの発表が行われたり、PSをプロジェクターにつないでみんなでゲームを楽しんだり。

Sportsbet.io事務所とEGRの受賞トロフィー

2階から上に、業務をおこなう部屋があります。EGRという業界の賞を受賞したトロフィーも飾ってありました。この日は休日で、ほとんどのスタッフはオフでしたが、日本人のサポートスタッフさんは仕事をされていました。(いつもありがとうございます!)

ブックメーカー(Sportsbet.io)事務所の執務室

こちらも業務室。この日はWeb3プロジェクトの企画を担当されている方が働いており、NFTやPlay to Earn(遊ぶだけで稼げる)などの要素を取り入れるアイディアについて語っていただきました(具体化はまだ未定)。

また、YoloはNFTやPlay To Earnの新規モバイル事業のみならず、同時にborrow.ioと呼ばれる暗号担保融資制度にも携わっています。

Sportsbet.io tokyo metting room

こちらはミーティング室。部屋にはそれぞれ都市の名前とデザインが付いていて、写真はトーキョー部屋

スポーツベットアイオーのオフィスのジム

4階にはジムもあり。海を見ながらランニングやワークアウトできます。

サウナ

ジムのとなりにはサウナも完備。

スポーツベットアイオーのオフィスの屋上

屋上はウッドデッキになっていて、ベンチでリフレッシュも可。ちょうどサウナを出てガウン姿のスタッフが休んでいました。

ブックメーカー(Sportsbet.io)事務所の執務室2

オフィスビルは近隣にもう一棟あって、主にそちらでサイト裏側のシステム調整(読み込みスピード改善)やオッズ提供、技術開発などが行なわれています。

ちなみに、スポーツベットアイオーで2021年に行われたファンタジープレミアリーグを使ったイベント企画「ビート・スティーブ(スティーブのスコアに勝つとフリーベット)」で、登場したスティーブさんはここで働いているガチベッターだそうです(笑)

ボンベイクラブのスタジオ見学

オフィス訪問の同日、ボンベイクラブのスタジオにもお邪魔しました。関係者以外で入るのは初めてだそう。

ボンベイクラブのスタジオ

ボンベイクラブ(Bombay Club)はライブカジノのスタジオです。ブラックジャック、バカラ、ルーレットなどを、画面の向こうのディーラーとプレイする形式のゲームで、フロントのモニターには進行中の各ゲームの様子が映し出されていました。

ボンベイクラブディーラー

ライブディーラーの練習室でカード捌きを拝見し、ルーレットのスピンも体験。

ライブカジノスタジオ

完全防音、会話厳禁のスタジオルーム。実際の稼働中に入らせていただきました。

エストニア(タリン)を散策

エストニア旧市街

日本人マネージャー案内のもと、エストニアの首都タリン旧市街(世界遺産)もブラリ。

フローラタリンの本拠地

タクシーで数分のところにある地元のサッカースタジアムへも訪問。

エストニアサッカーリーグの強豪「フローラ・タリンFC」が本拠地とするア・ル・コック・アレーナ。ユースチームと女子チームの練習を、スカウトさながらに見学。

エストニアのカジノ

エストニアはランドカジノが合法で、街中にはいくつもカジノがありました。

直接聞いた!Sportsbet.io(Yolo)の今後の凄すぎる計画

スポーツベットアイオーのマネージャーとミーティング

さて、ここからはマネージャーとキャンペーン担当のスタッフ、社長様からうかがった話をまとめています。

日本人スタッフの体制は?

スポーツベットアイオーでは現在、マーケティングチームに7名、カスタマーサポートに9名の日本人スタッフが在籍しています。サポートは2名がインドネシアで働いており、24時間日本語サポートの体制を支えています。

アフリカに進出&日本も積極展開

スポーツベットアイオー日本向け戦略

スポーツベットアイオーは世界中にサービスを展開していますが、最近は特にアフリカに向けても積極的にPRしているそうです。

昨年以降、サイトのアンバサダーにケニアのヒップホップアーティストのキング・カカや、ナイジェリアのシンガーソングライターTekno Miles(テクノ・マイルズ)らが就任しているのはそのため。

一方、日本向けにも様々な企画を考えているそうで、日本人にも知名度が高い新しいアンバサダーとの契約を模索し、日本独自のコンテンツの用意などを進めているとのこと。

オフィスのホワイトボードにはJapan Strategy(日本への戦略)という見出して、さまざまなアイディアが並べられていました。

新たな通貨の追加予定は?

スポーツベットアイオーは、もともと仮想通貨専門ブックメーカーとして誕生し、あとから日本円が使えるようになりました。

仮想通貨は最初はビットコイン、イーサリアムなどメジャーな通貨とSOC(オールスポーツ)という特殊な通貨のみ使用でき、その後にリップル、カルダノ、テザー、ドージコインなどが追加されています。

マネージャー曰く、いまでは日本円の利用者も相当数いるようですが、それでも仮想通貨のプレイヤーの方が多いとのこと。

そこで、「今後も新たな仮想通貨の追加予定はありますか?」と聞いてみましたところ、「弊社では常に(日本市場)で人気のある新しい暗号通貨を追加することに興味を持っておりますので、お気軽に日本語サポートまでご意見いただければ幸いです」との回答をいただきました。

すでに、ユーザーや関連業者から「この通貨を追加してください」という相談はたくさんあるようです。ただ、その理由はスポーツベットアイオーやビットカジノが導入すると値上がりする可能性があるためで、入出金の利便性アップを目的としていません。

通貨の導入は、流動性や市場価値、将来性などを総合して可否を決めているそうで、実はバイナンスのBNBとBUSDが次に導入予定にあるコインだそうです。

ライブベットの速度は改善中

スポーツベットアイオーは技術部門にて常にサイトの読み込みスピードの改善を図っていて、ユーザーからの声が多い「ライブベットのベット受付速度アップ」にも取り組んでいるそうです。

VIP向けの超豪華プロジェクト進行中!!

スポーツベットアイオーの社長ティム・ヒース氏

この日、休日でありながらも社長は自室でデザイナーと新プロジェクトについて話していました。お邪魔してご挨拶し、いくつかお話をうかがいました。(写真は左から、ティム社長、LOB、ブックメーカーファンのブクメさん)

さらに使いやすく

トピックの1つが、サイトの進化について。

スポーツベットアイオーは、ユーザーが簡単にプレーを楽しめるようにデザインとUX(ユーザーエクスペリエンス)の改善に力を入れて取り組んでおり、社長様より「スポーツベットアイオーの新デザインが登場する予定なので、皆様お楽しみに!」とのメッセージをいただきました。

デモ画面を触った感覚としては、確かにシンプルで使いやすくなっており、非常に期待できそうです。

超豪華ランドカジノ&クルーザー建造中!!

スポーツベットアイオーは、長くプレーしているユーザーやVIPユーザーに対するおもてなしが豪華で、過去にはスポーツイベントの観戦招待(サッカーのワールドカップ、ユーロ、チャンピオンズリーグ、ほか多数)、クルージング旅行や豪華旅行の招待、ギフトのプレゼント等をおこなっています。

マネージャーに、これまでにもっとも高額なギフトは?と聞いたところ、「ドバイの家」だそうです(驚)

そして今は、某所にVIP向けのランドカジノ(http://www.bombay.io)と仮想通貨でプレーできるカジノクルーザーを建造中とのこと。

オフィスでイメージ図やコンセプトの資料を拝見し、後日いくつか資料画像をいただきました。

ボンベイクラブスーパーヨット(VIPクルーザー)

こちらはクルーザー船内のカジノの様子です。

ボンベイクラブのランドカジノの様子

こちらも船内のイメージ。

ボンベイクラブ日本食レストランIkigai

超豪華ホテルのみならず、ラクジュアリーなレストラン(日本食レストランもあり。名称はIKIGAI)も併設。

ほかにもホテルの全体像や多数のイメージを見ましたが、とにかく大規模で驚きの連続でした。

公開時期は未定ながら、プロジェクトは具体的に進んでいるようです。

スポーツベットアイオーのサイト内にはVIP向けオファーページがありますので、随時チェックしてみてください。

スポーツベットアイオーの今後に期待!

Junimperium Craft Gin

以上、本記事の内容は普段のプレーには直接関係がない話ばかりだったかもしれませんが、スポーツベットアイオーがどのような会社なのか、イメージは掴めましたでしょうか?

今回スポーツベットアイオー(Yolo Group)のヘッドオフィスにお邪魔して、個人的にもその規模と展望に驚かされました。ゲーミング、フィンテック、ペイメント、その他にも事業展開し、単なるブックメーカーのオペレーターという存在をはるかに超えています。

このような事業拡大の理由は実にシンプルで、すべてユーザーのため。外部業者の動向に左右されることなく、自社完結でサービスを提供し、ユーザーが困らないようにするため、ということでした。

安心してプレーできる体制を整えてくれるのは、いちユーザーとしても嬉しい限りです。

あと、最後に。

当取材レポートを最初に書き終えた際、現地でうかがった話のなかで「開示しても良いか微妙な極秘情報」までたっぷり盛り込んでいたので、一旦マネージャー様に確認をお願いしました。

その後、広報の担当者様と社長様直々にチェックをいただき、「この部分の情報は伏せてください」と言われるかと思いきや、反対に資料画像や追加情報を多数頂戴しました。(そのため、内容確認と追記でレポートの公開が現地訪問日からしばらく経ってしまいました)

ティム社長、マネージャーのY様、キャンペーン担当のS様、広報のご担当者様、お時間をいただきありがとうございました!

当サイトでは、今後もスポーツベットアイオーとグループ全体の最新動向をチェックして随時レポートします。すでに使用中の皆様はもちろん、これからプレーする予定の方も、参考になれば幸いです!

スポーツベットアイオーの詳しい解説
スポーツベットアイオーの特典と登録・入金・出金方法の総合解説|Sportsbet.io利用ガイド

スポーツベットアイオーの特徴・評価・登録方法・入出金方法・使い方の全般を解説した総合ガイドページです。Sportsbet ioの利用にあたっての基礎知識(登録、入金、賭け方、出金)と、フリーベットボーナスの使用手順が分かります。Sportsbetioで遊ぶ際に必見です!

続きを見る

スポーツベットアイオーに移動

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-業界コラム・記録