Sticpay

STICPAY(スティックペイ)の使い方ガイド|ブックメーカーでの利用を全部解説

更新日:

Sticpayとは

ブックメーカーと入金・出金手段にSticpay(スティックペイ)という新たなネット口座が加わりました!完全日本語対応、入出金簡単、仮想通貨の入出金も対応、そしてチャージ式プリペイドカードで世界中のATMから引き出しが可能という最高にハイスペックなサービスです。特定のブックメーカー・カジノサイトを利用しているユーザーは資金管理に必須。

このページでは、スティックペイの特徴、利用の流れ、対応ブックメーカー、そのほか便利な使い方をまとめて解説しています。「スティックペイとはどのようなサービス?」「何ができる?」などの確認・ユーザーマニュアルとしてお役立てください!

STICPAYへ
STICPAYの口座開設方法
(口座開設はこちらをご覧ください。口座開設の所要時間は1~2分)

STICPAY(スティックペイ)とはどんなサービス?

STICPAY(スティックペイ)のアカウント画面
(STICPAYの実際のアカウント画面)

Sticpayは2017年にサービスを開始した、エストニアや香港に拠点をもつネット口座サービスです。主にFX口座との入出金に使われていたのですが、ブックメーカーの1xbet(ワンバイベット)社が決済手段として導入し、スポーツベッティング界隈でも「入出金に使える!」と一気に広がり始めました。

現在は日本人ユーザーにも大人気の2サイト10betJapan(10ベットジャパン)Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)でも利用できるため、これらのサイトを使用するユーザーのあいだでは入出金手段の新たなスタンダードとして普及しています。

簡単にまとめると、スティックペイには以下のような特徴があります。

スティックペイ口座の特徴

  • 口座開設無料
  • 日本語対応・日本語サポートあり
  • わかりやすいサイトで利用簡単
  • クレジットカードで資金入金可
  • 銀行振込で出金可
  • 日本円・米ドルなど複数の通貨を分けて管理可
  • ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなど仮想通貨でも入出金&保管可
  • チャージ式プリペイドカードで世界中のATMから出金可

特に、法定通貨&仮想通貨を分けて管理できるマルチ通貨ウォレットであり、世界中の対応ATMにて残高を回収できるという2点が最高。

STICPAYの使い方・入出金の流れを完全理解!

では続いてこちらをご覧ください。

スティクペイの使い方・資金の流れ(最新版)

こちらの図は、スティックペイを使ってブックメーカーと資金をやりとりする際のイメージです。使い方は一目瞭然、ブックメーカーやその他提携サイトとの入出金のハブ(中継)として使います。

入金方法はクレジットカード・デビットカード仮想通貨が一般的。(銀行送金もありますが、ギャンブル系サイトへの入金のために使用すると口座を凍結される可能性があるため、カードまたは仮想通貨がメインとお考えください)

出金は銀行振込、またはスティックペイカード(ユニオンペイのマークが付いたチャージ式プリペイドカード)に資金を入れて、世界中の対応ATMから現金化。ユニオンペイが利用できる店舗なら決済にも利用できます。

スティックペイから資金を送ることができるサイトは2種類あり、1つは入出金手段としてスティックペイが正式に導入されている提携サイト。提携サイト内の入金・出金ページで、選択肢からスティックペイを選んで送金するだけ。

もう1つは、仮想通貨で入金できるサイト。提携・非提携関係なく仮想通貨でやりとりできるサイトであれば、スティックペイ内に保有しているビットコイン等を送ることができます。回収も同じく。

10betJapanやSportsbet.ioでは法定通貨&仮想通貨でも入出金可

次はこちらの図を。

Sticpayとブックメーカーの入金・出金の手順

既に触れた10bet JapanSportsbet.io(あと1xbetも)はスティックペイと提携しているサイトであり、さらに仮想通貨でも入出金できるブックメーカーです。よって、スティックペイ口座に入っている日本円を送ってプレーもできますし、ビットコインでも自由に入出金できます。

手軽で最高!Sportsbet.ioでカードでBTC購入→スティックペイでカードで出金

さらに、Sportsbet.ioのユーザーにはスティックペイは特に便利。

スティクペイとスポーツベットアイオーの入出金

Sportsbet.ioサイト上にてクレジットカードでビットコインを直接買えますそして、この買ったビットコインを賭けることができます。増えたビットコインを最終的にスティックペイ口座に送金・法定通貨に両替してカードにチャージすることで、カードでBTCを買う→スポーツベッティングでBTCを稼ぐ→ATMで現金化という使い方ができます。

Sportsbet.ioの詳細と参加方法

スティックペイが使えるブックメーカー【随時更新】

このような利用方法を踏まえながら、現時点でスティックペイが利用できるブックメーカーをご確認ください。

Sportsbet.io
ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン、日本円、米ドル、ユーロ等で入金・出金可。

10bet Japan
入金・出金ともに利用可。

1xbet
入金・出金ともに利用可。

リストは随時更新していきます。

STICPAYへ
STICPAYの口座開設方法

STICPAY(スティックペイ)から資金を引き出す方法

ブックメーカーの利用において一番重要なのは、言うまでもなく儲けた賞金をきっちり現金化すること。その点、スティックペイを経由した場合は「銀行振込」か「専用カードでのATM出金」という簡単な2つの方法で回収できます。

現地銀行出金

スティックペイは、ネット口座としては世界初となる現地銀行出金サービスという仕組みを導入しました。(*現在は、エコペイズ口座でも同様のサービス有)これは、日数も手数料もかかる国際送金と違って自分が住んでいる国の自分の銀行口座へ一般的な銀行振込のように送ることができます。

STICPAY(スティックペイ)の現地銀行送金サービスとは

現地銀行出金サービスは一部の地域のみ対応で、以下が利用可能国。

ヨーロッパ全域、オーストラリア、ブラジル、香港、インド、インドネシア、韓国、日本、ネパール、ナイジェリア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、

日本はこの国内銀行出金サービスが利用可能。以下の銀行の口座を持っていれば、平日なら1営業日ほどで資金が戻ってきます。

シティバンク、ジャパンネット銀行、新銀行東京、新生銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、東京スター銀行、みずほ銀行、みずほ信託銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ銀行、横浜銀行、楽天銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、伊予銀行、SMBC信託銀行、八十二銀行、長野銀行、北洋銀行、その他

メガバンク、ゆうちょ、一部の地銀、そして国際送金不可(SWIFTコードを持っていない)のジャパンネット銀行や楽天銀行、セブン銀行でさえ引き出し可能。アカウントで口座番号や支店などを登録し、引き出したい金額を指定するだけです。

とにかく簡単なので、資金を手元に戻してくるハードルがグッと下がりました。

STICPAY Card(スティックペイカード)

スティックペイカード(Sticpay card)でゆうちょ銀行から引き出し

冒頭の方で少し触れた、ATMで引き出しに使えるカードというのがこちらです。STICPAY card(スティックペイカード)という、マスターカード機能付きのプリペイドカードです。(2019年4月以降の申込者はユニオンペイ提携カードに変わりました)

このカードを使うと、世界中の対応ATMで現地通貨で口座の資金を引き出しできます。日本のセブン銀行やゆうちょ銀行などのATMで使えばもちろん日本円で出金。そしてマスターカードが使える店舗でのショッピングにも利用可能です。

エコペイズ口座も同様のカードを発行していましたが、2018年8月にヨーロッパ圏以外でのカード発行を終了しました。よって、日本のユーザーがスポーツベッティングで得た賞金をカードで引き出せるのは2020年時点ではスティックペイのみ。(カードの申込にはパスポートによる本人確認があります)

また、スティックペイ口座では、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨も保有できます。それらの仮想通貨は、アカウント内で日本円や香港ドルなどに両替するとカードへチャージできますので、実質的にはスティックペイを使うことで持っている仮想通貨を世界中のATMで現金化できるようになります。

STICPAYを利用する手順

STICPAY(スティックペイ)を利用する手順

それでは、スティックペイがどのようなサービスか、どのような資金の流れになるのかなど全体像が把握できたところで、具体的な利用についてご確認ください。

まず最初は口座開設です。必要事項を入力するだけなので1~2分ほどで完了します。もちろん完全無料。

その次に本人確認として、免許証やパスポートなどの画像データ、そして住所証明としてクレジットカードの明細書や銀行の残高証明書の写真を撮ったものを送ります。詳しい案内がサイト上に書かれているので、特に難しいことはありません。送って早ければ数分~数時間、遅くても1日ほどで認証されます。

確認が済んだら入金です。クレジットカードやデビットカードで入金する場合は先に利用カードの登録を行います。スティックペイでは安全のため、「事前に登録したカードからしか入金できない」という仕組みになっているからです。カードの写真を撮ってサイト上にアップして承認を待ちます。完了までは数分から数時間程度。

ビットコインを使って入金するなら、承認もなにも不要。手続きしてしばらく待つとアカウントに振り込まれます。

資金が入ったら利用開始。そして賞金を回収して銀行振込/カードから現金化。

スティックペイ利用の流れ(基本)

  1. スティックペイの口座を作って本人確認やカードの申込等を済ませる
  2. 資金をカードやビットコインなどで入金
  3. ブックメーカーへ入金
  4. プレー後に賞金をスティックペイ口座に戻す
  5. 残高をカードにチャージしてATMで引き出し(または銀行送金)

いかがでしょうか?イメージできましたか?

STICPAYへ
STICPAYの口座開設方法

スティックペイの利用にあたってのよくある質問・ポイント

ここからは、スティックペイを使い始めるにあたってのポイントをいくつか挙げています。すべて担当者に問い合わせて確認済みです。

複数の口座を開設しても良い?

スティックペイは、登録する際に使用するメールアドレスさえ変えれば、一人で複数の口座を持つことができますメールアドレスは変える必要がありますが、名義は同じですから口座の本人確認は同じ書類の使い回しでOK。

昔は、1つの口座に1つの通貨単位という仕様でしたが、2019年2月以降は1つのアカウント内で複数の通貨を管理できるようになりましたので、あえて複数のアカウントを持つ必要がなくなりました。

スティックペイカードは何枚も持てるの?

口座はメールアドレスを変えればいくつも作れるのですが、スティックペイカードは1人に対して1枚までとなります。したがって、先に作った口座でカードを取得したのなら、新しい口座に紐づいたカードを持つことはできません。(紐付ける口座を変えたい場合は、サポートにご連絡ください)

【最初の準備】STICPAYの口座開設(登録方法)

ではここからは具体的にスティックペイの登録方法をご説明します。

サイトへアクセスして口座開設ページへ

STICPAYへ

スティックペイのサイトへ移動し、ページ上の「口座開設」というボタンをクリッックします。

STICPAY(スティックペイ)の口座開設方法1

必要事項を入力

口座開設ページで必要事項を入力していきます。

STICPAY(スティックペイ)の口座開設方法2

入力項目
メールアドレス
名前をローマ字で
苗字をローマ字で
生年月日
英数字を混ぜてパスワードを作成
国を選択
口座の通貨を選択(香港ドル推奨)

口座の通貨はなぜ香港ドル(HKD)?

結論から言って、現在は登録時に選ぶ通貨は日本円でも香港ドルでも構いません。(あとから通貨は追加できるので)

ただ、なぜ香港ドルをメインにしておくべきなのかと言うと、スティックペイカード内の残高管理システムの通貨が香港ドルに固定されているため。もちろん、日本のATMで使えば日本円、イギリスならポンド、香港で使えば香港ドルの現金を引き出しできるのですが、カード内の通貨単位はあくまで香港ドル。ここがネックです。

スティックペイカードへのチャージ手数料は1.3%、そしてスティックペイの口座内では、通貨間の両替に2%の為替手数料がかかります。

これらを踏まえ、例えばアカウント内の香港ドル口座からカードへチャージすると、通貨が同一なので手数料は1.3%のみ。一方、日本円や米ドルの残高からカードへチャージすると、1.3+2で合計3.3%の手数料がかかってしまいます。

既述のとおり、以前は1口座1通貨でしたので手数料のことを考えると香港ドルがベストでしたが、今は複数の通貨を分けて管理できる体制ですから、口座開設時は日本円でも香港ドルでも構いません。

ただ、ビットコインをスポーツベットアイオーなどの外部からスティックペイへ回収してきた際は、「いまはBTC・日本円のレートが良いからちょっと変えておこうかな」と安易に両替すると、カードで引き出そうとした時に手数料が3.3%になってしまうため、仮想通貨をカードで現金化するなら直接香港ドルに両替してください。(振込で出金するなら日本円への交換でOK)

すべて入力して「次へ」をクリックします。

電話番号を認証

次のページでは携帯電話番号を入力し、SMS(ショートメッセージ)で認証コードを受け取ります。

STICPAY(スティックペイ)の口座開設方法3

電話番号を、最初のゼロとハイフンを省略して入力し、「SMS発送」をクリックしてください。するとすぐに以下のようなメールで数字が届きます。

STICPAY(スティックペイ)の認証コード

この表示されている4桁の数字を、発送ボタンを押した後に現れるフォームに入力します。

完了

電話番号の認証が済むと口座開設完了です。

STICPAY(スティックペイ)の口座開設方法4

ここまであっという間でした。

この次は本人確認を行うのですが、まずは登録を済ませてメールアドレスにウェルカムメッセージが届いていることをご確認ください。

ステップ.1 サイトへアクセスして口座開設ページへ

STICPAYへ

スティックペイのサイトへ移動し、ページ上の「STICPAY口座開設」というボタンをクリッックします。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法1

ステップ.2 フォームに必要事項を入力

以下のような登録フォームが表示されるので、順番に埋めていきます。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法2

この例のように、名前はローマ字で。パスワードは英数字を組み合わせて作成します。通貨の部分は、以前は香港ドルがベストでしたが、今は日本円もままでも構いません。

通貨については、以下のポイントをご一読ください。

口座の通貨はなぜ香港ドル(HKD)?

結論から言って、現在は登録時に選ぶ通貨は日本円でも香港ドルでも構いません。(あとから通貨は追加できるので)

ただ、なぜ香港ドルをメインにしておくべきなのかと言うと、スティックペイカード内の残高管理システムの通貨が香港ドルに固定されているため。もちろん、日本のATMで使えば日本円、イギリスならポンド、香港で使えば香港ドルの現金を引き出しできるのですが、カード内の通貨単位はあくまで香港ドル。ここがネックです。

スティックペイカードへのチャージ手数料は1.3%、そしてスティックペイの口座内では、通貨間の両替に2%の為替手数料がかかります。

これらを踏まえ、例えばアカウント内の香港ドル口座からカードへチャージすると、通貨が同一なので手数料は1.3%のみ。一方、日本円や米ドルの残高からカードへチャージすると、1.3+2で合計3.3%の手数料がかかってしまいます。

既述のとおり、以前は1口座1通貨でしたので手数料のことを考えると香港ドルがベストでしたが、今は複数の通貨を分けて管理できる体制ですから、口座開設時は日本円でも香港ドルでも構いません。

ただ、ビットコインをスポーツベットアイオーなどの外部からスティックペイへ回収してきた際は、「いまはBTC・日本円のレートが良いからちょっと変えておこうかな」と安易に両替すると、カードで引き出そうとした時に手数料が3.3%になってしまうため、仮想通貨をカードで現金化するなら直接香港ドルに両替してください。(振込で出金するなら日本円への交換でOK)

すべて入力したら「次へ」をクリックします。

ステップ.3 電話番号を登録し、認証コードを打ち込む

次のページで電話番号を入力します。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法3

最初のゼロとハイフンを省略して打ち込み、SMS発送というボタンをクリックします。

STICPAY(スティックペイ)の認証コード

携帯電話にこのようなメッセージが届きます。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法4

届いた4ケタの数字をこのフォームへ入力し、電話番号を確認します。

ステップ.4 完了

送信ボタンをクリックしたら、以下のような画面に進みます。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法5

お疲れ様でした!この時点で口座は解説できています。登録したメールアドレス宛にもウェルカムメッセージが届いているのでご確認ください。この画面の「私の口座を維持する」と書かれたボタンをクリックすると、ログイン画面へ進みます。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法6

メールアドレスと作ったパスワード、生年月日を打ち込んでログイン。

STICPAY(スティックペイ)のモバイルからの口座開設方法7

無事に口座開設できていますね。

ここから次は本人確認と入金手続きを行います。まずは口座を作ってこの画面までお進みください。

STICPAYの口座開設

スティックペイの使い方ガイド関連ページ

スティックペイ(Sticpay)登録方法と本人確認のポイント

スティックペイ入金方法-クレジットカード/ビットコインによる送金手順解説

スティックペイカードの申し込み・有効化・使い方マニュアル

スティックペイの新カード(ユニオンペイ:銀聯)のアクティベーション方法

情報は随時追加していきますので、スティックペイ利用時の参考にお役立てください。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Sticpay

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.