Sticpay

スティックペイ入金方法-クレジットカード/ビットコインによる送金手順解説

更新日:

このページでは、Sticpay(スティックペイ)口座へ資金を入金する方法のうち、クレジット/デビットカード、ビットコイン(BTC)を使ったやりとりについて具体的に解説しています。スティックペイを利用している方は参考にお役立てください。また、相性が良いブックメーカーについても触れています。

スティックペイ(Sticpay)登録方法と本人確認のポイント
(口座開設がまだの方は先にこちらをご覧ください)

スティックペイへの入金方法

スティックペイには6種類の入金方法があります。

1.国内銀行送金
2.海外銀行送金
3.クレジットカード
4.Union Pay(ユニオンペイ)
5.ビットコイン
6.代替手段(上記以外)

上から順に解説します。

国内銀行送金

一つ目の国内銀行送金とは、あなたが住んでいる国にあるスティックペイの提携口座に振り込む入金方法です。普通の振込手続きのように資金を送ることができますが、残念ながらこの入金方法は一部の国にしか提供されていません(日本では使えません。一方で国内銀行出金は日本でも可能なので、引き出しは簡単)

海外銀行送金

海外銀行送金は、いわゆる国際送金です。スティックペイの保有する口座に銀行の窓口やネットサービスから送金依頼を行うと、数営業日で自分のスティックペイ口座に着金します。手数料は送金額の1%。

クレジットカード

スティックペイへは、VISAかマスターカードのクレジットカード・デビットカードで資金を入金できます。手数料は3.85%。

ユニオンペイ

ユニオンペイとは中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)が発行するクレジット・デビットカード。このカードを持っているユーザーは、簡単な手続きでスティックペイ口座に資金を送ることができます。

ビットコイン

言わずと知れた仮想通貨の代表。ビットコインを保有している取引所やウォレットから、自分のスティックペイ口座へ瞬時に入金できます。スティックペイ側での手数料無料。数分から数時間内で着金します。

代替手段

代替手段は上記以外の手段を指しているのですが、具体的にはネッテラー口座(Neteller)の会員間送金を使った入金です。ネッテラーというのはブックメーカーやカジノサイトとの入出金に世界中で使用されているサービス。日本でも一番ポピュラーな手段として普及していましたが、2016年に撤退(ギャンブル関連の入出金を禁止)しました。しかしヨーロッパやその他の地域では依然として使われています。そんなネッテラー口座を持っていて口座内に資金があるなら、スティックペイの口座に「あなたのネッテラー口座→スティックペイ側のネッテラー口座→あなたのスティックペイ口座」という流れで送金できます。

これらの方法のうち、現状を踏まえて日本人ユーザーに使いやすい使いやすいのはクレジットカード・デビットカード、そしてビットコインによる入金です。以下、その具体的な手続き方法についてまとめているので、資金投入時の参考にお役立てください。

クレジットカードでスティックペイ口座に入金する

では、まずはクレジットカード/デビットカードを用いた入金から解説します。

スティックペイでは、入金に使用するカードを事前に登録します。両面の写真を撮って専用画面にアップロードし、しばらく待って認証されたら使用OKに。実際に入金するときは、金額を指定して必要事項を打ち込んで確定ボタンを押すだけなので、説明不要なほど簡単です。

事前準備(1度きり)
入金に使用するカードを登録(両面の写真を撮ってアップ)

入金手続き
金額を指定して確定

準備:入金に使いたいカードを登録する

クレジットカードの入金ページを開くと、「まずカードを登録してください」という案内が表示されます。

Sticpayのクレジットカード入金方法解説2

そこで、「カード写本(コピー)アップロード」と書かれたボタンをクリック。

Sticpayに入金用クレジットカードを登録する手順1

あるいは、メニューの「口座」にあるクレジットカード写本(コピー)をクリックすると、このようなカードを登録するページが開きます。

アップロードするカードの写真を撮る

入金に使いたいカードの写真をスマホやカメラなどを使って撮影します。

Sticpayに入金用クレジットカードを登録する手順3

このとき、カード番号の最初の1ケタと最後の4ケタ以外は隠します。付箋やメモ用紙などを切りとって置き、見えないようにしてください。裏面は、署名欄のとなりにある3ケタのセキュリティーコードを同じように隠して撮影します。

おもて面:最初の1ケタと最後の4ケタ以外を隠す
うら面:署名欄の横にある3ケタのセキュリティコードを隠す

写真データを用意したら、アップロード画面でアップします。

カードをアップロードし、必要事項を入力→送信

アップロードしたら、そのすぐ下にある入力欄に必要事項を入力してください。

Sticpayに入金用クレジットカードを登録する手順4

カードの最初の1ケタと最後の4ケタと有効期限を入れて「送信」をクリックすると手続き完了です。

承認待ち(数分~数時間)

アップロード直後はステータスに「待機中」と書かれています。

Sticpayに入金用クレジットカードを登録する手順5

しばらくすると「承認」に変わります。

Sticpayに入金用クレジットカードを登録する手順6

承認されると、その登録したカードで入金できるようになります。

カードを使って入金する

では、実際にカードを使って入金してみましょう。入金のページでクレジットカードを選ぶと、以下のような画面が表示されます。

Sticpayのクレジットカード入金方法解説1

Amount欄に口座の通貨単位で入金希望額を入力します。そして次のページでカード番号、有効期限、裏面のセキュリティーコードを入力。

Sticpayのクレジットカード入金方法解説3

Depositをクリックして処理が済むと残高に反映されます。

Sticpayのクレジットカード入金方法解説4

今回は日本円口座に5000円を入金してみました。残高には手数料3.85%(192円)が引かれて4808円入金されています。入金の作業時間は1~2分。とても簡単でした。

ビットコインでスティックペイ口座に入金する

では続いて、ビットコインを使った入金方法について解説していきます。こちらも仮想通貨の取り扱いに慣れているユーザーはもちろん、初めて利用する方でもすぐに入金できます。事前の準備は不要、手数料もかかりません。

手順
1.入金ページで入金先のビットコインアドレスを確認
2.取引所やウォレットなどから送る
3.数分〜1時間程度で着金

入金ページで入金先のビットコインアドレスをコピー

入金ページで「Bitcoin」を選択すると、今回の入金先ビットコインアドレスが表示されます。

入金先のアドレスは毎回変わるので、その都度スティックペイ口座の入金ページで確認してください。(ウォレットなどによっては、送付先を登録できるような機能が備わっていますが、登録したアドレスは使用期限が切れて使えなくなっている=入金できない恐れがあるため、毎回入金ページでチェックを)

Sticpayのビットコイン入金方法解説1

このアドレスをコピーし、ビットコインを送りたい(保有している)ウォレットや取引所のサイトへ。

取引所やウォレットから指定されたアドレスに送る

今回はビットフライヤーという取引所から送ってみます。

Sticpayのビットコイン入金方法解説2

サイトを開いて入出金のページへ行き、メニューから「BTCご送付」を選択。そして先ほどコピーしたスティックペイの入金先アドレスを登録(追加)します。

Sticpayのビットコイン入金方法解説3

追加したアドレスを選択し、残高の範囲で入金したい金額を打ち込み、送付手続きを完了させます。

完了

ビットフライヤー側で送付依頼が済むと、スティックペイの入金ページに情報が反映されます。

Sticpayのビットコイン入金方法解説4

Pending Deposits(待機中の入金)の欄に、送付完了待ちの情報が。

Sticpayのビットコイン入金方法解説5

しばらく待っていると、残高に反映されました。今回の入金完了までの所要時間は約10分ほど。

ビットコインを利用したことがない方に、改めて手順をまとめておきますね。

1.スティックペイ口座の入金ページで、入金先のアドレスを確認する(毎回変わる)

2.取引所やウォレットなど、自分がビットコインを持っているサイトから入金先アドレスへ好きな額を送付依頼

3.スティックペイ口座に入金される(数分~1時間程度)

慣れている方は迷うことなく入金できると思います。

Sportsbet.ioや10bet Japanなどの出金(=スティックペイへの入金)として利用可

スティックペイへのビットコイン入金の応用というか、ビットコイン出金対応のブックメーカーを使う場合、引き出し先にスティックペイが使えます。

SportsbetioからSticpayへ出金

こちらはSportsbet.ioの出金画面。アカウントから資金を引き出したい時にスティックペイの入金用アドレスを指定すると、口座に資金が戻ります。口座内ではもちろんご自身で設定した通貨に換算されます。そしてスティックペイ口座からは国内振込か専用プリペイドカードを使ってATMから出金可

STICPAY(スティックペイ)をSportsbet.ioの出金手段に使う
(利用イメージ)

要するに、スティックペイ口座はビットコイン対応ブックメーカーとも相性良し。実質的には稼いだビットコインを自由にATMで現金化できるということ。すでにスティックペイ口座を持っている方はこれらのブックメーカーでのプレー時に出金が楽になります。また、すでにSportsbet.ioや10bet Japanを利用している方は出金の選択肢の一つとしてスティックペイ口座のご用意を。

スティックペイへの入金方法まとめ

いかがでしょうか?スティックペイ口座への資金の入金方法はご理解いただけましたか?

クレジットカードを使う場合は先に登録してから入金手続きします。ビットコインは指定されたアドレスへ送るだけ。スティックペイ口座が完全日本語対応であるため、どちらの方法もとても簡単でした。カードは3.85%の手数料が若干気になるところ。一方ビットコインはスティックペイ側で手数料がかからないので、すでに仮想通貨を持っている方にとっては使いやすい入金手段だと思います。

そして、Sportsbet.ioや10betJapanなどビットコイン入出金できるサイトを利用する方にとって、出金を容易にする手段の一つとしてスティックペイ口座はかなり役立ちます。

以上入金時の参考になれば幸いです。これから口座を利用するなら下記の解説もお役立てください。

関連ページ

スティックペイ(Sticpay)登録方法と本人確認のポイント

STICPAY(スティックペイ)の使い方ガイド

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の引き出し処理は業界高速。多機能の必須サイト。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Sticpay

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.