ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカーのボーナスやフリーベットの仕組みと現金化を徹底解説

ブックメーカーのボーナスやフリーベットのルールや使い方の解説

アカウントを作ろうと思ってブックメーカーのウェブサイトへ行くと、目立つところに「100% Bonus Up to $100」や「€30 Free Bet」などの文言、または日本語ブックメーカーなら「新規入金で10,000円ボーナス」や「5,000円フリーベット」のような記載を見かけることがあるでしょう。

さらに、プレー中にも「このイベントに賭けたら1,000円フリーベット」「このイベントの賭けでは、負けてもフリーベットでキャッシュバック!」のような告知を頻繁に目にすると思います。

このページでは、それらの意味するところ - ブックメーカーからもらえるボーナスやフリーベットとはどのようなものなのか、そしてうまく現金化させる工夫などについて解説しています。

これからスポーツベッティングを始めようとお考えの方は、資金を増やせるチャンスにもなるのでお役立て下さい!

ブックメーカーのボーナスやフリーベットとは?

ブックメーカーのボーナスやフリーベット解説

ブックメーカーのサイトに書かれているボーナス(Bonus)フリーベット(Free Bet)とは、簡単に言えばプレー資金のプレゼントです。

アカウント作成後やプレー中に、「入金する」「●円以上賭ける」「指定のイベントに賭ける」などの条件をクリアすると、記載された金額がアカウント内のボーナス/フリーベット残高に加算されます。

ボーナスとフリーベットの違い【重要】

まず最初に、言葉の意味をはっきりさせますね。

ブックメーカーがプレイヤーに配るプレゼントは、大きく分けてボーナス(Bonus)フリーベット(Freebet)の2種類があります。

どちらも「プレーに使える資金」という点は同じですが、性質が異なります。

ボーナスとは?

ボーナスは、言わば「架空のお金」のようなもの。

ブックメーカー側が定める条件をクリアすると、アカウントに振り込まれます。一般的に、ボーナスにはサイトが定める使用条件が付いていて、そのルールの範囲であれば自由にスポーツの賭けに使えます。

そして、その賭けの的中・不的中に応じてボーナスの残高が増えたり減ったりします。

ボーナス残高は、一定金額を賭けに使うことで「架空のお金」から「本物のお金(リアルマネー)」に変わり、引き出しできるようになります。

例えば、最初に10,000円のボーナスをもらって賭けの練習にいろいろ使ったとしましょう。条件を満たしたときにボーナスがまだ8,000円残っていたなら、その8,000円がリアルマネー化して出金可能となります。この8,000円は完全にブックメーカーからのプレゼント。(この条件については、のちほど改めて解説します)

フリーベットとは?

一方のフリーベットは、「賭けに使えるチケット」のようなイメージです。

フリーベットも、ブックメーカーが定める条件をクリアすることで取得できます。受け取ったフリーベットは、金額・使用期限・条件が設定されています。

条件は、フリーベットが使用可能なスポーツ、使用可能なオッズの最低倍率など。

このルールに沿ってスポーツの賭けに使い、予想が当たれば「フリーベットの額面 × 賭けたオッズ - フリーベットの額面」で「リアルマネー」による配当が支払われます。

例えば1,000円のフリーベットを5倍のオッズに賭けて当たれば、4,000円の利益です。通常であれば、1,000円 × 5倍 = 5,000円の払い戻しとなりますが、使用したフリーベットは「チケット」のため、払戻額から差し引かれるわけです。

反対に、賭けが外れたとしても、フリーベットを失うだけ。自分のお金は何の影響も受けません。

つまり、フリーベットは、リスクフリーベット(賭け)ができるもの。

ボーナスとフリーベットの出金

一般的に、受け取ったボーナスやフリーベットは、ご自身が入金した実際の資金(リアルマネー)とは別枠で管理されます。

ボーナスは、賭けに勝てば増え、負けると減ります。使い切れば無くなります。

フリーベットは基本的に1回あたりの金額が決まっていて、分割して使用することはできません。使えば消えます。

また、ボーナスもフリーベットも使用期限があり、過ぎると失効してしまいます。

「それならば、受け取ってすぐに出金したらいいじゃないか」と思いたくなりますが、残念ながらボーナスもフリーベットも受領後に即出金することはできません。

ボーナスには必ず、「受けとったボーナス額の●倍以上をプレーに使ってね」という条件があります。

フリーベットは1発勝負。賭けが外れたら賞金ゼロ、勝てばリアルマネーで賞金ゲット。

ブックメーカーのボーナスやフリーベット残高

ちなみに、上の画像はウィリアムヒルのボーナス残高画面です。これは、2013年に提供していたフリーベット。(私は、それ以前にアカウントを作成していたため、友人が新たに会員登録して受領しました。当時、この25ドルを4倍超のオッズに使って、約1万円の勝利金をリアルマネーとして受け取っています)

ボーナスやフリーベットとは?

ブックメーカーが用意するボーナスやフリーベットは、どちらも架空のプレー資金。指定されたアクションをおこなう(登録後の初回入金や、指定イベントに賭ける、など)ともらえる。

そのまま引き出すことはできないけれど、条件をクリアすると現金化される。

ブックメーカーが提供するボーナスオファーの種類

いかがでしょうか?ブックメーカーによるボーナスとフリーベットの違いはざっくり把握できましたか?

次は、プレゼントが提供されるタイミングについて解説します。

プレゼント提供のことを、ゲーミング界隈ではオファー(Offer)と言います。

ブックメーカー各社はいろいろなオファーを出しているのですが、実は「対象者」と「ルール」には決まったパターンがあります。

ウェルカムオファー(新規プレイヤー特典)

「対象者」による分類は、「これから遊ぶ新しいプレイヤー」「すでに遊んでいる既存プレイヤー」の2種類。

そのうち、前者のみが受け取れるプレゼントをウェルカムオファー(Welcome Offer)と言います。

要するに、そのブックメーカーでこれから会員登録する人専用のプレゼントです。

ウェルカムオファーの内容は、主に3つのタイプがあります。

初回入金ボーナス

賭けリンのウェルカムオファー2022

ウェルカムオファーのもっとも一般的なタイプは「初回入金ボーナス」です。これは、文字どおり初めての入金を済ませた際にもらえるプレゼント

ブックメーカーでアカウントを作成したあと、最初の入金額に応じてボーナスやフリーベットが付与されます。

例えば、あるブックメーカーが「100% First Deposit Bouns Up to $100」というボーナスを用意していれば、それは「初回入金額の100%相当額(最大100ドルまで)をボーナスとしてプレゼント」という意味です。

仮に初回入金が50ドルなら、その100%相当額の50ドルがボーナスとしてもらえます。つまり、実際の入金額50ドルと、ボーナスの50ドルをあわせて、100ドルの資金でプレーを始めることができるわけです。

100ドルを入金したら、その100%相当額でボーナスも100ドル。合計200ドルスタート。

500ドルを入金したら、100%相当額は本来500ドルです。しかし、ボーナスの上限が100ドルとなっていれば、リアルマネー500ドル + ボーナス100ドル = 600ドルで開始となります。

もし条件が「50% First Deposit Bouns Up to $200」であれば、「入金額の50%相当額、最大200ドルまでプレゼント」を意味します。

このように、初回入金ボーナスは、「入金額の何パーセント相当額、最大いくらまで」という条件が基本。この条件はサイトによって異なります。

初回入金フリーベットの場合は、「5,000円以下の入金なら、2,500円のフリーベット。10,000円以上なら2,500円x2回分」など、入金額に応じてフリーベット額(または回数)が増える形式も一般的。

初回ベット完了後のプレゼント

ウィリアムヒルの「J200」限定ボーナス

初回入金ボーナスの次に目にするのは、はじめてリアルマネーで賭けたあとにボーナスやフリーベットやキャッシュバックが進呈されるタイプです。

この形式のオファーを提供するブックメーカーでアカウントを作って入金し、何らかのスポーツのオッズに賭けて結果が確定したとしましょう。すると、その一番最初のベット額と同額や倍額、あるいは規定された金額のプレゼントが進呈されます。

「最初の賭けが不的中なら、その賭け金と同額をフリーベットで払い戻す」という特典、「初回入金分の資金が全部溶けた(負けた)場合、50%相当額(最大●円)までキャッシュバック」など、内容はさまざま。

いずれも、入金後のベットの結果に応じてボーナスやフリーベットが発生します。

登録するだけでもらえるボーナス

賭けリン入金不要ボーナス(旧:10bet Japan)

このほか、新規アカウントを作成するだけでボーナスを支給しているブックメーカーもあります。いわゆる「入金不要ボーナス」というオファーで、会員登録を済ませると規定のボーナス額が入金されます。

ウェルカムオファーの種類

  • 新規入金ボーナス
  • 初回ベット後のキャッシュバック等
  • アカウント作成ボーナス

イベントごとのスペシャルオファー

前述のとおり、ブックメーカーは「すでに遊んでいる既存のプレイヤー」にもオファーを用意しています。

それは、スポーツのリーグ、大会、試合それぞれに対し、個別に設定されたプレゼントです。便宜上「イベントごとのスペシャルオファー」と呼びますが、これがまた多彩でおもしろい。

スペシャルオファーも、いくつかの種類に分類できます。

条件クリアでボーナス獲得「ベット&ゲット」

ウィリアムヒルの日韓戦ベット&ゲットオファー

もっとも多いのは、「このイベントの●倍以上のオッズに●円以上賭けたら、フリーベット進呈!」というタイプで、ベット&ゲットオファー(Bet&Get Offer)と言います。

例えば「日本代表戦の1.5倍以上のオッズに1,000円以上賭けたら、勝ち負け関係なく1,000円のフリーベット進呈!」や、「プロ野球の試合に用意される1.6倍以上のオッズに、1週間でトータル10,000円以上賭けたら、2,000円のボーナス進呈!」など。

1日・1週間で条件をクリアする進呈されるタイプでは、達成するごとに毎日、毎週ボーナスがもらえます。

リーダーボード式(プレイヤー同士の競争)

Sportsbet.ioの日本シリーズ2022プロモ

ブックメーカーでは、リーダーボード(Leaderboard:順位表)というタイプのオファーも一般的です。

リーダーボード形式のイベントは、例えば「この大会期間中、オッズ●倍以上に賭けるとポイントが付与されます。そのポイント獲得数トップ10には現金またはフリーベットをプレゼント!」のようなもの。

つまり、設定された条件に沿って賭けたプレイヤー同士で成績を競い合い、上位に入ればプレゼント獲得、というオファーです。

抽選会

10betの2018年歳末大抽選会

リーダーボードに似ていますが、「条件をクリアしたユーザーだけを対象とする抽選会」という形式のオファーもよく登場します。プレゼントは、現金、フリーベット、ボーナスなどのほか、iphoneやプレイステーションなどの最新ガジェット、サッカーチームのユニフォームなど現物もあり。

スペシャルオファーの種類

  • ベット&ゲット
  • リーダーボード
  • 抽選会

常時開催のレギュラーオファー

このほかにも、ブックメーカーごとに常設オファーがたくさんあります。

ブックメーカーの常設オファー

例えば、スポーツベットアイオーでは、「無料クイズに答えて、当たれば1000万円の賞金またはフリーベット進呈」や「オッズ5つ組んだマルチベットで1つだけ外れて賭けが不的中なら、フリーベットで返金」といったもの。

ウィリアムヒルでは、「1週間の利用実績に応じて、出金時にキャッシュバック上乗せ」や「1週間の損失の10%をフリーベットで返金」など。

bet365では「賭けたサッカーの試合が0-0で終わったら一部返金」や、賭りリンやクラウドベットでは、「プレーで貯めたポイントをフリーベットやボーナスに交換」という仕組みも。

プレー実績に応じたロイヤリティプログラム、特定条件を満たすと返金・フリーベット進呈といった仕掛けで、プレーがお得に楽しめるようになっています。

レギュラーオファーの種類

  • ロイヤリティプログラム
  • 条件クリアでプレゼント等

ブックメーカーでボーナスを受け取る際の諸注意

ボーナスやフリーベットを受け取る際は、事前に手続きが必要な場合もあります。

「プロモコード」とは何か?

ブックメーカーのボーナスコード例

使用するブックメーカーによっては、サイト上でボーナスコード(Bonus Code)プロモコード(Promo Code)という言葉を見かけるかもしれません。

ボーナスコードやプロモコードは、オファーに参加する意志、受け取り資格を示す参照番号のようなもので、たいてい英数字の組み合わせて構成されています。

ブックメーカーごとに対応が異なるため一般化してお伝えするのは難しいのですが、例えば「新規入金ボーナスを受け取る場合は、登録画面のボーナスコード欄に"ND100"と入力してください」と指示があったり、「5,000円の入金ボーナスプロモーションに参加するために、入金画面のプロモコード欄に"Promo50"と打ち込んで入金してください」などの説明が書かれています。

ボーナスコードやプロモコードが必要なオファーでプレゼントを受け取るなら、その案内に従って手続きしなければなりません。

ウィリアムヒルやbet365などの老舗ブックメーカーサイトでは、新規アカウント登録画面に「プロモコード」や「紹介コード」という入力欄があります。

登録案内の時点で、「コード欄にxxを入力してください」と指示がなければ、空欄で構いません。「このプロモーションコード欄には何を入力すればいいのだろう?」と迷っても飛ばしてください。

(補足)ウィリアムヒルは、当サイトから登録すると特別ボーナスが付きます。当サイトからウィリアムヒルに移動して登録ページに進んだ際、特別ボーナス用のプロモコードが、あらかじめ入力済みになっています。

イベントは参加申請をお忘れなく

イベントごとのスペシャルオファーは、プロモーションのページで「参加」ボタンを押して申請します。賭けリン、ウィリアムヒル、スポーツベットアイオー、カジ旅などはそのタイプのオファーが多いので、プロモページで必ず条件をチェックしてください。

例えば「Jリーグの試合に賭けてフリーベット!」というオファーが出ていたとして、参加ボタンを押さずに条件をクリアしたとしても、フリーベットはもらえません。

特典を受け取るには?

ボーナスコード/プロモコードが必要なオファーなら、入力欄にコードを入れてからアクション(登録・入金・ベット)などを行います。イベントごとのスペシャルオファーは、事前に参加ボタンを押してください。

コードも参加申請も不要で、自動的に対象になるオファーもあります。(プレーするだけで特典が発生するロイヤリティプログラムなど)

現金化(リアルマネー化)するための条件

さて、ここからがさらに重要です。受け取ったボーナスやフリーベットを、リアルマネーに変える方法や注意点について掘り下げて解説します。

ボーナスの賭け条件とは?

既述のとおり、ボーナスやフリーベットとして受け取ったプレゼントは、いわば架空のお金です。まったく賭けずに出金することはできません。

ブックメーカーでは、自分が入金したリアルマネーの資金も、入金後そのまま出金する行為は禁止されています。不正やマネーロンダリング(資金洗浄)を予防する観点から、入金額の「等倍」をベットしたら出金可能、というルールが一般的です。

例えば、10,000円入金したなら、勝ったり負けたりしつつトータル10,000円相当を賭け終えた時点で引き出しできるようになります。その内容が、10,000円の一発勝負でも、1,000円 × 10回 = 10,000円でも、2,000円 × 5回でも構いません。とにかく、「入金額の等倍(1倍)は賭けて」という縛りが普通。

で、ボーナスに関してはというと、ルールは同じですが条件が違います。

ブックメーカーによって(ボーナスプロモーションの種類)によっても異なりますが、基本は「倍率が●倍以上のオッズに、受け取ったボーナス額の●倍を賭けてください」という形式です。

例えば、「1.5倍以上のオッズに、ボーナス額の10倍相当をベット」「1.7倍以上のオッズに5倍相当をベット」など。

このような条件のことを、Rollover Requirements(ロールオーバー・リクワイアメント)と言います。日本語では、「賭け条件」と言います。

ロールオーバーは"回転"や"転がす"という意味で、ベッティングの世界では資金を賭けることを"転がす"と表現します。

例えば10,000円の資金出、Aオッズに1,000円、Bオッズに2,500円、Cオッズに5,000円…などいろいろなオッズに賭けて増減を繰り返しながら計10,000円使うと、1回ロールオーバーしたことになります。

10,000円使い切って残高ゼロになることがロールオーバーではなく、賭けに使った金額のトータルを指すのでご注意ください。(例えば、1回ロールオーバーした後、最初10,000円だった資金が5,000円に減っているかもしれないし、20,000円に増えているかもしれません)

ボーナス一体型とボーナス分離型の違い

ブックメーカーやオンラインカジノのボーナスは、「一体型」と「分離型」という2種類のタイプがあり、その違いが賭け条件にも関与します。

「ボーナス一体型」は、入金したリアルマネーと、受け取ったボーナスを混ぜて計上するタイプ。

「ボーナス分離型」は、入金したリアルマネーと、受け取ったボーナスが別々のウォレットに勘定されるタイプを指します。

ボーナス一体型の場合、賭け条件には「入金額+ボーナス額のx倍を賭けに使用してください」と書いてあります。

一方の「ボーナス分離型」のサイトでは、「受け取ったボーナス額のx倍」と明示してあります。

一体型と分離型で、賭け条件クリアのための金額が変わってきますのでご注意ください。

フリーベットの賭け条件は?

オファーの特典がフリーベットの場合は、もっとシンプル。使用期限以内に使うだけです。最低オッズ、対象スポーツなどの条件下で賭けてください。

ボーナスをうまく現金化させるコツ

次は、ボーナスをリアルマネーに変えるためのヒントを3つご紹介します。

闇雲に賭けていては、増減を繰り返すばかり。連続で負けてしまうと、条件をクリアする前に残高が無くなってしまいます。

以下を参考に、うまく現金化を目指してみてください。

知っているスポーツに絞って賭ける

まず1つ目は、「知っているスポーツ」に賭けるということ。最初は、よく知らないスポーツへの賭けは避け、一番関心を持っているスポーツに絞ってください。

できるだけ条件ギリギリのオッズを狙う

2つ目は、条件として提示されたオッズ(倍率)に近いものを狙うということ。例えば条件が「1.6倍以上に賭けること」なら、できるだけ1.6倍に近いオッズを選んでください。

スポーツベッティングで勝つことを目指すなら、本来は倍率から判断するべきではありません(オッズは、正確に確率を反映したものではないため)

「今日の試合、このチームに3倍のオッズがついているけれども、この対戦でこのコンディションなら、勝てるぞ」という予感があれば従うべき。

ですが、「賭け条件を消化する」という目的が最優先なら、条件ギリギリの選択肢のなかから絞り込んだ方が無難で、手元に可能性は高くなります。

細かく賭ける

3つ目は、ボーナスを一気に賭けてしまうのではなく、複数回に分けて条件クリアを目指すこと。これもリスク分散としての工夫です。

まとめて賭けると、ひとつ賭けが外れるだけで資金が大きく減ってしまいます。一方、細かくすれば勝ったときの配当は小さくなるものの、大きな損失の心配もなくなります。

高額賞金を期待して大勝負するよりも、賭ける回数を増やすことを重視しましょう。

なお、「知っているスポーツに絞る」「資金を細かく分割して賭ける」のは、ボーナスをリアルマネー化するためのコツにとどまらず、スポーツベッティングで勝ち続けるための基本です。

ブックメーカーのボーナス・フリーベット解説まとめ

いかがでしょうか?ブックメーカーが提供するボーナスやフリーベットとはどのようなものか、オファーの形式・仕組み・ルール等はイメージできましたか?

ボーナスをもらうと、実際に入金した以上の資金を手にできます。

ボーナスを使えば自分のお金を減らさずにノーリスクで賭けを楽しめますし、初心者なら賭けの練習にもなります。うまく使えば、現金をもらったも同然です。

大手ブックメーカー各社では様々なプロモーションが用意されているので、指示に沿って登録や入金し、受け取ったボーナスはうまくご活用下さい。サイトごとのウェルカムオファーやイベントごとのオファー情報は、下記ページにて随時アップデートしていますので合わせてご確認ください。

ブックメーカー入金不要ボーナス・特別フリーベット・限定オファーまとめ【最新一覧】

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ブックメーカーの基礎知識