ブックメーカーの基礎知識

少数?分数?ブックメーカーオッズ表記の種類や換算方法の解説

更新日:

ブックメーカーのウェブサイトで気になる試合のオッズを調べようとしたとき、「5/2」や「24/1」等の分数、「+250」や「-200」等のプラスマイナスの記号が書かれた数字が並んでいるのを見て困ったことはありませんか?

このページでは、ブックメーカーのオッズ表記法の種類、それぞれの特徴、換算方法、表示の変更方法などについてまとめました。スポーツベッティングに関する理解を深める参考になれば幸いです。

ブックメーカーオッズ表記の代表的な3種類

ブックメーカーは世界中のプレイヤーが利用しており、それぞれが普段から見慣れた書き方で直感的にオッズを選べるよう、いくつかの表記形式(Odds Format:オッズフォーマット)を用意してます。

その代表的な3種がFractional(フラクショナル)Decimal(デシマル)American(アメリカン)です。Fractionalは"分数の"という意味の英語で、文字どおり分数で倍率を示した形式です。Decimalは"少数"を意味する英語で、少数でオッズは表示されます。そしてAmericanは、数字の前に+-の記号が付いた表示です。

Decimal(デシマル)

ブックメーカーのオッズ(デシマル)

デシマルはおそらく多くの日本人にとって最も理解しやすい形式でしょう。日本の競馬・競輪・競艇やその他のギャンブルにおいても、オッズと呼ばれるものはほとんどこの形式で表記されています。示された倍率は、賭け金を含んだ払戻しを示しています。画像の「ドルトムント勝利 1.51倍」に100ドル賭けて勝ったのであれば、151倍x100=151ドルが戻ってきます。賭け金を引いて51ドルが利益です。

デシマルはヨーロッパの多くの地域でも最も一般的なオッズの表記法であり、ブックメーカーによってはDecimalではなくEU(Europeの略)と書かれている場合もあります。

Fractional(フラクショナル)

ブックメーカーのオッズ(フラクショナル)

フラクショナルは分数で示された表示形式です。主にイギリスで使用されているため、Odds FormatにUKと書かれていることもあります。

フラクショナルのオッズは「左(分子)を得るためには右(分母)が必要」ということを示しています。分母を賭けると勝った時に分子が得られる。そして、デシマルと違ってフラクショナルの倍率には賭け金の返却分が含まれていません。分かりやすい例を挙げると、「99/1」というオッズは「1が99になる」という意味で、デシマルに換算すると100倍となります。24/1はデシマルの25倍。

フラクショナルからデシマルへの換算式は、「(分子÷分母) + 1」です(最後に足す1が、賭け金分)。この画像の「ドルトムント勝利 20/39」は「(20 ÷ 39) + 1 = 1.51282051」で小数点3ケタ以下を切り捨て1.51倍。上のデシマルと同じですね。(他は試しに計算してみてください)あと、直感的に理解するために「分子が分母より小さい=オッズは2倍以下」ということも覚えておくと良いでしょう。

American(アメリカン)

ブックメーカーのオッズ(アメリカン)

アメリカンは、もともとは文字どおりアメリカンスポーツの勝敗予想に使われているもので、別名MoneyLine(マネーライン)とも言われる表示形式です。北中米系のブックメーカーでは非常によく使われていますが、一方で欧州系では非対応のサイトもあります。また、Odds Formatの選択肢では、AmericanではなくUSと書かれている場合もあります。

アメリカンは見慣れないうちは理解しにくいかもしれませんが、実はルールは簡単。マイナスの記号がある方がFavorite(フェイバリット:本命=オッズが低い)で、プラスの記号がついているのはUnderdog(アンダードッグ:格下=オッズが高い)を示しています。そしてデシマルの2倍以下はマイナスとなり、2倍を超えるとプラスの記号が付きます

このオッズでは常に100ドル(通貨は問わず100単元)の賭けが基準となります。マイナス記号がついているものは、「表示された数字を賭けて勝つと100が手に入る」を意味します。プラス記号のほうは「100を賭けて勝つと、表示された数字が得られる」を意味します。また、フラクショナル同様に賭け金の払戻し分は含みません。

マイナスのデシマルへの換算式は、「(100 ÷ 表示された数字) + 1」となります(最後に足す1は賭け金分)。この画像の例では(100 ÷ 195) + 1 = 1.51282051…となり、小数点3ケタ以下を切り捨てるとデシマルの画像の同じですね。プラス側は、「(表示された数字 ÷ 100) + 1」です。こちらは表示された数字から暗算で簡単に理解できるかと思います。

マイナス側(本命側)のオッズの良し悪しは、「数字が大きくなるほど倍率は低い」ということを覚えておくと良いでしょう。例えば-140よりも-200の方が堅いオッズです。(デシマルで-140は1.71、-200は1.5倍)

いくつかのブックメーカーで見かけるその他の3種の表示形式

ブックメーカーのオッズ表示形式(香港・マレーシア・インドネシア式)

デシマル、フラクショナル、アメリカンは多くのブックメーカーが採用しています。しかし、この3種の他にもブックメーカーオッズの表示形式はあります。それがHong Kong(香港式)、Indonesian(インドネシア式)、Malaysian(マレーシア式)です。

これらは、その名の地域のギャンブルで使われてきた伝統的な表記法です。欧州に拠点を持つブックメーカーではほとんど見かけませんが、アジア圏のブックメーカーでは一般的。以下、その特徴とデシマルへの換算法などをまとめました。

(注)下記解説で例として掲載している画像の、一番端のFT.1x2と書かれた箇所のオッズはすべてデシマルのままで、他のFT.HDPとFT.O/Uが各表記に変化しています。

Hong Kong(香港式)

ブックメーカーのオッズ(香港)

香港式はデシマルに非常によく似ています。違いは、香港式は表記に賭け金の払戻分を含んでいないということだけ

同じオッズのデシマル表記
ブックメーカーのオッズ(デシマル2)

つまり、香港式に1を足すとデシマルとなります

Indonesian(インドネシア式)

ブックメーカーのオッズ(インドネシア)

インドネシア式は、その名のとおりインドネシアの伝統的な形式で、ブックメーカーのOdds Format選択ではIndoと書かれている場合もあります。この表記はアメリカンとほとんど同じ。違いは、アメリカンは賭けの単位が100だったのに対し、インドネシア式は1単元だということだけ

同じオッズのアメリカン表記
ブックメーカーのオッズ(アメリカン2)

これを見ると一目瞭然、単位がアメリカンの100分の1になっていることが分かります。インドネシア方式でもマイナスがついている方は本命、無印の方は格下。そしてマイナスの方は「表示された数字分を賭けて勝つと1が入る」、無印の方は「1を賭けて勝つと表示された数字分が手に入る」となります。(詳しいルールはアメリカンの解説をご覧下さい)

Malaysian(マレーシア式)

ブックメーカーのオッズ(マレーシア)

マレーシア式は当地の伝統的なオッズ表記法で、ブックメーカーではMalayと書かれていることもあります。香港式はデシマルに類似し、インドネシア式は単純にアメリカンとの単元違いで理解しやすかったのですが、マレーシア式は少々異なります。

特徴を端的にまとめると、アメリカンやインドネシアンと似ているがプラス・マイナス記号の意味が逆、そしてインドネシアンと同じく1単元を基準とします。つまりマレーシア式では無印の方が本命、マイナスがついている方が格下となります。

本命側、無印の方は「1を賭けて勝つと表示された数字が手に入る」を意味していて、実は香港式と同じです。要するに1を足すとデシマルになります。マイナスがついた格下側は「表示された数字を賭けて勝つと1が手に入る」という意味で、賭けたい金額を表示された数字で割り算すると、期待される利益を知ることができます。この画像の例なら、-0.95のパラナエンセに100ドル賭けて勝つと、100 ÷ 0.95 = 105ドル が利益、賭け金を含め205ドルが戻ってきます。(デシマルの画像と同じですね)

ブックメーカーオッズの種類まとめ

いかがでしょうか? 各表記法の特徴は当ページの解説でご理解いただけましたか? このように、ブックメーカーではデシマル、フラクショナル、アメリカン、香港、インドネシアン、マレーシアンという6つのオッズ表示形式が使われています。

実際にブックメーカーを利用するにあたり、これらのルール・計算方法を覚える必要はありません。オッズの表示形式はウェブサイト上で変更できるか、あるいはアカウント管理画面内で設定できるようになっています。そのため、毎回換算して賭けるという手間は無いのでご安心下さい。

普段見慣れていない形式では、直感的に何倍か?いくら賭けるといくらの配当か?を理解しにくいかと思いますので、事前に分かりやすいものに変えましょう。日本人ならおそらくデシマルが一番使いやすいと思いますので、設定をデシマルに変えてお楽しみ下さい。まれにデシマル非対応、フラクショナルのみアメリカンのみというブックメーカーもあります。そんなブックメーカーで魅力的な賭けがあって使いたい時は、この解説をお役立て下さい。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?やスポーツへの賭けの魅力を解説
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 生中継あり+多機能

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを分けて賭けられる次世代サイト。登録簡単&高速出金&多機能、そしてユーザー特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、スポーツ観戦+研究ツールとしても必須。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

人気No.4 稼ぐ上で必須BM

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

BTCも管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.