ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカー本人確認方法|対応書類や送り方など詳細解説

更新日:

ブックメーカーの利用には、免許証、パスポート、政府発行のIDカードなどからいずれか一点が必要です。それは、利用中に本人確認(年齢確認)があるからです。(スポーツベッティングをはじめる前に気になることのページでも触れています)

このページでは、本人確認手続きを簡単に済ませるためのポイントをまとめて解説しました。ブックメーカーごとに手続きの流れは違っても、この要点さえ覚えておけばつまづくことないと思いますので、ブックメーカーの利用をはじめたばかりの方は参考にお役立て下さい。

ブックメーカーの本人確認手続きとは?

本人確認や年齢確認と聞くと「面倒だな」「情報は安全か?」など思ってしまうかもしれませんが、むしろ安全に安心してプレーしていくための手続きだとお考えください。ブックメーカーはギャンブルの機会を提供するものですが、お金を扱うという点で共通するFX口座や銀行口座の開設と同じ。アカウントを乗っ取られて勝手に賭けられたり、本人の意思ではない出金手続きなどのトラブルを回避する意味で本人確認があります

本人確認のおおまかな流れ

本人確認の手順を簡単にまとめると

  • 1. 確認書類を1つ手元に用意
  • 2. 書類の写真を撮る
  • 3. 写真を担当部署に送る

という3ステップです。詳しくは後述しますが、免許証やパスポートなどからひとつ用意し、それをスマートフォンやタブレット、あるいはデジカメなどで撮影し、その画像データを指定された担当部署のメールアドレス宛に送ります。すると数時間~2日程度で「完了しました」という通知が届きます。

またはブックメーカーによっては、アカウント管理画面内に本人確認用のページが用意されています。ページに書かれている案内に沿って手続きを進め、必要に応じて写真をアップロードします。

いつ本人確認があるのか?

本人確認を行うタイミングはブックメーカーによって違います。しかしたいていは、アカウント作成から数日以内にメールで通知されるかログイン時に画面上に表示されるか、あるいは初回出金時に求められます(出金申請するとメールが届く)。

基本的に確認手続きは一度きり。一度手続きすれば、何度も求められることはありません。しかし、例えば初回出金前に確認を済ませていても、100万円を超えるような高額出金を申請すると「本人の意思によるものか」を調べる意味で、もう一度確認を求められる場合があります。

おおまかな手続きの流れは、証明書を写真撮影してデータ化して担当に送る(メール添付か専用画面でアップロード)だけ。確認のタイミングは主に、初回出金前かアカウント作成から数日内。

確認書類の用意の仕方

ここからはもう少し具体的にみていきましょう。

対応する書類

ブックメーカーの利用に必要な本人確認書類

すでに述べているとおり、確認に使えるものは免許証、パスポート、政府発行のIDカードなどがあります。これらのうちいずれか1点をご用意下さい。(画像は、ピナクルの証明書のアップロード画面)

証明書の写真撮影・データ化の方法

ここが一番のポイントです。とは言え、決して難しくはありません。

ブックメーカーの本人確認書類(免許証の撮影例)

証明書をテーブルに置き、スマートフォンやデジカメを用いて真上から全体を撮影します。このとき、四隅が写真内におさまっていること鮮明な状態(文字が読める)である必要があります。角の一部が欠けていたり、光の反射で文字が読めなくなっていないかご注意下さい。免許証であれば裏表(送るのは表面だけで構わないこともありますが、念のため両方撮る)、パスポートやIDカードなら顔写真が載っているページを撮影します。(画像は日本の免許証の撮影例。免許証以外のIDカードでも、この例と同じように撮影してください)

画像データは「jpgやpng形式のファイル」でないといけないという条件もありますが、スマホやデジカメで撮った写真は基本的にjpgファイルなので、特に気にすることはないでしょう。

四隅がしっかりおさまっていること、文字が読めること、jpgやpng(ブックメーカーが指定するファイル形式)であること、ポイントはこの3つ。

スマホorパソコンどちらで手続きする?

普段スマートフォンでブックメーカーにアクセスして賭けているなら、その端末から本人確認ができるため、スマホで撮影した写真データをそのまま添付または専用画面で送信できます。しかし普段デスクトップ(パソコン)でプレーしているなら、スマホやデジカメで撮った写真をデスクトップに移動させる(パソコン内に保存する)必要があります。

この場合はクラウドサービスを使うと簡単ですが、アナログなやり方で写真データを移し替える方法もあります。具体的には、スマホで撮った写真をメールに添付し、そのメールを自分自身のGmailやyahooのメールアドレス宛に送ります。そして、パソコンからメールボックスを開いて自分のスマホから送られてきたメールを確認、添付された写真を保存してください。デジカメなら、写真データが入ったメモリーカードをパソコンに挿入して、必要な画像を移し替えるだけです。

担当部署へのメールの送り方と雛形

写真データの準備が済めば、もう半分は終わったようなもの。あとはその写真データをしかるべき場所に送るだけです。

メール添付なら、指定されたメールアドレス宛に送信します。この際、ブックメーカーのアカウント作成時に登録したメールアドレスから送ること、メールの文面に名前やユーザー名なども書いておくこと、この2点を覚えておいてください。

こちらは、日本語非対応(英語のみ)のブックメーカーへメールで確認依頼を送る際のサンプルです。()は意味

件名:Request of verification(確認依頼)

↓以下本文

Dear customer support,
(担当者様)

I'm Taro Yamada.
(私は山田太郎です)
My account username is "taro777".
(私のユーザー名はtaro777です)

I send you an email with photo data of my identification document for account varification.
(アカウントの確認のため、本人確認書類の写真データをメールでお送りします)

Please find attached a file.
(添付ファイルをご確認下さい)

Kind regards,
(敬具)

Taro Yamada
taro1234@gmail.com

↑ここまで

かなりシンプルに書いていますが、これでも十分です。この雛形のまま使うなら、太文字のところはあなたの情報に変えてください。日本語対応のブックメーカーなら、日本語で普通にメールを送っても大丈夫。

アカウント画面内の本人確認専用ページでアップロードする場合は、このようなメールの送信はありません。案内に沿ってアップロードしてください。

本人確認が済むと通知が届きます

手続きが終わって書類が受理されると、完了通知が届きます。もしも書類に不備がある場合(四隅が欠けている、不鮮明な箇所がある等)、改めて送ってくださいという連絡がきます。その際は、再度写真を撮って送ってください。

ブックメーカーの本人確認方法まとめ

いかがでしょうか? ブックメーカーの本人確認の要点はご理解いただけましたか? 文章にすると長ったらしくなってしまいますが、手続き自体はとても簡単です。ブックメーカーごとに「メール添付で送る」か「専用画面でアップロード」かの形式の違いはありますが、対応する証明書を1つ用意し、スマホやデジカメで写真撮影してデータ化という作業は共通しています。そして一度証明書の写真を撮っておけば、他のブックメーカーでもそのデータを使いまわせるので何度も撮影する必要はありません。

ただし、例えば引っ越して住所が変わったり結婚して姓が変わり、その新しい情報でアカウント登録した場合は、古い証明書では情報が一致しないため、新しいものを撮影しなおす必要があります。

アカウント開設後や初回出金前に本人確認を求められた場合は面倒くさがらずサッと手続きを済ませ、アカウントの安全性を保ったうえで賭けをお楽しみ下さい。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 生中継あり+多機能

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを分けて賭けられる次世代サイト。登録簡単&高速出金&多機能、そしてユーザー特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、スポーツ観戦+研究ツールとしても必須。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 稼ぐ上で必須BM

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.