ブックメーカーの基礎知識

ブックメーカー出金方法|引き出し手順の具体的解説や手数料比較

更新日:

ブックメーカーでひとしきりプレーしたあと、アカウント上に残っている資金はそのまま置いておくか(次に賭けるときのために)、あるいは手元に出金したければいつでも引き上げることができます。このページでは、ブックメーカーからの出金方法、手続きの流れや要点、そして手数料について解説しています。出金時の参考にお役立て下さい。

ブックメーカーのアカウントから出金する手順

ブックメーカーからの出金方法

アカウントからの出金手続きを簡単にまとめると

  • 1. アカウント内の出金ページへ
  • 2. 出金手段を選択
  • 3. 出金額を入力
  • 4. 確定させて完了

という4ステップとなります。

ステップ.1 アカウント内の出金ページへ

まず、ブックメーカーのアカウント内の出金ページを開きます。日本語対応のサイトでは「出金」や「お引き出し」、英語のサイトではWithdraw(ウィズドロー)と書かれているので探してクリックしてください。

ステップ.2 出金手段を選ぶ

出金のページが開いたら、次は手段を選びます。選択肢がいくつか用意されているので、もっとも都合が良いものを選んでください。ただし、ブックメーカーによってはカードで入金した場合に「出金先はネット口座へ」と指定されている場合もあるので、その際はルールに従います。

ステップ.3 出金額を入力

出金手段を選んだら、希望額や必要事項を入力します。出金できる最低金額は10ドル~20ドル前後から。ブックメーカーごとに1回あたりの上限も決まっています(日本円で数十万~数百万円ほど)。最低〜最高額の範囲であればいくらでも構いません。例えば残高に€10,000あるなら、€2,000だけ引き出して€8,000を今後賭けるために残しておいてもOK。

ステップ.4 確定させて完了

確定ボタンをクリックすると手続き完了です。しばらく待っていると指定先に戻ってきます。ただし出金処理にかかる時間は、ブックメーカーごとに、そして出金手段によっても違いがあるのでご注意下さい。具体的には、ネット口座やビットコインでの出金なら数分〜数時間、銀行振込みによる出金は数日かかります。

補足:ブックメーカーによっては初回出金前に本人確認があります

他人がなりすまして利用していないか、本人の意思による出金申請かなどを確認するセキュリティの観点から、はじめて出金手続きをする前に本人確認を求められることが一般的です。ブックメーカーの利用前に気になることのページでも解説のとおり、免許証またはパスポートなどから1つ用意し、指示に沿ってお手続き下さい。(たいていはスマホやデジカメ等で撮影して画像データ化して、指定のメールアドレス宛に送る)

ウィリアムヒルで出金手順を具体的に解説

それでは、ここからはより具体的に出金の流れをみていきましょう。以下は、ウィリアムヒルの出金手続きの実例です。

ウィリアムヒルは日本語対応ですが、ここでは日本語非対応のブックメーカーでの出金手順もイメージしていただくために、あえてウェブサイトを英語の状態で説明しています。(日本語版サイトは、説明不要なほど簡単です)

アカウント管理画面へ

まずアカウントにログインし、管理画面へ進みます。(画像の赤枠のところをクリック)

ブックメーカー出金方法解説1(ウィリアムヒルの具体例1)

Withdrawをクリック

管理画面に進みましたら、次はWithdrawをクリックします。(日本語版サイトでは引出しと書かれています)

ブックメーカー出金方法解説2(ウィリアムヒルの具体例2)

金額を入力

このような画面が表示されるので、金額を打ち込むところに出金希望額を入力し、Continueをクリックします。

ブックメーカー出金方法解説3(ウィリアムヒルの具体例3)

確認

次のページで出金先を確認します。ウィリアムヒルの場合、ここには入金に使った手段が自動的に表示されます。前回の入金にエコペイズを使用しているので、ご覧のとおり。(参照:ブックメーカー入金方法解説)またウィリアムヒルでは、クレジット/デビットカードを入金に使った場合も出金先はエコペイズです。

ブックメーカー出金方法解説4(ウィリアムヒルの具体例4)

出金額、出金先を確認したら、Process Withdrawalをクリックします。

確定させて完了

この画面が表示されると手続きは完了です。Continueをクリックすると、アカウント画面へ戻ります。

ブックメーカー出金方法解説5(ウィリアムヒルの具体例5)

処理にかかる時間は1working day(1営業日)。しかし実際は数時間でエコペイズの自分のアカウントに着金していました。

ブックメーカー出金方法解説6

補足:入金手段と出金手段は"原則的には"同じものを使用

ブックメーカーにある残高は、原則的には入金元にしか出金できません。例えばエコペイズからの入金はエコペイズに出金します。

ブックメーカー出金方法(要点)

これは管理人のアカウントで€100出金しようとした際の画面です。入金解説でEcopayzから€20入金したため、「Ecopayzに€20、残りの€80はその前に利用していたEntropayへ分割して出金する」という注意書きが書かれています。ブックメーカーによっては入金元と違う出金手段を選ぶとと「この手段は利用できません」と表示される場合も。このような縛りがあるのは、マネーロンダリング(資金洗浄)などにアカウントが使われないようにするための措置です。

しかし最近はセキュリティが向上し、このルールは軟化しています。既述のとおりクレジットやデビットカードによる入金はネット口座へ、あるいは銀行振込で出金などの対応もありますので、「入金元=出金先」という原則がある、ということだけ頭の片隅に留めておいてください。

ネット上の残高を現金化するには?

いかがでしょうか? ウィリアムヒルからの出金手続きをご覧いただき、ブックメーカーのアカウントから資金を引き上げてくるイメージはできましたか?手続きの所要時間は1,2分ほどでとても簡単。そして、数時間から1日程度経てブックメーカーからネット口座に戻ってきます。

しかしこのままでは資金がインターネット上のネット口座内に数字として存在するだけなので、最終的にこの数字を現金化して、はじめて出金手続きはすべて完了と言えます。

ブックメーカーの残高を手元に引き上げるには?

上記のウィリアムヒルからの出金手続きは、この図の「1.出金」と「2.口座に着金」にあたります。その次の「3.出金」にあたる手続きは、今度はネット口座側で行います。Ecopayz(エコペイズ)からの出金は国際銀行送金が基本です。必要事項を入力して送金依頼をすると、数日で口座へ届きます。(具体的な手順は別ページにて詳しく解説しています) あるいは他のサービスによっては、専用のデビットカードでATMからの出金も可能。いずれにせよ、こうした仲介手段からの出金も非常に簡単です。

ブックメーカーごとの出金手数料と出金にかかる時間の比較

この表は、当サイトに掲載している大手ブックメーカーで、出金手段にEcopayz(エコペイズ)やNeteller(ネッテラー)などを使用した際の出金手数料と処理時間をまとめたものです。(注:ネッテラーは日本では利用不可)

Ecopayzへの出金手数料無料。数分〜1時間程度で出金。
Ecopayz、Neteller共に出金手数料無料。1営業日以内(実際は数時間程度)で返金。
Ecopayz, Neteller共に月に1回まで出金手数料無料。月に2回目以降は15ドル相当額の手数料がかかります。数分~1時間程度で返金。
Ecopayz, Neteller共に出金手数料無料。数時間以内の返金。
Ecopayz, Neteller共に出金手数料無料。数時間以内の返金。
Ecopayz, Neteller共に出金手数料無料。数時間以内の返金。
Ecopayz, Neteller共に出金手数料無料。数時間以内の返金。

あえてこのような表にする必要がなかったかもしれません。基本的にどのブックメーカーも手数料無料、数時間で口座に戻ってきます。ピナクルでは月に2回以上出金する際に手数料がかかりますが、そもそも出金はそう頻繁に行うものではないので、使用中に特に気になることはないでしょう。

補足
ブックメーカーからの出金時は手続きしたあとに着金までしばらくお待ちください。出金申請後にすぐネット口座をみても、残高には反映されていません。目安の時間を待って、着金をご確認下さい。

ブックメーカー出金方法のまとめ

改めてブックメーカーのアカウントから出金する手続きをまとめます。

  • 1. アカウント内の出金ページへ
  • 2. 出金手段を選択
  • 3. 出金額を入力
  • 4. 確定させて完了

この4つのステップで行います。ブックメーカーの利用にあたって「ちゃんと出金できるのか?」と不安を抱くこともあると思いますが、ご安心ください。サイトごとに画面のデザインは異なりますが、流れを把握しておけば困ることはないと思います。特に、日本語対応のブックメーカーでは、画面上の案内に沿って必要事項を入力していくだけなのでとても簡単。

ここで解説した基本に沿わない状況ごとの対応法や、トラブルの解決法などもサイト上で随時解説をアップしていきますので、お困りの際はお役立て下さい。

勝って稼いだ賞金を引き出して現金化する、当ページがその際の参考となれば幸いです。

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?やスポーツへの賭けの魅力を解説
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 生中継あり+多機能

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを分けて賭けられる次世代サイト。登録簡単&高速出金&多機能、そしてユーザー特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、スポーツ観戦+研究ツールとしても必須。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

人気No.4 稼ぐ上で必須BM

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

BTCも管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-ブックメーカーの基礎知識

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.