ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

これで完璧!ネットでスポーツに賭けるための実践的知識まとめ

ブックメーカーはあらゆる主要スポーツにオッズを出し、私たちプレイヤーは彼らのサイト上で賭けて、当たれば実際に賞金がもらえます。数万円でも数十万円でも、数百万円単位でも。

ブックメーカーと私たちプレイヤーの関係はこの一言に凝縮されます。要するにめっちゃ簡単。たとえまだ始めていなくても「なるほど、そういうことね」となんとなくイメージはできるかと思います。

しかし、プレーの具体的な部分には業界ならではのルールや、先に知っておいた方がもっとスムーズに楽しめるであろう賭け方の基礎知識などがいくつかあります。

それらを一気に解説しているのがこのページです。

ここでは、オンラインスポーツベッティング(ネット上のスポーツの賭け)について、理解を深めるための知識をまとめています。まだプレー前の方はもちろん、はじめたばかりのビギナーの方も参考にお役立て下さい!

ブックメーカー方式-賭けた時点のオッズで払戻し【最重要】

ブックメーカーのルールで一番のポイントは、自分が賭けた時点のオッズ(倍率)で払戻しが確定することです

ブックメーカーのフィックスドオッズ解説(Fixed Odds Explained)

例えば、とある試合の2日前に3倍のオッズに100ドル賭けたとします。

このオッズを試合直前にチェックしたところ、何らかの事情で急落して2倍になっていたとしましょう。

このような変化はよくあることですが、自分が賭けたあとにどれだけオッズが動いてもあなたは一切関係ありません。

予想どおり的中したら「3倍 x 100ドル」で300ドルの払い戻しが得られます。賭け金をのぞくと実質200ドルの儲けですね。

もしも他のプレイヤーが同じオッズに2倍の時点で賭けたなら、そのプレイヤーは2倍で払戻しを受け取ります。

つまり同じオッズでも賭けるタイミングによって価値が異なる。ここが重要です。

日本の競馬は賭けの締め切り時点の倍率が全投票者に一律に適用されますよね。その仕組みに慣れているとブックメーカーのこの方式は違和感を覚えるかと思います。しかし、このやり方は「今賭けると○倍で払い戻すよ」と先にお客様に宣言しているわけですから、ある意味で至極真っ当なもの。

賭け金を入力するフォームには予想払戻金も明示されていて、当たった際の利益を踏まえて勝負ができます。

優勝予想オッズは価値の違いが顕著

ブックメーカーの賭けは情報戦です。その試合やイベントの開催日まで離れているほど情報が少ないためオッズは甘い傾向があります。(オッズが甘い=実際は勝つ見込みがあるのに倍率が高い)

よって、早くから賭けていればあとから賭けた他のプレイヤーよりおいしい倍率が取れることがありますし、反対に自分が賭けた後に重大な情報が発表されて見込みが薄くなることも。

いつ賭けるか、というタイミングも重要になってくるのがスポーツベッティングのおもしろさ。

で、リーグ戦・カップ戦・国際大会などの優勝予想オッズは、このような「賭けるタイミングによる価値の違い」が顕著にでます

優勝予想オッズは基本的にそのイベントの開催前には発表され、対象によっては優勝が決まる直前まで賭けることができます。(例えば欧州サッカーのリーグ戦だと、毎節の試合を消化するにつれて各チームの順位が動き、それぞれの優勝見込みがはっきりしてきます。オッズも、その動きを考慮しながら再計算されて用意されます)

シーズン前と終盤では各チームの優勝見込みが大きく変わっていますから、倍率もまったく違ったものになります。

例えば、最初に本命だったチームが期待を裏切る失速で100倍を超えてしまったり、反対に最初に1000倍だったチームがあと数試合勝てば優勝というところまできて3倍の本命になっていたり。

しかし、どんなに倍率が変わっても「賭けた時点のオッズで払戻し」という原則は全オッズで共通です。だから、開幕前に大穴のチームに賭けて前評判を裏切る快進撃を続けると、優勝が近づくにつれて「何十倍、何百倍がもうすぐ的中…」というドキドキと喜びが漏れます(笑)

プレミアリーグ20152016の優勝予想オッズ(ミラクルレスター)

プレミアリーグで超大穴レスターが優勝した2015/16シーズンの2501倍時点のオッズの実物

具体的な例をひとつ挙げると、イングランドのサッカーのトップリーグであるプレミアリーグ(England Premier League)2015-2016シーズンを制覇したレスター・シティ(Leicester City)は、開幕前にいくつかのブックメーカーにて5001倍という破格のオッズをつけられていました。上の画像は、実際に開幕直前にウィリアムヒル社で発表されていたもので、一時的に下がって、この時点では2501倍でした。

前シーズンに2部リーグから昇格してきたこのチームの優勝を、ブックメーカー側がまったく予期していなかった(絶対に優勝などしないと考えていたレベル)がための超高配当オッズです。

試合を消化し、優勝が近づくにつれてこのオッズは2501倍、1000倍、500倍、100倍、10倍、5倍、3倍…と下がっていきました。しかし、5001倍で賭けていたなら、その後どれだけオッズが下がっても、5001倍が保証されたままです。

見事優勝し、このオッズに賭けていた数十名のプレイヤーは驚くべき高配当を得ることになりました。

もしシーズン前に1万円賭けていら、10ヵ月後に5000万円の儲け。残り数試合で優勝を確信してから3倍に賭けたら3万円。すごい違いですよね(焦)

ギャンブルの払戻しの仕組みに関する補足

少し寄り道して、ギャンブル全般への理解を深めるための補足も加えます。

宝くじのように参加者の賭け金が累積し、一部が大当たりとして払い戻されるギャンブルをプールベッティング方式と言います。

日本の競馬(フランス発祥の近代競馬)のように、賭けられた総額から運営者が一定率をあらかじめ天引きし、各馬への投票率に応じてあとからオッズを計算するギャンブルをパリミュチュエル方式(別名トータリゼータ方式)と言います。

これらのギャンブルは、運営者が絶対に損をしないため(たいていは政府の税収アップのため)に作られたもの。運営者はそのイベントやレースの結果に関わらず必ず儲かります。(言い換えると、プレイヤー全体でみると必ず負ける=ギャンブルは胴元が勝つ、と言われる所以)

一方で、ブックメーカー方式はフィックスド・オッズ(Fixed Odds、固定オッズ)形式と言われるギャンブルであり、既述のとおり提示された倍率に賭けた時点で契約が成立します。この仕組みにおいて、ブックメーカーたちは賭け金の総額やかたより具合に応じて随時オッズを変更し、最終的に帳尻を合わせて自分たちが損をしないように立ち回ります。

一応、プレイヤーに対して情報量で圧倒的にアドバンテージがあるため、長い目でみると結果的にはブックメーカー側が勝ち越します。しかし、この方式はパリミュチュエルと根本的に異なり、ブックメーカー側の利益は事前に約束されていません。

オッズのつけ方を誤って(あるいは予想だにしない結果となり)彼らが損害を被ることも頻繁にありますし、極端な話、プレイヤーが勝ちすぎて倒産するブックメーカーもあったほど。

このようなことが起きるのは、ブックメーカーにもスポーツの結果は完全に分からないから。そして、このような仕組みだからこそ、他のギャンブルと違ってスポーツベッティングは私達プレイヤーにも勝ち続けられる余地があるわけです。

ここがポイント

  • 的中時は自分が賭けた時点のオッズで払戻し
  • 同じオッズでもタイミングによって倍率が違うため、他のプレイヤーと配当に違いが生じる
  • ブックメーカー方式では運営者側が損する(プレイヤー全体が勝つ)ことがある

3種類のオッズ表示スタイル

さて、そうしたオッズの基本的なルールをまずご確認いただいたところで、ここからは、より実践的な知識をご紹介していきます。

まずはオッズの表示タイプについて。

オンラインブックメーカーでは、ウェブサイト上のオッズの表記に主に3種類の形式が使われています。

ブックメーカーのオッズディスプレイ3種類

この画像のなかで縦に並んだAとBの数字は、それぞれまったく同じ倍率を意味します

少数で表示したものをデシマル(Decimal)、分数で表示したものをフラクショナル(Fractional)、+-の記号がついているものをアメリカン(American)と言います。

デシマルはヨーロッパで広く浸透しているためEUと、フラクショナルは英国で使われているためUKとも表記されます。そしてアメリカンは文字どおり米国で使われていて、USとも表記されます。

オンラインブックメーカーでは、これらの表示形式から好きなものを選択できるようになっています。ですから、換算する計算式を覚える必要はありません。ほかには香港式やインドネシア式などを選べるブックメーカーのあります。実際に利用するときは、もっとも見慣れている理解しやすいものを選んでください

日本人は競馬で見慣れた小数点タイプが一番わかりやすいと思います。よって、サイト利用時はデシマル形式が最適。

ブックメーカーごとの取り扱いスポーツやオッズの違い

次は、ブックメーカーのサイトごとのオッズについて。

ブックメーカーは民間企業が運営している(民営)であるため、各社ごとに特徴があり、賭けられるスポーツや賭けの種類がサイトによって異なります

ネット通販という"くくり"のアマゾンと楽天で、売っているものが微妙に違ったり同じものでも値段がちょっと違う、みたいなイメージです。

ブックメーカーのオッズの種類の違い

実際にブックメーカーを使いはじめて複数のサイトを見比べてみると、賭けられるスポーツの違いに気づくと思います。

サッカー、テニス、バスケットボール、野球、アメフトなどメジャーなスポーツの種類はどのブックメーカーでもだいたい同じですが、マイナーなものは賭けられるサイトが限定されます。例えば相撲は、大手ブックメーカーの中だとウィリアムヒルやマラソンベットなど限られたサイトにしかありません。

また取り扱いリーグや大会も違います。野球なら、MLBはどこでも賭けられますが、日本のプロ野球はブックメーカーによってあったりなかったり。(最近はほぼどこでも賭けられるようになりました)

また、同じ試合に対しても、Aブックメーカーは100種以上のオッズを提供、Bブックメーカーは70種、Cブックメーカーは150種、という違いもあります。

特殊な賭けの対象や、スポーツ以外のおもしろい賭けは大手ブックメーカーになるほど豊富です。

ブックメーカーのオッズの倍率の違い

さらに、同じ試合の同じタイプのオッズでも、倍率は違います

Aブックメーカーは勝敗予想のホームの勝利に2.5倍、Bブックメーカーは2.8倍、Cブックメーカーは2.2倍という、微妙な払戻しの差が生じています。

したがって、オンラインブックメーカーを用いたスポーツベッティングは、オッズを選ぶということもひとつのおもしろさと言えます。

私達プレイヤーは、どのブックメーカーで賭けても構いません。そのため、いくつかのブックメーカーを同時に使うことでこのような違いに対応することができます。

ここがポイント

ブックメーカーは民営でネット上に複数あるがゆえ

  • サイトごとに賭けられるスポーツが若干違う
  • サイトごとに賭けられるオッズの種類が違う
  • 同じ結果を予想するオッズでも、サイトごとに倍率が違う

という特徴があります。

このポイントを踏まえて、複数のサイトを利用するというのがオンラインスポーツベッティングの楽しみ方。

ウィリアムヒル(William Hill)は賭けの対象とオッズの種類が豊富ですし、ピナクル(Pinnacle)はオッズの種類は少ないものの倍率が良い。スポーツベットアイオー(sportsbet.io)も機能が豊富でおもしろい賭けが楽しめます。

いくつかピックアップしてアカウントをご用意ください。

ブックメーカーオッズの種類(発表のタイミングで分類)

では、ここからさらにオッズについて具体的にみていきましょう。

ブックメーカーで賭けられるオッズは数百種類を超えます。しかし、どんなオッズでも発表されるタイミングで分けると、以下の3種類しかありません。

シーズン・大会がはじまる前から賭けられるオッズ

ブックメーカーの大会前に発表されるオッズ

ウィリアムヒルのサッカーW杯2018優勝予想オッズ

例えば。優勝予想オッズや、MVP予想オッズなど、リーグ戦・カップ戦・国際大会などの全体を対象とする賭けは、そのシーズンや大会のスタート前に発表されます。これらをアウトライトと言います。

前評判をチェックするだけでも楽しいですから、好きなスポーツで気になるリーグ・大会の前には必ずご確認を。

試合前に発表されるオッズ(プレマッチオッズ)

ブックメーカーの試合前に発表されるオッズ

ウィリアムヒルのJリーグの試合オッズ抜粋

勝敗予想、スコアの予想、ハンディキャップ、スコアラー予想など試合の開催前に発表されるものをプレマッチオッズ(試合前オッズ)と言い、スポーツごとの大量のオッズが毎日サイト上に並んでいます。

オッズは試合の1週間〜数日前に出始め、開催が近づくにつれて種類が増えます。(ブックメーカーおよび対象スポーツによって発表のタイミングはやや異なります)

とにかく、使っているブックメーカーのサイトは随時チェックしてオッズの有無を確認し、これだ!と思うオッズを選んで勝負をお楽しみください。

試合が終われば、的中オッズの配当がアカウントに振り込まれます。

試合中に賭けられるオッズ(インプレーオッズ)

ブックメーカーの試合中に賭けられるオッズ

10betjapanの試合中の賭けページ

ブックメーカーでは、スポーツの試合中にも賭けることができます。これがスポーツベッティングのユニークなおもしろさ。

試合中の賭けは、インプレーベッティング(In-Play Betting)ライブベッティング(Live Betting)と呼ばれ、ブックメーカーの中に専用の画面があります。

その専用画面には試合中の状況に関する多様なオッズが並んでいます。例えばサッカーなら、「次のゴールをどちらのチームが取るか?」や「コーナーキックの合計数予想」など。前半、後半のみ対象の賭けも多数あり。

テニスなら「次のセットをどちらが取るか?」や「次のゲームをどちらが取るか?」など。

これらの試合中のオッズに賭けると、その結果が出た時点でリアルタイムで払戻しが行われるため、残高は試合中に増減します。

ライブベッティングは他のギャンブルでは決して味わえないスポーツベッティングの醍醐味であり、試合展開を見極めながらだと勝てるオッズも結構見つかります。

ここがポイント

ブックメーカーのオッズは大別すると

  • リーグ・大会のスタート前
  • 試合前(プレマッチ)
  • 試合中(インプレー)

の3つのタイミングで用意されます。

オッズの種類まとめ(賭ける対象ごとの分類)

時系列的な区分と重複するところもありますが、オッズの種類を「対象」で分類すると、以下の3つに分けることができます。

リーグ・大会全体に対する賭け

ブックメーカーのリーグ・全体に対する賭け

ワールドカップ2018得点王予想オッズ抜粋

シーズン全体、大会そのものが賭けの対象となるオッズだけでも何十種類もあります。

優勝予想が最も一般的で、トゥ・ウィン・アウトライト(To Win Outright)トーナメント・ウィナー(Tournament Winner)と呼ばれます。

MVPや得点王など個人を対象としたオッズも豊富。サッカーのワールドカップやチャンピオンズリーグなどでは、グループごとの突破予想、順位予想、チームごとの勝ち点予想などもあり。

また、決勝の対戦カード予想オッズ(ファイナリスト)もブックメーカーによっては用意されます。

アメリカンスポーツでは、カンファレンスやリーグごとの優勝予想、地区ごとの1位予想、プレーオフ進出予想、どの地区のチームが最終的にシーズン優勝するか?など多様な賭け方が並びます。

シーズン前にいくつかピックアアップして賭けておけば、終盤が一層アツく楽しめます。特に優勝オッズは、賭けたチーム・選手が優勝したら的中という分かりやすいルールなので初心者にもおすすめ。

試合ごとの勝敗・内容に対する賭け

ブックメーカーの試合内容に対する賭け

サッカープレミアリーグの試合で選手ごとの得点予想オッズの抜粋

試合結果を対象としたオッズがブックメーカーのメイン。

シンプルに勝敗を予想するものから試合内容に関するマニアックなものまで実に多彩。例えば、大手ブックメーカーではサッカーの欧州トップリーグの試合には平均して300通り近いオッズが出ます。

こんな賭け方まであるのか!?」と驚くほど豊富なので、きっとあなたの予想にぴったりのオッズが見つかるでしょう。

一つの試合に何度賭けても構いません。試合前に賭けて、試合中にも状況に合わせて追加で勝負、なんて賭け方もOK。

試合についてしっかり分析した予想がピタッとハマり、勝敗・スコア・点差、そのほか複数の賭けたオッズが全部的中したときの爽快感は格別です。

特殊な事情に対する賭け

ブックメーカーの特殊な事情に対する賭け

アーセナルの監督、アーセン・ヴェンゲル氏は次期シーズン開幕時も続投しているかどうか

シーズン全体、試合ごとのオッズではなく、偶然に起きた出来事や、特殊な状態に対する結果予想オッズも、随時発表されます。

例えばサッカーでは監督の解任予想や、特定の選手の連続ゴールがどこまで続くか?など。「ルイス・スアレスはまた選手に噛み付くか?」というネタのようなオッズも。メッシとロナウドの子供が同じクラブでプレーするか?なんて未来のことまで対象です。

こうしたオッズは好きなスポーツをもっと楽しくする良い話題になりますから、ブックメーカーのサイト上で発見したら遊びで賭けておくのもアリ。

ここがポイント

ブックメーカーのオッズを対象で分けると、主に

  • リーグ・大会全体の結果が対象
  • 試合の結果が対象
  • 特殊な事情が対象

の3種類があります。

賭け方の種類

次は賭け方。ここまでご覧いただいたオッズについて、大まかには2つの賭け方があります。

シングルベット

ブックメーカーのシングルベット

オッズを1つ選んで賭けることをシングル(Single Bet)やストレートベット(Straight Bet)と言います。これがブックメーカーの基本的な賭け方です。

マルチ(コンビ)ベット

ブックメーカーマルチベット

シングルに対し、複数(2つ以上)のオッズを選び、組み合わせて賭けることをマルチベット(Multiple Bet)やコンビベット(Combi Bet)と言います。

例えば、サッカーで3試合の勝敗予想を行い、1つ目の試合はホームの勝利(2倍)、2つ目の試合はアウェイの勝利(3倍)、3つ目の試合はドロー(3倍)に賭けるとしましょう。

シングルベットなら、これら3つの試合のオッズにバラバラに賭けます。一方マルチベットではオッズが掛け算され、もし3試合とも予想通りになると配当は「2倍x3倍x3倍 = 18倍」で払戻しです。

シングルはそれぞれが独立した賭けなので試合ごとに的中・不的中を判定しますが、マルチベットでは3試合セットで1つの賭け。高難度ですが高配当。

また、画像のように別々のスポーツやリーグ、大会、賭け方を組み合わせることもできます。例えば、野球の勝敗、サッカーのスコア、テニスのセット予想、などのごちゃ混ぜ高配当狙いの賭けも可能。

マルチベットには、単なるオッズの掛け算方式以外にもいくつかの種類があり奥が深いため、当サイト内の他のページで詳しく解説しています。合わせてご確認ください。

ここがポイント

  • シングルベット(オッズ1つへの賭け)
  • マルチベット(オッズを2つ以上選んで組み合わせる賭け)

シングルベットとマルチベットの違いは、競馬で言うところの「単勝」と「馬連や三連複」のような違いだと考えるとイメージしやすいと思います。

スポーツベッティングの実践的知識まとめ

いかがでしょうか?少し長かったですが、ブックメーカーオッズの基礎やスポーツベッティングの要点はご理解いただけましたか?

以下にあらためて重要点をまとめます。

  • 的中時は賭けた時点の倍率で払戻しされる
  • いくつかのオッズ表示形式が用意されている(デシマル推奨)
  • ブックメーカーごとに賭けの対象・オッズは違う(いくつかを併用して使い分ける)
  • オッズはシーズン前・試合前・試合中にも用意される
  • シーズン全体が対象・試合が対象・特殊な事情が対象の3種の賭けがある
  • 賭け方にはシングル賭けとマルチ賭けがある

これらは、プレーにあたっての一番ベースとなる理解です。

なにも知らずにいきなりブックメーカーで登録してプレーを始めたとしても、ある程度は楽しめると思います。それほど、今のブックメーカーサイトは分かりやすくなっています。

ですが、全体像を掴んでからの方が最初から困ることなくプレーできるだろうとうことで、当ページをご用意しました。

もしもさらに詳しくオッズの種類を確認するならブックメーカーの賭け方-基本オッズ17種の徹底解説のページをご覧ください。主要な賭け方についてより具体的に解説しています。

これらの基礎知識も参考にどうぞ。そして、具体的に始めるのであれば以下のページをご覧ください。使いやすい日本語ブックメーカーの会員登録から賞金回収までの流れを一挙にご説明しています。

スポーツブックメーカーを使ったスポーツベットのやり方
ブックメーカーの始め方・スポーツベットのやり方【すぐに始められる超入門解説】

ブックメーカーのやり方(利用)は簡単です。 インターネットに接続されたスマホやパソコンさえあれば、はやければ3分ほどで賭け始めることができます。 私が始めた10数年前はサイトが基本的に全部英語だったの ...

続きを見る

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.