Sportsbet.io

Sportsbet.ioのウォレット間送金でビットコインを円に換金!手数料と手順

投稿日:

スポーツベットアイオーのウォレット間送金ガイド

スポーツベットアイオーがまた進化。2019年5月15日からは、サイト内のビットコイン残高を日本円に換金してプレーできるようになりました。

Sportsbet.ioのウォレッt間送金(BTC-JPY)とは?

スポーツベットアイオーは、1つのアカウント内で複数の仮想通貨と法定通貨を分けて管理して好きな通貨でスポーツに賭けられるサイトです。

Sportsbet.ioの対応通貨

日本人ユーザーなら、

・ビットコイン(BTC)
・オールスポーツ(SOC)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・ユーロ(€)
・日本円(¥)
・米ドル($)

の7つの通貨でプレー可能。しかし、どうやら「ビットコインで入金したものの、日本円でプレーしたい」という要望がサイトに多かったようで、それを実現する機能が開発・実装されました。

ウォレット間送金の手順

手続きは簡単です。

Sportsbetioのウォレット間送金手順解説1

入出金ページのビットコインウォレットにある「ウォレット間送金」をクリックし、送りたい金額を指定、「円へ換金する」をクリックします。今回は試しに3mb(ミリビット)。

Sportsbetioのウォレット間送金完了

ボタンを押したらすぐに完了と表示されます。

Sportsbetioのウォレット間送金結果チェック

日本円残高にちゃんと反映されていました。

ウォレット間送金の手数料とポイント

次は手数料についてみてみましょう。

ビットコインを日本円に換金する際の手数料は無料です。ライブチャットで確認しました。

スポーツベットアイオーライブチャット

ただし、この回答にあるようにスポーツベットアイオー側の使用するレートとネット上で参照できるものが異なり、多少の違いが発生する可能性はあります。

具体的には、今回の3ミリビットは2585.44円に換金できました。ちょうど同じタイミングでGoogleによるレートを確認すると、

ビットコインのレート

3ミリビット=2618.03円だったため、1.26%(2618.03 ÷ 2585.44 = 1.0126…)の違いです。

ただし、いつでもこれほどの差が出るという訳ではありません。ご存知のとおりビットコインの価格はつねに動いています。スポーツベットアイオー側の1mbあたりの金額もリアルタイムで更新されています。しかし両方が常に同一ではない。タイミングによって、誤差自体にも多少の違いがでてきます。ざっくりですが、Googleで確認できるレートと「1%前後」の違いが出る可能性があると考えておけば良さそうです。

換金後の出金について

もう1つ重要なポイントを。

ビットコイン残高から日本円に変えてプレーしたあとの出金は、もう一度ビットコインのウォレットへ戻してからとなります。つまり、「ビットコイン残高 → 日本円に換金 → 出金」はダメで、「ビットコイン残高 → 日本円に換金 → ビットコインに戻す → 出金」という流れです。また、BTC→日本円で賭けて稼いだ賞金も同様に、ビットコインに戻してからでないと外部へ引き出すことができません。

Sportsbetioのウォレット間送金で戻せる金額

このように、ビットコインを日本円ウォレットに送ったあとは、「ウォレット間送金」のページの残高のところに「送金可能金額」が併記されます。この画像は3ミリビット(2585.44円)を送った直後なので、送金額がそのまま表示されていますね。

そして、この日本円をビットコインに戻す際は0.5%の手数料が発生します。また、小数点第3位以下は送ることができません。

ウォレット間送金の手数料

ビットコイン→日本円(無料)
日本円→ビットコイン(0.5%)

すでに日本円ウォレットに資金が入っている場合

しかし、すでに日本円ウォレットにエコペイズやカードなどでいくらか入金していて、そのあとにウォレット間送金を使った場合はどうなるのか?

例えばすでに30万円ほど日本円が入っていて、ビットコインを10万円分換金して追加した状態。残高には40万円と合算で表示され、「送金可能額」は10万円となります。

私も今回そのパターンだったので、チャットで確認しました。

この状態で日本円を使うと、まずは「もともと入っていた日本円」を使うことになります。よって、稼いだ賞金は日本円としてエコペイズやスティックペイなどの口座に引き出し可能です。その後、もしも既存の日本円残高を全部使い切ってしまったら、それ以降はビットコインを換金した日本円を使うことになります。

先ほどの例なら、30万円全額を失うか30万円賭けて保留状態になると、それ以降は換金した10万円が使用されます。そして、この10万円を使って儲かった賞金は、ビットコインに戻してからの出金となります。

したがって、最初からビットコインを換金した日本円でプレーしたいなら、すでに入金済みの日本円は一旦引き出してからウォレット間送金をお使いください。

ビットコインを日本円に換金してプレーする方法のまとめ

いかがでしょうか?とりあえずスポーツベットアイオーの新機能「ウォレット間送金」を検証し、ザッとまとめてみました。

改めて特徴をご確認ください。

ビットコイン残高→日本円残高に移し替えできる

ビットコイン→日本円は手数料無料(ただし参照レートの違いで誤差はある)

換金後の出金は再びビットコインに戻してから

換金後の日本円を使って勝ち得た賞金もビットコインに戻してから出金

日本円→ビットコインは金額に対して0.5%の手数料がかかる

すでに持っている日本円をビットコインに変えることはできない

ビットコインを日本円に変えてそのまま出金できたり、日本円で入金してビットコインに変えられるならもっと便利なのですが、仮想通貨取引所ではないのでそのような機能は今のところありません。

ビットコインで入金したものの、日本円表示の方が資金管理がしやすくて儲けやすいとお考えの方は、この方法で通貨を変えてプレーを。「ビットコインの扱いにはそれなりに慣れているけれど、JPYで賭ける方がわかりやすくて楽しい!」というユーザーにとっては、ありがたい機能です。

スポーツベットアイオーの詳細解説へ戻る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Sportsbet.io

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.