スポーツオッズトピック

CL2018-19決勝(リバプールvsトッテナム)の勝敗予想オッズや各種予想参考データ

更新日:

UCL201819決勝(リバプールvsトッテナム)の勝敗予想オッズ

欧州サッカー2018-2019シーズンの締めくくり、チャンピオンズリーグ(UEFA Chamoions League)決勝のキックオフがいよいよ近づいてきました!!!

今季はリバプール(Liverpool)トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)によるイングランド・ファイナル。リバプールは2季連続、トッテナムはクラブ史上初の決勝です。同国対決になるのは2015-16シーズンのレアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーのスペイン対決以来3年ぶり。イングランド勢同士は11年前の07-08年マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーから2度目。

共に準決勝では歴史に残る大逆転突破を果たしてたどり着きました。2日連続で絶叫したファンも多いかと(笑)

いつもプレミアリーグで対戦している両者ではありますが、今回は欧州一を決める大舞台。どのようなドラマが待っているのか楽しみで待ちきれませんね。クロップ&ポチェッティーノ、両監督の熱いリアクションも見逃せません。

もちろんブックメーカーでは賭けの対象です。それも、CLはサッカーの中で最も注目度の高いイベントの一つなので大量の賭けが集まります。当然、オッズの種類・賭けの切り口も多数多様。まだブックメーカーのサイトをご覧になったことがなければ、一度チェックしてみてください。

ここでは、試合を一層楽しむべく各種参考データと主な予想オッズを掲載しました!!

UCL2018-19決勝の対戦カード・スタジアム・キックオフ時刻

UEFA Champions League 2018/19 Final

トッテナム・ホットスパー vs リヴァプール

キックオフ:2019年6月1日(土)21:00 (日本時間で2日の4:00)
スタジアム:エスタディオ・メトロポリターノ(マドリード,スペイン)

試合日は6月1日、現地時間で21:00キックオフ。日本時間では2日の朝4時からです。会場はスペイン・マドリードにある、ワンダ(エスタディオ)・メトロポリターノ。現在アトレティコ・マドリーがホームとして使用する、2017年にリニューアルオープンした新しいスタジアムです。アトレティコのチームカラーが赤&白でスタンドも赤いので、雰囲気はアンフィールドに近いかと。CL決勝に使用されるのは初めてとなります。

両チームの決勝までのあゆみ

トッテナム・ホットスパー(クリックで表示)

グループステージ

インテル・ミラノ 2 - 1 トッテナム
トッテナム 2 - 4 バルセロナ
PSV 2 - 2 トッテナム
トッテナム 2 - 1 PSV
トッテナム 1 - 0 インテル・ミラノ
バルセロナ 1 - 1 トッテナム

グループ成績(グループB)
2勝2分2敗、9得点10失点、勝ち点7、2位突破

決勝トーナメント

ベスト16

トッテナム 3 - 0 ドルトムント
ドルトムント 0 - 1 トッテナム

準々決勝

トッテナム 1 - 0 マンチェスター・シティ
マンチェスター・シティ 4 - 3 トッテナム

準決勝

トッテナム 0 - 1 アヤックス
アヤックス 2 - 3 トッテナム

トッテナムの決勝までの歩みを振り返ってみると、グループステージからギリギリでした。

インテル、バルサに2連敗して次のPSVにも試合終了間際に追いつかれて2-2、3試合でようやく勝ち点1。その次のホームでのPSV戦も前半早々に失点、しかしエースのケインが残り約10分のところで2点獲って逆転勝利。勝ち点4にして望みをつなぎ、次節インテルにも後半35分のエリクセンの1発でなんとか勝利をもぎ取りました。最後はバルサとドローで勝ち点8でフィニッシュ。

インテルと勝ち点で並び、直接対戦時の合計スコアも2-2で並び、初戦で得た1点のアウェイゴール差によって2位突破。まさに薄氷。

ドルトムントとの決勝トーナメント初戦は2連勝し、優勝本命の一角シティとの準々決勝も1stレグはホームで勝ちました。ところが、アウェイでは前半20分で5点動くとんでもない展開に。ソン・フンミンの2ゴールは痺れましたね。シティが3-2でリードして迎えた後半、アグエロが追加点を決めて4-2で逆転突破の状況になるも、73分にジョレンテのVAR判定"太腿弾"によって4-3、再びアウェイゴール差でトッテナム優位に。最後、後半アディショナルタイムのアグエロ→スターリングのシュートが認められれば5-3で再びシティ逆転の劇的決着になるところでしたが、これはオフサイド判定で取り消し。ペップ歓喜からの絶望。

合計4-4、アウェイゴール差で同国対決を乗り越えて準決勝へ。

準決勝では、今季レアル・マドリー、ユヴェントスを下して快進撃を続けるアヤックスと対戦。優勝候補を次々と破ってきた実力は本物で、若いチームの勢いは止まらずに1stレグはアヤックスが先勝。2ndレグも前半のうちにホームのアヤックスが2点決めてこのまま決着かと思われましたが、後半はモウラ劇場。ハットトリック達成で2試合トータル3-3、またもアウェイゴール差により大逆転突破。特に2点目の反転ゴールは素晴らしかったですね。ちなみにモウラのハットトリックはブックメーカーで91倍ついていました。(賭けていた方は的中おめでとうございます)

初のファイナル進出にポチェッティーノも涙。

グループステージ、準々決勝、準決勝を敵地で奪った1点の差で勝ち抜いてきたスパーズ。ギリギリで勝ち残るこの勝負強さが最後にも再び!?

リバプール(クリックで表示)

グループステージ

リバプール 3 - 2 PSG
ナポリ 1 - 0 リバプール
リバプール 4 - 0 レッドスター
レッドスター 2 - 0 リバプール
PSG 2 - 1 リバプール
リバプール 1 - 0 ナポリ

グループ成績(グループC)
3勝3敗、9得点7失点、勝ち点9、2位突破

決勝トーナメント

ベスト16

リバプール 0 - 0 バイエルン・ミュンヘン
バイエルン・ミュンヘン 1 - 3 リバプール

準々決勝

リバプール 2 - 0 ポルト
ポルト 1 - 4 リバプール

準決勝

バルセロナ 3 - 0 リバプール
リバプール 4 - 0 バルセロナ

昨シーズンファイナリストのリバプールが今季も決勝に勝ち進むのは、メンバーとチームの成熟度を考えると順当だったのかもしれません。サラー、マネ、フィルミーノら3人の強力アタッカー陣はそのままに、ローマからGKアリソンを獲得、CBファン・ダイクもチームに完全フィットして守備も盤石に。

しかし、グループステージはPSGやナポリら強豪との同組で苦しみました。結果は3勝3敗、レッドスター戦も含めアウェイは全敗。PSGが1位で突破、リバプールは勝ち点9でナポリと並びました。直接対決時の総得点、アウェイゴール、全試合の得失点差まで一緒で、合計ゴール数で2点上回って滑り込みの2位。トッテナム以上にギリギリです。

決勝トーナメントは初戦でバイエルンと対戦。アンフィールドでの1stレグはスコアレスドローで、敵地での2ndレグは不利かとみられていましたが、終わってみれば3-1、献上した1点もマティップのオウンゴールのみ。ドルトムント監督時代のライバルが相手でクロップ氏のガッツポーズも心なしか大きめ。

準々決勝で対戦したポルトとは2季連続の顔合わせ。去年はトーナメント初戦、2試合トータル5-0。今季は6-1で突破。2ndレグはマネ、サラー、フィルミーノら3トップ揃ってゴール、最後はファン・ダイクがダメ押しの1発。ポルトガル王者を一蹴しました。

そして準決勝はバルセロナと。もう一方のカードがアヤックスvsトッテナムということで、この「バルサ戦が事実上の決勝か!?」などと書かれていました。1stレグはカンプノウで3-0でバルサ完全勝利。スアレスによる古巣への先制弾とメッシの2発。2点目もさすがでしたが、3点目のフリーキックは芸術。

ただ、この完敗で万事休すと思われた1週間後にあれほどのドラマが待っているとは。アンフィールドでの2ndレグ、4-0で優勝候補を完全に粉砕。3点差をひっくり返しての大逆転。

特に4点目、アレクサンダーアーノルドの不意をつくコーナーからのオリジのゴールは完璧でしたね。

バルサにとっては、2季連続で3点差からの敗退。(去年は準々決勝ローマ戦で1st:4-1、2nd:0-3、トータル4-4のアウェイゴール差)リバプールはその前科を踏まえて突破を信じていたのでしょう。アンフィールドがレッズとサポーターにとって特別な場所であるということを強く感じる一戦でした。

さて、2シーズン連続で決勝に臨むレッズ、昨年レアルに破れた無念を晴らしてビッグイヤーを掲げることができるでしょうか!?

両チームの今季CLでの成績・各種データ

こちらは両チームのグループステージから決勝トーナメントまでの12試合の成績、得点・失点の合計など簡単なデータです。

トッテナム リバプール
今大会の成績 6勝2分4敗 7勝1分4敗
総得点(1試合平均) 20(1.67) 22(1.83)
総失点 17(1.42) 12(1.00)
ホーム得点 9(1.50) 14(2.33)
アウェイ得点 11(1.83) 8(1.33)
ホーム失点 6(1.00) 2(0.33)
アウェイ失点 11(1.83) 10(1.67)
上位スコアラー H.ケイン 5
R.モウラ 5
S.フンミン 4
C.エリクセン 2
F.ジョレンテ 2
R.フィルミーノ 4
S.マネ 4
M.サラー 4
J.ミルナー 2
D.オリジ 2

勝敗とゴール数はどちらも非常に近い数字ですね。

両チームの直接対戦成績(直近10試合)

2019年03月31日 プレミアリーグ リバプール 2 - 1 トッテナム
2018年09月15日 プレミアリーグ トッテナム 1 - 2 リバプール
2018年02月04日 プレミアリーグ リバプール 2 - 2 トッテナム
2017年10月22日 プレミアリーグ トッテナム 4 - 1 リバプール
2017年02月11日 プレミアリーグ リバプール 2 - 0 トッテナム
2016年10月25日 リーグカップ リバプール 2 - 1 トッテナム
2016年08月27日 プレミアリーグ トッテナム 1 - 1 リバプール
2016年04月02日 プレミアリーグ リバプール 1 - 1 トッテナム
2015年10月17日 プレミアリーグ トッテナム 0 - 0 リバプール
2015年02月10日 プレミアリーグ リバプール 3 - 2 トッテナム

直近はリバプールが2連勝中です。

両者は過去に170回対戦し、リバプールが79勝、ドロー43回、トッテナムが48勝しています。欧州カップ戦での顔合わせは過去に1度、1972-73シーズンのUEFAカップ(現ELの前身)準決勝。ホーム/アウェイ合計スコア2-2で、アウェイゴール差によってリバプールが決勝に進出し、最後はドイツのボルシアMGを破って優勝しました。ちなみにUEFAカップの第1回大会はこの前年の1971-72シーズンで、初代王者がトッテナムです。

国内カップ戦では、FAカップで5回・リーグカップで7回対戦。FA杯はリバプールが4度勝利(次戦進出)、トッテナムが1度。リーグカップは前者が3度、後者が4度勝利しています。

両者の情報・ジンクス・その他

リバプールは前進のUEFAチャンピオンズカップ時代も含めると優勝5回。(1976-77, 77-78, 80-81, 83-84, 2004-05)決勝進出は今回が9度目。決勝での勝率は62.5%。直前回は去年。レアル・マドリーに3-1で破れました。

トッテナムは初の決勝。最高成績は1961-62のベスト4。CLになってからは2010-11のベスト8まで。

同国対決は今回が7度目です。

1999-00 レアルvsバレンシア
2002-03 ACミランvsユヴェントス
2007-08 マンUvsチェルシー
2012-13 バイエルンvsドルトムント
2013-14 レアルvsアトレティコ
2015-16 レアルvsアトレティコ
2018-19 トッテナムvsリバプール

前回のイングランド対決では、1-1ドローのままPK戦まで進み、6-5でユナイテッドが優勝しました。

ジンクスとしておもしろいのは、リバプールのクロップ監督の決勝での"勝負弱さ"。監督キャリアの中で、現在カップ戦決勝で6連敗中です。最後に獲ったのはドルトムント時代、2011-12年の国内カップ(DFBポカール)。それ以後、12-13シーズンのCL決勝、13-14、14-15のDFBポカール、リバプールに移って15-16のリーグ杯とヨーロッパリーグ決勝、そして去年のCLを落としています。またしてもこの不名誉な記録を更新してしまうのか。それとも自身3度目のCL決勝でついに戴冠なるか!?

もしリバプールが破れた場合は、トッテナムが2012年のチェルシー以来23番目の新しい欧州王者となります。

ブックメーカーによる勝敗予想オッズ・スコアオッズ等

さて、それではブックメーカーが発表している各種オッズをみてみましょう。こちらは10betJapan(テンベット・ジャパン)William Hill(ウィリアムヒル)など大手サイトで賭けられるオッズです。倍率は5月27日時点のもの。

勝敗予想オッズ

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)の勝敗予想オッズ

90分間の予想オッズは、トッテナム4.00倍、ドロー3.45倍、リバプール1.90倍。リバプールの方が大きく有利と評価されているようですね。

延長・PKを含む結果予想オッズ(実質優勝オッズ)

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)の優勝オッズ

こちらのオッズは、延長戦やPK戦での結果を含んで最終的にどちらが優勝するか。トッテナムは2.6倍、リバプールは1.48倍

延長・PK戦で決着するか?

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)の延長・PK戦決着オッズ

90分間では決着がつかないと予想するなら、優勝オッズまたはこちらのオッズへの賭けもおもしろいです。延長でリバプールが勝てば11倍。PK戦でトッテナムが勝てば13倍。

スコア予想オッズ

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)のコレクトスコアオッズ

スコアを正確に予想するオッズでは、1-1のドローが最低オッズの6倍になっています。次に低いのはリバプールの1-0で7倍。2-1勝利が8.5倍。

スコアOver/Under予想オッズ

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)のゴールover/under

ゴール数のオーバーアンダー予想オッズは、オーバー2.5とアンダー2.5が共に1.86倍。3点以上・以下の評価が割れていると見てとれます。

ゴールスコアラー予想オッズ

次はゴールスコアラーオッズをご覧ください。

トッテナム

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)のトッテナムのゴールスコアラー予想オッズ

トッテナムのオッズは、ケインが最低倍率。1試合中に1ゴールでも決めたら的中となる「いつでも」の選択肢は2.5倍です。次がソン・フンミンの3.5倍、ジョレンテ、モウラが3.9倍で続きます。

リバプール

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)のリバプールのゴールスコアラー予想オッズ

リバプールは、サラーとマネが2.37倍。オリジ2.6倍、スタリッジ2.75倍、フィルミーノ2.9倍。ワイナルドゥム、ミルナー、ファンダイクらの少し高めのオッズも賭けておくとおもしろいかもしれませんね。

CLの特殊な賭け方

ブックメーカーでは、この試合に対してさまざまなおもしろい賭けを用意しています。以下はその一例です。

増強オッズ

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)のウィリアムヒルの増強オッズ

こちらはウィリアムヒルの「増強オッズ」という、通常より倍率が高めに設定されているもの(当社比で)。前半のうちに両チームがゴールを決めるか否かの予想オッズは5.5倍。サラーが先制ゴールを決めたら6倍。ソン・フンミンのゴールを含んでトッテナムが勝利すれば8倍。これら選択肢にある結果が起こると予想するなら、賭けておくと試合を一層楽しめます。

ケインとサラーのゴール数比較予想オッズ

チャンピオンズリーグ決勝(トッテナムvsリバプール)のブックメーカーによる特殊な賭け

これは、ケインとサラーのどちらの方がより多くゴールを決めるかを予想する賭け。ケイン1ゴールサラー無得点ならケインの4倍が的中扱い。二人ともノーゴールや1点ずつなら、引き分けに賭けていると的中です。

チャンピオンズリーグ決勝(トッテナムvsリバプール)のブックメーカーによる特殊な賭け2

同様の賭けで、二人のゴール数をピタリと予想する賭け方も出ていました。例えばサラー2点、ケイン0点なら15倍が的中です。狙って当てるという性質の賭け方ではないので、あくまでおまけ感覚で挑戦を。

YourOdds(ユアオッズ)

CL201819決勝(トッテナムvsリバプール)のウィリアムヒルyourodds

さらにウィリアムヒルでは、ユーザーが応募した賭けのアイディアにも賭けることができます。サイト上のオッズページでYourOdds(ユアオッズ)と書かれたセクションをご覧ください。上の画像のような5倍程度のものから、最大5001倍まであります。以下は1000倍を超える実際のオッズ。

デレ・アリ&モハメド・サラー 両方開始から10:00分以内にゴール 1001倍

トッテナム勝利, 両チームとも得点, 各チームOver3コーナー各ハーフ内で 1251倍

3-3引き分け, ハリー・ケイン&モハメド・サラー Both To Score A Headed Goal 1501倍

リヴァプール勝利 3-0, マネ&ファンダイク Both To Score Headed Goals & Alexander-Arnold ゴールをアシスト 2501倍

トッテナム勝利 3-2, リヴァプール得点(ファーストゴール&2点目のゴール), ルーカス・モウラがハットトリックを得点 3251倍

リヴァプール勝利 5-1, フィルジル・ファン・ダイク得点, ジョーダン・ヘンダーソン&デレ・アリ 両方にカードが出される 5001倍

3-3引き分け, トッテナム勝利5-3延長戦の後に, ベン・デイヴィスが延長戦でゴール 5001倍

かなりおもしろい賭け方がたくさんありますので、ウィリアムヒルを利用している方はYourOddsもチェックしてみてください。

賭けのヒント

最後はちょっとした賭けのヒントを。

優勝予想系の保険

まず、もしも開幕前にリバプールかトッテナムの優勝予想オッズに賭けているなら、先ほどご紹介した延長・PK戦含む勝敗オッズの相手チームに賭けておくと保険になります。今回、リバプールは大会開幕前に13倍、トッテナムは26倍でした。(共にウィリアムヒル)

もしもリバプールに10,000円賭けていたなら、優勝すると13万円の払い戻しです。1万円の賭け金を引いて12万円の儲けですね。この想定利益のうち例えば2万円をトッテナムの今回の勝利オッズ2.6倍に投入した場合、トッテナムが優勝したら2万円 x 2.6倍 = 5万2千円の払い戻しとなります。使った2万円を引いても3万2千円プラスです。リバプールの優勝オッズに最初に賭けていた1万円を引いても2万2千円儲かります。この状態でリバプールが優勝したら、トッテナムへの保険に使った2万円は失いますが10万円の儲けが残ります。

トッテナムの26倍に1万円賭けていたら優勝すると25万円の利益。リバプールの優勝オッズは1.48倍になっているので、2万円以上を賭けておくとどちらが優勝しても損しません。

まぁ、チームの優勝を願って最初に賭けているわけですから、このような保険は少し邪道ではありますが…事前にどちらかの優勝に賭けていて、安心して試合を楽しみたいならこの作戦の活用もご検討を。

攻守の切り替えが早い展開に!?

勝負は、ブックメーカーのオッズが示すようにリバプールの方が優位ではないでしょうか。前線のアタッカー陣が脅威なのはもちろん、特に光るのは守備。昨シーズンのプレミアリーグでリバプールは計38失点でした。それが今季は22失点に改善されました。リバプールの特徴的戦術、クロップ氏がドルトムント時代から徹底している「ボールロスト直後からすぐにプレスをかけて敵陣深くでボールを再奪取するゲーゲンプレス(ストーミング)」は諸刃の剣で、後ろが弱いとカウンターを浴びて失点してしまうことも多いのですが、今季はその弱点を見事に補強しています。特にケガ人もいませんから、ベストな状態で臨めるかと。

かといって一方的ではなく、スパーズも堅守速攻のカウンターがありますから攻守の切り替えが早い展開になるとみています。今季CLでコーナー獲得回数はスパーズが最多。(72本、1試合平均6本)ちなみに被コーナー数も多く、全チーム中3位で51本。

クロスの本数はリバプールが最多の242本、通った本数は63。トッテナムは2位で233本、成功64本。これらの数字が示すとおり、どちらも攻撃回数が多く積極的です。試合が始まって実際にそのような展開になりそうなら、コーナーキック本数予想オッズで少し多めのOverオッズに賭けてみるのもおもしろいかもしれません。あとヘディングによるゴールの有無に関するオッズも。

とりあえず現時点では、リバプールの勝利オッズ1.9倍Over2.5の1.86倍フィルミーノの得点2.9倍、そしてトッテナムのスコアラーからソン・フンミンの2.9倍あたりに賭けてみました。

皆様はどう予想しますか?

CL決勝に賭けるならどのブックメーカー?

チャンピオンズリーグはもちろんすべてのブックメーカーで賭けることができます。ここでオッズをご紹介した10betJapanでもWilliam Hillでも。特に後者は途中でご紹介したマニアックな賭け方が大量にありますから、気になるものがあれば高額配当を狙ってチャレンジしてみてください。

キックオフ時刻をもう一度。6月1日、現地時間で21:00開始。日本時間では2日の朝4時からです。

歴史に残る逆転突破を果たしたファイナリスト両チームの競演を楽しみましょう!

皆様の予想的中&賞金獲得もお祈りしております!!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。(現在、当サイト特別特典あり

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-スポーツオッズトピック

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.