スポーツオッズ情報

欧州サッカー2020/21開幕日とブックメーカー優勝予想オッズまとめ【記録】

ブックメーカーによる欧州サッカー2020/2021の優勝予想オッズまとめ

欧州サッカーファンと欧州サッカーに賭けているベッターに向けて、今季も各国リーグの優勝予想オッズのまとめをご用意しました!

イングランド・プレミアリーグ、スペイン・ラ・リーガ、ドイツ・ブンデスリーガ、イタリア・セリエA、フランス・リーグアン、オランダ・エールディビジ、ポルトガル・プリメイラリーガ、そしてベルギーのファーストディビジョンAをピックアップして、ブックメーカーが発表した優勝オッズとシーズン開幕日、日本人選手の所属チームなどを一挙に掲載しています。(主要リーグの他にオランダ、ポルトガル、ベルギーを含めたのは日本人選手が多いため)

新型コロナ感染拡大によって、2019/20シーズン後半は一時中断や早期終了など、かつてないイレギュラーな展開となりました。しかし振り返ってみると、開幕前オッズの本命or対抗が優勝するほぼ順当な結果でした。

2020/21は果たしてどうか!?無事に全日程を終えるよう祈りつつ、今季も贔屓のチームへの応援賭けを楽しみましょう!

以下、リーグ戦の開幕前には前評判のチェックに、そしてシーズン中や終了後は結果の振り返りにお役立てください。

欧州サッカー各国リーグ2020-2021開幕日まとめ

まずは開幕日から。

ベルギー・ファースト・ディビジョンA8月8日〜
フランス・リーグアン8月21日〜
イングランド・プレミアリーグ9月12日〜
スペイン・ラ・リーガ9月12日〜
オランダ・エールディビジ9月12日〜
ドイツ・ブンデスリーガ9月18日〜
イタリア・セリエA9月19日〜
ポルトガル・プリメイラリーガ9月20日〜
チャンピオンズリーグ本戦10月20日〜
ヨーロッパリーグ本戦10月22日〜

このなかではベルギーがいち早くスタートします。続いてフランス。この2つが8月中の開幕で、あとは9月から。

イングランド・プレミアリーグ2020/2021の優勝予想オッズ

ということで、ここからが本題の各リーグの優勝予想オッズです。シーズン日程、優勝オッズ、昇格チームや日本人選手所属チームなどをザッと並べて掲載しています。

日程:2020年9月12日(土)開幕〜2021年5月16日(日)終了予定

プレミアリーグ2020/21優勝予想オッズ

優勝予想オッズ

1.マンチェスター・シティ 2.00
2.リヴァプール 2.75
3.マンチェスター・ユナイテッド 10.00
4.チェルシー 13.00
5.アーセナル 41.00
6.トッテナム 51.00
7.レスター 101.00
8.ウォルヴァーハンプトン 101.00
9.エヴァートン 151.00
10.リーズ 201.00
11.シェフィールド・ユナイテッド 501.00
12.サウサンプトン 501.00
13.バーンリー 501.00
14.ブライトン 501.00
15.クリスタル・パレス 501.00
16.ウェストハム 501.00
17.ニューカッスル 501.00
18.ウェストブロムウィッチ・アルビオン 1001.00
19.フラム 1001.00
20.アストン・ヴィラ 1001.00

8/6時点のオッズ

昨シーズン優勝リヴァプール
今季昇格リーズ、ウェストブロム、フラム
日本人選手南野拓実(リヴァプール)

開幕まで1ヶ月以上ある、8月上旬時点のオッズではマンチェスター・シティが本命の2倍、続いて2019/20を制したリヴァプールが2.75倍。この並びは直近3シーズン変わらず。

そして、両者から大きく離れてマンチェスター・ユナイテッドが10倍。

このイングランド北部の3チームの背後に、チェルシー13倍、アーセナル41倍、スパーズ51倍でロンドン勢が続きます。

シティの返り咲きか、リヴァプールの連覇か、あるいはもう一つのマンチェスター勢が12/13以来の優勝を成し遂げ"赤い悪魔"の復活となるか!?リヴァプールで2シーズン目を迎える南野選手の初ゴールと活躍にも期待したいですね。

スペイン・ラリーガ2020/21の優勝予想オッズ

日程:2020年9月12日(土)開幕〜2021年5月23日(日)終了予定

スペイン・ラリーガ2020-21の優勝予想の賭けオッズ

優勝予想オッズ

レアル・マドリー 1.80
バルセロナ 2.25
アトレティコ・マドリー 13.00
セビージャ 34.00
ビジャレアル 101.00
バレンシア 151.00
レアル・ソシエダ 251.00
レアル・ベティス 301.00
ヘタフェ 301.00
アスレチック・ビルバオ 301.00
デポルティーボ・アラベス 501.00
セルタ・デ・ビーゴ 1001.00
グラナダ 1001.00
エイバル 1501.00
オサスナ 2001.00
レバンテ 2001.00
レアル・バシャドリー 2501.00
ウエスカ 5001.00
カディス 5001.00
エルチェ 5001.00

8/24時点のオッズ

昨シーズン優勝レアル・マドリー
今季昇格カディス、ウエスカ、エルチェ
日本人選手久保建英(ビジャレアル)
岡崎慎司(ウエスカ)
乾貴士、武藤嘉紀(エイバル)

今季で創設90年目を迎えるラ・リーガ。2020-21シーズンの優勝予想オッズは、昨シーズン王者のレアル・マドリーが1.8倍の本命です。対抗は、昨シーズン12年ぶりに無冠となったバルサ。今季は新体制で巻き返しをはかります。そして、少し離れて3番手にアトレティコ。

いつもどおりこの3クラブが上位に並び、EL覇者セビージャが34倍、そのうしろはビジャレアルが101倍となっています。久保選手が加入し、今季は日本のサポーターが大注目。優勝争いはともかく、彼の活躍には期待したいですね。

下位をみると、昇格組の3チームは優勝オッズ大穴の5001倍。そのなかには岡崎選手擁するウエスカも。昇格に大貢献した彼は、ご存知のとおり5年前の2015/16シーズンに優勝オッズ5001倍からプレミアリーグ優勝を成し遂げたミラクル・レスターの一員です。今回はミラクル・ウエスカ誕生なるか(笑)

例年以上に楽しみなシーズンとなりそうです。

ドイツ・ブンデスリーガ2020/21の優勝予想オッズ

日程:2020年9月18日(金)開幕〜2021年5月15日(土)終了予定

ブンデスリーガ2020/21優勝予想オッズ

優勝予想オッズ

1.バイエルン・ミュンヘン 1.17
2.ドルトムント 5.50
3.ライプツィヒ 21.00
4.メンヒェングラートバッハ 51.00
5.レヴァークーゼン 51.00
6.ヴォルフスブルク 101.00
7.ヘルタ・ベルリン 151.00
8.ホッフェンハイム 151.00
9.フランクフルト 251.00
10.シャルケ 251.00
11.ヴェルダー・ブレーメン 501.00
12.フライブルク 501.00
13.シュトゥットガルト 751.00
14.ケルン 751.00
15.ウニオン・ベルリン 751.00
16.マインツ 1001.00
17.アウクスブルク 1001.00
18.アルミニア・ビーレフェルト 1001.00

8/6時点のオッズ

昨シーズン優勝バイエルン・ミュンヘン
今季昇格アルミニア・ビーレフェルト、シュトゥットガルト
日本人選手大迫勇也(ブレーメン)
長谷部誠,鎌田大地(フランクフルト)
遠藤航(シュトゥットガルト)
遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)
堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)

ブンデスリーガは、2012/13シーズンからバイエルンが怒涛の8連覇中とあって、優勝予想オッズもガチガチの低倍率がついています。現時点で通算29回優勝。今シーズン9連覇達成なら30回目のマイスターシャーレ獲得です。今季も独走か、あるいはドルトムントやライプツィヒらが記録更新を阻むか。バイエルンのレヴァンドフスキとドルトムントのハーランドのトップスコアラー争いも注目どころとなりそうです。

イタリア・セリエA2020/21の優勝予想オッズ

日程:9月19日(土)開幕〜5月23日(日)終了予定

セリエA2020/2021の優勝オッズ

優勝予想オッズ

1.ユヴェントス 1.80
2.インテル・ミラノ 3.00
3.アタランタ 11.00
4.ナポリ 13.00
5.ACミラン 21.00
6.ラツィオ 26.00
7.ローマ 34.00
8.フィオレンティーナ 251.00
9.パルマ 751.00
10.サンプドリア 751.00
11.サッスオーロ 751.00
12.ボローニャ 751.00
13.ジェノア 751.00
14.カリアリ 1001.00
15.トリノ 1001.00
16.エラス・ヴェローナ 1001.00
17.ウディネーゼ 1001.00
18.ベネヴェント 2501.00
19.クロトーネ 2501.00
20.スペツィア 2501.00

8/22時点のオッズ

昨シーズン優勝ユヴェントス
今季昇格ベネヴェント、クロトーネ、スペツィア
日本人選手冨安健洋(ボローニャ)
吉田麻也(サンプドリア)

セリエAの優勝オッズ本命はもちろんユヴェントスで、1.8倍。優勝36回、2011-12シーズンから9連覇中でセリエA記録を更新中です。昨シーズンは第16節から1位をキープし、36節時点で2試合残して優勝を決めました。優勝決定後は2連敗し、最終的には2位インテルと1ポイント差でフィニッシュ。

今季はそのインテルが3倍オッズを与えられています。3番手はCL初出場でベスト8入りを果たしたアタランタの11倍。

ユヴェントスの記念すべき10連覇か、インテルが09/10シーズン以来11年ぶりの返り咲きか。インテル、アタランタ、ナポリ、ミラン、ラツィオ、ローマあたりまでは混戦が予想されます。

一方下位では、スペツィアがクラブ創設114年目にして初めてセリエAでプレーします。古参チームの奮戦も今シーズンは見どころとなりそうですね。

フランス・リーグアン2020/21の優勝予想オッズ

日程:8月21日(金)開幕〜5月23日(日)終了予定

リーグアン202021優勝予想オッズ

優勝予想オッズ

1.PSG 1.03
2.オリンピック・マルセイユ 26.00
3.オリンピック・リヨン 34.00
4.リール 67.00
5.レンヌ 101.00
6.モナコ 101.00
7.サンテティエンヌ 251.00
8.モンペリエ 251.00
9.ニース 251.00
10.アンジェ 501.00
11.ストラスブールIG 501.00
12.ボルドー 501.00
13.スタッド・ブレスト 501.00
14.メス 501.00
15.ランス 501.00
16.ナント 501.00
17.ニーム・オリンピック 1001.00
18.RCランス 1001.00
19.ロリアン 1001.00
20.ディジョン 1001.00

8/6時点のオッズ

昨シーズン優勝PSG
今季昇格ロリアン、ランス
日本人選手酒井宏樹,長友佑都(マルセイユ)
川島永嗣(ストラスブール)

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンの優勝予想オッズ1.17倍でもまだヌルい。リーグアンはパリ・サンジェルマンが圧倒的本命扱いの1.03倍。シーズン開始前時点の優勝予想オッズでこれほど低倍率なものは、なかなかお目にかかることはありません。

昨シーズンは28節を終えた時点で早期終了し、首位PSGがそのまま優勝となりました。現在3連覇中です。酒井宏樹選手所属のマルセイユにも頑張ってもらいたいところですが厳しいか…(ちなみに、マルセイユとPSGの直接対戦では、マルセイユはここ9年間勝てていない)

なお、早期終了によってリヨンは1997年以来初めて欧州カップ戦の出場権を失いました。(28節時点で7位だったため)この件について法的措置を取っているとのことですが、個人的には今季は国内リーグに集中して現状のPSG一強体制に風穴を開けて欲しいと期待しています。

(8月31日には長友選手のマルセイユ加入が決まり、楽しみの多いシーズンとなりそうです!)

オランダ・エールディビジ2020/21の優勝予想オッズ

日程:2020年9月12日(土)開幕〜2021年5月16日(日)終了予定

エールディビジ202021優勝予想オッズ

優勝予想オッズ

1.アヤックス 1.67
2.PSVアイントホーフェン 3.50
3.フェイエノールト 9.00
4.AZ 9.00
5.フィテッセ 51.00
6.FCユトレヒト 51.00
7.ヴィレムII 201.00
8.SCヘーレンフェーン 201.00
9.FCフローニンヘン 201.00
10.ヘラクレス・アルメロ 301.00
11.ズヴォレ 301.00
12.エメン 501.00
13.フォルトゥナ・シッタート 501.00
14.デン・ハーグ 501.00
15.FCトゥウェンテ 501.00
16.フェンロー 501.00
17.スパルタ・ロッテルダム 501.00
18.RKCヴァールヴァイク 1001.00

8/6時点のオッズ

昨シーズン優勝なし(早期終了時点ではアヤックスが1位)
今季昇格昨シーズンは途中終了のため昇格なし
日本人選手板倉滉(フローニンゲン)
菅原由勢(AZ)
中山雄太、ファン・ウェルメスケルケン・際(ズヴォレ)

エールディビジはアヤックスが本命1.67倍、PSVが3.5倍、フェイエノールトとAZが9倍。この4クラブが評価トップなのは昨シーズンと同じ。

なお、オランダもフランスと同様に昨シーズンは途中(26節)で終了しました。この決定によって、昨季は優勝チーム、昇格・降格チームもありません。ちなみに、終了時点での1位はアヤックスで、2位AZ、3位フェイエノールト、4位がPSVでしたから、ほぼ評価通りに試合消化が進んでいたようです。

ポルトガル・プリメイラリーガ2020/21の優勝予想オッズ

日程:9月20日(日)開幕〜5月終了予定

ポルトガル・プリメイラリーガ2020/2021優勝オッズ

優勝予想オッズ

1.ベンフィカ 1.83
2.ポルト 2.37
3.スポルティングCP 7.00
4.SCブラガ 26.00
5.ファマリカン 67.00
6.ヴィトーリア・ギマランイス 101.00
7.ボアヴィスタ 251.00
8.モレイレンセ 251.00
9.リオ・アヴェ 251.00
10.マリティモ 251.00
11.サンタ・クララ 251.00
12.パソス・デ・フェレイラ 501.00
13.ナシオナル 501.00
14.ベレネンセス 501.00
15.ファレンセ 501.00
16.ジル・ビセンテ 501.00
17.トンデラ 501.00
18.ポルティモネンセ 501.00

8/22時点のオッズ

昨シーズン優勝ポルト
今季昇格ナシオナル、ファレンセ
日本人選手中島翔哉(ポルト)
権田修一、安西幸輝(ポルティモネンセ)
食野亮太郎(リオ・アヴェ)

例年と変わらずベンフィカ、ポルト、ブラガ、リスボンの4チームが上位を占めます。本命は最多37度の優勝経験を持つベンフィカで、1.83倍。対抗は昨年29度目の王座に輝いたポルトの2.37倍。

ポルトガルは、02-03シーズンから18年間このどちらかが優勝しており、さらにこの18年のなかで3位以内にトップ4チーム以外が入ったのは、12/13のパソス・デ・フェレイラ、07/08のヴィトリア・ギマランイスのみ。非常にわかりやすい勢力図です(笑)

今季もベンフィカorポルトか、ブラガ、リスボンが割って入るか!?(リスボンなら19年ぶり、ブラガなら初優勝)

ベルギー・ファーストディビジョンA2020/21の優勝予想オッズ

日程:8月8日(土)開幕〜5月30日(日)終了予定

ベルギーファーストディビジョン202021優勝予想オッズ

優勝予想オッズ

クラブ・ブルッヘ 1.50
KAAヘント 5.50
アンデルレヒト 9.00
ヘンク 13.00
アントワープ 13.00
スタンダール・リエージュ 17.00
シャルルロワSC 101.00
KVコルトレイク 251.00
ズルテ・ワレヘム 501.00
シント・トロイデン 501.00
KASオイペン 501.00
サークル・ブルッヘ 501.00
OHルーヴェン 1001.00
メヘレン 1001.00
ムスクロン 1001.00
ベールスホット・ヴィルレイク 1001.00
オーステンデ 1001.00
ワースラント=ベフェレン 1001.00

8/6時点のオッズ

昨シーズン優勝クラブ・ブルッヘ
今季昇格OHルーヴェン、ベールスホット
日本人選手伊東純也(ヘンク)
伊藤達哉、シュミット・ダニエル、鈴木優磨、中村敬斗、松原后、(シント・トロイデン)
植田直通(サークル・ブルッへ)
三好康児(アントワープ)
森岡亮太(シャルルロワ)
小林祐希(ワースランド・ベフェレン)
鈴木武蔵(ベールスホット)

今回ピックアップしたリーグのなかで、もっとも早くからスタートするベルギーのファーストディビジョン。優勝オッズはクラブ・ブルッヘ(クラブ・ブルージュ)で1.5倍。ヘント5.5倍、アンデルレヒト9倍、ヘンク13倍と続きます。日本人選手を多数擁するシント=トロイデンは501倍でノーチャンスな雰囲気ですが、試合自体の応援賭けは楽しめそう。

ベルギーも昨シーズンはプレーオフ前に打ち切られており、2位ヘントに勝ち点15をつけて独走していたクラブ・ブルッヘがそのまま優勝となりました。同時に最下位だったワースラント=ベフェレンは降格扱いに。しかし2部の昇格プレーオフの開催見通しがたたず、結局ルーヴェンとベールスホットの両方が昇格、ワースラント=ベフェレンもそのまま1部残留で、今季は18チームでリーグが開催されることになりました。

クラブ・ブルッヘの連覇か、古豪アンデルレヒトの4年ぶりの優勝か!?毎節の日本人選手の活躍にも期待!

欧州サッカー2020-2021に賭けるならどのブックメーカー?

欧州サッカーの優勝予想オッズは、大手ブックメーカーならどこでも取り扱いがあります。そのなかでもここでピックアップしたウィリアムヒル(William Hill)は要確認です。日本語サポート対応で、優勝予想以外の得点王予想やトップ4予想、降格予想などの特殊なオッズも多い。そして発表のタイミングも早め。

まだ使っていなければ、以下から参加されると登録だけで最初に1500円の無料チップが得られますので、好きなチームに試し賭けからお楽しみください。


(賭け方が多彩+限定ボーナスあり

もう1つはbet365。日本語は非対応ですが、オッズは多め。そしてユーザーになるとラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、エールディビジ、そのほか多くの欧州サッカーの生中継を視聴できますから、ネットでサッカーを観たいなら必須です。


(賭け方が多彩+生中継も観られる

なお、ここで掲載しているオッズは開幕前のものですが、優勝オッズはシーズン途中でもそのときの順位や状況に応じて倍率が再設定されて発表されます。事前オッズとシーズン中の倍率差を比較するのにも当ページをお役立てください。

また、優勝予想以外の賭け方も当ページに随時アップしますので、欧州サッカーを楽しむスパイスになれば幸いです。

個人的には、リヴァプール、アトレティコ、ドルトムント、インテルは好きなので毎年応援賭けを楽しんでいます。もうそろそろセリエA、ブンデスリーガ、リーグアンは一強時代の終焉に期待したい。。。

皆様の予想的中&賞金獲得もお祈りしております!!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-スポーツオッズ情報