スポーツオッズトピック

クラブワールドカップ2019優勝予想オッズや勝敗予想オッズと賭けのヒント

更新日:

FIFAクラブワールドカップ2019の優勝予想・勝敗予想オッズ特集

16回目を迎える年末サッカーのビッグイベント、FIFAクラブワールドカップ2019(FIFA Club World Cup 2019)はいよいよラス2。現行の方式で開催されるのは来年まで。コンフェデ杯の廃止と共に、2021年(初回は中国開催)からは4年に一度、24チームが参加する大会へと一新されます。

最後の2回、2019~2020はカタールで行われて例年どおり各大陸の王者が集います。果たして、どの大陸王者が優勝するでしょうか!?…という煽りが虚しくなるほど結果は偏っているわけですが(笑)、ブックメーカーではクラブW杯も毎年賭けの対象となっていますから、優勝予想オッズ・各試合の勝敗予想オッズに賭けることができます。

いつもどおり無風の順当か、それとも予期せぬ波乱が巻き起こるか。以下、出場クラブと優勝オッズ、全試合の日程などをまとめておりますので大会を楽しむ参考にお役立てください!

クラブワールドカップ2019優勝予想オッズ(出場チーム)

開催国王者アル・サッド(カタール)
カタール・スターズリーグ2018-19優勝
2回目
オセアニア王者ヤンゲン・スポール(ニューカレドニア)
OFCチャンピオンズリーグ2019優勝
初出場
アジア王者アル・ヒラル(サウジアラビア)
AFCチャンピオンズリーグ2019優勝
初出場
アフリカ王者エスペランス(チュニジア)
CAFチャンピオンズリーグ2018-19優勝
3回目
北中米王者モンテレイ(メキシコ)
CONCACAFチャンピオンズリーグ2018-19優勝
4回目
南米王者フラメンゴ(ブラジル)
コパ・リベルタドーレス2019優勝
初出場
ヨーロッパ王者リヴァプール(イングランド)
UEFAチャンピオンズリーグ2018-19優勝
2回目

開催国からは、昨シーズン国内リーグ優勝のアル・サッドが出場。日本で開催された2011年以来2度目。この時は初戦でチュニジアのエスペランスを破り、準決勝でバルサに破れて3位決定戦で柏と対戦。0-0のままPKへ進み、5-3で勝って初出場3位という成績を納めました。昨シーズンは国内リーグ22試合100ゴール、1試合平均4.5ゴールという素晴らしい記録を残しています。

続いてオセアニアからはヤンゲン・スポール。昨年出場したチーム・ウェリントンをOFCチャンピオンズリーグ準決勝で破り、決勝では同国のライバルであるマゼンタを下して初優勝。

アジアからは皆さんご存知かと。ACL決勝でサウジのアル・ヒラルが浦和を破って出場の切符を手にしました。2017年の決勝も同じカードで、今回はアル・ヒラルがリベンジ成功。これで、日本のクラブは5年ぶりに不参加となりました。(2015年は開催国枠でサンフレッチェ広島、16年は同じく鹿島アントラーズ、17年は浦和レッズ、去年は鹿島がACL王者としてUAE大会に参戦)

アフリカはエスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス(ESチュニス)が去年に続いて3度目の出場。初出場は2011年で、今回の開催国王者アル・サッドに破れました。続く5位決定戦はメキシコのモンテレイ相手に3-2で敗戦。去年も初戦で開催国枠のアル・アインに破れ、5位決定戦ではメキシコのグアダラハラにPK戦で勝ちました。つまり実質的には、出場した4試合で90分間の結果は未勝利。今回は初戦でアジアのアル・ヒラルと対戦します。初勝利なるか!?

北中米からは既出のメキシコのモンテレイが4度目の出場です。クラブW杯ではエスペランス同様によく見る名前。初出場は2011年で、柏にPKで破れました。それから2012年の3位決定戦、2013年は5位決定戦でどちらもエジプトのアル・アハリと対戦して勝っています。今回は3年連続から6年ぶりの参戦です。

南米からは、コパ・リベルタドーレス決勝にてアルゼンチンのリーベル・プレートを破ったフラメンゴが初出場。38年ぶり2度目の南米制覇です。(リーベルは2015、2018に続いて3度目の出場ならず)フラメンゴは現在も国内リーグ戦首位独走中で、ブラジル代表のガブリエウ・バルボーザ、ブルーノ・エンヒキ両FWが20ゴール超えで得点ランクもワンツー。前線は見応えありそうですね。

そしてヨーロッパからはリヴァプールが2005年以来14年ぶり2度目の出場です。前回は決勝でサンパウロに破れて準優勝でした。今回で初優勝なるか。プレミアリーグ未だ無敗、クロップ監督の元で完成されたチームに死角なし!?

優勝予想オッズ

ブックメーカーのFIFAクラブW杯優勝オッズ(ウィリアムヒル)
(ウィリアムヒルの12/1時点のオッズ)

リヴァプール 1.40
フラメンゴ 3.75
モンテレイ 17.00
アル・サッド 21.00
アル・ヒラル 21.00
エスペランス 34.00
ヤンゲン・スポール 101.00

出場7クラブの優勝予想オッズはというと、リヴァプールがダントツ本命の1.4倍。続いてフラメンゴが3.75倍。この構図、ヨーロッパが1倍台で南米が2~3倍超という関係はクラブW杯では恒例です。そのあとに北中米のモンテレイが17倍。開催国のアル・サッドは21倍、アジア王者アル・ヒラルも同率。大穴はオセアニアのヤンゲン・スポールが101倍。

クラブW杯2019日程・勝敗予想オッズ

さて、ここからは大会スケジュールをどうぞ。試合開始時刻は日本時間表記です。ブックメーカーによる勝敗予想オッズも随時追加していきます。

12/12(木) 02:30 1アル・サッド - ヤンゲン・スポール1.04 - 12.25 - 19.00
12/14(土) 23:00 2アル・ヒラル - エスペランス - -
12/15(日) 02:30 3モンテレイ - アル・サッド/ヤンゲン・スポール - -
12/17(火) 23:30 5決2の敗者 - 3の敗者 - -
12/18(水) 02:30 準決1フラメンゴ - 2の勝者 - -
12/19(木) 02:30 準決23の勝者 - リヴァプール - -
12/21(土) 23:30 3決準決1の敗者 - 準決2の敗者 - -
12/22(日) 02:30 決勝準決1の勝者 - 準決2の勝者 - -

クラブW杯2019のトーナメント表

簡易的なトーナメント表もご用意しました。

クラブW杯2019トーナメント表・試合日程

クラブワールドカップ2019に賭けるならどのブックメーカー?

クラブワールドカップに賭ける

クラブW杯は基本的にどのブックメーカーでも賭けの対象として扱われますが、優勝予想オッズ発表のタイミングは若干差があります。12月1日時点では主な日本語ブックメーカーではWilliam Hillにて用意されていました。早めに賭けておくならチェックしてみてください。

各試合のオッズは試合前〜試合中でも賭けることができます。あと、今回出場する南米のフラメンゴはSportsbet.ioがスポンサーを務めているため、なんらかのフリーベットプレゼント企画があるかもしれません。その際は当サイトの以下のページでもご案内しますが、ユーザーの方は随時サイト上でもご確認を。

ブックメーカー入金不要ボーナス・最新イベント・限定特典のご案内

賭けのヒント

過去15大会中ヨーロッパが11回、南米4回優勝という結果の偏りが示すように、出場チームの実力には圧倒的な格差があります。それを踏まえると、優勝予想は今回も順当にリヴァプールへのBetで問題なさそうな気もします。

あと、トーナメントの反対の山で押さえるならフラメンゴ、アル・サッドか。昨年もUAEのアル・アインが地元で決勝まで進みましたから、アル・サッドにも多少期待。現体制でラスト2回、1度は開催国王者が優勝する瞬間も見てみたい。ただし直近はやや失点が目立つため、試合ごとのオッズはOver気味のオッズに賭けるとおもしろいかもしれません。とりあえず初戦のヤンゲン・スポールには勝つだろうという前提ですが、モンテレイ、フラメンゴとの試合は試合中のスコア系オッズもチェックを。

今回は日本のチームが出場しないため注目度はここ数年に比べて若干落ちるかもしれませんが、この大会の魅力である「クラブワールドカップならではのレアな対戦」を存分に楽しみましょう!

皆様の予想的中&賞金獲得をお祈りしております!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-スポーツオッズトピック

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.