W杯2018決勝フランスvsクロアチアのブックメーカー勝敗予想オッズと各種データ | LOB   お問い合わせ | サイトマップ
ブックメーカー各社の情報 / スポーツベッティングの始め方~各種スポーツの賭け方
最新スポーツオッズ情報 / プロ監修の戦略や稼ぎ方のヒントなどを解説しています
 

W杯2018決勝フランスvsクロアチアのブックメーカー勝敗予想オッズと各種データ

投稿日:2018.7.13 |
ワールドカップ2018決勝「フランスvsクロアチア」のブックメーカー勝敗オッズと各種データ

開幕から1ヶ月、あっという間でしたね。連日連夜の競演もあと2試合。準決勝を経て頂点を目指すのはフランスとクロアチア、そして3位決定戦はベルギーとイングランドという組み合わせになりました。両者はグループが一緒だったので約2週間ぶりの対戦です。前回はお互いにグループ突破が決まっていたので”2軍”に近い見応えのやや薄い試合でしたが、今回は互いにプライドをかけた真剣勝負に期待したいですね。

一方、フランスvsクロアチアは2011年の親善試合以来7年ぶり。そしてワールドカップでは1998年のフランス大会準決勝以来20年ぶりです。このときフランスが勝ち上がり、決勝でブラジルを破って自国で初優勝を飾りました。対するクロアチアは今回初の決勝です。

このページでは、ワールドカップ2018決勝の試合情報、各種データ、そしてブックメーカーが発表している様々な予想オッズを掲載しています。試合を一層楽しむための参考にご覧ください!

フランスvsクロアチアの優勝予想オッズやファイナリスト予想オッズは…

ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、スペイン…、開幕当初に勝ち上がってくるだろうと思われていた強豪が去っていき、残ったフランスとクロアチア。ブックメーカーが事前に発表していた優勝予想オッズを改めて見てみると、フランスは6.5倍、クロアチアは29倍でした。

ワールドカップ2018優勝予想オッズ
(ウィリアムヒルが大会前に発表していた優勝予想オッズの上位10ヶ国)

フランスは本命に近い扱いだったので、ブックメーカーの評価通り順当に勝ち上がってきたということですね。一方のクロアチアは少しサプライズな躍進だったことが伺えます。

そしてもうひとつ、決勝に進むチームを予想する「ファイナリストチーム」オッズの「フランス/クロアチア」の組み合わせの倍率は…

ワールドカップ2018ファイナリスト予想オッズ

なんと101倍でした。1万円投じていたら100万円プラス。なかなか手を出しにくい組み合わせではありますが、もし賭けていた方は的中おめでとうございます。払い戻しをワクワクしながらお待ちください。

WC2018決勝「フランスvsクロアチア」情報

FIFA 2018 World Cup in Russia Final

フランス(7) vs クロアチア(20)
キックオフ:2018年7月15日(日)18:00 (日本時間は同日24:00)
スタジアム:ルジニキ・スタジアム

()の数字はFIFAランキング

ということで、ここから試合情報です。決勝は開幕戦と同じモスクワのルジニキ・スタジアム。キックオフは現地時刻で18時。日本とは6時間の時差なので日本時刻で夜の24時から。日曜の天候は晴れの予報で、気温は25度前後。コンディションは良さそうです。FIFAランキング7位のフランス、同20位のクロアチア。フランスは2006年ドイツ大会以来12年ぶり、そして1998年の自国開催時を合わせて3度目のワールドカップ決勝、クロアチアは今回が初めてとなります。

フランス・クロアチア代表メンバー

フランス代表メンバー(クリックで表示)

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
スティーブ・マンダンダ(オリンピック・マルセイユ)
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)

DF
ベンジャマン・パヴァール(シュツットガルト/ドイツ)
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン)
アディル・ラミ(オリンピック・マルセイユ)
ジブリル・シディベ(モナコ)
ルーカス・エルナンデス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ/イングランド)

MF
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
コランタン・トリッソ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
ブレズ・マトゥイディ(ユヴェントス/イタリア)
スティーブン・エンゾンジ(セビージャ/スペイン)

FW
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
トマ・レマル(モナコ)
オリビエ・ジルー(チェルシー/イングランド)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
ウスマン・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
ナビル・フェキル(オリンピック・リヨン)
フロリアン・トヴァン(オリンピック・マルセイユ)

監督:ディディエ・デシャン(2012年7月~)

クロアチア代表メンバー(クリックで表示)

GK
ドミニク・リヴァコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)
ロヴレ・カリニッチ(ゲント/ベルギー)
ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス)

DF
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
イヴァン・ストリニッチ(サンプドリア/イタリア)
ヴェドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
デヤン・ロヴレン(リヴァプール/イングランド)
ティン・イェドバイ(レヴァークーゼン/ドイツ)
ドゥイェ・チャレタ=ツァル(ザルツブルク/オーストリア)
ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
ヨシプ・ピヴァリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)

MF
イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コヴァチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル・ミラノ/イタリア)
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
イヴァン・ペリシッチ(インテル・ミラノ/イタリア)

FW
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ニコラ・カリニッチ(ACミラン/イタリア)
マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス/イタリア)
アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
マルコ・ピアツァ(シャルケ/ドイツ)

監督:ズラトコ・ダリッチ(2017年10月~)

こちらが両者のメンバー。フランスのヴァラン、クロアチアのモドリッチとコヴァチッチはスペインのレアル・マドリーでの同僚。フランスのエルナンデス、グリーズマン、そしてクロアチアのヴルサリコはアトレティコ。デンベレとラキティッチはバルサの仲間。マトゥイディとマンジュキッチはイタリアのユヴェントスで共にプレーしています。シディベ、トマ・レアル、クロアチアの守護神スバシッチはモナコ。普段はクラブで共闘している選手がかなり多いですね。

また、冒頭でも触れたように、フランスとクロアチアはワールドカップの舞台では20年前に対戦しています。この時、現フランス監督のデシャンは背番号7をつけてプレーしていました。結果は2-1でフランスが勝利しています。選手として、そして監督としてもクロアチアを破ることができるでしょうか。

フランスとクロアチアの過去の対戦成績(全試合)

2011/05/29 親善試合 フランス 0 – 0 クロアチア
2004/06/17 EUROギリシャ クロアチア 2 – 2 フランス
2000/05/28 親善試合 クロアチア 0 – 2 フランス
1999/11/13 親善試合 フランス 3 – 0 クロアチア
1998/07/08 W杯フランス フランス 2 – 1 クロアチア

両者の過去の対戦成績は上記のとおり。5度対戦していて、成績はフランス3勝、引き分け2回直前回は7年前の親善試合。その前はユーロ2004ギリシャ大会グループBにて。今回、クロアチアにとってはフランスに対する初勝利、そして前回ワールドカップでの雪辱を晴らす最高の舞台。カップを掲げてリベンジなるか!?

両チームの今大会のここまでの結果

グループステージ
フランス 2 – 1 オーストラリア
フランス 1 – 0 ペルー
フランス 0 – 0 デンマーク
(グループC1位突破)

決勝トーナメント初戦
フランス 4 – 3 アルゼンチン

準々決勝
フランス 2 – 0 ウルグアイ

準決勝
フランス 1 – 0 ベルギー

グループステージ
クロアチア 2 – 0 ナイジェリア
クロアチア 3 – 0 アルゼンチン
クロアチア 2 – 1 アイスランド
(グループD1位突破)

決勝トーナメント初戦
クロアチア 1(3PK2)1 デンマーク

準々決勝
クロアチア 2(4PK3)2 ロシア

準決勝
クロアチア 1(2延長1)1 イングランド

フランスは準々決勝のウルグアイ、そしてベルギー戦も守備を固めて2試合連続クリーンシート。チームとしての完成度は非常に高く、得点力もあり、さらにリードしてからの時の時間の使い方(時間稼ぎ!?)もさすが。穴がありません。

一方のクロアチアは3試合連続延長以降での決着という、まさに不屈の精神という言葉がピッタリの勝ち上がり。準決勝まで3試合連続で延長を戦ったのは90年のイングランドもそうですが、この時はPK戦で西ドイツに破れたので、「3試合連続延長から決勝」としてはクロアチアが史上初。延長30分x3試合=90分、実質1試合多いのと同じ。疲労を超えたメンタリティとハードワークをみせることができるでしょうか!?

両チームの今大会での得点者

A.グリーズマン 3(2)
K.ムバッペ 3
B.パヴァール 1
S.ユムティティ 1
R.ヴァラン 1

M.マンジュキッチ 2
L.モドリッチ 2(1)
I.ペリシッチ 1
M.バデリ 1
A.クラマリッチ 1
A.レビッチ 1
I.ラキティッチ 1
D.ビダ 1

こちらは両チームのゴールスコアラーです。

クロアチアvsイングランドに対するブックメーカーの勝敗予想オッズ

では、ここからはブックメーカーが発表した各種予想オッズをご覧ください。以下、ウィリアムヒル社で7月12日に発表されていたオッズです。

勝敗予想オッズと最終的な結果予想オッズ
ワールドカップ2018決勝フランスvsクロアチア戦の勝敗予想オッズ

90分間の結果予想は、フランス1.91倍、ドロー3.20倍、クロアチア4.50倍。そして延長戦やPKを含み、最終的に優勝するチームの予想ではフランスが1.44倍、クロアチアが2.75倍。90分も最終結果予想も、どちらもフランス寄りにかなり偏っていますね。

ちなみに、開幕前にフランスの優勝予想(6.5倍)に賭けた方は、このタイミングでクロアチアの「トロフィーを掲げる – 2.75倍」に賭けておけば、どちらが勝っても儲かります仮に最初に100ドル賭けたなら、フランスがそのまま優勝すれば650ドルの払い戻しで賭け金100ドル引いて550ドルプラスですよね。そこで、この利益を超えない範囲でクロアチアの2.75倍に賭けます。例えば200ドル投じるなら、実際にクロアチアが勝てば200ドルx2.75倍=550ドル払い戻し-(賭け金200ドル+フランスへの100ドル)で250ドルの利益に。もしフランスが最初の期待どおりに勝つと350ドルの利益。このような無敗状態を作ることもできます。

そのままにしておいて「550ドル利益かゼロか」のギャンブル楽しむもよし、リスクヘッジを仕掛けて「350ドル利益か250ドル利益」とするもよし。後者を選んだらあとは安心して観戦をお楽しみください。

…と、少し話が逸れましたが、次はスコアの予想オッズを。

スコア予想オッズ
ワールドカップ2018決勝フランスvsクロアチア戦のスコア予想オッズ

フランス1-0が4.8倍の本命。前回のベルギー戦のように1点とって硬く守るという展開になるのでしょうか。スコアレスと1-1が次の6倍。延長へ進む可能性を考えるなら、これらのオッズに賭けておくのもおもしろそうです。

ゴールスコアラー予想オッズ(フランス)
ワールドカップ2018決勝フランスvsクロアチア戦のゴールスコアラー予想オッズ(フランス)

フランスはグリーズマンとムバッペが同じ2.87倍。

ゴールスコアラー予想オッズ(クロアチア)
ワールドカップ2018決勝フランスvsクロアチア戦のゴールスコアラー予想オッズ(クロアチア)

クロアチアはイングランド戦で値千金の決勝ゴールを叩き込んだマンジュキッチが4倍のトップ。

試合がPK戦までいくか
ワールドカップ2018決勝フランスvsクロアチア戦のPK予想オッズ

延長でも決着がつかず、PK戦にまで進むだろうと考えるならこのオッズにBetを。5倍です。

PKで勝つ、延長で勝つ
ワールドカップ2018決勝フランスvsクロアチア戦の延長での勝利予想オッズ

延長やPKで決着がつくと考えるなら、これらのオッズも合わせてチェックを。

William Hill
ウィリアムヒル社の詳細と参加方法
ここで挙げたオッズの他にも100種以上の多彩な賭け方ありW杯に賭けるなら必須サイト。

普通にフランスが勝ってしまいそうな気がしますが、個人的にはクロアチアの意地を信じて彼らの優勝2.75倍に賭けてみました。初の3試合連続延長からの決勝、フランスへの初勝利、そしてワールドカップ初優勝。記録と記憶に残る締めくくりに期待です。

試合直前までオッズの種類は増えますし、もちろん試合中にも賭けられます。アカウントをお持ちの方はチェックしてみてください。ワールドカップ2018ファイナルを存分に楽しみましょう!そして皆様の予想や応援賭けの的中をお祈りしております!!

 

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

ステップごとの解説

1.ブックメーカーで会員登録(アカウント作成)する際の基本
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーへの入金方法を具体的に解説
ブックメーカーで作ったアカウントに入金する流れやポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方|スポーツベッティングの4つの具体的ステップ
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.勝って稼いだ賞金をブックメーカーのアカウントから出金する手順
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法について

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説を見る際はスポーツベッティング入門ページをご覧下さい。

必須の優良日本語ブックメーカー4社

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。スポーツ観戦はSportsbet.ioで。


テンベットジャパン

メインにもサブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Ecopayz Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

スポーツファン利用必須!の生中継サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC ETH 銀行振込 Ecopayz

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

必ず持っておきたい"ブランド"サイト

ウィリアムヒル

創業1934年の業界のブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭けの種類が圧倒的に豊富で、「スポーツベッティングを知り、楽しむ」上で欠かせません。他がメインでも併用必須。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロプレイヤー評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

ブックメーカーとの入出金に使う2つのネット口座

ブックメーカーとの入出金にはさまざまな方法がありますが、下記の2つは日本人プレイヤーが必ず用意しておきたいネット口座です。どちらも詳細ページで利用法を解説しています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの詳しい解説

スティックペイ

ATMで資金を引き出せるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.io(日本円ウォレット)の入出金に使えるネット口座。専用のプリペイドカードで世界中のATMから資金を引き出せます。今後利用範囲が増えそうなので、エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

直近でよくお読みいただいている解説ページ

ブックメーカーの賭け方(基本パターン17種)の解説
ブックメーカー利用時に知っておきたいメインの賭け方まとめ
STICPAY(スティックペイ)口座の使い方ガイド
ATMで出金できるカードが嬉しい最新ネット口座の利用法
ブックメーカー投資とは何か?勝つために重要なこと
巷で話題のブックメーカー投資とは?そしてスポーツベッティングを投資化する為の本質的理解
Scroll Up