スポーツオッズトピック

W杯2018準決勝クロアチアvsイングランドの勝敗予想とオッズとデータ-Is it coming home?

更新日:

ワールドカップ2018準決勝「クロアチアvsイングランド」の勝敗予想とブックメーカーオッズ

ワールドカップ2018準決勝2試合目はクロアチアvsイングランド。もう一方のフランスvsベルギーが事実上の決勝戦か!?などと言われていますが、この両者も欧州トップリーグでプレーするタレント勢揃い。好カード必至で見逃せません。

クロアチアは1998年フランス大会の準決勝で破れ、順位決定戦でオランダを下して3位に就いたのが大会ベスト。それ以外は2002、2006、2014年に出場していずれもグループステージで敗退しているので、今回の試合が記録更新と初制覇をかけて最も重要な試合となります。一方のイングランドは1990年のイタリア大会で4位、その前に1966年の自国開催大会で優勝しています。28年ぶりの4強入り、そして52年ぶりの優勝へ。近年は自国サポーターからも「どうせ決勝トーナメント初戦か準々決勝で負けるだろう(当サイト運営チームの一人である英国人談)」なんて期待薄だっただけに、その反動で凄まじい盛り上がりとなっているようです(笑)

決勝進出を果たすのはどちらのチームか!?このページでは、試合の基本情報、両チームのメンバー、過去の対戦成績、そしてブックメーカーが発表した各種オッズなどを掲載しています。試合観戦を一層おもしろく、そして賭ける際の参考にお役立てください!

WC2018準決勝.2 クロアチアvsイングランド

FIFA 2018 World Cup in Russia Semi Finals

クロアチア(20) vs イングランド(12)
キックオフ:2018年7月11日(水)21:00 (日本時間は翌日3:00)
スタジアム:ルジニキ・スタジアム

()の数字はFIFAランキング

開幕戦があり、そして今週末に決勝が行われるルジニキ・スタジアムが舞台。この試合の10日前にはここで地元ロシアがスペインを破る大番狂わせがありました。そのホスト国を大会から退けたクロアチアとイングランドのマッチアップ。地元サポーターはどちらを応援するでしょう!?

クロアチア・イングランド代表メンバー

クロアチア代表メンバー(クリックで表示)

GK
ドミニク・リヴァコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)
ロヴレ・カリニッチ(ゲント/ベルギー)
ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス)

DF
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
イヴァン・ストリニッチ(サンプドリア/イタリア)
ヴェドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
デヤン・ロヴレン(リヴァプール/イングランド)
ティン・イェドバイ(レヴァークーゼン/ドイツ)
ドゥイェ・チャレタ=ツァル(ザルツブルク/オーストリア)
ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
ヨシプ・ピヴァリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)

MF
イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コヴァチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル・ミラノ/イタリア)
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
イヴァン・ペリシッチ(インテル・ミラノ/イタリア)

FW
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ニコラ・カリニッチ(ACミラン/イタリア)
マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス/イタリア)
アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
マルコ・ピアツァ(シャルケ/ドイツ)

監督:ズラトコ・ダリッチ(2017年10月~)

イングランド代表メンバー(クリックで表示)

GK
ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)
ジャック・バトランド(ストーク・シティ)
ニック・ポープ(バーンリー)

DF
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
ダニー・ローズ(トッテナム・ホットスパー)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
ハリー・マグワイア(レスター・シティ)
キーラン・トリッピアー(トッテナム・ホットスパー)
ガリー・ケーヒル(チェルシー)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)
アシュリー・ヤング(マンチェスター・ユナイテッド)
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)

MF
エリック・ダイアー(トッテナム・ホットスパー)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
デレ・アリ(トッテナム・ホットスパー)
ルベン・ロフタス・チーク(クリスタル・パレス)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジェイミー・バーディ(レスター・シティ)
ダニー・ウェルベック(アーセナル)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

監督:ガレス・サウスゲート(2016年12月-)

両国メンバーは上記のとおり。欧州サッカーファンなら必ず目にしているであろう名前ばかりが並んでいます。クロアチアはGKのリヴァコヴィッチとMFのブラダリッチ以外は全員国外リーグでプレーしています。主将のモドリッチは世界屈指の中盤。レアルで共にプレーするコヴァチッチもメンバーの1人。ラキティッチ、マンジュキッチ、ロヴレン、バデリらベテラン勢が名を連ねています。ペリシッチはドルトムントで香川と、インテルでは長友と仲良しだったのも有名ですね。

イングランドは全員が自国プレミアリーグでプレーする選手。トッテナムから5人、ダニー・ローズ、キーラン・トリッピアー、エリック・ダイアー、デレ・アリ、そして現在得点王のハリー・ケイン。ユナイテッドとシティからそれぞれ4人ずつ、リヴァプールから2人、レスターからマグワイアとヴァーディーの2人。

クロアチアのロヴレンとイングランドのアーノルドはリヴァプールの守備を担う同僚です。先日のチャンピオンズリーグ決勝でも共にフル出場していました。また、モドリッチがトッテナムに所属していたころケインは10代のデビューしたて。この先輩・後輩対決も見所の一つとなるのではないでしょうか。

クロアチアとイングランドの過去の対戦成績(全試合)

2009/09/09 W杯南ア予選 イングランド 5 - 1 クロアチア
2008/09/10 W杯南ア予選 クロアチア 1 - 4 イングランド
2007/11/21 EURO予選 イングランド 2 - 3 クロアチア
2006/10/11 EURO予選 クロアチア 2 - 0 イングランド
2004/06/21 EUROギリシャ クロアチア 2 - 4 イングランド
2003/08/20 親善試合 イングランド 3 - 1 クロアチア
1996/04/24 親善試合 イングランド 0 - 0 クロアチア

クロアチアとイングランドは過去に7度の対戦経験があります。結果はイングランド4勝、クロアチア2勝、引き分け1回直前回は9年前のワールドカップ南アフリカ予選。ホーム・アウェイ共にイングランドが大勝しています。モドリッチ、マンジュキッチ、ラキティッチらはこの当時からメンバーだったので、リベンジに燃えていることでしょう。

両チームの今大会のここまでの結果

グループステージ
クロアチア 2 – 0 ナイジェリア
クロアチア 3 – 0 アルゼンチン
クロアチア 2 – 1 アイスランド

決勝トーナメント初戦
クロアチア 1(3PK2)1 デンマーク

準々決勝
クロアチア 2(4PK3)2 ロシア

グループステージ
イングランド 2 – 1 チュニジア
イングランド 6 – 1 パナマ
イングランド 0 – 1 ベルギー

決勝トーナメント初戦
イングランド 1(4PK3)1 コロンビア

準々決勝
イングランド 2 – 0 スウェーデン

両者のあゆみはこのとおり。クロアチアはグループステージ三連勝、決勝トーナメント初戦ではデンマークと対戦し、開始からわずか5分で1-1になるも、そこからピタッとスコアが動かずPK戦へ。準々決勝では地元ロシアと対戦し、前半31分にチェリシェフに決められて先制され、8分後にクラマリッチが同点弾。後半はスコアが動かず延長へ進み、延長前半10分にビダが決めてこれで決着かと思われた5分後にフェルナンデスの同点弾。そして2-2のまま2試合連続のPK戦へ突入して勝ち上がってきました。2試合連続120分+PKの疲労はいかがなものか、イングランドに比べて休養日も1日少なく、主力メンバーが30歳前後であるため体力面での懸念はありそうです。

イングランドはチュニジア、パナマ、ベルギーと同じグループでした。チュニジア戦2ゴール、パナマ戦ハットトリックでゴールを稼いだケイン。コロンビア戦のPKで1点積んで現在6ゴール。クロアチア戦でのさらなる得点に期待がかかります。準々決勝ではスウェーデンの堅守をこじ開けて2点挙げ、さらにピックフォードの好セーブもあってクリーンシート達成。ここまでのスコアの大半はCKやFKそしてPKも含むセットプレーからというのが気になりますが、見方を変えれば得意の形でしっかり点を決めてきたということ。対戦相手に恵まれていたと言えば身も蓋もありませんが、勢いは十分。28年ぶりの4強入りに国内は非常に盛り上がっており、It's coming home(フットボールが我が家に帰ってくる)という応援歌がそこらじゅうで歌われています。

これがその歌。

そして、まだ準決勝に勝ってさえいないのに、「イングランドが優勝した」前提でこのような動画を作ってしまうイギリス人のノリがさすが。制作はBBC(国営放送)です。本当にそれは我が家に帰ってくるでしょうか!?

クロアチアvsイングランドに対するブックメーカーの勝敗予想オッズ

では、ブックメーカーの勝敗予想オッズを見てみましょう。

ワールドカップ2018準決勝クロアチアvsイングランド戦オッズ
(ウィリアムヒルの7/9時点のオッズ)

ウィリアムヒル社が発表している90分間の予想オッズでは、クロアチアが3.40倍、ドローが3倍、イングランドが2.3倍。延長+PK戦の結果を含む突破予想はクロアチア2.25倍、イングランド1.61倍となっています。過去の対戦実績、直前回の結果、日程的なアドバンテージ、そして何よりファンによる賭けの偏りの影響もあってイングランドの方がフェイバリット扱い。

ワールドカップ2018準決勝クロアチアvsイングランド戦スコア予想オッズ

スコアの予想では1-1のドローとイングランドの1-0が最低倍率の5.8倍となっています。

ワールドカップ2018準決勝クロアチアvsイングランド戦両チームの得点予想オッズ

両チームの成績やスタイル的な部分を考慮すると両チーム共に1点以上はゴールを決めそうな気もしますが、ブックメーカーの両チーム予想オッズでは"はい"の方が見込み薄の2.10倍、"いいえ"の方が可能性が高い1.67倍

ワールドカップ2018準決勝クロアチアvsイングランド戦スペシャルオッズ

増強オッズ(倍率が通常より高めに設定された美味しい賭け)の一覧では、「ケインのゴール+イングランドの勝利3.5倍」「マンジュキッチのゴール+クロアチアの勝利7倍」などユニークな賭け方が並んでいます。当然ながらケインはマークが厳しいと思われるので、それ以外の選手のゴール予想の方が狙い目かもしれません。

ワールドカップ2018準決勝クロアチアvsイングランド戦ゴールスコアラーオッズ

個人的には、未だノーゴールのスターリングの3.6倍にBetしておきました。さらに両チーム共にスコアするの"はい"2.1倍、そしてクロアチア2-1の12倍とイングランド2-1の10倍の両方。12倍と10倍なら回収率は500%を超えます。100ドルずつでもどちらか的中すれば約5倍。(コレクトスコアに賭けるときは、マイナスにならない範囲で複数のオッズを選ぶのがポイントです。例えば10倍オッズを3つなら、同じ額ずつ賭けても3倍以上になります。回収率の計算は当サイト上のスポーツベッティング計算機でできるので、ご興味があればご活用ください)

William Hill
ウィリアムヒル社の詳細と参加方法
ここで挙げたオッズの他にも100種以上の多彩な賭け方ありW杯に賭けるなら必須サイト。

皆様の予想的中もお祈りしております!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-スポーツオッズトピック
-

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.