スポーツオッズトピック

W杯2018準決勝フランスvsベルギーの勝敗予想とオッズ-決勝進出は仏白どっち!?

更新日:

ワールドカップ2018準決勝の勝敗予想とブックメーカーオッズ情報

ワールドカップ準決勝は南米勢がすべて敗退してヨーロッパ勢のみ。まるでユーロのような雰囲気となってきました。残っているのは、ウルグアイを破って2006年の準優勝以来12年ぶり4強のフランス、王国ブラジルを退け1986年の4位以来32年ぶりのベルギー。躍進の地元ロシアに引導を渡し1998年の3位以来20年ぶりのクロアチア、そしてスウェーデンを下して1990年の4位以来28年ぶりにベスト4入りを果たしたイングランド。ベッカムとイブラによる賭けも話題となりました。どのチームもベスト4入りは久しぶりなので、ブラジルやドイツら常連が残っているよりサポーター達の熱量は凄そうです。

対戦カードは、まずフランスvsベルギー。ベスト16が出揃った時点で"死の山"と評されていた強豪揃いのトーナメントを勝ちあがってきた両者。そしてもう1試合はクロアチアvsイングランド。延長とPK続きの接戦を制してきた2チームによる顔合わせ。どちらも非常に楽しみな好カードです。

このページでは、準決勝1試合目の詳細情報、過去の対戦成績、ブックメーカーが発表した予想オッズ、参考データなどを掲載しています。試合を楽しみ、そして賭ける際の参考にお役立てください!

WC2018準決勝.1 フランスvsベルギー

FIFA 2018 World Cup in Russia Semi Finals

フランス(7) vs ベルギー(3)
キックオフ:2018年7月10日(火)21:00 (日本時間は翌日3:00)
スタジアム:サンクトペテルブルク・スタジアム

()の数字はFIFAランキング

事実上の決勝戦とも言われているタレント揃いの両チームによる対戦。アルゼンチン、ウルグアイら南米の強豪を退けてきたフランスと、日本、そして優勝本命のブラジルを下してきたベルギーのマッチアップです。

フランス・ベルギー代表メンバー

フランス代表メンバー(クリックで表示)

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
スティーブ・マンダンダ(オリンピック・マルセイユ)
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)

DF
ベンジャマン・パヴァール(シュツットガルト/ドイツ)
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン)
アディル・ラミ(オリンピック・マルセイユ)
ジブリル・シディベ(モナコ)
ルーカス・エルナンデス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ/イングランド)

MF
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
コランタン・トリッソ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
ブレズ・マトゥイディ(ユベントス/イタリア)
スティーブン・エンゾンジ(セビージャ/スペイン)

FW
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
トマ・レマル(モナコ)
オリビエ・ジルー(チェルシー/イングランド)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
ウスマン・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
ナビル・フェキル(オリンピック・リヨン)
フロリアン・トヴァン(オリンピック・マルセイユ)

監督:ディディエ・デシャン(2012年7月~)

ベルギー代表メンバー(クリックで表示)

GK
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リヴァプール/イングランド)
クーン・カステールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

DF
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)
レアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)
トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
トーマス・ヴェルマーレン(バルセロナ/スペイン)
ヤン・フェルトンゲン(トッテナム/イングランド)

MF
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
アドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ/スペイン)
ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方/中国)
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ナセル・シャドリ(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)

FW
ミシー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)
ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ドリース・メルテンス(ナポリ/イタリア)

監督:ロベルト・マルティネス(2016年8月-)

どちらも欧州ビッグクラブでプレーするタレント勢揃い。クラブでチームメイトの選手らも。特にポグバとルカクは仲が良く、ルカクがユナイテッド移籍を果たしたのはポグバが誘っていたからと言われるほど。フェライニもユナイテッドの仲間。互いを知る彼らがどのような動きをみせるかは注目どころの一つですね。フランスのカンテとジルー、ベルギーのクルトワとアザールはチェルシー、フランスのGKアレオラ、DFキンペンベ、FWムバッペと、ベルギーのトーマス・ムニエは共にパリ・サンジェルマン。ムニエはグループステージのイングランド戦以外はスタメン&フル出場のサイドバック。ムバッペの位置とはポジションが反対ではありますが、クラブから知っているので何かしら重要な役目を担うかもしれません。

フランスとベルギーの過去の対戦成績(2000年代に入ってからの5試合+それ以前のW杯)

2015/06/07 親善試合 フランス 3 - 4 ベルギー
2013/08/14 親善試合 ベルギー 0 - 0 フランス
2011/11/15 親善試合 フランス 0 - 0 ベルギー
2004/02/18 親善試合 ベルギー 0 - 2 フランス
2002/05/18 親善試合 フランス 1 - 2 ベルギー
1986/06/28 W杯メキシコ(3位決定戦) フランス 4 - 2 ベルギー
1938/06/05 W杯フランス(初戦) フランス 3 - 1 ベルギー

フランスとベルギーは隣国とあって過去に非常に多くの対戦があります。ここでは直近の数試合と過去のワールドカップでの結果のみを掲載していますが、通算対戦回数は73回、そして結果はフランスが24勝、ベルギーが30勝、引き分けが19回 ベルギーの方が勝ち越しています。

直前回の親善試合はフランス・パリのスタッド・ド・フランスにて。前半にフェライニが2発、後半にもフェライニのアシストでナインゴランが追加点を挙げてベルギーが3-0とし、その後互いにPKで1点加え、試合終了間際にフランスのフェキルとパイエが決めて4-3で終了。ベルギー側のパフォーマンスが光る試合でした。

ワールドカップ本大会での対戦は過去に2度。一番古いのは80年前のフランス大会1試合目。地元のフランスが勝利しました。そして2度目は32年前のメキシコ大会の3位決定戦。この試合も延長の末フランスがベルギーを下しました。ベルギーにとっては今回この試合以来の4強入り、しかも超えるべき壁が前回破れた相手とあってモチベーションは相当なものがあるでしょう。フランスも直前会の試合で地元で恥をかかされているので、負けるわけにはいきません。

両チームの今大会のここまでの結果

グループステージ
フランス 2 – 1 オーストラリア
フランス 1 – 0 ペルー
フランス 0 – 0 デンマーク

決勝トーナメント初戦
フランス 4 – 3 アルゼンチン

準々決勝
フランス 2 – 0 ウルグアイ

グループステージ
ベルギー 3 – 0 パナマ
ベルギー 5 – 2 チュニジア
ベルギー 1 – 0 イングランド

決勝トーナメント初戦
ベルギー 3 – 2 日本

準々決勝
ベルギー 2 – 1 ブラジル

フランスは決勝トーナメント初戦はアルゼンチン相手に分厚い攻撃を展開して圧倒、一時は2-1でリードされるも3連続ゴールを決めて4-2とし、試合終了間際に1点取られて4-3で勝利しました。準々決勝ではウルグアイにも同様の強さをみせ、まず前半41分にグリーズマンのFKにヴァランが合わせて先制、そして後半16分にグリーズマンが放った強烈なシュートをウルグアイのGKムスレラがファンブルして追加点。カバーニが欠場していたとはいえ、スアレスに一本もシュートを打たせず2-0で完封勝利しました。

ベルギーは皆さんご存知のとおりトーナメント初戦で日本に劇的勝利を果たしました。最後の高速カウンターで赤い悪魔がその本領を少し覗かせたようでしたが、続くブラジル戦では彼らの強さが本物だと証明されました。試合が始まって13分後、シャドリのコーナーにコンパニが合わせたボールがフェルナンジーニョの肩に当たってゴールへ。このOGでまずベルギーが先制し、続く31分にはまたも高速カウンターから最後はデブルイネの切り裂くようなシュートで追加点。ベルギー2点リードで後半へ入り、ブラジルが徐々に攻勢を強めるも硬い守備と守護神クルトワのセーブでブラジルはなかなか点を奪えず。途中出場のアウグストが後半31分に1点返すのが精一杯で、そのまま決着。優勝本命がここで敗退し、前日にフランスがウルグアイを破ったこともあって全ての南米勢が大会から去りました。

フランスvsベルギーに対するブックメーカーの勝敗予想オッズ

ワールドカップ2018準々決勝フランスvsベルギー戦オッズ
(ウィリアムヒルの7/9時点のオッズ)

こちらはブックメーカーウィリアムヒル社が7/9時点で発表していた勝敗予想オッズです。90分間の結果予想はフランス2.37倍、ドロー3.10倍、ベルギー3.10倍。延長戦、PK戦を含む突破予想はフランス1.73倍、ベルギー2.0倍。ブックメーカーの評価ではフランスの方がFavorite(フェイバリット:オッズが低い)、ベルギーがUnderdog(アンダードッグ:オッズが高い方)となっています。

過去の対戦成績ではベルギーの方が上回っていますが、オッズへの影響は少なそうです。直前回の試合結果のインパクトはもちろんありますが、それでもフランスの方がフェイバリットなのは単純に賭けがフランス寄りに集中するだろうと判断したものと思われます。メンバーの所属クラブもフランスの方が上とも考えられますし。がしかし互いに完成度が高いチーム、試合はオッズほど偏りのない拮抗した展開になるのではないでしょうか。

どちらもほんの数秒でゴール前に迫るカウンターがあります。スペインのように中盤でパスを繋ぐようなポゼッションサッカーではなく速攻型のチームの試合では、ゴール前にボールが運ばれる回数が増え、結果としてコーナーキックが多くなる傾向が。そこで試合が始まる直前、または試合中に賭けられる「コーナー本数の予想オッズ」で「◯本を超えるか?」の少し多めのオッズに賭けておくとおもしろそうです。また、そうなると上背がある選手が頭でゴールを決める確率も上がるので、ジルー(192cm)やフェライニ(194cm)のゴール予想オッズも合わせてチェックを。

ワールドカップ2018準々決勝フランスvsベルギー戦のゴールスコアラー予想オッズ(フランス)

ジルーのゴール予想は3.1倍

ワールドカップ2018準々決勝フランスvsベルギー戦のゴールスコアラー予想オッズ(ベルギー)

フェライニは5.5倍。また、打ち合う可能性を考えるなら「両チーム共にゴールするか(Both Teams to score)」の"はい"も狙い目です。ウィリアムヒルの7/9時点のオッズは1.73倍です。

ワールドカップ2018準々決勝フランスvsベルギー戦オッズ

シンプルに「決勝に進んでほしいチームどちらか一方に応援の意味で賭ける」のも、片方に肩入れできるので試合が一層楽しくなります。個人的には日本を破ったベルギーを応援したいので(笑)、ベルギーに応援賭けしておきました。ムバッペやグリーズマンは驚異的ですが、組織としての完成度はベルギーの方が高いのでは?と思いながら…

William Hill
ウィリアムヒル社の詳細と参加方法
ここで挙げたオッズの他にも100種以上の多彩な賭け方ありW杯に賭けるなら必須サイト。

すでにアカウントをお持ちの方は、試合のシナリオをあれこれ考えながらオッズを選んでお楽しみください、

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
単なるギャンブルに留まらないスポーツへの賭けのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得までの流れ
初心者必読、ブックメーカーのやり方(プレー手順4ステップ)の詳しい解説

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

メイン・サブにも使える優良サイト

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録だけで10ドルのボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

生中継も観られる次世代サイト

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられる次世代サイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、純粋にスポーツが観たい時にも便利。登録は15秒で完結。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

入出金で現金還元がある老舗

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、入出金ごとに現金キャッシュバックもあり。他がメインでも併用必須です。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの詳しい解説


ピナクル

プロ評価No.1の投資用サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。

エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

スティックペイ

BTCを管理できるネット口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。法定通貨&仮想通貨を分けて残高管理できるため、稼いだビットコインをそのままキープしておけます。さらに専用カードでATM出金可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-スポーツオッズトピック
-

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.