ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

業界情報やコラム

カジ旅、チェリーに続きネットベットも!相次ぐSBTechとの提携終了の理由は!?

SBTech(エスビーテック)ブックメーカー

2021年はブックメーカーサイトのリニューアルが相次いでいます。

2月にカジ旅、6月に10bet Japan、3ヶ月後の9月中旬にチェリーカジノ、そして同月末にネットベットがスポーツベッティング部門の一時メンテナンスを発表。

9月末時点ですでに前2つのブックメーカーは新しく生まれ変わって営業を再開しています。しかし、そもそも一体なぜ、このような刷新が続いているのか?

キーワードは「SBTech」

実はこれら4つのブックメーカーサイトには共通点があります。

それは4社とも同じ「SBTech(エスビーテック)」というプロバイダーのシステムを使用していたということ。

SBTech(エスビーテック)logo

SBTechは、オンラインスポーツベッティングのシステムを開発・提供している企業です。

そもそもの話になりますが、ブックメーカーと呼ばれるサイトは「自社でシステムを保有しているオペレーター(サイト運営会社)」「外部業者のシステムをリースしているオペレーター」の2種類があります。

自社でシステムを保有しているオペレーターは、そのブックメーカー企業自身がオッズ作成部署を持っていて、ベット受付から払戻までのプラットフォームを自社開発・管理しています。

例えば、Bet365、ウィリアムヒル、ピナクル、188bet、1xbetなどがこちらに該当します。

一方、「外部業者のシステムをリースしているオペレーター」は、自社とは別の企業が開発したスポーツベッティング用パッケージをサイト内に組み込んで、自社サービスとしてスポーツベットを提供しています。

冒頭の4社や、Casumo、22betなどはこちらです。

このような形態のブックメーカーをホワイトレーベル(ホワイトラベル)と言います。

スポーツベッティングの業界には、SBTechのほかにもKambi(カンビ)Betconstruct(ベットコンストラクト)Betradar(ベットレーダー)Betby(ベットバイ)などいくつものプロバイダー企業があり、ホワイトレーベルのサイトは珍しいものではありません。むしろ多数派。プロバイダー各社のシステムを使用したブックメーカーは世界中に大量にあります。

同じプロバイダーのシステムを使っているサイトは、色が違うだけだったり、レイアウトやナビゲーションが似ていたり、部分的にオッズ倍率も共通しています(注:全部ではなく、サイトごとの設定や賭けの状況によって変わる)

複数のブックメーカーを併用中の方は、気づいたご経験があるのではないでしょうか。

今回、同一プロバイダーを使用したサイトが立て続けにリニューアルに踏み切っているのは、まさにサイトの裏側を支える「SBTech」に関係しているようです。

ブックメーカー各社がSBTechと提携解除している背景

SBTechは2007年創業、現在は世界10ヶ所にオフィスを構えて従業員約1300名を抱える業界有数のプロバイダー企業です。本社はブルガリア。2021年時点で、同社のシステムを使用したホワイトレーベルブックメーカーは50以上あります。

同社は、2019年12月にアメリカのDraftkings(ドラフトキングス)に買収され、2020年から傘下に入りました。

DraftKings(ドラフトキングス)

DraftKingsは2012年創業、アメリカ・ボストンを拠点にスポーツベッティングやファンタジースポーツを提供するオペレーター&プロバイダーです。米国企業では最大規模を誇り、ユーザー数は1000万以上。ナスダックにも上場しています。

このDraftKingsが、SBTechの買収に絡んでSEC(米国証券取引委員会)から調査を受けていると2021年6月に報じられました。

内容をざっくりまとめると、Draftkingsは、発表した収支報告書に対して金融調査会社の「ヒンデンブルグ・リサーチ」のレポートに基づく証券取引所法違反を指摘され、現在ニューヨークの地方裁判所に提訴されているようです。

レポートによると、SBTechはスポーツベッティングが違法まはた法律未整備の地域にサービスを提供しており、同社の収益の50%近くがそれらの地域からのもの、とのこと。そして、マネーロンダリングや組織犯罪につながる恐れがあると主張。

SBTechは、法律未整備地域へは「BTi」という別ブランド名のプロバイダーでもサービス展開していました。しかし、Draftkingsの傘下に入ったことで、今回の指摘もあり経営方針の転換・浄化を図っているようです。要は、オンラインギャンブルの法律が定められている地域にしかサービスを提供しない(できない)、と。

SBTechを使用したブックメーカーが相次いでリニューアルしているのは、このような事情が理由だと考えられます。

SBTechの操作性やオッズの種類が気に入って、チェリーカジノやネットベットなどを使用していたベッターにとっては残念な話ですが、これも時代の流れでしょう。

本件の今後や、マーケットのその他の動向もチェックして随時レポートします。

参考
DraftKings Slumps as Hindenburg Research Alleges SBTech Ties to Illegal Gambling, Organized Crime
DraftKings under federal investigation over acquisition of SBTech following short-seller report

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

ブックメーカーの始め方
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Bet365ではスポーツ観戦も可。


スポーツベットアイオー

No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ベットサンロクゴ

No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継視聴可。2021年8月に日本語化

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

賭け方豊富

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-業界情報やコラム

© 2021 ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書