ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

Bookmakerの業界情報やコラム

CL史上初記録続出のバイエルンvsバルセロナ(8-2)をブックメーカーオッズで振り返る

CL2019/20バイエルン対バルセロナ(8-2)のオッズ振り返り

2020年8月15日夜(日本時間では16日の早朝)世界に衝撃が走りました。欧州サッカークラブの頂点を決める国際大会、UEFAチャンピオンズリーグ2019/20の準々決勝で、バイエルン・ミュンヘンがバルセロナから8ゴール奪って完勝。

ドイツの絶対王者たるバイエルンと、メッシ擁するスペインの強豪バルセロナの一戦。互いにCL優勝5回の経験を持つ最上級の超好カードで、「どんな結果になるだろうか?」と、スポーツメディアもサッカーファンも試合前から大盛り上がりでした。が、終わってみれば予想だにしない記録的なスコアによる決着で、リアルタイムで観戦していた方は度肝を抜かれたんじゃないでしょうか(私もその1人です笑)

この結末は、両チームにもCLの歴史にもさまざまなレコードを残すことになったわけですが、それらと共にブックメーカーによる賭けのオッズもなかなか面白いものがいくつも的中扱いとなりました。

それらのオッズを絡めて、ギャンブル的な側面からこの歴史的試合を振り返ってみようというのが本ページの趣旨です。

当サイトにお越しの皆さまはご存知のとおり、ブックメーカーではサッカー(特にメジャーな大会)には数百〜千種類ほどのオッズ(賭け選択肢)が用意され、試合前〜試合中に賭けることができます。

果たして、試合前はどんなオッズが出ていたのか、この衝撃の結果に対して何倍のオッズが的中扱いになったのか!?

振り返って試合の余韻をお楽しみください!

CL2019/20準々決勝バイエルン8-2バルセロナ

チャンピオンズリーグ2019-20は、新型コロナウィルス感染症拡大のため3月から5ヶ月間中断していました(決勝トーナメント初戦"ラウンド16"の2ndレグの途中でストップ)

8月7~8日に、まずラウンド16の残り4試合からリスタートし、中断前にベスト8入りを決めていたPSG、アトレティコ、アタランタ、ライプツィヒとともに、マンチェスター・シティ、バイエルン、バルセロナ、そしてユヴェントスを破ったリヨンが準々決勝へ勝ち進みました。

そのあと準々決勝から決勝までは、ホーム&アウェイ方式ではなくポルトガルのリスボンにあるベンフィカのホームスタジアムに全チームが集まり、短期集中の1発勝負での開催となりました。

準々決勝の結果とオッズ

08/13(水) 04:00アタランタ 1 - 2 PSG3.05 - 3.80 - 2.10
08/14(木) 04:00ライプツィヒ 2 - 1 アトレティコ3.25 - 3.10 - 2.30
08/15(金) 04:00バルセロナ 2 - 8 バイエルン3.20 - 3.75 - 2.05
08/16(土) 04:00マンチェスター・シティ 1 - 3 リヨン1.28 - 5.60 - 9.25

まず初日は、PSG対アタランタ。試合終了間際までアタランタが1-0で勝っていましたが、残り3分でPSGが2ゴール奪い大逆転の劇的勝利。その翌日は、新進気鋭のライプツィヒがアトレティコに競り勝って、2回目のCL出場にしてベスト4入りを果たしました。

試合日の順番で1日飛ばして、4試合目のマンチェスター・シティvsリヨンも番狂わせ。優勝候補の一角と評されていたシティを相手にリヨンがシンプルな攻めと硬い守りで圧倒、1-3で勝って10年ぶりのベスト4進出。

こうした連日のドラマのなかで、一際インパクトを残したのが3日目の試合、本題のバイエルンvsバルセロナです。

以下、スコアと出場選手とハイライトをご覧ください。

試合結果

バイエルン 8 - 2 バルセロナ

4' ミュラー(バイエルン)
7' アラバ(オウンゴール)
21' ペリシッチ(バイエルン)
27' ニャブリ(バイエルン)
31' ミュラー(バイエルン)
ハーフタイム
57' スアレス(バルセロナ)
63' キミッヒ(バイエルン)
82' レヴァンドフスキ(バイエルン)
85' コウチーニョ(バイエルン)
89' コウチーニョ(バイエルン)

出場選手

CL準々決勝「バルセロナvsバイエルン8-2」のスタメン

【CL準々決勝:バルセロナ2−8バイエルン】-kickerより

バルセロナのメンバー

スタメン
テア・シュテーゲン
セメド
ピケ
ラングレ
アルバ
セルジ・ロベルト 46'
ブスケツ 70'
デ・ヨング
ビダル
メッシ

途中出場
46' グリーズマン(セルジ・ロベルトと交代)
70' ファティ(ブスケツと交代)


バイエルンのメンバー

スタメン
ノイアー
キミッヒ
ボアテング 76'
アラバ
デイヴィス 83'
ゴレツカ 83'
アルカンタラ
ニャブリ 76'
ミュラー
ペリシッチ 67'
レヴァンドフスキ

途中出場
67' コマン(ペリシッチと交代)
76' ズーレ(ボアテングと交代)
76' コウチーニョ(ニャブリと交代)
83' トリッソ(ゴレツカと交代)
83' エルナンデス(デイヴィスと交代)

結果論ですが、単純にバイエルンのスピードと統率の取れたハードワークに対しバルサの守備があまりに緩すぎたということが、この結果に至った要因かと。今季のバルサの課題がモロに浮き彫りにされた形です。観ていた方は序盤から明らかな両者のクオリティの違いを感じられたのではないでしょうか。

開始早々はスアレスの決定機もありましたが、ノイアーがシャットアウトし、そのあとすぐにミュラーの1発が決まってバイエルン先制。その3分後にアラバの見事(?)なオウンゴールで同点になりましたが、ペリシッチ、ニャブリ、ミュラーが立て続けに決めて4-1で折り返します。

後半は、12分にジョルディ・アルバからのパスを受けたスアレスによるゴールでバルサが1点返しますが、以降はさらにバイエルンが攻勢を強めます。

特に後半18分の、左SBのアルフォンソ・デイビスのアシストから右SBのキミッヒのゴールは、そこに至るまでのパスワークの揺さぶりの時点で「これは決まるな」と感じさせるような圧がありました。

そして最後は、奇しくもバルサから期限付き移籍でバイエルンに在籍しているコウチーニョが、後半31分の出場からたった12分で2ゴールを叩き込んで引導を渡し、ジ・エンド。

前半4-1、後半4-1。結果は8-2。文句なしのドイツ王者の完勝です。

あまりに一方的すぎたこの展開に、2014年のブラジルW杯のミネイロンの惨劇を思い出したファンも多かったと思います。(準決勝でドイツがブラジルに7-1で勝利)

残された数々の記録

この試合は、バイエルンにもバルセロナにも、そしてチャンピオンズリーグの歴史においても数々の記録を残すことになりました。

それがこちら。

  • バイエルンは、CL決勝トーナメントで8得点を記録した初めてのチームに
  • バイエルンは、CL決勝トーナメントで最速で4ゴール決めたチームに(31分。これ以前もバイエルンで、14/15シーズンのポルト戦の36分から5分短縮)
  • 両チーム合計10ゴールは、CLの決勝トーナメントで最多記録(GSを含めると、16/17のドルトムントvsレギア・ワルシャワの8-4が最多)
  • バイエルンは、欧州カップ戦で史上初めてバルセロナを相手に前半で4得点したクラブに(逆にバルセロナは史上初の前半4失点)
  • バイエルンは、この試合を含め今季CLでここまでで計39得点(クラブ最多記録)
  • バルセロナは、欧州カップ戦で失点のワースト記録を更新(これまでは5点が最多)
  • バルセロナが公式戦で8失点したのは、74年ぶり(1946年の国王杯セビージャ戦で0-8の敗戦)
  • バルセロナは、この敗戦によって07/08以来12年ぶりに無冠でシーズン終了
  • ミュラーは、この試合の2得点によって、CLでバルセロナからもっともゴールを決めた選手に(通算6得点)
  • メッシは、キャリア史上ワーストの敗戦(これまでは、2009年のアルゼンチン代表でのW杯予選ボリビア戦で、1-6)

バイエルンにとっては歴史に残るベストゲーム。バルセロナにとっては消せない汚点となりました。12シーズンぶりの無冠で、一時代の終焉を感じさせますね。

ブックメーカーのオッズ的には結果はどうだったのか?

CL20192020準々決勝バルセロナvsバイエルンの勝敗予想オッズ

さて、いよいよここからが当ページのメインです。

この試合に対し、ブックメーカーは試合前にどのようなオッズを出していたのか。

そして、どのオッズ(倍率)が的中扱いだったのか。

普段から私も使用している日本語ブックメーカー10betJapan(テンベットジャパン)WilliamHill(ウィリアムヒル)Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の3社で、キックオフの1時間ほど前にサイト上でチェックしたオッズを見直して、的中オッズの一部を抜粋してみました。

試合結果やスコアに関する的中オッズ

最初は、試合の勝敗予想やスコアに関するオッズから。

上の画像を見ていただくとわかるように、今回の試合は90分間の結果予想はバルセロナ3.4倍、ドロー4.15倍、バイエルン1.95倍(10bet)でした。つまり、バイエルンの勝つ見込みが高いと評価されていたようなので、結果自体は順当と言えます。

バルセロナvsバイエルンの突破予想オッズ

延長戦やPKまで含めてどちらが勝ち進むかという予想オッズにおいても、バルセロナ2.37倍、バイエルン1.53倍(William Hill)でした。

バルサvsバイエルンの3wayハンデオッズ

ハンデをつけて勝敗を判定するタイプの3択予想オッズでは、今回点差が6点あるため、選択肢のバイエルンに賭けていればすべて的中。試合前に用意されていたオッズのなかでは-4が最大で、23.5倍でした。(10bet)

CLバルサvsバイエルンの点差と勝敗予想オッズ

勝敗と点差を組み合わせたオッズだと、バイエルン4点差以上の勝利は13.5倍。(10bet)

CLバルサvsバイエルンのオーバーアンダー予想オッズ

試合中の総ゴール数をオーバー/アンダー形式で予想する賭けでは、8-2で10点動いているためオーバーオッズは全部的中です。そのなかで最大の選択肢はオーバー7.5の18.75倍でした。(10bet)

サッカーの試合で、8点以上動くだろうという予想はなかなかできませんね(笑)

CLバルサvsバイエルンの前半ゴールO/Uオッズ

前半のみのゴール数オーバーアンダー予想も、最大値であるオーバー3.5の10.25倍までオーバーオッズはすべて的中扱いとなります。(10bet)

CLバルサvsバイエルンのチームごとの前半ゴール予想オッズ

前半のみのチームごとのゴール数予想もご覧ください。

バイエルンは前半で4点決めているため、このオッズでは4+の40.05倍に賭けていた方は正解。バルセロナの1点の2.45倍も当たりです。(10bet)

CLバルサvsバイエルンの前半結果予想オッズ

最終的な試合結果が「何対何」なのかを予想するコレクトスコア予想オッズを確認してみたところ、「8-2でバイエルンが勝利する」という選択肢は用意されていませんでした。

一方、前半のみの試合結果予想ではバイエルンの4-1があったようで、オッズは66倍でした。(William Hill)

このオッズに賭けていた方は、31分にミュラーが2点目を決めて4-1になった時点から前半終了までの約15分、「これ以上入るな!」と心臓バクバクだったでしょうね(笑)

CLバルサvsバイエルンの後半結果予想オッズ

後半のみの試合結果予想もあります。後半もバイエルン4点バルサ1点の4-1だったため、56倍が的中扱い。(William Hill)

もしも前半4-1の66倍、後半4-1の56倍に1万円ずつ賭けていたら90分で120万円の利益でした。(そんな攻めた賭け方をされたベッターさんがいらっしゃいましたら、的中おめでとうございます!)

CLバルサvsバイエルンの両ハーフゴール予想

前半・後半ともに両チームがゴールを決めるかの賭けでは、はい/はいの7.4倍が的中です。(Sportsbet.io)

勝敗結果そのものは試合前の見込みどおり順当でしたが、8-2のスコアは完全に想定外だったということが的中オッズからもみてとれますね。

選手のゴールに関する的中オッズ

次は、選手ごとのスコア予想オッズについてみてみましょう。

CL準々決勝バルセロナvsバイエルンのゴールスコアラーオッズ

こちらの画像は、ウィリアムヒルのスコアラー予想オッズのバイエルンの選手のオッズです。的中扱いとなる選択肢を囲っています。"いつでも"は90分間に1点でも決めたら的中。

レヴァンドフスキいつでも:1.6倍
ニャブリいつでも:2.45倍
ミュラーいつでも:2.9倍
2点以上:15倍
最初:8倍
最初か最後:4.5倍
ペリシッチいつでも:3.1倍
コウチーニョいつでも:3.1倍
2点以上:17倍
最後:8.5倍
最初か最後:4.75倍
キミッヒいつでも:5.8倍

これらのオッズに賭けていた方は的中です。ミュラー推し、コウチーニョ推しで応援賭けをしていたサポーターには最高の結果ですね。(なお、バルサ側のオッズでスアレスの2.15倍も的中扱いです)

レヴァンドフスキのゴール予想オッズ

選手ごとの得点方法やアシスト・シュート数などの賭けもあって、レヴァンドフスキがヘッドで決めるの6倍も的中です。ミュラーの先制ゴールもアシストしているため、アシスト数オーバー0.5の4倍も。(10bet)

選手のスタッツや特殊な複合系オッズ

さらにみていきましょう。

ブックメーカー各社では、試合中の各種スタッツに関する予想オッズや、組み合わせたスペシャルオッズもいろいろ用意されています。以下はその中の抜粋です。

バルサvsバイエルンの的中オッズ(ウィリアムヒルのYourOdds1)

こちらはWilliam HillのYourOdds(ユアオッズ:ユーザーのリクエストで用意された賭け)の一部。

レヴァンドフスキの枠内シュート2以上とミュラーの1本以上 @6.5倍」という選択肢は、実際レヴァンドフスキは4本、ミュラーは2本の枠内シュートを記録しているため的中です。

バルサvsバイエルンの的中オッズ(ウィリアムヒルのYourOdds2)

同じくYourOddsより。「ビダルとキミッヒにカードが出される @8倍」は、85分にキミッヒがイエローカードを受け、さらに終了間際の後半アディショナルタイム1分にビダルがイエローで的中となりました。

賭けていた方は、キミッヒがカードをもらった時点でビダルが残り時間で何かやらかすことを願ったかと(笑)

バルサvsバイエルンの的中オッズ(ウィリアムヒルのYourOdds3)

さらにYourOdds。「スアレスとレヴァンドフスキがゴール、スアレスがカード、バイエルンが次戦進出 @ 17倍」の複合オッズも的中です。スアレスは54分にカードをもらいました。

バルサvsバイエルンの的中オッズ(ウィリアムヒルのYourOdds4)

もう1つYourOddsから。「両チームとも前後半共にゴール、カード4枚以上、コーナー12本以上 @ 67倍」は、カードは6枚、コーナーは15本だったため的中です。

バルサvsバイエルンの的中オッズ(10betの最初にカードをもらう選手オッズ)

こちらは、10betの最初にカードを出される選手の予想オッズ。前半42分にボアテングにイエローカードが出されました。彼の11倍オッズに賭けていた方は的中おめでとうございます!

スポーツベットアイオーのプレイヤーシュート本数予想オッズ

こちらはSportsbet.ioのプレイヤーごとのシュート本数予想オッズの一部です。画像に写っているのはゴレツカやミュラーの本数予想の部分。ゴレツカは4本を記録し、ミュラーは2本だったため、「ゴレツカ4+ @7.89倍」や「ミュラー2+ @1.88倍」のオッズは的中です。

この他にもスタッツ系のおもしろいオッズは多数あり、以下に的中扱いとなる選択肢をザッとピックアップしてみました。

ニャブリがアシスト @ 4.5倍

ミュラーが右足でゴール @ 4.5倍

ミュラーが左足でゴール @ 13倍

キミッヒがゴール&カードを出される @ 21倍

ミュラーの枠内シュート数2本以上 @ 5倍

コウチーニョの枠内シュート数2本以上 @ 2.25倍

アルフォンソ・デイヴィスのアシスト数1以上 @ 7倍

ゴレツカのアシストOver0.5 @ 5.5倍

スアレスのシュート本数Over2.5 @ 2倍

ミュラーのゴール方法で両足に賭けていたら最高の結果でしたね。

他、ウィリアムヒルの試合中の賭けでは「2番目のゴールがオウンゴール @ 21倍」というオッズも今回的中となったようです。

セティエン監督解任不可避でさまざまなオッズが登場

そして試合後には、あまりに無策と非難されたバルセロナのキケ・セティエン監督の解任論が一気に高まり、次期監督予想オッズがすぐに登場しました。

バルセロナのセティエン監督解任予想

こちらは22betのオッズで、セティエン監督が8月23日(CL決勝日)までにバルサを去るかどうかという賭け。このオッズが出たあと、実際に17日に解任が発表されました。

バルセロナの次期監督予想オッズ

こちらはウィリアムヒルのバルサ次期監督予想オッズ。

シャビが本命、前スパーズ監督のポチェッティーノやバルサB監督のピミエンタ、ベルギー代表監督のマルティネスなど候補がずらり。結局、19日にロナルド・クーマンの就任が発表されました。よって、13倍が的中扱いに。

クーマン氏は選手としてバルサで1989-95年まで過ごし、指導者としては98年-00年までアシスタントコーチを務めていました。この就任直前は2018〜2020年まではオランダ代表監督です。

バルセロナ再建なるか、手腕に注目ですね。

バイエルンvsバルセロナのギャンブル的振り返りまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。CL史上に残るスコアでの決着となったバルセロナとバイエルンの試合。戦力にはっきり格差があるクラブ同士ならこのスコアも頷けるのですが、ネームバリューがある強豪同士による準々決勝での結果という点が一層衝撃です。

チャンピオンズリーグにブックメーカーで賭ける

私はバイエルンの突破やレヴァンドフスキのゴール、両チームのスコアなどいくつか賭けていて、トータルで勝利しました。(ただ、スコアは1-3ぐらいかと予想して賭けていたため、前半31分で早くも不的中に笑)

今シーズンのクラブの内情を踏まえると、試合前からバイエルンの見込みの方が十分に高かったように思います。オッズもそれを反映していますし。

また、バルセロナはここ数シーズンのCLは最後に大量失点で敗退しているため、シーズンをまたいだフラグも立っていたのかと(笑)昨年の準決勝はリヴァプール相手にホームの1stで3-0の勝利から、アウェイの2ndレグで4-0の敗戦。トータル4-3で逆転負け。その前年はローマに3-1勝利、0-3敗戦で4-4アウェイゴール差負け。さらにその前はユヴェントスに1stで0-3負け、ホームでの2ndはスコアレス。

この流れを踏まえると、今回のバイエルン戦はちょうどフラグ回収のタイミングか…という感じでした。ただ、8-2は予想だにしなかった…

あまりにもインパクトが強かったので、オッズ的な観点からの記録としてこのようなページを作りました。

まだ賭けたことがなくこのページをご覧になったなら、ブックメーカーのオッズの多彩さ、おもしろさもイメージいただけたかと思います。

おまけ:決勝はバイエルン対PSG

このページを書いているのは、パリ・サンジェルマンとバイエルンによる決勝の2日前。奇しくも両方共に独仏対決となった準決勝では、PSGはライプツィヒに3-0、バイエルンもリヨンを3-0で下し、ファイナルへ到達しました。

初決勝で初優勝がかかるPSGの前線は、ネイマール、ムバッペ、ディマリアら個で打開できるタレント揃い。一方、7季ぶり決勝、6度目の優勝を狙うバイエルンは個のクオリティもチームとしての完成度も高い。どちらも攻守の切り替えが速く、非常にスピーディな展開が予想されます。

CL2019/20決勝「PSGvsバイエルン」勝敗予想オッズ

とにかく、楽しみであることは間違いありません。オッズも大量に出ていますから、もしも試合前に当ページをご覧になったなら、各ブックメーカーにてチェックしてみてください。私も試合直前まで情報収集して賭けも観戦もたっぷり満喫したいと思います。

皆様の予想的中&賞金獲得もお祈りしております!!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

プレーの始め方ガイド
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーのアカウント作成のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioでは一部スポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

JPYもBTCも入出金可

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインをはじめ仮想通貨も管理可能。エコペイズ同様に便利。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Bookmakerの業界情報やコラム

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.