ブックメーカーを使ったスポーツベッティングのはじめ方
入金・出金の具体的な方法、各スポーツへの賭け方などの基礎知識全般
プロプレイヤー監修の稼ぐためのヒントやプレーに役立つ情報まで網羅した専門サイト

スポーツオッズ情報

優勝候補はどこだ!?欧州サッカー各国リーグの2021/2022シーズン優勝予想オッズと開幕日情報

欧州サッカー優勝予想オッズまとめ(2021-2022シーズン開幕前)

ブックメーカーによるヨーロッパのサッカー主要リーグ2021/2022シーズンの優勝予想オッズをまとめた特集ページをご用意しました。

当サイトではここ数年の毎年恒例。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン、プリメイラ・リーガ、エールディビジのシーズン開幕前のオッズを一挙に掲載しています。また、リーグごとの昨シーズンの優勝チームと事前オッズも添えました。

まったく賭けていない状態をトッピングなしの"素"とするなら、優勝予想オッズはシーズンまるまるの風味を引き立てるスパイスのようなもの。欧州サッカーはただ観るだけでも最高に楽しめるコンテンツですが、贔屓にしている推しチームに賭けておけば楽しさは倍増します。このページは2021-22シーズンをもっとアツくするための参考としてご覧ください!

欧州サッカー各国リーグ2021-2022開幕日と最終節(シーズン期間)

まずは2021/22シーズンの開幕日とシーズン期間を。(チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの日程も併記)

ポルトガル・プリメイラリーガ2021年8月6日〜2022年5月15日
フランス・リーグアン2021年8月6日〜2022年5月21日
イングランド・プレミアリーグ2021年8月13日〜2022年5月22日
スペイン・ラ・リーガ2021年8月13日〜2022年5月22日
ドイツ・ブンデスリーガ2021年8月13日〜2022年5月14日
オランダ・エールディビジ2021年8月13日〜2022年5月15日
イタリア・セリエA2021年8月22日〜2022年5月22日
チャンピオンズリーグ21/22本戦2021年9月14日〜2022年5月28日
ヨーロッパリーグ2021/22本戦2021年9月16日〜2022年5月18日

ポルトガルとフランスは8月1週目から、イングランド、スペイン、ドイツ、そしてオランダは2週目に開幕。イタリアが最後の22日に始まります。(注:ポルトガル、フランス、イングランド、オランダではスーパーカップが上記リーグ開幕日の前週に開催)

イングランド・プレミアリーグ2021/2022の優勝予想オッズ

それでは、ここからは具体的に各リーグの優勝オッズをご覧ください!

最初はイングランドです。

日程:2021年8月13日開幕-2022年5月22日終了予定

イングランドプレミアリーグ2021-22優勝予想オッズ(7月20日時点)

優勝予想オッズ

1.マンチェスター・シティ 1.73
2.リヴァプール 6.00
3.チェルシー 6.00
4.マンチェスター・ユナイテッド 9.00
5.レスター 34.00
6.トッテナム 41.00
7.アーセナル 67.00
8.エヴァートン 101.00
9.ウェストハム 126.00
10.アストン・ヴィラ 151.00
11.リーズ 151.00
12.ウォルヴァーハンプトン 251.00
13.ブライトン 251.00
14.サウサンプトン 301.00
15.ニューカッスル 501.00
16.クリスタル・パレス 751.00
17.バーンリー 751.00
18.ブレントフォード 1001.00
19.ノリッジ・シティ 1001.00
20.ワトフォード 1001.00

7/20時点のオッズ

昨シーズン優勝マンチェスター・シティ@2.00(2020年8月6日のオッズ)
昇格組ブレントフォード、ノリッジ、ワトフォード
昨シーズン降格ウェストブロム、フラム、シェフィールド

ウィリアムヒルによる7月21日時点のイングランド・プレミアリーグ2021/22シーズンの優勝予想オッズは、マンチェスター・シティが本命の1.73倍。2番手のリヴァプールとチェルシーが6倍のため、シティは頭ひとつ抜けています。そしてマンチェスター・ユナイテッドが9倍。

ここから一気に倍率が上がり、レスターが34倍。トッテナム41倍、アーセナル67倍とノースロンドンの2クラブが続きます。その次のエヴァートンから100倍超え。そして昨シーズン6位躍進のウェストハムが126倍となっています。

優勝したシティの昨シーズンを振り返ると、シーズン序盤は波に乗れず、8節終えた時点では3勝3分2敗の9位につけていました。しかしそこから19試合無敗、12月20日の14節以降はリーグ戦15連勝を記録。(カップ戦含めると公式戦21連勝)対抗のリヴァプールは徐々に順位を上げて11節で1位となりましたが、ファン・ダイクの負傷離脱等により急失速して16節で首位陥落。チェルシー、ユナイテッド、スパーズらのライバル勢も監督交代や主力の故障などトップフォームを維持できず、19節から1位の座を奪ったシティがそのまま最後まで走り切りました。

グアルディオラ体制6年目。アグエロは去るもフォーデンがさらに覚醒で連覇達成!?

スペイン・ラリーガ2021/22の優勝予想オッズ

日程:2021年8月13日開幕-2022年5月22日終了予定

スペインラリーガ2021-22優勝予想オッズ(7月21日時点)

優勝予想オッズ

1.レアル・マドリー 2.50
2.バルセロナ 2.50
3.アトレティコ・マドリー 4.00
4.セビージャ 21.00
5.レアル・ソシエダ 51.00
6.ビジャレアル 101.00
7.レアル・ベティス 126.00
8.セルタ・デ・ビーゴ 251.00
9.アスレチック・ビルバオ 251.00
10.ヘタフェ 501.00
11.グラナダ 501.00
12.バレンシア 501.00
13.マヨルカ 501.00
14.エスパニョール 501.00
15.オサスナ 751.00
16.カディス 1001.00
17.レバンテ 1001.00
18.エルチェ 1001.00
19.デポルティーボ・アラベス 1001.00
20.ラーヨ・バジェカーノ 1501.00

7/21時点のオッズ

昨シーズン優勝アトレティコ・マドリー@13.00(2020年8月24日のオッズ)
昇格組エスパニョール、マヨルカ、ラーヨ・バジェカーノ
昨シーズン降格エイバル、レアル・バシャドリー、ウエスカ

スペイン・ラ・リーガ新シーズンの優勝予想オッズは、レアル・マドリーとバルセロナがジョイントフェイバリットの2.5倍。そのうしろにアトレティコ・マドリーが4倍。毎年恒例の、レアルバルサ2強+A・マドリーの構図は変わりません。

しかし、昨シーズンの同時期のオッズを振り返ると「レアル1.8倍、バルサ2.25倍、アトレティコ13倍」という格差がありました。前季7年ぶりにチャンピオンとなったこともあり、アトレティコのオッズは随分下がっています。

リーガの優勝者は、ビルバオが82-83、83-84シーズンに連覇したあと、約40年近くレアルまたはバルサが2年連続で優勝を逃したことがありません。必ずどちらかが返り咲いています。

2011年の就任から10年間で2度リーガを制したシメオネ監督下のアトレティコは、前年王者として3度目の挑戦で伝統の流れを断ち切って連覇なるか!?

【8/6】メッシ退団後の優勝オッズ

8月6日にメッシ退団が報じられ、レアルとバルセロナのオッズがやや変動しました。

リーガ2021-22の優勝予想オッズ

1.レアル 2.502.10
2.バルサ 2.503.00

8/6時点のオッズ

イタリア・セリエA2021/22の優勝予想オッズ

日程:2021年8月22日開幕-2022年5月22日終了予定

イタリアセリエA2021-22優勝予想オッズ(7月21日時点)

優勝予想オッズ

1.ユヴェントス 2.10
2.インテル・ミラノ 3.25
3.アタランタ 9.00
4.ローマ 15.00
5.ナポリ 15.00
6.ACミラン 15.00
7.ラツィオ 34.00
8.サッスオーロ 151.00
9.フィオレンティーナ 251.00
10.サンプドリア 501.00
11.エラス・ヴェローナ 501.00
12.ボローニャ 501.00
13.ウディネーゼ 501.00
14.カリアリ 751.00
15.エンポリ 751.00
16.サレルニターナ 1001.00
17.スペツィア 1001.00
18.トリノ 1001.00
19.ジェノア 1001.00
20.ヴェネツィア 1501.00

7/21時点のオッズ

昨シーズン優勝インテル・ミラノ@3.00(2020年8月22日のオッズ)
昇格組エンポリ、サレル二ターナ、ヴェネツィア
昨シーズン降格パルマ、ヴェネヴェント、クロトーネ

セリエA2021/22の優勝オッズはユンヴェントスが本命の2.1倍、インテルが対抗の3.25倍、アタランタ9倍、ローマ、ナポリ、ミランが15倍。ラツィオが34倍で、そこから一気に100倍超え。

30年前の90/91にサンプドリアがスクデットを獲ったあとアタランタとナポリを除く5チーム以外優勝していませんから、この倍率の急格差は納得。

本命は昨年同様にユヴェントスですが、20/21は1度も首位に就くことなく23勝9分6敗の4位でシーズンを終えました。ピルロの監督としての経験の浅さも影響したのでしょう。今季はアッレグリが復帰します。

9年ぶりに優勝したインテルは財政上の都合でチームの再編を余儀なくされており、そうした状況からコンテは退任を決断。今季はインザーギがチームを指揮します。そして、インザーギが去ったラツィオの監督にはサッリが就任。ナポリは、2017-19年までインテルを率いたスパレッティ氏が2年ぶりに現場復帰。さらに、ローマにはモウリーニョがやってくるなど、監督人事が慌ただしい様相です。ピオリのもとで3年目を迎えるミランのみ無風!?

ドイツ・ブンデスリーガ2021/22の優勝予想オッズ

日程:2021年8月13日開幕-2022年5月14日終了予定

ドイツブンデスリーガ2021-22優勝予想オッズ(7月21日時点)

優勝予想オッズ

1.バイエルン・ミュンヘン 1.17
2.ドルトムント 8.00
3.ライプツィヒ 13.00
4.メンヒェングラートバッハ 67.00
5.レヴァークーゼン 81.00
6.ヴォルフスブルク 81.00
7.フランクフルト 101.00
8.シュトゥットガルト 251.00
9.ウニオン・ベルリン 251.00
10.ホッフェンハイム 251.00
11.ヘルタ・ベルリン 251.00
12.フライブルク 501.00
13.マインツ 501.00
14.アウクスブルク 501.00
15.ケルン 751.00
16.ボーフム 1001.00
17.アルミニア・ビーレフェルト 1001.00
18.グロイター・フュルト 1001.00

7/21時点のオッズ

昨シーズン優勝バイエルン・ミュンヘン@1.17(2020年8月6日のオッズ)
昇格組ボーフム、グロイター・フュルト
昨シーズン降格シャルケ、ヴェルダー・ブレーメン

ブンデスリーガの2021/22は、というより今シーズンもバイエルンが圧倒的大本命の1.17倍です。昨シーズンで前人未到の9連覇達成、31回目のマイスターシャーレを獲得しました。今季は、フリックが退任してドイツ代表監督になり、ライプツィヒでの実績を評価されたナーゲルスマンが指揮をとります。34歳の若き指揮官の手腕に注目です。

対抗はドルトムントが8倍で、3番手にライプツィヒが13倍。ドルトムントはハーランドが移籍濃厚と報じられており、前線の戦力ダウンは否めないでしょう。(追記:夏には移籍せず)ライプツィヒは、ナーゲルスマンの後釜にレッドブル傘下の兄弟クラブであるザルツブルクからジェシー・マーシュを招聘。フランクフルトから獲ったアンドレ・シルヴァが鍵を握る!?

昨シーズンはブレーメンとシャルケの古豪2チームが降格しました。特にシャルケが落ちたことで今季はドルトムントとのルールダービーがありません。残念。

フランス・リーグアン2021/22の優勝予想オッズ

日程:2021年8月6日開幕-2022年5月21日終了予定

フランスリーグアン2021-22優勝予想オッズ(7月21日時点)

優勝予想オッズ

1.PSG 1.20
2.オリンピック・リヨン 11.00
3.リール 15.00
4.モナコ 15.00
5.オリンピック・マルセイユ 21.00
6.ニース 76.00
7.レンヌ 51.00
8.モンペリエ 81.00
9.ランス 101.00
10.サンテティエンヌ 501.00
11.ボルドー 501.00
12.メス 751.00
13.ナント 751.00
14.ストラスブールIG 751.00
15.RCランス 1001.00
16.アンジェ 1001.00
17.ロリアン 1001.00
18.クレルモン 1001.00
19.トロワ 1001.00
20.スタッド・ブレスト 1001.00

7/21時点のオッズ

昨シーズン優勝リール@67.00(2020年8月6日のオッズ)
昇格組クレルモン、トロイ
昨シーズン降格ニーム・オリンピック、ディジョン

フランスも、ドイツと同じく毎年恒例のパリ・サンジェルマンが本命で1.20倍。2番手のリヨンが11倍、そして昨シーズン王者のリールが15倍。

去年を振り返ると、PSGのオッズは今季を凌ぐ圧倒的本命扱いの1.03倍でした。開幕前時点の優勝オッズとしては前例が無いレベルのフェイバリット扱いです。しかし終わってみればリール。事前の優勝予想オッズは67倍。PSGのオッズが低すぎたことによって相対的に高めの倍率が与えられていたのでしょう。賭けていたファンにとっては美味しい結果でしたね。

リールは、2017年にクラブOBのクリストフ・ガルティエ氏が監督が就任し、降格ギリギリだったチームは徐々に再生。シーズンごとに順位を上げ、4年目にしてチームに10年ぶりのタイトルをもたらしました。これによりPSGの連覇は3でストップ。しかし、ガルティエ氏は昨シーズン終了と共に退任し、今季はギャンガンやボルドーで監督を務めたジョセリン・グルベネック氏が指揮します。

この監督交代や、守護神マイク・メニャンのミラン移籍などにより、好パフォーマンスを維持できるかは懐疑的。一方のPSGはタイトル奪還に向けて大型補強を敢行中で、7月上旬にはセルヒオ・ラモスの獲得も発表しました。(さらに8月11日にはメッシの入団も決定!

ポルトガル・プリメイラリーガ2021/22の優勝予想オッズ

日程:2021年8月6日開幕-2022年5月15日終了予定

ポルトガルプリメイラリーガ2021-22優勝予想オッズ(7月21日時点)

優勝予想オッズ

1.ベンフィカ 2.10
2.ポルト 2.25
3.スポルティングCP 4.50
4.SCブラガ 34.00
5.ヴィトーリア・ギマランイス 101.00
6.サンタ・クララ 251.00
7.モレイレンセ 251.00
8.パソス・デ・フェレイラ 251.00
9.ボアヴィスタ 501.00
10.ジル・ビセンテ 501.00
11.ファマリカン 501.00
12.マリティモ 501.00
13.トンデラ 751.00
14.ポルティモネンセ 751.00
15.ベレネンセス 751.00
16.エストリル・プライア 751.00
17.アロウカ 1001.00
18.ビゼラ 1001.00

7/21時点のオッズ

昨シーズン優勝スポルティング・リスボン@7.00(2020年8月22日のオッズ)
昇格組エストリル・プライア、アロウカ、ビゼラ
昨シーズン降格リオ・アヴェ、ナシオナル、ファレンセ

ポルトガル・プリメイラリーガ2021/22はベンフィカ2.1倍、ポルトが2.5倍、スポルティング・リスボン4.5倍。この並びは毎年同じです。

直近18年間はベンフィカまたはポルトが優勝していましたが、昨季はスポルティング・リスボンが2強に割って入り、2001/02シーズン以来19年ぶり19回目の優勝を果たしました。スペインではアトレティコがレアル&バルサをおさえて制覇したため、奇しくも、昨シーズンのイベリア半島は共に2強がタイトルを逃す結末に。

なお、スポルティング・リスボンは開幕から優勝決めた32節(全34節)まで無敗、優勝決定後のベンフィカ戦のみ落としましたが、最終節も勝って34試合26勝7分1敗という素晴らしい成績を残しています。

この好成績の要因は、シーズン開幕前にファマリカンから獲得したMFペドロ・ゴンサウヴェスの覚醒か。彼は32試合で23ゴールを決め、リーグ得点王にも輝きました。(7/31のスーパー杯でも決勝点を決めてチームは勝利)各国ビッグクラブからのオファーもあるようで去就が気になるところですが、チームに残るなら連覇へ向けて活躍が期待される逸材です。

オランダ・エールディビジ2021/22の優勝予想オッズ

日程:2021年8月13日開幕-2022年5月15日終了予定

オランダエールディビジ2021-22優勝予想オッズ(7月21日時点)

優勝予想オッズ

1.アヤックス 1.44
2.PSVアイントホーフェン 3.75
3.AZ 9.00
4.フェイエノールト 11.00
5.フィテッセ 51.00
6.FCユトレヒト 67.00
7.ヘラクレス・アルメロ 201.00
8.FCフローニンヘン 201.00
9.FCトゥウェンテ 201.00
10.SCヘーレンフェーン 201.00
11.ヴィレムII 251.00
12.カンブール 251.00
13.ズヴォレ 251.00
14.フォルトゥナ・シッタート 251.00
15.スパルタ・ロッテルダム 251.00
16.RKCヴァールヴァイク 501.00
17.ゴー・アヘッド・イーグルス 501.00
18.NECナイメーヘン 1001.00

7/21時点のオッズ

昨シーズン優勝アヤックス@1.67(2020年8月6日のオッズ)
昇格組カンブール、ゴーアヘッド・イーグルス、NECナイメーヘン
昨シーズン降格エメン、ADOデン・ハーグ、VVVフェンロ

オランダ・エールディビジも優勝オッズは毎年変わり映えなく、アヤックスがフェイバリット扱いの1.44倍。対抗はPSVの3.75倍、3番手にAZアルクマール9倍、フェイエノールトが11倍。毎年恒例の並びです。

2季前の19/20シーズンは新型コロナ感染拡大によってシーズンが打ち切りとなり、優勝者なしという扱いになりました。しかし昨シーズンは順調に勝ち点を積み上げて、34試合28勝4分2敗というポルトガルのスポルティング・リスボンに負けず劣らずの好成績で27度目の戴冠。本命ではなかったスポルティングに対してアヤックスは本命評価だったので、これといった驚きなく順当な結果でした。

今季は、最大のライバルであるフェイエノールトからスティーブン・ベルフハイスが加入。ベルフハイスはフェイエノールトの主将も務めた"チームの顔"だけに、デ・クラシケルは相当に荒れそうな予感…。

対抗のPSVは、昨シーズン19ゴールを決めたドニエル・マレンがドルトムントに移籍。一方、ビーレフェルトにレンタル移籍していた堂安は今季はPSVでプレーすると報じられています。そうなれば活躍に大いに期待したいですね!

欧州サッカー2021-2022に賭けるならどのブックメーカー?

いかがでしょうか?ご自身が好きなチームの開幕前の優勝予想オッズは何倍でしたか?

この手の欧州サッカートップリーグの優勝予想オッズは、基本的に大手ブックメーカーならどこでも用意します。ルールはどのサイトも同じ、賭けたチームが優勝すれば配当ゲット。特に思い入れが深い推しチームに賭けておくのはもちろん、それぞれのリーグから気になるチームをピックアップして賭けてお楽しみください。

欧州サッカーに賭ける

開幕が近づくと、優勝予想オッズのほかにも降格予想、得点王、上位10位以内、本命を除いた優勝予想、そのほか大量のオッズが登場します。それらの種類が多いサイト、いろいろな切り口から賭けを楽しめるサイトとしてオススメは、ウィリアムヒル、スポーツベットアイオー、bet365の3社。この3サイトはアウトライトオッズの種類が特に豊富です。

ウィリアムヒルを利用するなら、限定ボーナスを受け取ってお楽しみください。スポーツベットアイオーは最初の準備が一番簡単で、銀行振込で入金できるためすぐに開始可能。bet365は優勝予想系オッズも豊富ながら、各試合の生中継も視聴できるため観戦ツールとしても非常に役立ちます。

この3社は欧州サッカーに賭けるならチェック必須。

ウィリアムヒル解説
【賭け方多彩+限定ボーナス】ウィリアムヒル

William Hill(ウィリアムヒル) ウィリアムヒルは創業1934年、世界最大手のブックメーカーのひとつでありブランドとして業界をリードする一流企業です。今では多くの日本語ブックメーカーがありま ...

続きを見る

スポーツベットアイオーの詳しい解説
【準備が一番簡単&匿名で遊べる】スポーツベットアイオー

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー) Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、ネット上に数あるオンラインブックメーカー・オンラインカジノのなかで日本人プレイヤーからも圧倒的 ...

続きを見る

【欧州サッカーの生中継が観られる】bet365

Bet365(ベット365) Bet365は200ヶ国以上に累計4500万人ものプレイヤーを抱える世界最大のオンラインブックメーカーです。 信頼性という点では一切疑う余地がなく、サイトの使い勝手、賭け ...

続きを見る

当ページは7月末にアップしました。このとき、日本はオリンピックで盛り上がっていますが、普段から欧州サッカーに賭けているベッターの皆様は来季へ向けてしっかり情報収集なさっていることでしょう。

欧州サッカー優勝予想マルチベット

見込みがありそうなチームに賭けて現実的に儲けを狙うもよし、大穴だろうが関係なく好きなチームと一蓮托生もよし。個人的にはインテルとアトレティコは今年もベット。応援マルチベット13倍に軽めに仕込んでおきました。

ちなみに、本命を組み合わせるとこんな感じです。

欧州サッカー優勝予想オッズの賭け

シティ、バルサ、バイエルン、PSG、ユヴェントス、アヤックス、ベンフィカが優勝すれば41倍。ベット上限が20ユーロしかなかったためとりあえず遊びで張っていますが、この結末は望まない(笑)イングランドはシティの可能性大と感じつつもリヴァプールに期待。フランスはPSG除外、ドイツはバイエルン除外オッズもあるため、これらで楽しみます。

当ページをシーズン中、またはシーズン終了後にご覧になったなら、欧州サッカー2021/22の開幕前時点の優勝見込み・優勝候補の振り返りにご活用ください。なお、シーズン中でも、その時の順位に応じて優勝オッズは発表され、賭けることができます。狙うなら、上記の各サイトで最新オッズのご確認を。

皆様の予想的中&賞金獲得もお祈りしております!!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

スポーツ観戦に実益をプラスできるスポーツベッティング。プレーは簡単で「1.登録 → 2.入金 → 3.賭ける → 4.出金」の4ステップです。始め方や基礎知識は以下ですべてまとめているので、参考にお役立てください。

ブックメーカーの始め方
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioでは一部スポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

No.1 メイン・サブにも最適!!

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり

最初に最適 入出金柔軟

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

No.2 多機能+個人情報不要!!

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録から賞金回収まで簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説【FB有】


ウィリアムヒル

No.3 老舗の最高峰サイト!!

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

賭け方豊富

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

No.4 投資にも必須サイト!!

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-スポーツオッズ情報

© 2021 ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書