ブックメーカー業界コラム・記録

感動と大波乱!Sportsbet.ioのVIP席でサウサンプトンvsチェルシー生観戦&ベット対決

Sportsbet.ioのサウサンプトンVIP席

プレミアリーグVIP観戦&スポーツベッティング

2022年4月9日、プレミアリーグ21-22シーズン第32節のサウサンプトンvsチェルシー戦を、サウサンプトンの本拠地セント・メリーズ・スタジアムで現地観戦しました!

しかも今回はただ試合を観ただけではなく、スポーツベットアイオー様のご好意で手配いただいたスポンサー用VIPボックス席を体験&同行の関係者とともにスポーツベッターらしくベット勝負も実施。

プレミアリーグ生観戦とリアルなスポーツベッティングの魅力をたっぷりお届けします!

サウサンプトンvsチェルシー戦を現地観戦!

プレミアリーグ現地観戦

ブックメーカーやオンラインカジノの業界では、年に1回、ロンドンにて国際カンファレンスが開催されます。通常は2月なのですが、今年は延期で4月に。

その出席時にはプレミアリーグの観戦も必ず予定に入れており、前回はウィリアムヒルのマネージャー様とトッテナム・ホットスパーvsマンチェスター・シティを観ながら賭けてきました。(昨年はカンファレンスが中止。この試合は2年前の19/20シーズン)

今年のカンファレンスの出席にあたっては、以前からお付き合いのあるブックメーカーファンブクメさんとブックメーカーズシノスキさんとも話をしており、「現地では一緒にサッカーを観に行きましょう!」と約束していたため、それぞれのスケジュールで都合が良い第32節から選ぶことになりました。

この週の試合には、ちょうどスポーツベットアイオーがスポンサーを務めるサウサンプトンのホームゲームが。相手のチェルシーはロシア人オーナーの問題もあって「今後どうなる?」という状況だったため、この試合に決定。

ブクメさんから一旦マネージャーにチケットのご相談をいただいたところ、なんとスポンサーや関係者専用のVIPボックスシートを手配いただけることになりました!

当日、現地スタジアムへ【アクセス方法】

ということで、期待に胸を躍らせながらスタジアムまでのアクセスを調べ、列車のチケットを手配し、スタジアムに出発!

大人の遠足スタートです。

ロンドンからサウサンプトンへ移動

ロンドンからサウサンプトンへの行き方

ロンドンからサウサンプトンまでの行き方は、テムズ川沿いのWaterloo(ウォータールー)駅からSouth western Railwayに乗って、Southampton Central(サウサンプトン・セントラル)駅で下車。

所要時間は1時間20分、料金は往復で30ポンド(5500円/1人)ほど。座席のクラスによって異なり、Off Peak Day Return(混雑時間以外自由に乗車可能なタイプ)のチケットが安くて自由度が高いため便利です。

ロンドンからサウサンプトンの行き方

ウォータールー駅から列車に乗り込み、

ロンドンからサウサンプトンにアクセス

のどかな景色を眺めながら、

サウサンプトンセントラル駅

サウサンプトン・セントラルに到着。

サウサンプトンのホームスタジアムへのアクセス方法

サウサンプトンのホーム「セント・メアリーズ・スタジアム」は、駅から東へ約2km。

サウサンプトンのバーゲート

サウサンプトンはタイタニックが出港した港町としても有名で、街には海洋博物館やモニュメントもあります。

この日の試合のキックオフは15:00。数時間前に街に到着したため、古い史跡が残るオールドタウンで写真を撮りつつ、スタジアムを目指しました。

道中にCoralのベッティングショップで賭け

ブックメーカーCoral店舗での賭け方

しばらく歩いていると、ボロボロの看板年季の入ったCoral(コーラル)の店舗を発見。コーラルはイギリスでは名の知れたブックメーカーです。(日本では使用不可)

試合前に「ここで少し賭けていこう」と、見学をかねて店に入りました。

現地ブックメーカーでの賭け方

店内にはコーラルのオンライン版にアクセスできる端末が置いてあり、オッズ確認&ベットができます。

現地ブックメーカーでの賭け方2

サウサンプトンvsチェルシーのページを開いたところ、勝敗予想オッズはサウサンプトン3.5倍、ドロー3.3倍、チェルシー1.9倍で、チェルシーに評価が大きく偏っていました。

現地ブックメーカーでの賭け方3

サウサンプトンが格下扱いなのは想定内でしたが、今回は分析無用のホーム応援賭けをしようと決めていたので「サウサンプトン勝利@3.50倍」を最初にピック。

しかし、チェルシー相手に無失点はないだろうと「両チーム得点-はい@1.66倍」も追加。

あとは、「カードハンデ:サウサンプトン0@1.75倍」「トータルカードOver4@1.95倍」「サウサンプトンにレッドカード@8倍」というプロップ系の賭けをプラスしました。

当サイトはブクメさんのイベント企画で「イエローカード・レッドカードが出るたびにギフト券をプレゼントする」という協賛を行なっています。ですから、自分がベットするのにもやはりカードマーケットは外せない。

結局、サウサンプトンの誰かにレッドカードが出て数的不利となり、チェルシーより多くカードをもらい、4枚以上のカードが飛び交う荒れ試合となり、両チームが得点し、そのうえでサウサンプトンが勝つという奇天烈なシナリオが完成。

5ポンドずつ遊びで投じて、レシートをポケットに突っ込んで店を出ました。

スタジアムと対面!

コーラルを後に、再びスタジアムへ向かいます。

セントメアリーズスタジアムのアクセス方法1

公園を抜けて、

セントメアリーズスタジアムのアクセス方法2

住宅街を進み、

セントメアリーズスタジアムのアクセス方法3

チームのスローガンとレジェンドが描かれた橋を渡ると…

セントメアリーズスタジアムのアクセス方法4

スタジアムとご対面!!

セントメアリーズスタジアムのアクセス方法5

寄り道をしなければ、サウサンプトン・セントラル駅からセント・メリーズ・スタジアムまで徒歩30分程度で着きます。

大感動!スポーツベットアイオーのVIPボックス席レビュー

セントメリーズスタジアム

スタジアム周辺をひと通り散策し、いよいよスタジアム内のVIPボックスへ入場です。

サウサンプトンのスポーツベットアイオーVIP席体験談

レセプションでチケットを受け取って、

サウサンプトンのスポーツベットアイオーVIP席体験談2

専用のエレベーターで最上階へ。

SouthamptonのSportsbet.io VIPボックス

Sportsbet.ioと書かれたプレートのドアを開け、

スポーツベットアイオーのサウサンプトンVIPボックス席

ついにVIPボックスに入りました。

一同「おぉーーー!!」と感動。

見慣れたSportsbet.ioのロゴが掲げられた、落ち着いた雰囲気のVIPルーム。複数のテーブル&チェアとソファが置いてあり、大きなモニターも付いています。到着時には、ちょうど試合中だったエヴァートンvsマンチェスター・ユナイテッドの放送が流れていました。

Sportsbet.ioのVIP席のバー

反対にはバーカウンター。ビール・カクテル・ウィスキー・その他アルコール・ソフトドリンクなどが飲み放題。

スポーツベットアイオーのサウサンプトンVIP席の眺め

ボックスから外に出ると観戦席です。位置はスタジアムのロングサイドで、メディア関係者席のうしろ。最上段から見下ろす形で試合を楽しめます。

スタジアムのSportsbet.ioの広告

ピッチサイドのバナーにもSportsbet.ioのロゴが流れていました。

Sportsbet.ioのサウサンプトンVIP席

シャンパンやウィスキーあたりに手を出すとベロベロになって試合どころではなくなる恐れがあるため、軽めにビールを飲みながらVIPボックスの雰囲気を満喫。(試合前にビュッフェ式の食事付)

ブクメ&シノスキ&LOBでスポーツベット対決!

サウサンプトンvsチェルシーにスタジアムで賭ける!

さて、ここからが本記事の核心です。

スポーツベッターとして、スタジアムで賭けないわけにはいかない。

コーラルの店舗でベットしたのはあくまでも余興。試合観戦が何倍も何十倍も観戦がおもしろくなるのは、やはり現地でのベットです。

しかも今回はスポーツベットアイオーにVIPボックスをご招待いただいたのだから、アイオーを使わない手はありません。

ところが、実はイギリスではSportsbet.ioが使えません。アクセスすると、UK居住者専用のSportsbetio.ukという別サイトに飛ばされます。

Sportsbetio.uk(イギリス専用のスポーツベットアイオーUK)

このサイトは私たちが普段プレーしているサイトとは完全に別で、使用不可。そのため、VPNを使ってサイトを開きました。

スポーツベットアイオーのスタジアムベッティング2

準備完了です。

サウサンプトンに応援賭け

最初はやはり応援ベットから。

VIPシートからホームが勝ってスタジアムが湧く様子を眺めるのは最高だろうなと想像しながら、1x2のサウサンプトン勝利に5mbtc(2万5000円)ほどを投入。

スポーツベットアイオーのスーパーブースト

勝敗予想オッズは閲覧時点で3.90倍でしたが、スポーツベットアイオーの機能の一つであるプライスブースト(賭けるオッズを増強できるオプション)の強化版であるスーパーブーストを使用。(スーパーブーストは、サウサンプトンやアーセナルなど、スポーツベットアイオーがスポンサーしているチームで使用可)

スポーツベットアイオーのsuperboost利用

3.90倍から4.15倍にアップさせて勝負。

ブックメーカースタジアムで駆ける

さらに、2-1のコレクトスコア@15倍にも1mBTC。コーラルで賭けた「両チームがスコアする」を踏まえつつ、サウサンプトンが勝つことを願ってチョイス。

ホームを応援するという建前でスポーツベットアイオーへの忖度ベットを2つ仕込み、次はベットビルダーに挑戦です。

試合前にベットビルダーを仕込む(全員)

スポーツベットアイオーのベットビルダー

スポーツベットアイオーでは、欧州サッカー、Jリーグ、アメリカンスポーツなどに、ベットビルダー(試合に関する各種事象を組み合わせて自作のオッズを作れる機能)が使えます。

このベットビルダーを用いて、ブクメ、シノスキ、LOBでベット対決をすることにしました。

ルールは、3つの条件を組み合わせてオッズを作って1mBTCを賭け、的中させることができるか。2人以上が当たれば、オッズが大きい方が勝ち。

勝者のご褒美は試合後の酒。

ブクメ氏のベットビルダー

ブックメーカーブクメの賭け

スコットランドが好きなブクメさんは、サウサンプトンのチェ・アダムスのゴール、同選手のカード、両チーム得点の3つを選んだ13倍。

LOBのベットビルダー

ブックメーカーLOBの賭け

私LOBは、チェルシーが先制し、その後は打ち合う展開だろうと想定してサウサンプトンが逆転勝利、同チームのアダム・アームストロングのゴール、シュートがゴール枠にぶつかる、の29倍。

シノスキのベットビルダー

ブックメーカーシノスキの賭け

シノスキさんはチェルシー推し。チェルシーが3-2の勝利、マテオ・コバチッチのカード、チェルシーが逆転勝利を組み合わせて151倍を作りました。

ビールでほろ酔いのなか「どれが当たりそうか」よりも「どんな展開ならおもしろそうか」を基準とした三者三様のベットを済ませ、キックオフの時を待ちました。

キックオフ!!その数分後…

地元サポーターの大合唱のなか選手が入場し、スタメンがコールされて15:00についに試合開始です!

前半からチェルシーが積極的にサウサンプトンのゴールに迫り、開始後3分にはヴェルナーが放ったシュートがいきなりポストに直撃!

これで私の「シュートがゴール枠にぶつかる」はさっそくクリアだ!!とテンション爆上げ。その後も6分に再びヴェルナーのヘディングシュートがバーに当たって、ビルダーの1つは的中を確信しました。

が、その2分後に試合が動きます。前半8分にマルコス・アロンソのシュートが刺さってチェルシー先制。

その後さらにチェルシーは勢いを増し、16分にマウントが2点目を決めて私のサウサンプトン2-1勝利@15倍は消滅……

アウェイの勢いは止まず、22分にヴェルナー、31分にハヴァーツが4点目を挙げ、0-4という衝撃のスコアで前半を終えます。

前半終了-ハーフタイムに3人ともに再ベット

サウサンプトンvsチェルシー前半終了

まさかの展開に、地元サポーターは大ブーイング。

トイレに行くと、ほかのスポンサーボックスで観戦していたらしい男性が、うつろな目で「4-0(フォーニル)…4-0…4-0」とブツブツ言いながら用を足していたのが今でも耳から離れない。

プレミアリーグVIP観戦

ハーフタイム中にはお菓子やコーヒーが振る舞われ、いただきながらここまでの結果を踏まえて再ベットすることにしました。

すでにサウサンプトンが逆転勝利する可能性はほぼゼロとなっていたため、LOBの事前ベットはベットビルダー含めて全滅です(悲)

スタジアムで賭ける

ここまでの試合の流れならまだスコアは伸びそうだと思いながらも、冒険は控えようという弱気な心理が働いたのか、合計スコアのオーバー5/5.5@2.12倍に1mBTCをベット。

シノスキさんもビルダーはアウト。しかし、まだ攻めっ気を残した6-0予想@15倍をbet365でピック。

ブクメさんは、シノスキさんがボソッとつぶやいた「こういう展開で、過去に9-0の試合があったような…」という一言を受けてオーバー8.5と予想。

そうして後半を迎えます。

シノスキ悩んだ末の決断と再チャレンジ

後半開始後はサウサンプトンに惜しいシーンが見られつつも、決めたのはチェルシーでした。49分にヴェルナー、54分にマウントがそれぞれ2点目を決めて、わずか15分で0-6に。

この時点で私のオーバー5/5.5は的中し、若干の回収に成功!

ところが、その横で苦い顔のシノスキ氏。

このまま試合が終われば6-0のスコア予想15倍は的中です。ただ、チェルシーの勢いが止むとは思えず、残り30分以上も6-0を維持できるかかなり微妙なところ。

6-0予想には1,000円賭けていて、57分の時点でキャッシュアウトすれば4,000円獲得という状態でした。

キャッシュアウト成功

しばらく考えた末に「60分まで耐えてキャッシュアウトする」と決め、それからの約2分間をハラハラしながら見守ってキャッシュアウトを決行!

ひとまず利益確定です。

ただ、そのままでは終わらないベッター・シノスキ。回収した4,000円を、今度はヴェルナーの3点目に期待してオールイン!!ハットトリックの達成へ託しました。

LOB忖度ベット追加

私もまだ諦めていません。

スタジアムで賭ける

直前でアダムスの惜しいシーンもあり、サウサンプトンがホームでなんとかやってくれるだろうと、「残り時間でサウサンプトンが2点以上を決める」という選択肢に改めて忖度の追い金を入れました。オッズは11倍(プライスブースト使用により11.70倍)で限りなく見込み薄でしたが、Let'sギャンブル。

試合終了、ベット結果は…

プレミアリーグのストリーカー(乱入者)

6-0になった直後にチェルシーサポのあんちゃんが自撮り要求でピッチに乱入したり、子供がピッチサイドを走り回るなどスタジアムのムードが緩くなって、スコアもこう着。

サウサンプトンvsチェルシー(0-6)

チェルシーが攻めてサウサンプトンが守る構図は変わらずも、結局そのまま試合終了。まさかの0-6フィニッシュに15倍を逃したシノスキさんは頭を抱え、私はオーバー5/5.5で回収した賞金も消えて憤死。

ブクメ氏のベットビルダーも不的中&オーバー8.5もロスト。

3人とも清々しいほど負けました(笑)と、思いきやシノスキ氏は試合前にオーバー3に賭けていたようで、一人だけ勝ち越しフィニッシュ。お見事!

試合後の一杯、そして帰路へ

試合後には改めてボックス内で乾杯です。

セインツカクテル(Saints Cocktail)

メニューにあった、セインツ・カクテル(セインツはサウサンプトンのニックネーム)というオリジナルカクテルをオーダー。テキーラベースにライムやローズサイダーを混ぜてラズベリーを乗せた、チームカラーの赤が素敵なドリンクです。

サウサンプトンが勝っていればこれが祝杯でしたが、0-6の大敗とベットの損失にテキーラが滲みました(笑)なお、よく見るとマッチデープログラムの表紙にはかつて在籍した吉田麻也も。

競馬のグランドナショナル観戦

最後は、VIPボックスで相席していたほかのゲストとともに、イギリス競馬最大の障害レース「グランドナショナル」を観戦し、ボックスを後にしました。

コーラルで賭けたオッズが的中!

コーラル(ブックメーカー)

帰りも街をブラブラしながら駅へ向かっていると、再びコーラルの店舗を発見。スタジアムに行く前に賭けた詳細はその時すでにうろ覚えで、レシートを見ると唯一「カードハンディキャップ0:サウサンプトン@1.75倍」が当たっていました(笑)

ベッティングショップで賭ける

この試合で出たカードは、サウサンプトンのベドナレクが60分に受けたイエロー1枚のみ。まさに薄氷の勝利。

イギリスのベッティングショップで賞金回収

カウンターでレシートを出し、払い戻しの8.75ポンド(5×1.75)を回収。系列店なら、基本的に自分が賭けた店以外でも回収できます。

サウサンプトン港

波止場でたそがれ、中心街に戻ってショッピングモールで休憩。20時過ぎにサウサンプトン・セントラル駅からロンドン・ウォータールー行きの便に乗り、ロンドンに着いて再び一杯。

「また一緒に観戦&ベット対決をしましょう!」と話をして、大人の遠足を終えました。

プレミアリーグ観戦&ベット体験記おわりに

以上、スポーツベッター3人によるプレミアリーグ現地観戦記はお楽しみいただけましたか?

以前プレミアを観ながら賭けた時も思いましたが、やはりスタジアムで試合を観ながらベットするのは楽しい!!

勝っても負けても、観戦体験に刺激を加える良いスパイスになります。しかも、普段から似たようにスポーツベットを楽しんでいる仲間同士であればなおさらです。ただし、負けて旅に支障が出ない範囲の金額でお楽しみを。

サウサンプトンはロンドンからも1時間半以内で着くためアクセスしやすく、街も落ち着いた雰囲気。今後プレミアリーグを観戦される予定なら、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

最後にちょっとした情報となります。サウサンプトンのスポンサーを務めるスポーツベットアイオーは、サイトを利用しているVIPユーザー向けに、試合観戦の招待やクルーズ旅行の手配、高額ギフトのプレゼントなどを普段から積極的におこなっています。この試合観戦の1週間後にはオフィスに訪問して社長にご挨拶し、マネージャーやキャンペーン企画の担当者様から様々なお話をうかがいました。

特にVIP向けのオファーは、今後想像を超える企画を立てているそうです。社長様から具体的な話を聞きました。ご紹介できる範囲の内容は、後日レポートをまとめます。

最後に、ブクメさんシノスキさんお疲れ様でした!(次もやりましょう)また、VIPボックスをご用意いただいたマネージャーのM様、改めてありがとうございました!

もしも現地観戦の機会がありましたら、「どんな展開になればおもしろそうか」と想像しながらベットビルダーで仕込んでみてください!そして実際にベットしたなら、その予想的中と賞金獲得をお祈りしております!!

スポーツベットアイオーの詳しい解説
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の特典・登録・入金・出金の詳細解説【最新】

スポーツベットアイオーの特徴・評価・登録方法・入出金方法・使い方の全般を解説した総合ガイドページです。Sportsbet ioの利用にあたっての基礎知識(登録、入金、賭け方、出金)と、フリーベットボーナスの使用手順が分かります。Sportsbetioで遊ぶ際に必見です!

続きを見る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?これまでにない刺激をプラスできる至高のエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方は下記ですべて解説しています。

ブックメーカーの始め方
参加から賞金回収までの4ステップ詳細(3分で開始可)
スポーツベッティングとは?
【基礎1】ブックメーカーの利用とスポーツの賭けの6つのおもしろさ
ブックメーカーとの入出金
【基礎2】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎3】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のすべて
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ブックメーカー業界コラム・記録