業界コラム・記録

スポーツベッターが社長!?マネージャーから直接聞いたCloudBetの魅力と展望【取材レポート】

クラウドベットのマネージャー取材

2022年4月にロンドンで開催された国際カンファレンスに出席し、そのスケジュールのなかでクラウドベット(Cloudbet)のオフィスに訪問&マネージャー様とお会いし、会社概要や最新情報をうかがってきました。

このページでは、その詳細をまとめています。クラウドベットをすでに使用されている方も、これから使い始めようかとお考えの方も、中の人が語った裏話をのぞいてからお楽しみください!

クラウドベットってどんなブックメーカー?

Cloudbet interview

クラウドベットは2013年に創業した、仮想通貨専門ブックメーカーのパイオニア的存在です。ビットコイン、イーサリアム、テザー(USDT)などを入出金して、その仮想通貨のままベットできるスポーツブックとしては業界最古。

現在は23種類の通貨に対応し、2022年3月には日本円も使えるようになりました。(ビーナスポイントや銀行振込で入金可)

拠点は世界各地にあり、従業員は60名ほど。日本人スタッフも在籍。外部プロバイダーによるプラットフォームと、自社専属トレーダー(オッズを作る人)の複合でベッティングサービスを提供しています。

おそらく、昔からスポーツベッティングを楽しまれている方はサイトの存在をご存知かと思います。仮想通貨でのプレーに興味がある方も。一方で、最近になって始めた方のなかには、知らなかったという人も多いかと。

というのは、クラウドベットはこれまで積極的に日本人向けのサービスをおこなっていませんでした。しかし、2021年末頃から日本人のマネージャーがテコ入れを始め、2022年3月にようやく日本語サービスが正式に稼働し始めました。(それまでもサイトは日本語対応でしたが、日本語サポート非対応でした)

現在はライブチャットにて日本語で問い合わせが可能となっています。

クラウドベットの雷ポイントクラブ

加えて、雷⚡️ポイントクラブ(カミナリポイント)というロイヤリティ特典も付き、プレーすればするほどカジノ・スポーツの両方でボーナスがもらえます。

クラウドベットの今後の予定【2022年】

Cloudbet取材

そんなクラウドベットについて、マネージャー様に食事の席を設けていただき、今後のプランをお聞きしました。そのなかの特に重要な2点をご紹介します。

入出金手段を多数追加!

1つは、日本円の入出金手段の拡張です。

今年の5月〜6月にはJCBとマスターカードに対応し、その後VISAも追加予定。6月にはエコペイズが導入される見通しです。

さらに現在は、日本円の銀行振込が入金しか使えませんが、5月末ごろに出金にも対応するとのこと。

若干の前後はありそうですが、クレジットカード各種、銀行振込、エコペイズが日本円のペイメントに加わり、仮想通貨に興味がない方でも入出金がしやすくなります。

キャッシュアウト導入!

2つ目はキャッシュアウトの追加です。

クラウドベットにはキャッシュアウト(賭けを早めに決着させて利益確定or損切りできる機能)がありません。この点が、ベッターにとってやや物足りない部分でした。

しかし、そういった声を受けて今年の5月以降に導入予定とのこと。

一部のマーケットのみ使用できるそうですが、これはベッターにとって大きな朗報ですね。

2022年7月追記

いくつかの賭けににキャッシュアウトが導入されました!

【追記】競馬の対象レースが増加

当ページをアップした翌日に、マネージャー様より追加のアップデートをいただきました。

クラウドベットでは競馬も賭けの対象になっていますが、まだ対象レースは少なめです。そこに、各国のレースが順次追加されます。

5月にはアメリカ、UK、オーストラリアのレースが加わり、その後、フランス、ドイツ、そして日本と韓国のレースも8月ごろに導入が予定されています。

【追記】ゼロマージンオッズがJリーグも対象に

クラウドベットには、サイト独自のユニークな機能として、いくつかの試合に「ゼロマージンオッズ」という、還元率100%のオッズを出しています。

これまでは、Jリーグの試合にゼロマージンは出ていなかったのですが、今後はJ1、J2で用意されるようです。(4月21日時点でさっそく出ています!)

マーケット数(オッズの種類)が少ないのには理由あり

クラウドベットのオッズの種類は少ない?

実際にプレーしていると気づくかと思いますが、クラウドベットは他社に比べてオッズの種類が全体的に少なめです。プレマッチ(試合前)とライブベット(試合中)の両方で、プロップ系のオッズはほとんど出ていません。試合によっては十分な種類ですが、特殊な賭けを求める方には不向き。

この点に関して「オッズを追加することは可能ですか?」とうかがったところ、「追加は可能ですが、弊社は理由があってメインマーケットに注力している」とのことでした。

社内の分析チームによると、勝敗予想、スコアのオーバーアンダー、ハンディキャップ、そのほかいくつか主要な賭け方以外はそれほど多くのプレイヤーが手を出さないため、用意しておく意味がない。

その代わりに、マーケットを絞って提供することで全体的な還元率を最大まで高め、できる限り規制をおこなわないというのが理由だそう。

クラウドベットは規制がゆるい!?

実際、クラウドベットのオッズの還元率はピナクルに並ぶ業界最高水準に設定してあります。

ルールに沿って普通にプレーしている限りは規制や入出金にも寛容で、直近でも15BTC(約8000万円)をポンと一括で払い戻ししたそうです。

本人確認は、各種ペイメント側が求めた場合には実施するものの、クラウドベット側としてはユーザーを信頼するという姿勢で積極的にはおこないません。

クラウドベットの社長は現役スポーツベッター

シンプルな設計のサイトで、マーケットを絞り、極力規制をしない。こういったスタイルは、実は社長の想いが反映しています。

クラウドベットの社長はMIT(マサチューセッツ工科大学)出身の仮想通貨に見識を持つ超エリートで、昔からスポーツベッティングが大好きな現役ベッターだとか。

計算や理論を好むガチベッターだからこそ、無駄を省き、ベッターが求めるもっとも重要なポイント(高還元・規制なし)という点を優先しているとの話でした。

クラウドベットにはスポーツの他にカジノ部門もあります。ただ、カジノ部門の運営は別の担当者に任せているのに、スポーツ部門の最終権限はいまだに社長が持っているそうで、マネージャーの話から社長のスポーツベッティング愛が伝わりました(笑)

クラウドベットの取材を終えて

Cloudbet mananger interview

クラウドベットは平均以上の本格的なプレーを求めるスポーツベッターにとっては、かなり魅力的な特徴を持つ高スペックサイトです。高還元オッズに、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で賭けられるという点がありがたい。

仮想通貨に関心がないユーザー向けの日本円ペイメント拡張計画も具体的に進んでいるようなので、実装をお待ちください。

当サイトでも、クラウドベットを使用中の皆様へ還元プレゼントを計画しています。

また、「ユーザーからの意見を受けてどんどん改善していきます」とポジティブなお言葉を頂戴しましたので、何かありましたら直接または当サイトにいつでもご連絡ください。

マネージャーのT様、改めてありがとうございました!

クラウドベット詳細解説
クラウドベット(CloudBet)の使い方ガイド|登録・入出金・賭け方・ボーナス

クラウドベット(CloudBet) クラウドベットは、2013年にオープンした仮想通貨&日本円でプレーできるブックメーカー&オンラインカジノ総合サイトです。クールな印象のウェブサイトは日本語対応。法定 ...

続きを見る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-業界コラム・記録