業界コラム・記録

信頼度は段違い!ブランド企業Betwayのオフィス訪問&マネージャー取材録【2022年】

ベットウェイのオフィス訪問レポート(2022年取材)

2022年4月に開催されたICE/LACという業界の国際カンファレンスの出席にあたってロンドンに滞在し、その間にBetway(ベットウェイ)のオフィスに訪問してマネージャーとミーティングをおこないました。

まもなく日本語サービスを正式稼働させるBetway社の魅力、今後のプランについて生の声をお届けします!Betwayをすでに使用されている方も、まだ未使用の方も参考にお役立てください。

Betway(ベットウェイ)ってどんなブックメーカー?

betwayとは?

Betwayはスポーツブックメーカー業界ではトップクラスの知名度を誇るブランドです。

2006年に創業して、オンライン専業で世界展開しています。すでに世界で30近くの国・地域でサービスを提供しており、特にインドではクリケット・プレミアリーグのスポンサーを務めているため知名度No.1ブックメーカーとして普及。

クリケットのみならず、各国のサッカークラブ、eスポーツのチーム、競馬レース、そのほか各種スポーツイベントへのスポンサー活動に積極的。なかでもイングランド・プレミアリーグの「ウェストハム・ユナイテッド」とは2015年からプレミアムスポンサーとして良好な関係を築いています。

SuperGroup(Betway)がニューヨーク証券取引所に上場2

従業員数は2022年時点で約6000人、親会社のSuper Group社は今年に入ってニューヨーク証券取引所にも上場しました。(写真はマネージャー様より)

プラットフォームは完全独自。マルタに自社トレーダー(オッズを作る人)を抱えて営業しています。

Betwayのオフィスは遊び心満載!

そんなBetwayは、企業規模としては最近オープンしたような中小の日本語ブックメーカーとは比べものにならないほど巨大。ロンドン北東部にあるオフィスでは、数百人が働いています。

日本人がイメージするような無機質にデスクが並んだ空間だけではありません。もちろん、PCの作業スペースもありますが、それ以外のミーティングルームやちょっとした休憩スペースなどが遊び心満載!

さすがはエンターテイメントを提供する企業といった雰囲気です。(以下、現地撮影)

Betwayとはどんなブックメーカー?

オレンジの柱でポップな印象のフロア。両サイドにはテーブルや休憩スペース。

イギリスブックメーカーのオフィス

青を基調とした空間。テーブルにはカラフルなロトくじのボールとテニスボール。

Betwayのオフィスは遊び心満載!

ベットウェイカラーの黒い壁と緑のソファ。イラストが楽しい。

Betwayのミーティングスペース

壁にはサッカーゲームの人形(ちょっと怖い笑)とリラックスできるビーズソファ。ここでスタッフが休憩しながら話し合っていました。

bet wimbledon way

会議室にはそれぞれスポーツイベントの名前がついています。こちらはテニスの"ウィンブルドン"ルーム。壁には英国人のアンディ・マレーが優勝した際のサインボールも。

Betwayのお洒落な時計

ベットウェイカラーの壁にはビリヤードボールの時計がお洒落。時間はいまいち分からない。

なお、作業室や休憩所は撮影NGでした。休憩所にはカフェが入っており、従業員がコーヒーを買った際の売り上げが寄付されるそう。また、毎週木曜日にはそのカフェでアルコールも販売され、飲みながらスポーツを観て楽しむのだとか。

Betwayの今後のプランを確認

Betwayの魅力を調査

ひととおりオフィスを見学させていただいた後、先ほどのウィンブルドン室でマネージャーとコンテンツ担当の日本人スタッフの方からベットウェイの今後のプランについてうかがいました。

日本語化とともに入出金方法を大幅拡張

ベットウェイの入出金手段

まず最大のポイントは、今年の5月に日本語化を予定しているということ。

もともとは2月に公開予定でしたが、他プロジェクトの関係で伸びたようです。

日本語化に伴って日本円が使えるようになり、さらに入出金方法が大きく増えます。

具体的には、ビーナスポイント、JPay(銀行振込)などのすでに知名度の高い決済手段や、Mifinity(マイフィニティ)、OrientalWallet(オリエンタルウォレット)、LuxonPay(ルクソンペイ)などのネット口座が加わります。

Mifinity、OrientalWallet、LuxonPayの3つは、使える日本語ブックメーカー・オンラインカジノが少ないためあまり知られていませんが、決済手段は多いに越したことはありません。

当サイトでは、昨年頃より銀行振込の入出金や各ウォレットの挙動テストをおこなっており、各手段の実装はかなり具体的です。

チャットサポートを見つけやすく

betwayのチャットサポートの場所

Betwayはすでに日本人のサポートスタッフが在籍しており、日本語でライブチャットサポートを受けることができます。

ところが、現在はウェブサイトの構造がライブチャットページにたどり着きにくい。

ヘルプページのQ&Aで何か質問を選び、答えが的を得ない場合に「カスタマーサポートに連絡」という項目をクリックすると、ようやくチャットを開くことができます。

この部分が不親切なため「もっと分かりやすくしてください」とお願いしましたところ、「すでに対応を進めています」とのことでした。

Betwayはオッズをリクエストできる!?BetYourWayのサービス

ベットウェイのオッズリクエストサービス「betyourway」

実はBetwayでは、オッズの制作をリクエストすることができます。

Twitterでハッシュタグ「#betyourway」とつけて出して欲しいオッズの条件を記述すると、担当者が情報をトレーダーチームに連絡して、後日に可否の回答が届きます。

betyourwayの使い方1

こちらはTwitter上でおこなわれていた実際のやりとりの様子です。

ユーザーがバスケのNBAに関するリクエストをし、実際にオッズが作成されたとのリプライが届いています。

betyourwayの使い方2

同じユーザーが違うリクエストをしていますが、こちらは作成できなかったようです。

このように、可否はトレーダーの判断次第ですが、自分が「こんな賭けがあったらいいのに」と思えるような切り口のアイディアがあれば、ぜひ送ってみてください。(日本語でもリクエスト可能)

Betway日本語化スペシャル企画を開催予定!

今回オフィスを訪問した際に、ウェストハム主要選手のサイン入り(証明書付き)をいただきました。

サイトが日本語化した際に記念イベントを実施し、こちらを当サイトからプレゼントいたします!(条件などは検討中)

また、BetwayはNBAのスポンサーもしています。「NBAに絡んだ企画もできると面白そうですね!」と話したところ、NBAはルールが厳しく、スタジアムの半径5km以内でしかプロモーション活動をしてはいけないという規則があるようです。

ただ、今年の9月30日と10月2日には、さいたまスーパーアリーナでウィザーズvsウォリアーズが開催されます。もしも何かこの試合にちなんだイベント企画の開催があれば、サイトにてご紹介します!

Betway取材を終えて

Betwayの目指すところは、世界No.1のブックメーカーではなく、世界No1.シェアのブックメーカー。国・地域ごとに専任のカントリーマネージャーを置き、その地域のプレイヤーが求めるもの(決済方法、マーケット)などを汲み取って、世界中で質の高いサービスを提供していく、とのこと。

オフィスは遊び心満載の雰囲気ながら、うかがった企業戦略は腰を据えた着実なものでした。プロモーション規則やKYCなどのルールも厳格です。そのため、柔軟性という点では最近の仮想通貨系のブックメーカーに比べて劣ります。

一方で、「プレーするなら、昔ながらの堅いサイトの方が安心できる」というベッターには最適。使用実績に応じて、入金上限は撤廃され、VIPプレイヤーにもなると1日に数千万円の入金、1ベット数百万円も十分可能だそうです(驚)

当サイトでは引き続きbetwayの最新情報をお届けします。

最後に、マネージャーのmiho様、この度はありがとうございました!

Betwayとは
Betway(ベットウェイ)の特徴・登録方法・入出金・使い方の日本語総合ガイド

Betway(ベットウェイ) ベットウェイ(betway.com)は、2006年に創業した国際的にも知名度の高い人気オンラインブックメーカー・カジノ総合企業です。スポーツブック、カジノ、ポーカー、ビン ...

続きを見る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-業界コラム・記録