Bookmakerの各種情報

スポーツベットアイオーの情報を完全網羅!中の人に直接聞いた5つの魅力

更新日:

スポーツベット・アイオーとは?

いま大人気のブックメーカー、スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

上の写真はロンドンで毎年開催されている業界の国際会議で立ち寄ったスポーツベットアイオーのブースです。2019年2月上旬に出席し、彼らのオフィスにも訪問してきました。そしてマネージャーに直接お会いして長時間取材させていただき、サイトの特徴や信頼性やについてしっかりチェック。そこで仕入れた情報をまとめているので、これからプレーされる方はもちろんすでにプレー中の方にも参考にお役立てください。

スポーツベットアイオーとはどんなブックメーカー?

スポーツベットアイオーとは

まず基本的な特徴についてご紹介します。

  • 世界の主要スポーツに賭けられる(Jリーグやプロ野球など日本のプロスポーツも)
  • ビットコイン・イーサリアム・日本円・米ドルなど仮想通貨でも法定通貨でも賭けられる
  • サイト上でスポーツの生中継が視聴可能
  • 世界中の競馬も賭けの対象&生中継もあり
  • 登録簡単・本人確認なし・入出金対応迅速
  • プライスブースト・キャッシュアウト・プレイヤープロップなど多機能

このように、ブックメーカーとしてかなりハイスペックな要素を備えたサイトです。まだ使ったことがなくてこれからプレーを始めるなら、利用に関してはSportsbet.ioの使い方の詳細解説を参照ください。(参加はとにかく簡単です)

スポーツベットアイオーを運営する会社について

では、ここからは取材時にマネージャーにうかがった話に基づいて、サイトの表面からは見えてこない内情や魅力を。

まず運営体制について。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)を運営するmBet Solutions社は、キュラソーの営業認可ライセンスに基づいて世界中でスポーツベッティングとカジノのサービスを提供している企業です。2014年に世界で初めて仮想通貨(ビットコイン)によるオンラインカジノを立ち上げた会社としても有名で、スポーツの方は2016年からスタートしました。

スポーツベットアイオーの本社があるエストニアの街並み

マーケット部門はエストニアにあります。なぜエストニア?と思いましたが、通信サービスのSKYPE発祥の地だったり国をあげて仮想通貨の普及に積極的など、IT産業に強いとのこと。キエフに開発・デザイン部門があり、ロンドンにコンテンツ部門、そしてフィリピンにサポート、ブラジル、スペインにも拠点を持っています。(上の写真はエストニアの街並み)

オーストラリア人の敏腕社長が新しい意見をどんどん取り入れることで成長を続け、2018年は1年間でスタッフ200人増、現在は総勢300名体制。ユーザーが凄い勢いで増えているため、今は特にサポートの増員に積極的だそうです。

スポーツベットアイオーの5つの魅力

そんな成長を続けるスポーツベットアイオーの魅力を5つご紹介します。

1.入出金しやすい

Sportsbet.ioのビットコイン購入

スポーツベットアイオーはどんどん入出金しやすくなっています

最初は「仮想通貨(ビットコイン)スポーツに賭けられるサイト」でしたが、今ではビットコイン・イーサリアムライトコイン・日本円・米ドル・ユーロなどを1つの会員画面内で切り替えて使える「仮想通貨賭けられる複数通貨対応サイト」になりました。

値動きが激しすぎて「危ない」という印象や投機対象のように扱われているビットコインも、イメージとは裏腹にネット上での入金・出金にはとても便利なもの。スポーツベットアイオーのサイトではVISAやマスターカードのクレジット・デビットカードでビットコインを買えます。そのため「どうやってビットコインを送ればいいのか!?」と心配することもありません。

さらには三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそなの四銀行からネット振込もできるようになったので、もはや「ビットコイン=ドルやユーロなどの単なる外貨」と同じぐらいのイメージで手軽にやりとりできるようになりました。

この銀行振込による入金について「安全なのか」とマネージャーに聞いてみたところ、振込過程のユーザーデータは彼ら自身さえ閲覧できないほど堅牢なシステムを使っているとのこと。ただ、銀行側が振込サービスのメンテナンス期間中は使えないようです。それ以外のときは安心してお試しください。

日本円・ユーロ・米ドルなどの法定通貨(Fiat:フィアットと言います)の残高へは、エコペイズ(Ecopayz)やスティックペイ(Sticpay)などのネット口座で入出金できるため、ほかのブックメーカーでこれらの口座を使っているなら、ビットコインを買わなくてもすぐに入金可。

さらに後日、法定通貨にもカードで入金できるようになりました。

追記

ビットコインの銀行振込による入金と日本円へのカード入金は一時的にメンテナンス中となっています。(2019年8月)それら以外は問題なく入出金可能です。

今後もユーザーが一番気になる入出金対応をより安全に、どんどん使いやすくしていく意向があるとのことでした。

2.ライブストリーミング(生中継)について

スポーツベットアイオーのサッカー中継

スポーツベットアイオーの大きな魅力が各種スポーツの生中継が観られるということ。

私はかなり活用しています。会員登録して入金する(資金をアカウントに残しておく)かぎり、海外サッカー、日本代表戦、Jリーグ、テニスの錦織や大坂選手の試合、アメフト、バスケ、野球、クリケット、ホッケーなどかなりの量のスポーツが観戦可能。スポーツベッティングをするプレイヤーはもちろん、スポーツが好きな人全員に利用価値があると思います。

この生中継も「勝手に配信しているのでは?」と疑って質問してみたら、プロバイダと契約して配信しているとのこと。スポーツベットアイオーが適当に流しているのではないので、ユーザーは安心してスポーツ観戦を楽しみください。

どのスポーツのどの試合が放送対象となるのかはプロバイダ次第となるため、シーズンや大会によって視聴可否は異なります。サイトをチェックしたときに「試合を視聴する」のマークがついていれば放送予定で、試合が始まる直前や始まって数分後からスタートすることもありますので、随時ご確認ください。

3.競馬が導入されました!レース中継もあり

スポーツベットアイオーの競馬生中継

すでにスポーツベットアイオーを使っているプレイヤーの方はご存知でしょうか?2019年に入って競馬にも賭けられるようになりました!さらに一部のレースは生中継つきです。毎日レース中継を楽しめます。

賭けの対象はイギリスの日々の競馬を中心に、ドバイワールドカップ、凱旋門賞、メルボルカップ、チェルトナム・フェスティバルやグランドナショナルなどのビッグレース、そして日本のG1レース開催日の各レースも対象。競馬ファン必見。

追記

実際に、2019年3月のドバイW杯を含むドバイミーティングの全レースも生中継を視聴できました。アーモンドアイが優勝したドバイターフもバッチリ。

4.7人の日本人によるサポート体制

スポーツベットアイオーの日本語サポート

日本人または日本語が話せるサポートが在籍しているのは、もはや日本人プレイヤーにとって必須となりつつあります。たとえ自分が英語で流暢にやりとりできても、困ったときの細かなニュアンスは日本語の方が伝わりやすいですし、さらに言えば非ネイティブよりも日本人がベスト。

その点、スポーツベットアイオーはVIPサポート2名、カスタマーサポート4名、さらに最近1名を追加して日本人7人体制でサポートをしています。

非常にありがたい話ですね。

ただ、完璧ではありません。ライブチャットは現状は24時間日本語対応というわけではなく、時間帯によって日本人スタッフがいるかいないか分からないという状態です。チャットにつないでみて、「日本人がいればラッキー、いなければ英語サポートへ」というサポートまでギャンブルになっているので、なんとかして下さいとお願いしました。すると、すでにコアタイム(この時間帯は必ず日本人サポートがいます)の導入を検討中とのこと。詳細は後日発表があると思います。

追記

2019年4月中旬からライブチャットが24時間日本語サポート対応となりました。これでいつでも安心して楽しめます。

もちろん、メールによる連絡も日本語OKです。分からないことがあれば、チャットまたはメールで日本語にてお問い合わせください。

5.お客様を信頼するからこその本人確認なし+高速出金

スポーツベットアイオーでは、基本的に本人確認手続きが不要です。これも使いやすい魅力の1つだと思います。その根底にはお客様を信頼しているからという意思が込められています。

ただし、完全スルーというわけではありません。ビットコインをクレジットカードで買って、一度も賭けずに出金しようとすると免許証や住所証明などを求められる場合があります。彼らはビットコインの取引所ではありませんから、このような行為は禁止されています。

プレイヤーの入出金や賭けの履歴はリスク管理部門がチェックしていますが、普通に使っている限りは書類の提出を求めることはないとのことです。そして、私たちから出金リクエストを受けた際、ビットコインの場合は最短2分、日本円・米ドル・ユーロなどの通貨は平均11分で処理を終えているとのこと。これは業界最速とも言えるスピード。(その後のブロックチェーンの承認やネット口座への着金時間は状況により異なりますが、スポーツベットアイオー側の処理は瞬時に済んでいるそうです)

翻訳ミスは徐々に改善

もちろん、良いところばかりではありません。発展途上がゆえの足りない部分もあります。1つはサイト上の日本語のオッズ名がところどころおかしいこと。

例えば、サッカーの得点を予想したりテニスのセット数を予想するような賭けは英語で「Correct Score(コレクトスコア)」、日本語では一般的には「正しい試合結果」という名称になっているのですが、スポーツベットアイオーではなぜか"修正スコア"と翻訳されています。(Correctという英単語に修正という意味もあるため)

追記

この点について取材中に指摘しましたら、数日経った今すでに訂正されていました。

もしもまだ気になる翻訳がありましたら、随時サポートにメールしてみてください。

スポーツベットアイオーのナンバーワンブランドへの挑戦

入出金がしやすい、本人確認なし、生中継あり、日本人サポート充実という良さを備えた、新興ブックメーカーとしてすでにかなり完成度の高いスポーツベットアイオー。今後はもっとユーザーに親しみを持ってもらうべく、さまざまな取り組みをしていくそうです。

スポーツ関連のスポンサー活動も今後積極的に

スポーツベットアイオーのスポンサー活動

その1つが、スポーツイベントやスポーツチーム・選手などへのスポンサー活動。2019年はすでに『CONIFA European Football Cup(コニファ・欧州選手権)』のスポンサーになることが決定しています。

ConiFAとはConfederation of Independent Football Associationsの略で、独立サッカー連盟と言います。FIFAに加盟していない(または国として承認されておらず加盟できない)サッカー協会が集まって作られた連盟で、ヨーロッパではモナコやグリーンランド、北キプロスをはじめとする23の地域、アジアはチベットやウイグルなどを含む10、そのほか合わせて36の地域が加盟しています。2019年の欧州選手権は、ヨーロッパの協会のなかで12の地域が出場する大会です。

これは小さな大会ではありますが、今後スポーツイベントにてスポーツベットアイオーの名前を見る機会が増えていくかと思います。

追記

その後、イングランド・プレミアリーグのワトフォード、ブラジル・セリエAのフラメンゴ公式スポンサーにも就任しました。(サイト上に両チームのエンブレムが載っています)

日本人プレイヤーのVIP旅行もすでに実績あり。次の企画について

スポーツベットアイオーはVIPユーザー向けの特別旅行も提供していて、すでに日本人プレイヤーの招待実績もあります。それがなんと、2018年のワールドカップ準決勝「イングランドvsクロアチア戦」に2組。さらに、クロアチアのクルーザー旅行、F1のシンガポールグランプリも。

スポーツベット・アイオーのVIP招待旅行

航空券・宿泊券はもちろん、家を出てからの交通費まで完全無料でご招待。パッケージツアーを予約するのではなく、希望に合わせて自社でプランを練って手配しているそうです。よって、日程なども予定に合わせて可能な範囲で調整できるとのことで、素晴らしいおもてなしの精神を感じました。

すでに次の招待プランもいくつかあるそうです。基本的にはよくプレーしている方から完全にランダムで選ばれています。ですが今後は抽選形式も予定しているとのことなので、プレー中はプロモーションの連絡メールも随時チェックしてみてください。

まとめ

いかがでしょうか?スポーツベットアイオーがどのようなブックメーカーか、サイトの表側からは見えない裏側までイメージできましたか?

今回マネージャーにお会いしてお話をうかがい、「お客様が満足できるように、より良く改善していこう」という想いがひしひしと伝わってきました。そして、若いサイトだからこそそれを実現できる柔軟性もある、と。個人的には生中継が観られる時点ですでに十分満足度の高いスペックを備えていると思っていますが、さらなる発展が楽しみです。

大人気ブックメーカー「スポーツベットアイオー」

生中継を観ながら遊ぶにせよ、VIP旅行招待も踏まえてメインで利用するにせよ、このサイトは手間いらず&使いやすいのでアカウントは持っておいて損はないでしょう。登録は個人情報不要で15秒で完結します。

Sportsbet.ioのサイトへ

また、サイトそのものの特徴や入出金の具体的なやり方などは下記ページにて解説しています。合わせてご確認ください。

Sportsbet.ioの使い方の詳細解説

マネージャーのT様、この度は本当にありがとうございました!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

24時間日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 生中継あり+多機能

スポーツベットアイオー

ビットコインや日本円などを分けて賭けられる次世代サイト。登録簡単&高速出金&多機能、そしてユーザー特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継が観られるため、スポーツ観戦+研究ツールとしても必須。

生中継 Card BTC 振込 Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 稼ぐ上で必須BM

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーを締め出す制限なし。本格的にプレーに取り組むなら必ず使います

プロ仕様 Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-Bookmakerの各種情報

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2019 All Rights Reserved.